韓国の見下げ果てた行動 竹島



まいどのことながら、韓国のあきれはてた振る舞いには、残念な思いを禁じられません。ほんとうにこの国には良心というものがあるのだろうか、とすら思ってしまいます。

竹島のことです。

韓国外交通商省報道官が28日、日本の外務省が「竹島問題を理解するための10のポイント」と題した資料について、7か国語版で追加作成し、計10か国語としたことに対して、韓国は、日本側に厳重抗議したうえで、外務省ホームページからの資料削除を求めたそうです。

竹島問題では、韓国外交通商省もHP上で「韓国政府の独島(竹島の韓国名)に対する基本的立場」と題する資料を日本語も含め10か国語で掲載しています。自分のところはやっておいて、日本には抗議する。

意見が対立しているなら、その歴史的経緯を踏まえ、国際司法裁判所できちんと裁判しようという日本の主張にすら「もとから韓国領土なのだから必要ない」とこれを拒否。

一方的に韓国領土を宣言し、島を占有し、韓国領との碑文を立て、付近を航行する日本漁船を拿捕し、島周辺で軍事演習を行う。

それだけでなく、国連や米国にはたらきかけて、日本が領有を宣言していること自体が、日本が国際紛争を起こそうとしている侵略行為だと糾弾。

竹島はすでに韓国に実効支配されているのです。

関連記事→外務省の「竹島」追加資料、韓国が日本に厳重抗議 読売新聞

さらには、31日からは「ごめんね、独島よ」という映画が、韓国100か所の劇場で封切られるそうです。竹島に日の丸が刺さった刺激的なポスターが話題を呼んでいるとか。しかもこの映画、来年には世界有数の映画祭にも出品されるとか。
tokuto

関連記事→竹島熱狂、ついに映画化 韓国で話題、31日公開 産経新聞

日本は、竹島問題、尖閣諸島問題、北方領土問題、鳥島問題等、領土問題を多く抱え、北朝鮮には日本人が拉致されています。

こうした国際紛争を解決するために、日本は「話し合い」という最終兵器を用いて解決を図ろうと努力しています。
そうした努力をすることは素晴らしい。平和的に解決を図ろうとする行為はある意味、賞讃に値する。

しかし、国際社会というのは、いってみれば警察のない無法地帯というのが現実です。

おとなしく友好的に解決を図るか、さもなければ武力に訴えるか、その損得の中で紛争が解決される。

家の中に強盗が押し入り、銃を持って女を差し出せと言われたとき、日本は、まぁそう言わずに、話し合いましょう、と述べる。結局は、女房や娘の代わりにカネを払って解決しようとする。

多くの日本人は、偏向マスコミや一部の政治家に踊らされ、日本は世界2位の経済大国なのだから、まぁすこしくらいカネを出すことで平和的に解決できるのなら・・・とあいまいに思っています。

しかし、一人当りの為替レートのGDPは、日本はすでに22位まで、経済力が減退しています。すでにシンガポールにも抜かれている。
購買力平価ベース
で見たら、すでに多くの貧民を抱える中国にすら追い越されているのです。

テレビに出てくる評論家のおじさんやおばさんたちは、経済的に余裕があって、少々他国にカネを払うくらいなんとも思わないのかもしれませんが、我々庶民は、この景気後退局面の中で、ほんとうに生活が苦しくなってきている。悪いけど、他国にくれてやるお金があるくらいなら、国内の景気対策に使ってもらいたい。そう思うのが普通の庶民感覚なのではないでしょうか。

問題解決のためにと、ひたすら海外にカネを垂れ流し、垂れ流すことによってその流した相手国から法外なキックバックを受け取る日本の政治家。

日本諜略のための活動団体を国内に作り、日本のマスコミや政治家に支援金を出す韓国政府。その資金の出所は、これもまた日本のカネ。

いったいいつまで日本は、こんなバカにされた状態で居続けるのでしょうか?

竹島、韓国の大嘘

わたしの竹島ですが、何か?


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

八目山人さん、ご指摘のコメントありがとうございます。
ボクの言いすぎでした。ご指摘を感謝します。
そういえば坂本竜馬もアメリカ人の船長と懇意だったというし、硫黄島で散られた栗林中将もアメリカに長く行っておられたのですよね。
ありがとうございます。

八目山人

ちょっと違います
ねずきちさんは、お若いのかもしれませんが、いわゆる右側の主張をされているように見えて、微妙にずれている事があり、危なっかしいです。

戦前の日本は、小学校や中学校で鬼畜米英などとは教育しておりません。
戦前は、天皇も親英米派で、日本人が一番好きな国はアメリカでした。

アメリカとの戦争が始まって、アメリカがフィリピンに居た一般日本人女性全員を強姦したり、捕虜を殺害したり、殺した日本兵の頭蓋骨を飾ったりした為、鬼畜アメリカ、鬼畜米英と言われる様になったのです。

相手が何も酷い事をしないのに、日本が勝手にスローガンを作り、叫んでいたわけでは有りません。
当時の日本人は、白人や黒人など見たことも無く、どんなイメージも持つ事は出来なかったでしょう。

ねずきち

>じゃんごさんコメントありがとうございます。
なぜ人々が警察の言うことを聞くかといえば、いうことを聞かなければ逮捕するぞ、抵抗したら武力を用いるぞ、という“力”を用いるからです。近所で暴力沙汰が起きたとき、町内会の会長さんを呼んで、「話し合うぞ」といったところで、熱くなっている人たちにはまるで通用しません。
法律のある国内ですらそうです。
まして法の存在しない国際社会において、相手が不条理ないいがかりをつけたり、人々を拉致したりされたとき、こちらにとっては不条理であっても、向こうは向こうで「正義のために」これを行っている。
そのときいくら「話し合うぞ」といったところで、相手は話し合いなど応じようとしない。背景に、言うことを聞かなければ攻撃するぞ!というものがあって、はじめて威嚇になる。
自分たちの正義を貫こうとすれば、哀しいことにそうせざるをえないのが、いまの国際社会というものなのだろうと思います。

>OOIDOYAさんコメントありがとうございます。
戦前の日本が、小学校や中学校で鬼畜米英と教育していたといいますが、いまこの瞬間においても、韓国では、侵略国家日帝と教え、中国では日本鬼子と教科書で教育しています。
それを無批判に受け入れなければならない子供たち。愛よりも憎むことを教育された子供たち。ものすごく哀れな気がします。

国益を考える講演会

国益を考える講演会

「3月22日・・・真実を知ってほしい」

(入場無料・全席指定・定員1600名)

◆ご案内ホームページ◆ 
http://kokueki.cool-biz.net/

◆特別講演◆
菅沼 光弘 
元公安調査庁・調査部第2部長

志方 俊之 
元陸上自衛官陸将・北部方面総監

青山 繁晴
株式会社独立総合研究所 代表取締役社長・兼・首席研究員 

◆特別ゲスト◆
田母神 俊雄 前航空幕僚長

OOIDOYA

 国際社会ではどちらの国が信用されるか分かっていないのが妄想韓国人ですよ。
 竹島と強制連行だけ主張していれば良いものをBANKなどという基地外集団を使って「日本海は本当は東海と言うニダ」とアホっぷりを各国に宣伝してくれているそうです。
 
 真実を知らないのは韓国国民だけかもしれません。今日息子から電話がありまして韓国人とのハーフの子の話をしてくれました。
「俺、政治に詳しいんだ。竹島って韓国領なんだぜ」と嬉々として話してくれたそうです。
  
 教育って恐ろしいですね。

じゃんご

本当に馬鹿げていますね
韓国の横暴には呆れるばかりです。
政権が交代し、少しは良くなるのかと期待したいところですが・・・。
同時に日本外交の軟弱さはいったいどうなってるのでしょうか?
このままでは、アジア諸国からも小馬鹿にされいずれ三流国になってしまうでしょう。
どうした日本!
竹島に日の丸片手に乗り込む気概のある日本人はいないのか!
お前が行け・・・だとな。
・・・・
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク