一部の人の利権が大事か、国民の生活の安定と富が大事か

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

上のタイトルの答えに、前者を選ぶ人はまずいないと思います。
けれど現実の世の中は、程度の差こそあれ、前者で動いています。
そしてその極が、China社会であり、Korea社会です。
まだ西欧社会では、そうはいっても宗教による縛りによる民衆の良心が多少なりとも機能しています。
では日本はどこに向かうのでしょうか。



20170927 昭和23年頃の日比谷界隈
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


【お知らせ】
 9月17日(日)13:30 第43回 倭塾 公開講座(古事記)
 9月21日(木)13:00 埼玉縣護國神社奉納揮毫
10月 1日(日)11:00 日心会『ねずさんと古事記』出版を祝う会(古事記)
10月15日(日)13:30 古事記に学ぶ25の経営学
10月26日(木)18:30 第19回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
11月 3日(金・文化の日)第2回 名古屋倭塾 公開講座(古事記)
11月 5日(日)第45回 倭塾 公開講座
11月25日(土)第20回 百人一首塾
 *****

親であれば、祖父母であれば、子や孫に幸せで豊かな生活を実現させてあげたいと思うのが人情です。
何のために給料の大分を使って、子供を学校や塾に行かせているのでしょうか。
幸せになってもらいたいと思うからではないのでしょうか。

けれど、将来その子や孫が住む日本が、金と暴力が支配する国となり、身の安全さえも保障されず、ひたすら民衆が収奪され続ける世の中になっているとしたら。
ごく一部の特権階級の人たちが、他の圧倒的多数の人々に嘘やデタラメを刷り込み、人々の覇気を失わせ、働いても働いても、暮らしは楽にならず、夫の給料だけではやっていくことができず、月々の支払いのために妻はパートに、高校生になった子はアルバイトに働きに出ていて、それでも暮らしは豊かにならない。
かつてのソ連がそうでした。

しかしいまの日本でも、生活保護を受けている外国人が、何もしないで月に30万円ものお金を行政からもらい、医療費も全額無料、高額医療も無料、さらに現金収入のある商売なら役所に内緒で仕事ができるとばかり、キ○チを売り歩き、来日してわずか3年で高級外車をキャッシュで買い、5年目には新築の億ションを買い、焼○屋のチェーン店のオーナーとなって日本人の主婦や学生をアルバイトに使っています。

産業界では、会社の要職をやはり外国人が独占し、禁煙の社屋内を平気でくわえタバコで闊歩し、従業員の女性たちをその毒牙にかけ、セクハラ、パワハラはあたりまえ、社員はほぼ16時間労働もあたりまえ。それでいて給料は8時間の定時分しかもらえない。

結局、日本人であれば、正社員で16時間働いても、アルバイトで8時間働いても、もらえる給料は同じということになって、次々と社員は会社をやめて行くけれど、さりとて次の就職先があるわけでもない。
大好きな女性と結婚しても、一昔前なら、結婚したら女房に働かせないことが男の甲斐性なんて言われていたのに、いまではすっかり共稼ぎがあたりまえ。

昔は「鍵っ子」が社会問題になったものだけれど、いまでは「鍵っ子」は普通の常識です。
子どもたちが遊べる野山も失われて、監視カメラ付きの学校の指定公園でなければ、子供を遊ばせることもできない。
昔は片道6キロも7キロもある道のりを、子どもたちが歩いて学校に通っても、何の心配もなかったけれど、いまでは、数百メートルの学校までの道のりを、集団登下校で、父兄による横断監視がなければ、安心して学校にもいかせられない。




◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


『ねずさんと語る古事記・参』絶賛発売中!!
古事記3の一部


そういえば、終戦直後、焼夷弾によってまさに焼け野原となった都市部は、終戦の詔勅後すぐに復興作業が始まり、昭和22年の段階では、ほぼ完全に瓦礫は片付けられ、町にはバラックが立ち並び、昭和30年頃の子どもたちは、防空壕は見たことがあっても、瓦礫の山なんて見たこともありませんでした。

ところが東日本大震災が起きたのが2011年、あれからもう6年も経つのに、現内閣になってからかなり復興が進んだとはいえ、いまだに瓦礫は露出しているし、仮設住宅生活者は18万人もいる状況です。

戦後についていえば、1945年の終戦直後から、1970年代までの日本経済の成長はすさまじいのひとことに尽きるものでした。
それは世界中から、奇跡の復興とまで呼ばれるものでもありました。
同じことは明治時代にも起きています。

明治政府ができたばかりの頃は、極貧政府で、給金の支払いもままならず、そのためやむを得ず、13ヶ月あった1年を短縮するために暦を旧暦から新暦に変えたのは有名な話です。
これによって1ヶ月分の公務員の給料の支払いを軽減したのです。
それだけ貧乏だった明治政府は、ところが明治の中頃には、経済力で世界のベスト5に入る大国にまで上っています。
戦後も同じで、日本の経済成長は、そまさに世紀の奇跡とまで言われました。

ところが90年代には我が国の名目経済成長率は世界最下位になりました。
2000年代も最下位です。
ようやく現内閣になってから多少の成長が見られるようになったものの、それでも世界190カ国中、日本のそれは175位です。
私たちは、どのような未来を子や孫に残すのでしょうか。

人の社会は、人が築くものです。
それは、ただ「そうなった」というものではなくて、私たちの意思が、未来を築きます。
日本が良くない国だ、日本人は駄目な民族だと刷り込まれている間に、国政から企業経営、夜の町まで、日本人のような顔をした日本語を話して、日本人のような名前を通名する人たちが、働き者の日本人を安い賃金でこき使って、遊んで生活している。
そしてそのことを日本社会に定着させるために、口先だけはよさそうなことを言う人物を、組織を動員して国政に送り込む。
真面目に国民のことを思って仕事をしている政治家を、徹底的にこき下ろす。

長いこと、そんなことを多くの日本人は放置してきました。
政治がどうのこうのと言う人達は、特殊な人であり、自分たちの生活を自分で守ることこそ、日本人の美徳であり、それは自分の人生のことであったからです。

ところが、東日本大震災は、はからずも、そうした特殊な人達による政治が、もはや放置できない最悪のものであるという現実に、多くの日本人が気付いてしまいました。
そしてそういう人たちが、いまさらのように「もりかけ」にこだわればこだわるほど、人々は彼らに対して懐疑的になっていったのです。
それが、民進党ができてからわずか1年半で解党になった理由です。

今回の選挙を「もりかけ隠し選挙」だという政治家や評論家がいます。
馬鹿な話です。
全然「隠し」などではありません。
それがそれほどまでに問題だとういうのなら、選挙後に再び争点にしていけば良いだけのことです。
それを「隠しだ」というのなら、その政治家は、はなから政治家であることを放棄していることになります。

「北朝鮮問題の緊迫しているときに政治に空白をつくるのか」という政治家、評論家もいます。
空白などありません。
我が国には、衆議院の選挙期間中も参議院もあるし、内閣もあるのです。
衆議院の政治家だけが、鉄砲を持って前線にいくわけでもありますまい。

「いまこそ安倍政権から国民の手に政治を取り戻そう」といっているのは共産党です。
残念ながら、志位委員がそう吠えればほえるほど、多くの日本人の目には
「その国民て、誰のことですか?」と白々しくしか写りません。
日本人は馬鹿ではないのです。

最近、熱帯地方並みの豪雨が各地を襲っています。
もし、本格的な熱帯並みに1000ミリの豪雨が降ったら、日本の都市部は壊滅、水没します。
水没だけではなくて、そうなると、その地域一体が停電します。
震災対策、防犯対策、水害対策、日本の国家インフラの整備は、いまや待ったなしです。
万一、北朝鮮有事があったら、そのときの防衛をどうするのか。これも待ったなしの問題です。
東京五輪を前に、絶対に関東大震災のときのような暴力事件が起こらないように、徹底的な取締を行うことも、これまた、大きな問題です。

「もりかけ」などを議論するヒマがあったら、そうした国家インフラの整備をしっかりと議論し、実施していく。
そしてその対策にあたって、費用をケチらずに、国がお金をどんどん使う。
工事というものは、安くすれば良いというものではありません。

仮に、橋梁工事、地下補強工事、堤防工事、公共建築物の補強工事の作業員に従事すれば、手取りで日給5万円、月収100万円が支払われるようになったら、それだけで日本の失業問題は解消し、貧困問題も解消していきます。
ところが現実は、そうした作業従事者の給料は、月収10万円以下のコンビの店員以下にしかならないのが現実です。
世界では、コンビニの店員の時給は3000円になっているというのに、です。

もっといえば、防衛産業は、国家経済をものすごく発達させます。
とりわけ、セキュリティや最先端技術は、本来は軍が最前線を担うべき分野です。
私たちが求めているのは、能書きではないのです。
実質的な生活の向上です。
日本人が、豊かで安心して安全に暮らせること。
そのためにいま必要なことを、次々に実現していく、その実行力こそが国政に求められていることです。
愚にもつかない難癖や批評など、余計なお世話なのです。

我々日本人は、世界で最も旧くて長い歴史を持つ国、世界最古の国家です。
そして私たち日本人は、世界で唯一、天皇という存在のありがたさによって、世界最古の「権力からの自由」を与えられた民です。

日本経済を成長させるのも、私たちが子を立派に育てることができる環境を築くのも、未来に向けたよりよい国作りができるのも、すべては私たち自身が、先人たちが築いてくれた日本とは何かを、まずは学ぶところから始まるのだと思います。

そしてその根幹はといえば、それはやはり古事記にあります。

その古事記が、ただの荒唐無稽な子供向け神話(Mith)ではないということを、あらためて私たちが学び、また知ることこそ、日本を取り戻す原動力になるものと思います。

いささか宣伝じみてしまいますが、そういう意味で『ねずさんと語る古事記・参』は、とくにこの一冊だけで、特に政治に携わったり、あるいは企業、組織に働く方には、ものすごく参考になる本であると思います。

是非、身近においでの政治家の方、あるいは会社や団体等で働く方に、この本を紹介、またはプレゼントしてあげてください。
たぶん、この本は、その方にとっての一章の宝となるに違いないと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆


20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ジャイアントロボ

しかし、民進党の先生達の節操の無さに呆れます。
議員の地位にしがみつきたいばかりに、主義信条をコロコロ変えることを全く、恥じと思ってない。

世間では、先生と呼ばれる国会議員なのにです。

人の勝ち馬に乗って、あわよくば党を乗っ取れると思っていたのでしょうか。

小池代表に、心底、見透かされ、右往左往している様は、まさに、先生と言うより道化ですね。

ねず先生の仰る通り、モリカケなんて一般人には、どうでもいい問題です。
日本の人々が、安心できる社会と豊かな人生を送れることを、第一に考えて下さる候補者先生に、一票、入れて来ます。

ポッポ

No title
>そういえば、終戦直後、焼夷弾によってまさに焼け野原となった都市部は、終戦の詔勅後すぐに復興作業が始まり、昭和22年の段階では、ほぼ完全に瓦礫は片付けられ、町にはバラックが立ち並び、昭和30年頃の子どもたちは、防空壕は見たことがあっても、瓦礫の山なんて見たこともありませんでした。
>ところが東日本大震災が起きたのが2011年、あれからもう6年も経つのに、現内閣になってからかなり復興が進んだとはいえ、いまだに瓦礫は露出しているし、仮設住宅生活者は18万人もいる状況です。

終戦直後の回収の道具も材料もない時代よりも、現在の復興の補が遅いというのは、あんまりだと思うのですが、東日本大震災からの復興には、政府がどんな希望でも聞こうとする姿勢のために、被災者が希望を出しすぎて、まとまらなくなっていたことがあります。
しかし、復興計画が出てそのために動き始めてから、工事終了が遅いから間に合わなくなったと言うことは、具合が悪いです。
復興計画が終了したら、その地をフルに使って活用して戴かないと、国のお金が無駄になることを、分かっているのかと思います。


それから、除染計画については現在は年間被曝線量が1ミリシーベールト以下で行われているのですが、これを20ミリシーベルト以下に緩和できないのでしょうか、
この1ミリシーベルト以下は余りにも厳しすぎることと、もう一つは福島第1発電所事故から既に6年間を経過しており、当初の危険性は収まっていると考えても良いと思うのです。

私は団塊の世代ですが、子供の頃から成長していくときには、米国、ソ連、中国、英国、仏蘭西がそれぞれ大気圏で核実験をしていましたが、その頃の大気の放射線による被曝も大きかったと思うのです。現在の福島県の残留放射線は事故直後と比較した場合、自然に減少していますから、除染基準を当初のママとせずに、緩和することも考えてはどうかと思います。

こんな事をいまされ申しますのは、残留放射線の除去については今も大いぼな作業が行われていると思いますが、不正な事件もしばしば起こっていると考えます。
それと、科学的ではなく習慣的な判断による残留放射線の危険を煽るだけで、真の危険性が減少しているのではないかと考える時期になっているのではと推測するためです。

にっぽんじん

イギリスのライダイハン支援活動
フェイク報道の定義には7つあるそうです。今朝のラジオで聞きました。
其の内の2,3の紹介はあったが詳細はわからなかった。
詳細は不明だが「フェイク報道」は今に始まったわけではない。
人類が地球に住みだして以来のことで驚くことではない。

中国の戦国時代なんかフェイク合戦だった。
日本のマスコミも「インターネットのフェイク報道」を批判しながら自ら「フェイク」を繰り返している。

「事実を報道しない」ことも一種のフェイク報道ではないか。
イギリスでベトナムの「ライダイハン」を支援する団体が設立されたようです。

韓国大使館の前に「ライダイハン像」を設置すると言っている。
イギリスはベトナム戦争には関係ない。そのイギリスが立ち上がったのは何故か。

日本には多くのベトナム人が暮らしている。
何故日本のマスコミは「ライダイハン」を支援する活動を取り上げないのか。

取り上げたくない理由があるのか「報道しない自由」を使っている。
イギリスの活動を見守りたいし支援したい。

日本人

No title
日本の経済的衰退の原因は円高と考えます。
円高のデメリットをあげると、
・企業工場が海外逃避(国内では高くつく)
・国内企業工場も利益減少し人員削減、給与減少、消費減少。
・これにより雇用減少、税収低下しGDPすら低下する。
・税収減により増税する。さらに消費減少。
・輸入品は安くなるが国内競争企業は価格で敵わず衰退消滅
・さらに利益雇用減少し価格を下げる
・価格を下げさらに給与減少し消費も低下
逆にメリットはほとんどなく、
・円高安定により投資は安定する
・輸入品業者や金融投資業はあまり影響を受けない
・円が強い(高い)という名誉称号が得られる
適正な為替価格というのは一定規模の企業工場が海外へ移転を考えるという段階と考えます。すると1980年代後半の190円くらいが適正ではないかと考えます。プラザ合意以降は順調に上がり250円が今では110円代です。しかし名目の初任給額は変わっておらず据え置きです。
この通貨高というのは調べてみるとかなりの猛毒でどんな国でも衰退させることが出来、しかも対策がほとんど存在しません。貿易を止めるか中国のように固定相場にするかくらいしかありません。(中国はデメリットを理解しているので固定を維持していると考えます、仮に中国が変動制に移行したらすぐに元高になり日本と同様の状態になるでしょう)
政治家、行政やマスゴミは円高のデメリットには絶対触れません。
ということは都合の悪いことであり影響も大きいことだと考えます。


非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク