レビューをいただきました

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

古事記3の一部


10月7日発売の『ねずさんと語る古事記・参 ~葦原中国の平定、天孫降臨、海佐知山佐知、神倭伊波礼毘古命』のAmazonの販売ページに、早速2つのレビューをいただきましたのでご紹介します。

【お知らせ】
 9月17日(日)13:30 第43回 倭塾 公開講座(古事記)
 9月21日(木)13:00 埼玉縣護國神社奉納揮毫
10月 1日(日)11:00 日心会『ねずさんと古事記』出版を祝う会(古事記)
10月15日(日)13:30 古事記に学ぶ25の経営学
10月26日(木)18:30 第19回 百人一首塾 公開講座(百人一首)
11月 3日(金・文化の日)第2回 名古屋倭塾 公開講座(古事記)
11月 5日(日)第45回 倭塾 公開講座
11月25日(土)第20回 百人一首塾
 *****

10月7日発売の『ねずさんと語る古事記・参 ~葦原中国の平定、天孫降臨、海佐知山佐知、神倭伊波礼毘古命』のAmazonの販売ページに、早速2つのレビューをいただきましたのでご紹介します。

 **

【古事記から導きだす日本のアイデンティティ】
 投稿者 木堅 2017年10月7日

今回、10月1日靖國神社における発売記念祝賀会に参加する機会を得まして、一般発売前に入手、早速読了させていただきました。
1・2巻含めてレビューを書かせていただいており内容の重複を避けたいところではありますが、今回で完結に至った第3巻を含めて、ねず古事記に貫かれている一番の軸はやはり「『以音』『訓』にこだわった漢字解釈」にあると思います。

一度ねず古事記世界に触れてしまうと、もはやそれが当たり前の感覚をもってしまいますが、これまでいかにそれがないがしろにされてきたかということです。否、仮に知っていたところで研究者の専門知識幅が狭く、どの分野の専門家も視野が狭いものに留まらざるを得なかったということだと思います。

「以音」「訓」という古事記読解の強力な『鍵』を振りかざすにあたってのねずさんの武器は、
「地に足ついた現実感覚に基づいた行間を読む力」
「霊的・スピ的世界への理解力」
「専門にとらわれる学者には到達し得ない博覧強記の歴史知識、やまとことば・漢字知識」
という、一般に常人では同時に持ちえない複眼的な切り口にあると思います。





◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑
新しい動画がアップされました!


あとがきにおいて「わたしたちが古事記を学ぶ上において大切なことは、古事記の『真相はかうだ』ではなくて、古事記を通じて先人たちが伝えようとした日本の形(これをアイデンティティといいます)をしっかりと学ばせていただくことではないかと思います。」とねず先生はおっしゃっています。

その言葉のとおり特にこの3巻においては、前作までのような天照大御神の正体は?ヤマタノオロチの正体は?といった個別歴史の真相を読み解く切り口というよりは、
『日本という国における組織論・国のあり方』
といったものに焦点が置かれています。

国譲り、天孫降臨、猿田彦・天鈿女、海幸彦山幸彦、神武東遷等々、歴史の真相検討の余地の無数にあるテーマにおいて、あくまでも古事記記載内容から『以音』『訓』の切り口を軸に日本国のアイデンティティを切り出してくれました。

まだまだ古事記の裏に隠された歴史の真相は無数に残されているでしょう。
しかしながら本作品はそれが焦点ではなく、古事記という文献から読み解くことのできる日本国のアイデンティティこそがねず先生の一連の3部作の真のテーマであり、余人の追随を寄せ付けない金字塔として完成をみたのではないでしょうか。

祝賀会で先生がおっしゃいました。
「古事記は原文でスラスラ読めるのに、日本書紀では読めない。
 なにか神々の力の後押しがあったとしか考えられない」と。
祝賀会の空気、祝福に満ちた温かい感覚がそれを肯定していると自分は感じました。

 ***

【ねずさんと語る古事記 参 完結編です。】
 投稿者 むーちゃん 2017年10月7日

今年3月、古事記 壱 が出版され、小名木先生ご夫妻が伊勢神宮内宮に献本に来られました。
その時、地元に住んでいる僕にとっては是非とも同行したいと小名木先生にお願いしたところ、快諾していただきました。

最高神である天照大御神をお祀りする内宮に献本されるにあたり、神楽殿でお祓いを受け、御神楽をあげ、そして、内宮正宮の中まで入ってお祈りを捧げました。
長く伊勢に住んでいても体験する人は少ないと思います。
僕の人生でも一番の出来事になるかもしれません。

『古事記 壱』は宇宙創成から三貴神誕生までのお話ですが、その本を内宮に献本されたのは何か天啓を感じずにはいられません。
そして、今回、靖國神社に古事記完結編である 参 を献本されたことも本の内容に繋がっていて日本国を守るために尊い命を犠牲にされた英霊たちを祀る神社に大いに関係があることなのです。

古事記 参は、国家各論の話になっていて安全保障から国家運営は如何にすべきかの内容です。
海佐知毘古、山佐知毘古のお話は今の外交のあり方を教えている所で、無理難題を要求してくる国があるなら、まず誠意を尽くして話し合いなさい、それでも相手が我儘を通してくるなら、次は経済制裁をしなさい。それで相手が武力に訴えてきたなら、徹底的に完膚なきまでに叩きなさい と教えているのです。その為の備え、国を守る自衛力をつけておきなさい と言っているのです。
これは、『しっぺ返し』というコンピュータプログラムで最強のプログラムで現在の高等数学で証明されました。
やっと現代の数学、物理などの科学が古事記に追いついてきたのです。

おそるべし、古事記の教えです。
これで本当にすべてが繋がり完結です。

この両方に同行できた僕は幸せ者で感謝してもしきれるものではありません。
それで、僕がこのご恩に報いるため出来ることは何かと考えた時、小名木先生の古事記三巻の解説本を広く一般の人達に読まれることを願って地元の図書館に寄贈する事にしました。

本当にこの本が現役の大人から未来を背負う子供たちまで読まれだした時、日本を取り戻す事が出来たのだと僕は確信します。
まだ、まだ言い足りない事はありますが、言葉にならないくらい感動して言葉が出てきません。

 ***

コメントいただきました木樫さん、むーちゃんさん、ありがとうございました。
古事記1〜3、お読みになられた方は、是非、レビューを書いてみてください^^

それにしても、今回の参は、ここから先に読み進めるのが一番良いのではと思うほど、内容の濃いお話になっていようかと思います。
なにより、もし身近に議員の先生がおいでになれば、その議員の先生にお薦めいただきたい内容です。
日本の国の形が描かれた、古事記のハイライトの連続です。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク