太陽に願いごと?

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20170712 伊勢神宮
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


【お知らせ】
 7月15日(土)18:30 第42回 倭塾 公開講座
 7月17日(祝・月)18:30 CGS公開講座(幕末史)
 7月23日(日)14:00 第1回 名古屋倭塾 公開講座(古事記)
 7月27日(木)18:30 第17回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
 8月 9日(水)18:00 新潟県新発田市講演(古事記)
 8月13日(日)14:30 東京・世田谷講演(古事記)
 8月15日(火)14:30 ねずさんと靖国神社昇殿参拝
 9月 2日(土)18:30 第18回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
 9月17日(日)13:30 第43回 倭塾 公開講座(古事記)
10月 1日(日)11:00 日心会『ねずさんと古事記』出版を祝う会(古事記)
10月19日(木)18:30 第19回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
 *****

天照大御神が太陽神だということは、いまではほとんど常識となっていることです。
古事記においても、天照大御神が天の岩屋戸にお隠れになられたときの状況を、次のように記述しています。
「高天原(たかあまのはら)皆暗(みなくら)く、
 葦原中国(あしはらのなかつくに)悉(ことごと)く闇(くら)し。
 此(これ)に因(よ)りて常夜(とこよ)往(ゆ)く。
 是(ここに)於(お)ひて万(よろず)の神の声は
 狭蝿那須(さばへなす)(此二字以音)満(み)ち、
 万(よろづ)の妖(わざわひ)悉(ことごと)発(おこ)りき」

「常夜(とこよ)往(ゆ)く」というのは、夜が繰り返される→昼にならないということですから、古事記が記述された1300年前にも、天照大御神は太陽そのものであるというような認識があったということがいえようかと思います。
そしてこのことは、実はものすごく日本人にとっての「神とは何か」という考え方を象徴しています。

あたりまえのことですが、人も生物も、太陽があるから、食べたり生きたりすることができます。
そして生きているから悩むこともできます。
人々の共同体の運営のための政治も行うことができます。

したがって、政治上の問題が起きたからといって、その解決を太陽にお願いするというのは、人々の共同体の姿として、おかしなものです。
人々の共同体の中で発生した問題は、人々が自分たちで努力して解決しなければならない問題です。
問題が発生したからといって、その解決を太陽にお願いするというのは、おかしな話です。

ということは、個人が悩んでいるからといって、その解決を太陽にお願いするということも、おかしな話とわかります。
太陽のおかげで生きることができるし、悩むこともできるのです。
その悩みが、解決したい問題なら、それは自分で解決すべきことです。
その自分で行うべき解決を、神様に願い出るということは、それは我儘であり傲慢であり自己中な思考であり、甘えです。



◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・弐』
  まだお求めでない方は、お早めにどうぞ。

↓画像をクリックすると購入ページに飛びます↓
20170526 古事記弐


太陽があるから、生かさせていただいているのです。
生かさせていただいているから、悩みも尽きないのです。
ということは、悩ませていただいていることに、まず感謝するという姿勢が、まず最初です。
そして、そうした感謝の心と姿勢は、自己中ではなくて、人の和を生みます。

解決できない問題などないのです。
解決可能な問題だから、問題として認識されるのです。
人は、ハナから解決できないような問題には、悩んだりしないものです。

悩むということは、解決の可能性があるから悩むのです。
そしてその答えは、神様にすがるのではなく、自分で見つけるべきことです。
そのことを、「神様は、解決できない問題は決して与えたりなどしない」と、昔の人は言ってきたのではないかと思います。

また、このことを通じて、上古の昔からの日本人の神様観を、ほんのすこしばかり理解できます。
神々のおかけで、私たちは生かさせていただいている。
そのことへの感謝が、まず先だということです。

もちろん人には願いごとがあります。
しかし、だからといって、神様に「お願い」をするのは、子供が「おねだり」をするのと同じです。
まして、人間界の悩みなら、それは自分で努力して解決すべき問題です。

その努力のための「決意」を、感謝とともに神々に奏上することは、良いことです。
それは、幼い子が、「ボク、次のテストで100点取ります!」と母に決意を述べることと同じことだからです。
けれど、その子が、「ママ、ボクのテストで(ママが)100点をとってください」とお願いするのは、はっきりいってアホです。
母のおかげで、生きている。生かされている。勉強することも遊ぶこともできる。
だからボクは、一生懸命勉強するね、というのなら、それは良いことです。
しかし、100点とりたいから、ママよろしくお願いします。と言われても、困りものです。

私達日本人は、神々とそのような感謝すべき存在としてきたのです。
努力すべきは、解決すべきは自分です。
そういう思考を、私達の祖先はずっと続けてきたのです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ





この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

大阪都民

いつもありがとうございます。
感謝と祓いが神道の本質だとねず先生は仰っておられましたが、真にその通りだと想います。氏神神社や一宮神社に参拝させて頂く時は、まず感謝を申し上げて、日本国家と国民が平和で弥栄えますようにと祈りを捧げております。後、略拝詞は唱えた方が宜しいかと想います。
祓いたまえ、清めたまえ、
守りたまえ、幸(さきは)へたまえ。
神様、ありがとうございます。

ラベンダー

素晴らしいお話を、ありがとうございます。
また、本日配信のねずマグも最高でした!
次週の配信が待ち遠しいです。

先日、東京大神宮で見かけました
神様に唱える言葉は

「祓えたまえ 清めたまえ
神ながら 守りたまえ 幸はえたまえ」

神宮のご指導ですから、私はどの神社に参拝する時も住所、名前、こちらの祝詞を3セット唱えるようにしています。

確かに神様によって分野が異なるようなので
天神様に合格祈願に参拝する時は
「幸せになる学校に入学できますように」とお願いします。
お子さんの病気回復には、水天宮が御利益あります。
母の子を愛する祈りを聞き届けてくださるのだと、信じております。

あとは大事に至らないように、常に小難ですんでいることをことごとく神様に感謝しております。

笑顔と感謝と愛の気持ちをもっていれば、常に神様のご加護がありますので、お願いする、ということを特別しなくとも平安に生きれるのだと信じております(^-^)

にっぽんじん

慰安婦の証言
ナヌムの家に住む元慰安婦の一人がなくなり、生存者は37名になりました。
韓国政府に登録のされた元慰安婦は238名です。
1980年代末に朝日新聞が火を点けた「慰安婦問題」の最大の汚点は「慰安婦証言の検証」がされていないことです。

河野談話が出された当時の登録者は111名でした。
が、韓国の大学や支援団体が聞き取り調査を行った結果、信憑性が疑われる証言者を除き19名の証言が得られました。

しかし、これらの証言は国民に明らかにされていません。
韓国では19名の証言記録として日本の外務省に提出されているはずです。

韓国は元慰安婦の証言が証拠だと言っているのにも関わらず、その証言が公になっていないことに疑問があります。

当時は慰安婦問題が始まったばかりで、証言もまだ穏やかだったようです。河野談話の時に聞き取り調査した16名の証言も公にされていない中で、何故慰安婦達の証言を隠すのでしょうか。

元慰安婦証言に立ち会った福島瑞穂氏は真実を知っているはずです。
何故彼女は黙っているのでしょうか。

アナコンダ

時々、自分が不幸だと主張する人が、この世には神も仏もない、と騒ぐのを見て猛烈に違和感を感じていましたが、これを読んでやっと自分の違和感が何処からくるのか分かりました。

楠山秀樹

願いとは
人には何故、欲や願いがあるのか?答えはそれがなければ人の成長が無いからです。あの世は想念の世界ですから願いは瞬間にかないます。そうなると努力しない。努力が無いから成長も無いのです。
ところで、神様にも願いがあります。それは人(魂)の成長です。だから、下手な願い事をすると、試練、艱難辛苦を与えて、それが叶えられる人間に成長させてあげようとなってしまいます。普通の人はそうなると、感謝どころではなく不平不満になってしまいます。
ですから、あくまでも天は自ら助くる者を助くです。努力したけれどもう少しのところで叶わない、そこを打開するための縁や天候などの何ともならないところをお力添え下さいと願うのが良いのです。
また、神社によって得手不得手があるようなので事前の調査も必要なようです(笑)。

No title
父(大正生まれ)からの教えで、神社にお参りをする時の心得。
(受験祈願の時、言われました)

合格させて下さい。は、駄目!
頑張りますので 見守って下さい。とお参りするように!と。

本日のお話を読んで、遠い過去の父の教えを思い出しました。
孫たちにも伝えていきたいです。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク