歴史に残る駄作・映画「男たちの大和」



いま、テレビで、映画「男たちの大和」をやっています。

前の記事で映画のことを書いたので、つけたしになりますが、この映画のことを、すこし書いてみたいと思います。

いろいろな見方はあろうかと思いますが、ねずきちとしては、この映画「男たちの大和」は、歴史的事実と、原作者の辺見じゅん氏に対する冒涜以外のなにものでもない!というのが、ボクの所管です。

この映画は、巨額の費用を投じた大規模なロケセット、CGの駆使、きわめつけの役者を揃え、テーマも、「大和」。
日本を代表する名作になる筈の映画だったと思います。

辺見じゅん氏の原作も、戦艦大和だけでなく、下士官の生活風景を細やかに描いているし、その下士官たちは、大和の喫水線の下にいたり、あるいは機銃に張り付いていて、果敢な最期を遂げています。

映画のラストで語られる臼淵大尉の、

「日本は、進歩ということを軽んじ過ぎた。
 進歩よりも精神主義を重んじた・・・
 しかし、進歩のないものは決して勝たない。
 歴史がこれを証明している。
 幕末、薩英戦争で、負けた薩摩、馬関戦争で敗れた長州は、
 その後、攘夷鎖国を捨て、ヨーロッパから新式の武器を輸入して
 幕府を倒した」
 敗れて目覚める・・・・それ以外に日本が救われる道があるか?
 今。目覚めずしていつ救われるか?・・・
 俺たちは日本が新しく生まれ変わるために先駆けのして散る。
 将に本望ではないか」

という名セリフも、歴史に残る事実として語られました。

しかし、映画化された大和は、その巨額のセットや出演料に対し、
物語の焦点が、血の通った人間としての下士官たちや、その家族、恋人たちに当てられすぎ、あまりにベーシックな人間ドラマに偏っている。

なぜ大和が、出撃しなければならなかったのか。
なぜ、そういう作戦を実行せざるをえなかったのかという、背景描写があまりにお粗末。
なんだか、途中で撃沈されるのが確実なのに、天皇陛下がやれと言われたからやった、という実にお粗末な解釈になっている。

当時の参謀も、将官も、バカではない。それなりの考え、解釈をして死に望んでいる。その「なぜ出撃したか」を描写しなければ、下士官たちの死さえも、軽いもの、ただばかげたものになってしまう。
それって、亡くなった方々への冒涜以外のなにものでもない。

日本人は死んでも抵抗するのだ、という姿を見せておかなければ、民族単位で叩き潰されてしまう。
黄色人種は、ヒトではないという考えが、まだまだ世界の標準だった時代に、アジアの黄色人種として、最後まで戦い抜かなければならないという背景があったから、やむなくあんな悲壮な作戦が実行されたという、「歴史」をきちんと訴えてほしかった。

セットは素晴らしい出来映えだが、そこで予算がつきちゃったの?とすらいいたくなる。だから映画に奥行きがない。

しかも、この世には大和一隻しか存在しないような、そんな映画になっている。僚艦の存在もまるで感じられない。言ってみれば6億のセットを舞台にした演劇みたいなものになっている。

戦闘シーンも、大和の全景をほとんど描写せず、カメラは常に甲板のどこかにある。甲板上ばかりを写している。
大和を離れ、空中からの構図や海上からの構図がない。
だからスケール感がなく、貧弱な舞台演芸になっている。
おもわず、投じた30億円の費用は、大和のセット6億円、役者のギャラ10億円、事前のCM代15億円に消え、CG費用までまわらなかったのかい?、と聞きたくなる。

映画評論家さんたちの、ご意見は、素晴らしいの連発だったらしいけど、
この映画に、それだけの素晴らしさをほんとに感じたというなら、その評論家さんたち、明日から映画評論家を廃業したほうがいい、などと思ってしまいました^^b

以上。オシマイ^^;

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

Otoko Tachi No Yamato - Battle Scene


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク