ライダイハン問題と国連改革

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

21世紀の世界の戦いは、嘘にまみれた特亜との戦いです。
それは周到な準備段階を経て、もう始まっています。


20170927 ライダハン
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


去る9月12日、英国の市民活動家のピーター・キャロル氏の呼びかけで、ロンドンで「ライダイハンのための正義」という民間団体が設立されました。
この設立大会には、英国の元外務大臣のジャック・ストロー氏も出席しています。
またこの団体のメンバーでジャーナリストのシャロン・ヘンドリー氏は、レイプ被害者やライダイハンの子供たちへの聞き取り調査を英インディペンデント紙(9月11日付)に寄稿し、その中で韓国軍司令官の家で食事を作る手伝いをしていた10代の女性がレイプされた事例や、子供たちが学校で“犬の子”と呼ばれて差別を受けている実態をレポートし、そのうえで、
「韓国政府は決して韓国兵が行なった行為を認めず、調査すらしない」
と、韓国政府の姿勢を厳しく批判しています。

日本の慰安婦問題には強制連行の証拠が見つからなかったのに対し、韓国がベトナム戦争時にベトナムで行ったレイプ事件には、数万人のコリアンとベトナム人女性による混血児(ライダイハン)が現実の証拠として存在しています。
でっちあげには必死の韓国は、このライダハン問題にどのように取り組むのでしょうか。

現状では韓国の答えはひとつです。
国内的には「なかったことにする」です。
日本国内で行われている日本に住む在日外国人犯罪が、日本国内で「なかったこと」にされているのと同じです。

また3年前に、ベトナムに働きかけて、このライダハン問題についての詳しい調査を依頼したときは、ベトナム政府もまた、韓国との国交への配慮から、この問題に眼をつぶりたい意向でした。
最近のことは知りませんが、当時は日本のODAでできたベトナムの空港の壁一面がサムソンの広告になっていて、あたかも空港施設そのものがまるで韓国の援助によってできたかのような演出までされていた時代でした。

ところが、カネで縛った国交は、韓国経済が崩壊すれば当然に切れていきます。
今回の英国での「ライダハンのための正義」への取り組みは、そうした外交面の障壁が崩れつつあることを証明しているように思います。

国境のボーダレス化が進む世界にあって、「なかったことにする」は、今後ますます通用しなくなります。
嘘は簡単に暴かれ、真実が顔を出し始めます。
これまで薄いベールに包まれて見えなかった真実が、明るい太陽の日差しのもと、くっきりとその姿を表します。

私達日本人は、堂々と真実を発信し続ければ良いのです。
なぜならかつての日本軍ほど、誠実で誠意ある悪さをしなかった軍隊は、世界に二つとない。
いい加減、世界は嘘にウンザリしているのです。

このライダハン問題が英国で上程されたすぐあとの昨日には、米国トランプ大統領が国連の抜本的改革を提唱し、現在の国連のトップグテーレス事務総長とガッチリ握手を交わしました。
その発言は、
「予算は国連全体の22%、
 平和維持活動では約30%も負担し
 不公平だ」
からはじまっています。
それを言うなら、日本もまた同じです。
国連では相変わらず敵国扱いにありながら、世界第二位の国連資金の負担をしています。

ここまでは良いのですがトランプ氏は続けて、
「近年国連は『官僚主義』と運営の誤りでその能力を完全には発揮できていなかった」
「国連は2000年に比べ、予算は140%にスタッフの数は2倍になっている」
国連は「肥大化」していると発言しています。

この発言が、すべてを物語りました。
要するに国連があまりにもひどい状態になったのは、韓国の潘基文(パン・ギムン)氏が国連内で力を持ち始めた頃から、そして事務総長を務めるようになってから、国連の肥大化と嘘にまみれたリベラルが加速したことは、世界が知る事実だからです。
要するにトランプ氏の発言は、国連が抱える肥大化とリベラル化と虚飾の排除というだけでなく、ひらたくいうならば汚鮮を正面から問題視したものであるといえるのです。

嘘と虚飾と自己肥大は、特亜三国のお家芸です。
そのような国家群を国連に招いていること自体が、実は問題の根幹にあるということを、米英がようやく気づき出したということです。

いまも日本国内には、親韓派、親中派の人たちがいます。
国会にもいます。
米国にもいます。
しかし、それらはこの数年以内に、猛烈な勢いで排除されていくことになります。

20世紀の世界の戦いは、嘘にまみれた共産主義との戦いでした。
21世紀の世界の戦いは、嘘にまみれた特亜との戦いです。
それは周到な準備段階を経て、実はもう始まっているのです。

<参考>
ベトナムの韓国大使館前に「ライダイハン母子像」建立計画
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170926/soc1709260025-n3.html
※週刊ポスト2017年10月6日号

トランプ大統領の「国連改革」その狙いとは
http://www.news24.jp/articles/2017/09/30/10373952.html
日テレニュース 2017年9月30日 19:23


お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

神無月

国連リセット
無能と呼ばれていた、潘基文(パン・ギムン)事務総長時代は酷いもので、国連を韓国化したようなものでした。

当時、次期韓国大統領候補だったわけで、現職の文在寅(ムン・ジェイン)と、どっちもどっちの酷い人選です。

韓国人の、人を見る目の無さには呆れます。

慰安婦問題は、日韓合意(米国後見人)で既に終わっています。

なれば、史実のライダイハンで韓国を叩けば、証拠は有るのですから、韓国が日本に要求したように、ベトナムが韓国に謝罪と賠償を要求してやればよいのです。

韓国人は、因果応報の概念を持っていないようですが、結局、因果応報です。

国連も、一度リセットして欲しいものです。

one

No title
ベトナムの話は事実だと思いますが、イギリスの市民団体は、よく自国を棚に上げて、韓国をやりこめるな、とも思います。

こういった情報戦というのは、相手国が悪行の限りを尽くした、と宣伝するのが、やはり効果的なのでしょうか?

我が国と致しましては、ねずさんの”キムチの話”を国是として、世界に発信するのはいかがでしょうか。
あの話、私は路上脱○禁止令はもちろん真実だと思いますが、その後のお話はさすがにすべてを信じることはできません。しかしながら、多分に真実味を帯びているであろうことも想像に難くありません。

我が国が国費持ち出しで、赤字で拓殖し続けたことも、伝えられてしかるべきだと思います。

あの時代において、人種平等を唱えていた我が国の名誉が回復され、且つ我が国と欧米列強の植民地支配との違いも明らかになれば、両国の将来にとって、非常に喜ばしいことであると思います。

ポッポ

No title
海外にも真っ当な人権を考える人達がいることを、嬉しく思っています。

このことについて、他国のことと思わずに、日本も支援できれば良いと思います。

ベトナム戦争における韓国軍の蛮行は、凡そ旧日本陸軍の行動をとは異なっているものです。

韓国は、自国に都合の悪いことはなかったことに、日本のことはなかったことでも、悪いことを捏造してあったと騒ぎます。
一度言い出したら、何もなかったことでもあったことにして、いつまでも騒ぎます。それも、関係の無い国にまで行って、騒ぎ立てます。
映画を作って、映画が証拠だと言うのです。

ライダイハンは、ベトナム戦争で米国が韓国に陸軍の派遣を求めたところ、これに応じて参戦した兵隊達がベトナム人に対して起こしたざんぎゃく行為です。このために、ベトナム人民間人がどれだけの被害を受けたかと思い、気の毒です。

韓国人の悪質なところは、これだけの問題を作っておいて、犯行後は知らない振りをすることで、これに韓国は責任を取らないのです。
なに、いつものことです。

これに対して日本がなさねばならないことは、「助けない、教えない、関わらない。」これしかありません。


ところで、しばらく前にISの家族が保護されたとのニュースがありましたけれど、続報がありません。
何故かと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク