川面に浮かぶ紅葉に

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

 だけどぼくらはくじけない
 泣くのはいやだ笑っちゃおう


流れもあへぬ紅葉なりけり
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


もうすぐ紅葉のシーズンとなりますが、百人一首にも紅葉を詠んだ歌があります。
そのなかのひとつが春道列樹(はるみちのつらき)です。

 山川に風のかけたるしがらみは
 流れもあへぬ紅葉なりけり

(やまかはに かせのかけたる しからみは なかれもあへぬ もみちなりけり)

とても好きな歌です。
作者の春道列樹は学生で、何か深い悩みを抱えていたようです。
そこで京の都から、大津にある崇福寺(すうふくじ)に、教えを乞いに向かいます。
この歌が、その「行き」に詠まれた歌なのか、「帰り」に詠まれた歌なのか、それはわかりません。

ただ彼は、志賀街道を歩いているときに、街道脇から見下ろした川面に、たくさんの紅葉(もみじ)が落ちているのを見るのです。
川面に吹き寄せられたもみじの葉は、一枚一枚が、みんな違う色やカタチをしている。
そこで彼は思うのです。

「そうか。そうなんだよな。
 俺ひとりで生きているわけじゃない。
 もみじの落ち葉が一枚一枚違うように、
 人もまた、ひとりひとりがみんな違う。
 そんな違う人たちが、
 ひとりひとり、落ち葉になってさえも、
 それでも一生懸命に生きている。
 悩んだり苦しんだりしているのは
 俺だけじゃない。
 みんな同じなんだ。」

それで春道列樹が「よぉし!俺もがんばんなきゃ!」と言ったかどうかまでは知りません(笑)。
ただ、いまから千年もの昔に、そんな思いを歌に詠んだ、若い学生さんがいたのです。

最近ではこのうたの通釈として、単に、
「ビジュアル性に富んでいる美しい歌である」
と、わかったような意味不明の解釈をしているものを多く見かけます。

それだけではないのです。
そのことは、歌をよく見たらわかります。

「しがらみ」に、「流れもあへぬもみじ」なのです。
人間関係のしがらみに、悩んだり苦しんだり、ときに落ちこぼれて落ち葉になって川面に浮かんだり。
けれど、そんなもみじの葉は、一枚ごとにみんな違うのです。

誰もが、それなりに自分の境涯のなかで一生懸命苦しんだり悩んだりしながら、それでも毎日懸命に生きている。
悩んでいるのは自分ひとりじゃない。
みんな同じなんだ。
だから「がんばろう」って、春道列樹は詠んでいるのです。
人間関係は、ときにわずらわしさを感じさせることもあるけれど、だけどそれこそが生きている証なんだと詠んでいるのです。

民衆が天皇の「おほみたから」とされるというわが国の古来の体制は、実はそういうひとりひとりを誰もが大切に思う心によって形成されています。
だから日本では、主役は「俺」ではなくて、「みんな」なのです。

百人一首の選者の藤原定家は、この歌がことのほかお気に入りだったようで、みずから本歌取りして、

 木の葉もて 風のかけたる しがらみに
 さてもよどまぬ 秋の暮れかな

という歌を残しています。「紅葉の落ち葉が風に吹き寄せられている「しがらみ」であってさえも、それが紅葉なら澱(よど)みとはいえないよね?」という歌です。

ひとりひとりが大事。
そういう思いが定家にもあったからこそ、定家は、自分よりもはるかに年下の学生であった春道列樹の歌を、お気に入りの歌にして、自身の作品まで詠んでいます。

人形劇『ひっこりひょうたん島』のテーマソングに、

 丸い地球の水平線に
 何かがきっと待っている
 苦しいこともあるだろさ
 悲しいこともあるだろさ
 だけどぼくらはくじけない
 泣くのはいやだ笑っちゃおう

という歌詞があります。
春道列樹の歌にも通じる心がここにもあるように思います。
「だけどボクは、くじけない」ではないのです。
「だけどボクは、くじけない」なのです。

日本は世界で最も古い歴史を持った国です。
なぜ日本が、世界で最も古い歴史を織りなしてこれたのかといえば、それは、ひとりひとりをどこまでも大切にしていこうという心を、国の根底においたからです。

昨今、そうした日本の国柄の素晴らしさを利己のために悪用し、国を乱すことを生業としている人たちがいます。
そういう人たちにさえも、一日もはやく、ほんとうの日本に気付いてもらう、利他ということの素晴らしさに気付いてもらう。
たぶん、そういう戦いが、私たち日本人の戦いなのであろうと思います。

※この記事は2014年10月の記事のリニューアルです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

beanv

私もこの歌好きです
いつもありがとうございます。
「風」をことさらに漢字で書いて風の意を吹き込みながらも実は「枷を掛けたる」。
自由と束縛のコントラストが脳裏に瞬くや「しがらみ」と方向性を示します。
と同時に、しがらみの一言は紅葉葉が流れ去れない様子を即座に呼び覚ましてしまう。
クルクルと回る鮮やかな紅と淡い水色のコントラスト。
中身も屈託と解脱というコントラストです。
清冽です。
定家はこれをなぜ選んだかは…あの本を買わないと(笑)
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク