ねずさんと語る古事記

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

チャンネルAJERの新しい取り組みです。
『佐波優子と日本を学ぼう「百人一首」第一回二十一番歌 素性法師①』佐波優子


10月に『ねずさんと語る古事記』の第三巻が出ます。
そこで今日は、古事記についての私の思いを書いてみたいと思います。


20170609 古事記弐


【お知らせ】
 7月15日(土)18:30 第42回 倭塾 公開講座
 7月17日(祝・月)18:30 CGS公開講座(幕末史)
 7月23日(日)14:00 第1回 名古屋倭塾 公開講座(古事記)
 7月27日(木)18:30 第17回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
 8月 9日(水)18:00 新潟県新発田市講演(古事記)
 8月13日(日)14:30 東京・世田谷講演(古事記)
 8月15日(火)14:30 ねずさんと靖国神社昇殿参拝
 9月 2日(土)18:30 第18回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
 9月17日(日)13:30 第43回 倭塾 公開講座(古事記)
10月 1日(日)11:00 日心会『ねずさんと古事記』出版を祝う会(古事記)
10月26日(木)18:30 第19回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
 *****


日本文化の特徴として、これは和歌でも茶道や華道、あるいはお能や歌舞伎でも、すべてに共通することですが、小学生でも感動を得ることができます。
お能はむつかしそうですが、能面を見たら、小学校の低学年でも感じるところがあるものです。
華道の美しさを体感するのは、大人も子供もありません。
武道も同じです。

たとえば柔道にしても、いまでこそ体重別のスポーツ化して、体が大きくて腕力のある者が強い時代となりましたが、一昔前までの日本文化としての柔道は三船久蔵十段に代表されるように、まるで枯れ木のようになった70〜80代のか細い老人に、大柄な現役4段、5段の選手が手もなくコロコロと投げ飛ばされたものです。

剣道なら、棒振りだけなら、幼児にもできますが、剣聖の域に到達するには、それこそ何十年もの修行をして、それでも奥義に至るか至らないかです。
つまり日本文化は、入り口は広いけれど、出口はとんでもなく深いのです。
それがあらゆる日本文化に共通する特徴です。

古事記も同じです。
入り口は、絵本にもなるわかりやすい神話です。
ですから幼児でもわかります。
そして幼いうちに古事記の世界を絵本的な知識として知っておくことで、様々な経験をして大人になったとき、なるほど!とその深みに納得する日が必ずやってくるのです。





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・弐』
  まだお求めでない方は、お早めにどうぞ。

↓画像をクリックすると購入ページに飛びます↓
20170526 古事記弐


とりわけ大昔は、それを絵本ではなく、漢文で覚えたわけです。
漢字には一文字ごとに意味があります。
知識の深さは違って当たり前です。
このように考えますと、大人が読む古事記が、小学生の読む絵本と同じレベルであっては、はっきりいってもったいなさすぎなのです。

まして古事記は、天武天皇の詔(みことのり)によって編纂が開始され、当時の学者が束になって国家建設のための史書として、古(いにしえ)を省みて風習や道徳が廃れることを正し、世を照らすべき典教が絶えようとしていることを補強することを目的として30年の歳月をかけて、元明天皇に献上された書です。
天皇献上の書が、ただの荒唐無稽な童話であるはずがありません。
まして、古事記に書かれていることは、我々の共通のご祖先の物語としての神語(かむかたり)です。
それは1万年以上続いた縄文時代から綿々と続いたご祖先からの言い伝えであり、伝言であり、教えなのです。

つまり、古事記には大人としての読み方があります。

『ねずさんと語る古事記』は、今年3月に第一巻、6月に第二巻を刊行させていただきました。
そして10月には第三巻が出る予定です。

それぞれの構成は以下のようになっています。
『ねずさんと語る古事記』
 第一巻 神々の成り立ち
 第二巻 シラス国のカタチ
 第三巻 組織と国際関係

古事記を書いてみて思うことは、「もし自分がこれを学生時代、もしくは社会人となったばかりの若い頃に学んでいたら、きっと自分の人生は別なものになったであろう」ということです。
人生観や、仕事をするうえでの価値観が、まったく違ったものになったであろうと思うのです。
そして間違いなく言えることは、もし若い頃に学んでいたら、自分の人生がはるかに愛と喜びと幸せと美しさに彩られたことであろうと思います。
それだけの深い内容が、古事記にはあります。

先日、新潟県長岡市の新潟県立歴史博物館に行ってきました。
ここの特徴は、来館者がまるで縄文時代にタイムスリップすることができるというもので、あたかもタイムマシンに乗って、縄文時代の村を訪れ、そこでの生活を直接見聞きできるような施設になっています。

その展示を見て、「なるほど」と思いました。
どういうことかというと、人は食べなければ生きていけないわけです。
食べるために、男たちは山に狩りに、海に魚を求めて集落の外に出ていきます。
また女たちは、木の実や野菜を採取したり、食事つくりをしたりと、これまた忙しく働きます。
乳児を抱く母は別ですが、集落内には、足腰の立たなくなった年寄りと子供が残るわけです。

そのお年寄りたちは、糸をつむいだり、生地を作ったり、村人たちの生活の支えになる軽作業を行います。
そしていまでいう小学生くらいになった子供たちは、そんなお年寄りたちと一緒に、その作業を手伝います。
このとき子供たちは、お年寄りたちから、ご先祖の話や、かつてあった災害や、それへの対処などの話を聞いて、様々な知識を得たことでしょう。
そしてこうしたことが口伝として、何百年も何千年も、伝承され続けていくわけです。

ずっと後の時代のことですが、江戸時代の朝鮮通信使は、およそ600人位の集団で街道を歩いて江戸にやってきました。
ところが、彼らには狭いところでトイレを使うという習慣がありません。
ですから朝になると、自然現象を旅籠の前の路上で行いました。
その数、600人です。
当時の宿場町の道路は、ほとんどが1間(1.8メートル)です。
どんなことになったかは、想像に難くない事でしょう。

土地の人々にとって、これはさぞかし迷惑なことであったろうと思います。
加えて、彼らは「下々の財産は自分の財産」という文化を持ちます。
ですから畑の作物を勝手に持っていったり、土地の人たちが可愛がっている犬や鶏を勝手に食べてしまいました。
そのことで数々のトラブルが現実に起きているわけです。

ところが街道筋の、その土地の人々が子孫に伝えたことは、
「とても立派な外国の施設が我が村にやってきたので、これを歓迎するために、みんなで一生懸命練習して、舞を演じたんだよ」・・・・です。
子供たちに、あまりえげつないことは教えずになかったことにし、むしろそうした機会に、みんなでがんばったことこそが、子供たちに伝えられるべき話として、伝承になっています。

縄文時代というのは、いまからおよそ1万7千年前から、3千年前まで続く、なんと1万4千年です。
これは途方もなく、長い期間です。
日本人が、チョンマゲをやめて、洋服を着だして、ビルを建てるようになってから、まだ、たったの150年です。
今年は西暦2017年ですが、紀元1年から、まだ、たったの2017年です。
縄文時代は、1万4千年です。

1万年という途方もなく長い期間は、先日お話しましたように、モヘンジョダロやポンペイの遺跡が示すような、核を用いるような時代がもしかするとあったかもしれませんし、また「天の鳥船」は、もしかしたら、本当に空飛ぶ船だったのかもしれません。
もしかしたら、いまよりも、もっと高度に発達した文明を持った時代が、その1万4千年の間にはあったかもしれないとは思います。
しかしそれは、いまの時点では、想像にすぎません。

確実にいえることは、上に述べたような集落生活が長い期間続いたであろうということ、そして、そうした集落生活のなかで、様々な伝承が、深い愛情をもって、お年寄りたちから子たちへと伝えられ、継承されていったであろうとういうことです。

古事記はおもしろくて、我々の感覚でいう、幕末頃までの歴史が下つ巻、戦国時代くらいまでの歴史が中つ巻、それ以前の歴史が上つ巻という三巻構成になっています。
それは、各家ごとに、直接祖父や曾祖父、あるいは高祖父の時代の物語として伝わっている時代が下つ巻、各家の祖先の物語として伝承されているものが中つ巻、それ以前のご祖先の物語が、上つ巻となっています。

ご先祖をたどれば、中つ巻くらいまでは、各家ごとの歴史です。
けれど、上つ巻の時代になると、すべての家は、血がつながります。
つまり、上つ巻に書かれた神語というのは、実は、我々の共通のご祖先の物語です。

その共通のご祖先の物語をまとめたものが、古事記の上つ巻の神語です。
その神語は、長い年月の間に、それこそ何千年という長い歳月の中でつちかわれた、我々日本人の共通のご祖先からの、たいせつなメッセージであり、教えです。
そこにあるのは、1万年以上続く我々日本列島に住む人々が、その営みのなかで熟成してきた知恵そのものであるわけです。

これを7世紀に、あらためて天武天皇の詔によって、まる30年かけて研究し、編纂し、まとめあげて、元明天皇の命によって、天皇に献上された書が古事記です。
しかも古事記が書かれた目的は、当時の時代にあって、我が国の根幹を明らかにし、我が国を共通の祖先を持つ共同体、つまり民族国家、もっというなら国民国家として形成することを目的として書かれたと、古事記は序文で明らかにしています。
こうして生まれたのが、世界最古の国民国家としての日本です。
それを、幼児向けのレベルでしか読もうとしないのでは、あまりにもったいなさすぎです。

ですから古事記を学ぶということは、ウサギさんとお話したり、頭が八つある蛇を退治したりという荒唐無稽な「日本昔ばなし」を学ぶことではありません。
実は、もっと生活に密着した、生きる知恵や、組織や国家、そして日本人という生き方を学ぶことです。

そしてそのことを、「本当はこうだったのではないか」という推測で語るものは、これまでにも数多く出版されています。しかし、古事記が書かれた漢字そのものから、こうした学びを得ようという取り組みをした本は、おそらく『ねずさんと語る古事記』が、本邦初になります。

ひとつ申し上げたいことは、本当のことというのは、数学の解と同じで、実にシンプルなものです。
むつかしくこねくりまわしたようなものは、どこか間違っているのだろうと思います。
ですから、『ねずさんと語る古事記』は、とても読みやすく、あっという間に完読できてしまいます。

是非、みなさまにもご一読いただければと思います。
また、すでにお読みいただいた方は、Amazon等でレビューなどを書いていただけると嬉しく思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ





この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

Kaminari Itaru

No title
佐波さんが解説される小名木さんの百人一首。
また趣が変わって良いですね。
多くの皆様がフォロー解説をされると新たな広がりも出てきて
素晴らしいと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク