ソマリアへの自衛艦派遣



政府は25日、海上警備行動発令によるアフリカ東部ソマリア沖での海賊対策について、日本から新たに護衛艦を派遣する方針を固めた。

関連記事→「日本から護衛艦派遣 ソマリア沖 麻生首相、対応明言」産経新聞

ソマリアへの海賊行為制圧のための軍事作戦の実施は、16日の国連安全保障理事会で、全会一致で決議されたものです。

決議は、米韓など6カ国が共同提出。承認期間は来年12月2日までの約1年です。

ソマリアは1991年に内戦が勃発して以降、確固とした中央政府が存在したことがなく、無政府状態と貧困から海賊行為がはびこっている地域です。

破綻国家のソマリアは現在、海賊で潤う大金持ちが存在する一方で、国民の3分の1に当たる300万人以上が飢餓の危機にあります。

ソマリア近海の海賊は、未遂も含む世界全体の海賊事件の約3分の1が集中しています。

国際海事局によると、今年は12月14日現在、この海域で102隻が襲撃を受け、このうち40隻が乗っ取られ、今なお14隻(乗員計約 300人)が身代金を要求されたまま解放されていないません。

海賊が今年1年間に得た身代金は1億2000万ドル(約108億円)を上回る可能性があるともいいます。

ロイター通信によると、米国は、海賊制圧のために、国連加盟国に「ソマリアに上陸し、また、その領空において、必要なあらゆる手段を講じることを認める」としています。
安保理決議文における「必要なあらゆる手段」は通常、武力行使容認を意味しているのです。

要するに、ソマリアという破綻した国家があり、そこで無法な海賊行為が行われている。これに対して、国連は自警団を組織しようとしているわけです。

中国も、18日には定例記者会見でソマリアの海賊対策のための中国海軍の艦艇派遣について、「近い時期に艦艇を派遣することに向け、積極的に準備を進めている」と述べ、中国政府が派遣を決めたことに初めて言及しています。
実現すれば中国海軍として初の遠洋での警備活動となりますが、中国としては国際貢献の姿勢をアピールする狙いもあるといいます。

こうした世界の動きの中で、日本ではようやく25日にソマリア沖への海上自衛艦派遣について麻生総理が言及。しかし、これからそのための法案を作り、国会に提出。ねじれ国会の中で、法案の成立には相当の困難が予想されることに加え、政府内部でも日本籍船の“護送任務を優先”する外務省と、“海域での警護(武力警護活動)”を念頭に置く防衛省との間での意見の対立もあります。

この問題については、いろいろな理屈はあろうかと思います。

しかし、海上で実際に海賊行為が行われ、通常の航海をする貨物船舶がその標的となり、実際に生命や輸送物品を奪われるという事件が起きており、世界の国々が協力して自警団を組織しようというときに、日本だけが、そもそも海上自衛艦の派遣をするとかしないとか、万一、海上で海賊船舶と遭遇したとき、銃で応戦するのかしないのか、護衛艦の砲門やミサイルを使用するのかしないのかなどと、世界から見たら「たわごと」を並べ立てている。。。

それで日本が国際的な責任を果たしているといえるのか。日本の貨物輸送船が狙われたとき、自警団に日本がなんの協力もしないなら、日本の船舶はそもそも自警団に守ってもらわなくていいのか。

軍隊を派遣することの是非論のような空理空論をふりかざし、責任をまっとうしようとしないというのは、李氏朝鮮時代のヤンバンと同じです。そうしたヤンバンの振る舞いのおかげで、どれだけ韓国の一般民衆が悲惨な生活を強いられたか、それは歴史が証明しています。

同時に、もうひとつのことを考えなければならないとも思います。
ソマリアは、内乱の末、政府を失い、一部の海賊が大金持ちとなり、その他の多くの庶民は飢えに苦しむ生活を余儀なくされています。

反日思想を国内で喧伝するのは結構ですが、実際に国家が政府を失ったらどうなるのか。そのことをソマリアという国が実際に証明しています。
明日は我が身、なのです。
国を愛する、国を守るということは、こうした悲惨の2字を引き起こさないことなのではないか。そんな気がします。

ソマリア情勢 2008.8


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

帰ってきた酔っ払いさんコメントありがとうございます。
おっしゃるとおりです。
最悪です><;

帰ってきた酔っ払い

日本という国が無くなるとしたら中国の侵略が一番濃厚なので、ソマリアよりもチベットの方が参考になる気がします。

いずれにせよ最悪だ…

ねずきち

>うわばみふかおさんコメントありがとうございます。
イスラムはむつかしいですね。
とりわけ、ソマリア問題に関しては、現に飢餓に苦しんでいる多くの人々をいかにして救うかという視点と、海賊から日本を含む世界の貨物輸送船をいかに守るかという2つの視点が欠かせないように思います。
自衛艦が派遣されますが、武器使用や守備対象等にあまりにも制約がありすぎ、これで果たして日本の自衛艦派遣が、国際貢献をなしうるのかは、極めて疑問です。

>真琴さんコメントありがとうございます。
議論の余地のない事柄なのに、議論が起き、またしても実効性のない派遣になる可能性が高い。イージス艦という世界最強の戦闘艦を持つ国が、国内事情に縛られてなんの活躍もできない。世界各国から派遣され、日本よりもはるかに劣る装備でも勇敢に闘う人たちから見たとき、果たして日本という国がどう見えるのか。その国の国内事情がどうとかなんて関係ない。今、眼の前に海賊船がいて、武力を持たない貨物輸送船を攻撃していて、それに対し、威嚇行動すらとらない日本を見たとき、世界は「日本は頼むに値しない国」「ジャップはチキンだ」としか映らない。
それでも平和のために武力行使はしないのだ、と強く主張するなら、そう主張する人自身が、海賊船に「話し合い」に行けば良い。それで何人か犠牲になったら、日本人は目を覚ますかもしれない。

>心の選択さんコメントありがとうございます。
太平洋戦争への突入は、軍部の暴走があったからだとか、内閣の暴走だとかいろいろに言われていますが、では、この頃の国会はどうだったのかというと、これがまるで機能していない。そもそも国会というのは何のために存在しているんだろうと疑問にすら思ってしまいます。

心の選択(舞桜改め)

>反日思想を国内で喧伝するのは結構ですが、実際に国家が政府を失ったらどうなるのか。そのことをソマリアという国が実際に証明しています。
明日は我が身、なのです。


国民の多くは国家が生存するということは、当たり前と思っているが、
必ずしもそうでないという調査がある。

過去200年間にまともな国と見られる国家(南太平洋の
島国を除いて)は 210在ったが60あまりは消滅した。
10数カ国は自発的に他国と合併した。
残る51カ国は近隣諸国からの軍事侵略 によっての消滅・・・

国家というものは必ずしも生存が保障されているわけでなく、
消えてしまうこともある。
大切なことは生き残りのための、国防政策である。

戦後の日本の歴史解釈は「日本人は侵略を実行した、
とても悪い民族だから 民主的で正義感の強いイギリスや
アメリカに懲らしめられた」となっているが、
アメリカや中国、ロシアなどのほうが、歴史の中で、
「侵略行為を繰り返すこと」で自国の勢力圏を 拡大してきた。

日本は最初から不利の状況にあるという事を念頭に置いて、
外交政策しないと ますます追い込まれていくと思う

一度失ってしまった国家を、取り戻すということは、
どれだけの年月と努力をかけても難しいかもしれない。

トップが自分のプライドとか生きやすさを守りながら、
真に貫く意志もない、「ただの人」では真実の人々は、
付いてはこない。

どんな分野でも、命をかけて誠実に、尽力尽くして頑張る
トップを見て、 同じように命を賭けてもいい、と人は惚れる・・・。
その人に何が遭っても 付いていこうという、気持ちに
させられるものだと思う。

真琴

いきなりの書き込み申し訳ございません。
初めまして、いつも読ませて頂いております。いきなりの書き込み、申し訳ありません。今回の海賊の件についてはある意味で、日本の国際的軍事貢献における良いケースモデルになるのでは無いでしょうか。 麻生総理が海自の派兵に対する法律案をキッチリ通す事が出来れば、これからの日本の国際的軍事貢献や軍事防衛についての法律案への準用も考えていけるのではないでしょうか。 まあ、たしかにねずきち様のおっしゃる通りスピードが肝心でありかつ、骨抜きの法律にならない事が肝心ですが・・・もし、イラクの自衛隊派兵のときのように、他の軍隊に守られ無ければならない国際貢献では、もう日本は二度と「国家」と名乗ってはいけないような気が致します。 私としては、さすがに今回の派兵に関しては議論する必要など無く、すんなり決が採れる問題だと思っているのですが・・・欲を言えば他の事例にも準用できる法律を通して致きたいものです。 無学・無知ゆえに駄文になってしまい申し訳ございませんでした。

うわばみふかお

■ソマリア問題は複雑やねぇ。もともと明治初期の英・伊両国の分割?統治から始まって、エチオピアの介入や、社会主義独裁政権、イスラム原理主義…果ては国連援助の引揚げ等と、訳判らんとこやねえ。正式に国の呼称も無いんでしょう。
■でも日本の船舶の航行量も多く、当然自国船舶の援護は必要だと思うが、イスラム(多数派はスンニ派)を下手に刺激するカタチになっては、ブッシュ政権のイラク政策の如く、火中の栗を拾う結果にならないでもないと云う、云わば“すくみ合い”状態にならざるを得ない鬼門となってる場所。
■自衛隊を派遣して自国船舶の安全を図ることも肝要だげど、当該地域の石油や鉱物資源へ先鞭をつけたいのも事実。難しいわなぁ。
■でも周囲が、森・小泉が作り上げてきた派遣労働のシステムまでを麻生さん糾弾に使って批判されてる中、敢えて声に出して(仮称)ソマリア、自衛隊の海外協力などを唱えた麻生さんに拍手したいのは私達だけかも。(これはちとさびしい気がする)
■イスラムは難しい。昔、サウジへ仕事で行ってた時、ある関係者の奥さんを「美しい方ですね」と褒めたら、“邪視”したと、厳しく注意された…とかね、文化・思想・歴史が読み切れないねん。イラクの人々を見てても、フセインは邪魔だったのか、英雄だったのか未だに判らんし。。。
■しかし拉致問題含め、我国の者が他国のヤカラやゴロツキの専横や暴力に曝されたら、当然それらの暴徒・狂気から守るのは我国自身の手によらなければならんでしょう。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク