いずれあやめか、かきつばた

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑


【お知らせ】
 6月 8日(木)18:30 第16回百人一首塾
 6月24日(土)18:30 第41回倭塾
 7月 2日(日)13:30 黎明教育者連盟講演
 7月15日(土)18:30 第42回倭塾
 7月23日(日)14:00 第 1回名古屋倭塾
 7月27日(木)18:30 第17回百人一首塾

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20170520 いずれあやめか
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


さて、毎年恒例の、「アヤメ」と「ショウブ」と「カキツバタ」です。
「いずれアヤメかカキツバタ」というくらいで、似ていて見分けがつきにくいですが、ちょっとした手がかりで、すぐにわかるようになります。

世の中、ありがたいもので、どなたの作かわかりませんが、上の絵がネットで検索できました。
実にわかりやすい対比です。
簡単に言うと
 アヤメ(文目) 花びらの根元に筋が描かれている。
 ショウブ(菖蒲) 花びらの真ん中が黄色い。
 カキツバタ(杜若) 花びらの真ん中が白くなっている。

今年はこのことを、それぞれの花にまつわる和歌とともに、この三つをご紹介してみたいと思います。

─────────
1 アヤメ(文目)
─────────

「あやめ」は、漢字で「文目(あやめ)」と書きますが、まさに字のとおり、花の根元が「あみ目模様」になっています。
あやめ(文目)の編み目模様
文目の編み目模様


 思ひ寝に みるとはすれど あや莚(むしろ)
 アヤメもわかぬ夢ぞはかなき


『紅塵灰集』に掲載された後土御門天皇(ごつちみかどてんのう)の御製です。
後土御門天皇は、室町時代の第103代天皇で、応仁の乱の時代を生きられた天皇です。
平和を願うのに世の中が乱れる。人と人が殺し合う。
あらゆる権威が崩壊し、国が乱れたこの時代、後土御門天皇は、穏やかな日本文化を絶やさないために、歌会を何度も開催されています。

乱が終息しとき、後土御門天皇は、まさに焼け野原となった国の立て直しのために全力を傾けられますが、朝廷の財源は枯渇し、59歳で崩御されたとき、朝廷、室町幕府ともに天皇の国葬の費用さえ調達できなかったといいます。


『ねずさんと語る古事記 壱』絶賛発売中!
     20170226 古事記壱


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


室町幕府がここまで国を乱してしまった背景には、室町幕府の三代将軍足利義満が、幕府の財源を得るために、明国との交易を開始したことがあります。
明国と公式な交易ルートを拓くためには、将軍がChina皇帝の冊封を受けて日本国王に任ぜられなければなりませんでした。
足利義満は、財源確保と経済活性化のために、これを受けるのですが、ところがそのために、日本国内に、天皇という最高権威と、Chinaから任命された日本国王という2つの権威が並立することになってしまいます。

これによって国の柱が失われ、様々な価値観が乱立して、時代は「自分さえ良ければ」、「勝ったもの勝ち」、「力が強ければ何をやっても許される」といった、いわば「なんでもあり」の状態になっていきます。
それでも三代将軍の頃は、かつてない好景気によって、室町幕府は我が世の春を謳歌できたのですが、後土御門天皇の御在位の時代頃になると、世の中の乱れによって、その将軍家自体が、事実上の財政破綻し、国家の政治責任者としての機能までが失われてしまいます。

後土御門天皇は、そのような時代にあっても、はるか古代から続く大和心を失わずに、なんとかこれを保持しようと努められるわけです。

冒頭にご紹介した歌には、「寄莚恋」とタイトルがついています。
「ムシロに寄せる恋」と読みます。

現代語訳すると、次のようになります。
 あの人を思いながら寝入り、あの人のことを夢に見ようとするのだけれど、
 夢の中では、ムシロの文目(あやめ)もわからない。
 そんな夢こそはかないものです。

もちろん恋がテーマですから、好きな女性の姿が夢の中でははっきりとは見えないといった解釈でも、それはそれで良いと思います。
ただ時代背景を考える時、陛下が畳ではなく、ムシロで寝られる。
戦(いくさ)のために焼け野原となり、食べるものさえない貧困に至った庶民のために私費公費を投じられ、ご自身はムシロに寝られる。
その後土御門天皇のおやさしさを考えると、本当にいたたまれない気持ちにさせられます。
二度と日本は、そのような国になってはいけない。そのように思います。

「あやめ」の背丈はだいたい60cm以下で、あやめ、しょうぶ、かきつばたの中では、花も背丈も、いちばん小柄です。
「あやめ」は、3種類のなかでも一番小柄。でも「その美しさは群を抜く」と言われています。
また、花の根元の編み目模様は、まるで複雑な女心をあらわしているかのよう。
そのためか、花言葉は
 希望
 燃える思い
 情熱 です。

希望あふれる日本を保持していきたいものですね。

─────────
2 ショウブ(菖蒲)
─────────

「菖蒲(しょうぶ)」は、背丈が80〜100cmほどです。
花も3種の中で、一番大きく、「大きいな、背が高いな」と思ったら、ショウブである可能性が高いです。
見分け方のポイントは、やはり花の根元で、花菖蒲は、花の根元に、はっきりした黄色いマークが付いています。

しょうぶ(菖蒲)の黄色いマーク
しょうぶの黄色いマーク


実は菖蒲(しょうぶ)は、とてもややこしくて、まず、サトイモ科の葉菖蒲(しょうぶ)と、アヤメ科の花菖蒲の二種類があります。
どちらも「菖蒲(しょうぶ)」と呼ばれているので、ただ文字上で「菖蒲」とあったら、いったいどちらの菖蒲かわかりません。

冒頭の絵でご紹介しているのは、花菖蒲の方で、これは江戸時代の中頃に、杜若(かきつばた)や、アヤメの変わり咲きを改良することでできた、改良種の日本の伝統園芸植物です。
このため種類も非常に多く、まるでフリルがいっぱい付いたドレスのように見えるものから、楚々とした可憐な花まで、種類も豊富です。

生まれた経緯がこのようなものですから、平安時代などの古典和歌には、花菖蒲は登場しません。
古典和歌で「菖蒲」とあれば、それはアヤメであったり、サトイモ科の葉菖蒲であったりするわけです。

花言葉は
 うれしい知らせ
 優しい心
 優雅
です。

─────────
3 カキツバタ(杜若)
─────────

「かきつばた」は、漢字では「杜若」または「燕子花」と書きます。
背丈は60〜80cmと、文目と菖蒲の中間くらいで、見分け方のポイントは、やはり花の根元のマークで、「かきつばた」のマークは、「白」です。

かきつばた(燕子花、杜若)の白いマーク
かきつばたの白いマーク


「かきつばた」の花言葉は
 幸せは必ずやってくる、です。

そんなカキツバタを詠んだ和歌で有名なのが、伊勢物語にある在原業平(ありわらのなりひら)の歌です。

  ら衣(ころも)
  つつなれにし
  ましあれば
  るばるきぬる
  びをしぞ思ふ
 

この歌の頭のところだけを上から読んだら、あら不思議。「かきつはた」となっています。

伊勢物語では、身分違いの女性に恋してしまった在原業平(ありわらのなりひら)が東国へ旅の途中で、愛知県豊田市の三河八橋に至ったとき、そこにカキツバタが盛大に咲いていて、そこでカキツバタの五文字を使って歌を詠むことになって、即興でつくった歌として紹介されています。

歌の意味は、
 美しい着物でも、長く着ていればだんだんヨレてくる。
 けれどそれだけ体に馴染んでくるものでもある。
 それほどまでに身も心にもなじんだ妻のことが、
 こうしてはるばる旅をしてくると、
 よけいに懐かしく思えますね。
といった感じになります。

ちなみに、「いずれアヤメかカキツバタ」という言葉は、源頼政(みなもとのよりまさ)の故事に由来します。
源頼政は、源三位(げんざんみ)と称され、保元の乱と平治の乱を勝ち抜き、平氏政権下でも中央政界にその地敷を固め、最後は以仁王と結んで平氏打倒の挙兵するけれど平氏に追討されて、宇治平等院の戦いに敗れて自害した人です。
たいへんな剛の人で、第76代近衛天皇(このえてんのう)のご治世のとき、都に出た鵺(ぬえ)と呼ばれる妖怪を退治したという逸話もあります。

鵺(ぬえ)は、猿顔で、胴体は狸に似て、手足には虎の爪があり、尾は蛇のような姿をしているという恐ろしい妖怪です。
この退治のあと、近衛天皇から恩賞として源頼政に下賜された刀が「獅子王」で、いまではこの刀は重要文化財に指定されています。

事件があったのが仁平年間(1151年~1153年)のことで、いまから1100年以上昔のことです。
こういうものが、いまでもしっかりと残っていて、ひとつの国として、歴史がずっとつながっているのが、日本の凄みです。

源頼政、鵺退治の図
源頼政、鵺退治の図
獅子王刀


その源頼政には「あやめ御前」の逸話があります。
鵺退治のあと、鳥羽院(第74代天皇、後に上皇)から恩賞として、天下に名高い美女の「あやめ御前」を与えられることになるのですが、このとき鳥羽院は美女二人に、あやめ御前と同じ服、同じ化粧をさせ、三人の美女を源頼政の前に出して、
「どれが本物のあやめ御前か、
 見事当てたら御前を譲ろう」と申されます。
困ったことに三人とも、ものすごい美女です。
そこで源頼政が即興で詠んだ歌が次の歌です。

 五月雨(さみだれ)に 沼の石垣 水こえて
 いずれかあやめ 引きぞわづらふ


意味は、簡単に言ったら
「あまりに美しくて感情がたかぶり、
 どの姫があやめ御前かわからず
 このままでは私は病になってしまいます」
といったものです。

鳥羽院はこの歌を即興で詠んだ頼政の教養の高さにいたく感激され、あやめ御前を頼政に下賜されました。
この故事が講談などで語り継がれ「いずれあやめか、かきつばた」と慣用句が生まれています。

尾形光琳「燕子花図」
尾形光琳「燕子花図」


さて、上にあるのは、尾形光琳の「燕子花図(かきつばたず)」です。
この絵がどうして「かきつばた」と特定できるのか。
みなさまには、もうおわかりかと思います。

それにしても、四季折々の花が咲く日本、長い歴史を持った国日本て、本当に素晴らしいですね。

※この記事は2014年5月の記事のリニューアルです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。



【倭塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第40回 2017/5/13(土)18:30〜20:30第1/2研修室
第41回 2017/6/24(土)18:30〜20:30第4/5研修室
第42回 2017/7/15(土)18:30〜20:30 第1/2研修室

【百人一首塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第15回 2017/5/18(木)18:30〜20:30第三研修室
第16回 2017/6/ 8(木)18:30〜20:30第三研修室
第17回 2017/7/27(木)18:30〜20:30第三研修室

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ




「お詫びと訂正」
第一巻八十三ページに「これは千葉の常若神社の渡邊宮司から教えていただいた話なのですが、聖徳太子の十七条憲法の各条文は、それぞれ創成の神々の神名と関連付けて書かれているからこそ、十七条なのです」とありますが、私が教わったことは古事記と聖徳太子に関するお話であり、聖徳太子の十七条憲法と神々の神名との関連付けは教えていただいたことではなく、私の考えであると、渡邊宮司をはじめ、関係各位に深くお詫びして訂正いたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

bou

No title
モンサントが攻めてきます
スレ違い失礼します。
規制改革推進会議が日本の農業を解体させて
外資をいれようとしています。


皆様に緊急拡散、および、地方議員への抗議の声をお願いします。

【討論】種子法廃止は日本農業を滅ぼすのか?[桜H29/5/20]
http://www.nicovideo.jp/watch/1495156936

junn

No title
世界遺産候補・沖ノ島の立ち入り禁止法を制定せよ!
http://ryotaroneko.ti-da.net/e9547155.html
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク