第41回 倭塾 開催のお知らせ

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20170609 古事記弐


来る6月24日(土)18時半より「第41回倭塾」を開催します。
今回のテーマはズバリ、「ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神のハイライト」です。

今月15日に『ねずさんと語る古事記・弐』が発売になります。
その初版の印刷は、8日に出来上がり、宅配で届けていただく手はずになっていたのですが、待ちきれずにその日のうちに印刷所まで取りに行ってしまいました。
刷り上がった本を見て、その美しさにびっくり!
想像以上の出来栄えです。
頁をめくってみると、文章も苦労して校正しただけに、ものすごく読みやすい。
これは本当に自信作です。

倭塾当日は、この本の内容から、そのハイライト部分を、本に書けなかった部分も加えながらご紹介していこうと思います。

もちろん、ご希望の方には本への記名もさせていただきます。
記名には、第一巻のときは、一巻を代表する言葉として「諸命以」と墨書させていただきましたが、続く第二巻では「開天石屋戸(あめのいわやとをひらく)」です。
この本によって、無明と言われた戦後日本の岩屋戸が開かれ、明るい陽光が射すことを願っての一語です。
光は闇を払います。
闇の中でうごめく魑魅魍魎は、明るい陽光によって雲散霧消する。
この本が、そのための万分の一でも役に立てばと願っています。


<詳細>
1 日 時 平成29年6月24日(土)18:30~20:30
      開場 18:00
      開始 18:30
      終了 20:30
2 場 所 江東区文化センター
      〒135-0016
      東京都江東区東陽4丁目11−3
      東京メトロ東西線「東陽町」駅1番出口より徒歩5分
3 講 義 ねずさんと語る古事記・弐
      〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神のハイライト
      講師 小名木善行
5 タイムスケジュール
  (1) 18:30〜18:40 各種団体連絡事項等
  (2) 18:40〜19:30 講義1
  (3) 19:30〜19:40 休憩
  (4) 19:40〜20:30 講義2
  (5) 20:30〜    後片付け
6 参加費
  (1) ご新規        2000円
  (2) 割引券持参      1500円
  (3) ご夫婦で参加 お二人で2000円
  (4) 未成年者          無料
  ※会場でお支払いください。
7 参加方法
  直接会場にご来場ください。
  Facebookご利用の方はお手数ですが参加ボタンをクリックください。
  https://www.facebook.com/events/270546106706752/
8 懇親会&新年会(希望者のみ)
  参加費は最大3000円以内です。

9 平成29年度・倭塾動画配信サービス
  倭塾動画配信サービスは、年間契約になります。
  いまお申込みいただきますと、
  2016/11〜2017/12までの倭塾全講座の
  動画配信をお楽しみいただくことができます。
  詳細は↓をクリックしてください。
  http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3186.html</u>">http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3186.html

10 次回以降の開催予定
【倭塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第42回 2017/7/15(土)18:30〜20:30 第1/2研修室
https://www.facebook.com/events/1904707456451046/</u>">https://www.facebook.com/events/1904707456451046/

【百人一首塾】(江東区文化センター)
〒135-0016 東京都江東区東陽4丁目11−3
第17回 2017/7/27(木)18:30〜20:30第三研修室
https://www.facebook.com/events/191587898014751/</u>">https://www.facebook.com/events/191587898014751/

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

「お詫びと訂正」
第一巻八十三ページに「これは千葉の常若神社の渡邊宮司から教えていただいた話なのですが、聖徳太子の十七条憲法の各条文は、それぞれ創成の神々の神名と関連付けて書かれているからこそ、十七条なのです」とありますが、私が教わったことは古事記と聖徳太子に関するお話であり、聖徳太子の十七条憲法と神々の神名との関連付けは教えていただいたことではなく、私の考えであると、渡邊宮司をはじめ、関係各位に深くお詫びして訂正いたします。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

開催発起人195名

No title
田母神俊雄を応援する会 7月22日

開催発起人195名( 順不同・敬称略)

頭山興助 菅沼光弘 西村真悟 中山成彬
高山正之 高崎康裕 呉善花…
デヴィ スカルノ 元谷外志雄 吉田嘉明
高野育郎 宝田修一 倉山満 呉亮錫…

https://m62983.wixsite.com/tamogami

しょうちゃんのつぶやき

黄泉の国解説とてもわかりやすかったです。。。
 古事記第二巻が発売されるので一巻急いで読みました。特に黄泉の国の小名木解説は素晴らしいものでした。白村江の 戦いの後、天皇陛下が編纂を命じられた書物として正に日本人と日本国の聖書としての位置づけにふさわしいと思えました。
 現代史だけでなく古代史も戦後、歴史学者はGHQの思いを忖度して捏造解釈が甚だしいですがこの解釈に稗田阿礼氏は絶大なる感謝をしてくれていると思いました。
 どうもありがとうございました。

junn

No title
「退位」は天皇陛下の思し召し?
https://blogs.yahoo.co.jp/umayado17/65650283.html
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク