日本を取り戻す引き金

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

日本は、はるか古い時代からの「神語」を持つ、世界でも稀有な、そして世界で最も古い歴史を持った国です。
これからの未来を築いていく上においても、また日本を取り戻す上においても、私は「神語」の復活が引き金になるものと思います。


20170905 ギリシャ神話
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


ギリシア神話というのは、古代ギリシアの諸民族に伝わった神話・伝説です。

紀元前15世紀頃に遡る物語で、口承されてきたもの(例:ホメロスの「イーリアス・、「オデュッセイア」など)を、紀元前8世紀の詩人ヘシオドスが体系化し、文字にしたといわれています。
世界が混沌としたカオスの時代からはじまり、オリンポス神々の逸話によって語られる世界は、子供のころ、童話などで読まれた記憶のある方も多いかと思います。

イメージ的には、とても甘美で美しく素敵な世界の物語、そう感じてらっしゃる方々も多いのではないかと思います。
以下は、そのギリシャ神話に出てくる記述の抜粋です。

 大地の母神ガイアは、子のクラノスと交合して
 三つ子のキプロスたちを産んだが、
 これらは一つ目の怪物であった。

 大地の母神ガイアは、父クラノスの
 男根を切れとクロノスに命じ、
 母は鎌をクロノスに渡した。
 クロノスは、母ガイアと父が
 まさに交合しようとするそのときに、
 母に命じられた通り父の男根を切って殺し、
 クロノスは王になった。

 王者クロノスは、妹のレイアと結婚して
 5人の子が生まれた。
 クロノスは、自分が子に打ち負かされて
 天上の王位を奪い取られる運命にあると予言されたため、
 生まれてきた子を順番に食べてしまった。

 妻のレイアが、隠しとおした子供がゼウスで、
 ゼウスは成長すると祖母のガイアに教えられた通りに
 父クロノスを騙して吐き薬を飲ませる。
 クロノスは、最初にゼウスの代わりに飲まされた石を吐きだし、
 そのあと続けてゼウスの兄や姉を吐き出す。
 吐き出された兄弟たちは
 ゼウスの家来となってクロノスと戦った。

 クロノスの子のうちのひとり、女神のヘラは、
 兄ゼウスの妃となり、オリンポスの女王となった。


まだ他にもいろいろあるのですが、実際のギリシャ神話は、親子兄弟の乱脈・乱倫と残虐、親殺し、子殺しという、ある意味非常に不道徳性に満ちた物語です。
逆にいえば、そういう物語が口伝で伝承されても違和感がないほどに、大陸の人々は厳しい自然環境の中で過ごしたであろうし、生き残るために必死であったということもできます。

他にも、大陸の馬賊に伝わる童話では、夫婦に子供がたくさんできたので、隣の家族の馬や羊を奪った。
このとき子供を殺すのがかわいそうだったので生かしておいたら、子供が長じて自分の家族が皆殺しにされた。
殺すときは皆殺しにするものだ、というものなどもあります。

そういえば、「開けゴマ」で有名なアラジンの物語は、盗賊から財宝を奪った盗賊アラジンの物語です。
盗賊団のボスが人々のヒーローであり、それが人々のアイデンディディを形成する根幹としての神話となっているわけです。

これに対し、日本の古事記には、不道徳や残忍な物語がまったくありません。
近現代にいたって、古事記には書かれていないような物語が、あたかも古事記に書かれているかのように語られたりしているものがあります。
ところがそれらは、古事記の原文にはまったく書かれていないものです。

なぜなら日本の神々の時代の物語は、「神話」ではないからです。
「神話」は、英語では「Myth(ミス)」といいます。
ギリシャ神話、ケルト神話など、ヨーロッパには民族ごとの古くからの神話がありますが、キリスト教の普及によって、それらはすべて「根拠のない作り話」とされました。
正しいのはキリスト教だけであって、聖書に書かれていない物語は、すべて「ただの説話や童話、作り話」でしかないとされたわけです。

ヨーロッパのおとぎ話には、精霊や妖精、魔女などが出てきますが、実はそれらは、大昔にはそれぞれの民族の神話の主人公たちであったわけです。
それが教会によって否定されることによって、それらはおとぎ話となりました。

これに対して日本の神代の時代の物語は、もともとは「神語(かむかたり)」と呼ばれました。
「神語」というのは、神々の時代の物語であるという意味です。
個々の家の祖先は、すこし家系の古い家なら、20〜25代くらいまで、ご先祖をさかのぼることができます。
お亡くなりになったご祖先を「仏様」といいます。

ところがそれ以上古いご祖先になると、どの家も全部家系がつながってしまいます。
ご先祖が「かぶって」しまうのです。
言いかえれば、25代を越えるご祖先は、すべての家系の共通のご祖先ということになります。
これを私たちの祖先は、ご先祖を上(かみ)に逆上った「神」と呼びました。
そしてその「神」たちの物語という意味で「神語」と呼ばれたわです。

つまり裏返しにいえば、私たち日本人にとっての「神語」は、日本人すべてに共通するご祖先の物語であるということになります。

そして我が国の天皇は、その「神語」の時代から続く、我が国でもっとも貴いお血筋ということが、国家最高権威におわすことの意味になっています。
そして日本は、そうした国家最高権威を戴(たい)することによって、極力無用な争いを避けてきました。

事実、近代にいたっても、ご皇室は朝鮮王一族や、女真族一族(満洲王一族)と縁戚関係をもち、隣国と争いのない歴史を築いておいでになります。
だから「日朝戦争」も、「日満戦争」も起こっていないのです。

これは仮にの話ですが、もし英米が植民地獲得に強欲を出さず、Chinaの極めて悪質な政治工作に加担せず、日本とともにChina・朝鮮・満洲の平和と安全、そして庶民の生活の向上のために力を貸してくれていたら、おそらく、いまごろ、東亜は大発展し、平和を愛する価値観は、世界に広がり、すくなくとも、戦後の歴史にあったようなChinaの大虐殺や韓国難民、ベトナム戦争、チベット虐殺、ウイグル問題など、まったく起こっていなかったであろうと思います。

なぜなら天皇の存在によって、社会の道徳的価値観が崩壊しないからです。
社会の道徳的価値観が崩壊したとき、いちばん困るのは、一般庶民です。

早い話、順番待ちで並んでいるときに、腕力のある者が平気で横入りしてきたら、誰もが気分を害します。
このような横入りを防ぐものは、警備員や警察の仕事ではなく、社会そのものが健全な価値観を共有しようとするところに根幹があります。

社会に歪みがあるところに、美しく真っ直ぐなものが入ってきたら、社会はどのようになるでしょうか。
むしろ、美しく真っ直ぐなものを除外しようとします。
それが現実です。

日本は、はるか古い時代からの「神語」を持つ、世界でも稀有な、そして世界で最も古い歴史を持った国です。
これからの未来を築いていく上においても、また日本を取り戻す上においても、私は「神語」の復活が引き金になるものと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

takechiyo1949

神だから何をしても良いのか?
ギリシャ神話もかじりました。
神々は貴族?
人間は無知?
愛憎の世界?
神だから何をしても良い?
突っ込みどころ満載です。

我国のご先祖様の物語。
学び始めて十年に満ちません。
それでも神話と神語の違いは認識できていると思ってます。
古事記
万葉集
そして…日本書紀
ねず先生の弛み無いご尽力に着いて行くばかりです。
日本を取り戻したいですから。

垂逸

No title
秋篠宮殿下は、結婚によって皇族を離れるお子様については皇室に関わりを持たずに生活されるようなご教育をされていたのでしょう。それもあってのICU入学だったのです。
旧紀宮様も現在では表に出ない生活をされておられます。女性皇族は結婚によって身分を剥奪されます。そのような待遇を改善することも考えずに、ご結婚の相手にまで文句をつける人々の頭の中を疑います。そもそもどのような代償があったにしても結婚相手を押し付けるようなことが合ってはなりません。秋篠宮殿下は非常に美しい規範を示されました。
今上陛下もご老齢で隠居を望まれていらっしゃいます。これは当然のことです。このブログで紹介された四方拝等の祭祀は天皇がお祀りするもので、摂政が代行することはできません。今上陛下はご自身ではそのような祭祀を行う体力が無いことと、摂政を置いたのではそのような祭祀が引き継がれないことをご心配になっておられるのです。

神無月

進歩
余命三年時事日記に「9月1日−関東大震災の記憶」が掲載されていますね。

このお話は、貴重な内容ですから、ひとりでも多くの方に読まれ、心構えを持つことは大切なことと思います。

「神語」の意味も判りました。
日本人の心のルーツに繋がる気がします。

仮にのお話ですが、ねずさんが思われる様に、平和なアジアになっていたかも知れませんね。そう思いますと残念な現実です。

個人的な思いですが、大東亜戦争は国家存亡の危機を脱するための戦いでしたが、結果として、東南アジアの植民地を解放する偉業を成し遂げました。しかし、自らは敗戦国として米国の元に下りました。

日本は負けたのですから、欧米は、失った植民地を取り戻すことも出来たのではないかと思うのです。

しかし、東京裁判で日本の戦争を侵略行為とし罰した為、欧米も再植民地化(侵略)をすることが出来なくなったと思うのです。
そう、考えますと、日本の敗戦も人類の進歩には大きな意味があったと思うのです。

世は、七難八苦を与えますが、人類の歴史を観れば、中世の奴隷制度や身分制度が当たり前の時代から、現代の人権擁護や平等化の流れは間違っているとは思えません。

人類も、少しずつ間違いを経験しながら進歩しているのでしょう。

今現在の人類の大問題は、富の一極集中なのかと思います。

シラスには、富の平等化も必要と感じるのは間違いでしょうか?

-

いつもありがとうございます。
神話の継承者である皇族の宮様が
一般人と婚約されるそうです。
旧皇族や武家の男性とお見合いするように回りは促さなかったのですかね。
恋は盲目というけど、皇族としての自覚が上回って欲しかったと想います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク