陛下の年頭ご挨拶、麻生総理の挨拶、小沢代表の挨拶



新年恒例の一般参賀が2日、皇居で天皇、皇后両陛下と皇族方が出席して行われ、宮殿・長和殿のベランダに立った天皇陛下は、
「厳しい経済情勢の中にあって苦労多く新年を迎えている人々が多いのではないかと案じていますが、この年が国民にとり少しでも良い年になるよう願っています」とあいさつされたそうです。

また、宮内庁発表の「平成21年の新年に当たり天皇陛下のご感想」では、陛下より、私たちは

「秋以降,世界的な金融危機の影響により,我が国においても経済情勢が悪化し,多くの人々が困難な状況におかれていることに心が痛みます。

国民の英知を結集し,人々の絆を大切にしてお互いに助け合うことによって,この困難を乗り越えることを願っています。」

とのお言葉をいただきました。

≪国民の英知を結集≫し、
≪人々の絆を大切に≫し、
≪お互いに助け合う≫ことによって、
≪難局を乗り切りなさい≫とのお言葉です。

≪英知≫と≪絆≫と、≪助けあい≫です。

自分さえよければという個人主義、自己中心主義に陥ることなく、国民みんなが団結し、知恵を出し合い、助けあい、支え合って難局を乗り切ろう、とおおせです。

一方、麻生太郎総理は、2日までに収録されたニッポン放送の番組で、2008年度第2次補正予算案や09年度予算案を審議する次期通常国会で民主党の徹底抗戦が予想されることに関し、

「今の景気は緊急性を要している。たらたら引き延ばしというのはできない。国民としては納得しない」
「経済対策は基本的に与党も野党も関係ない」
「参院で昔のように何でも反対とやられると、物事は決まらなくなる」と述べたといいます。

まずは、一致団結して、難局を乗り切ろう!!というのが麻生総理のお話です。

【メッセージ】麻生太郎総裁新春メッセージ_2009.1.1



これに対し、民主党小沢一郎代表は、1日、東京・明治神宮近くのスタジオでインターネットの動画番組に出演し、次期衆院選について、

「今の政治、生活に不安や不満がないという人は皆無だと思う。投票で政権を選ぶという意識をみなさんに持ってもらいたい。国民が政権交代の判断をすると思っている」

と、相変わらず、衆院解散、選挙優先の考えを述べました。

下の動画にある麻生総理と、小沢代表、それぞれの年頭あいさつをご覧いただければわかりますが、100年に一度という世界的難局に際し、まずは一致団結して対策にあたろうとする麻生総理の主張と、相変わらず「選挙が先だ」としか言わない小沢代表。

2009年1月1日小沢代表 新春メッセージ



なるほど自民政権ではダメだという失望感から、まずは政権交代しようという小沢氏の主張に同意する人が多いこともよくわかります。

しかし、自民がダメだから民主ならうまく行くとは限らない。
すくなくとも、昨年9月以降、民主が出している各種法案を見る限り、とても信頼して民主党に政治を任せられるとは思えません。

たとえば、12月19日に民主党が参議院で強制採決した雇用4法案。
「採用内定取消規制法案」は、企業側が内内定にしたら何の意味もない法案だし、「派遣労働者等解雇防止緊急措置法案」は、派遣社員をクビにしたら企業側にカネがはいるという、真逆な法案。
「就業支援のための住まいと仕事の確保法案」は、実施開始時期が遅くタイムリーさに欠けるし、「有期労働契約遵守法案」は、結果として派遣社員の雇用の機会そのものを奪うものにしかならない。
■関連記事:民主党・緊急雇用対策関連4法案の怪

とりわけ鳩山由紀夫氏が提案した「国立国会図書館法の一部を改正する法律案」は、客観的資料の保管し閲覧に供することを目的とする国会図書館において、日本の戦争犯罪を暴きたてることを目的とするもので、いまさらそれが何のためなのか、100年に一度の世界的経済難局の中に置いて、いったいどういう位置づけと意味を持つのか、明らかに国辱的行為を敢えてこの時期に提案する趣旨がまるでわからない。
■関連記事:国立国会図書館法の一部を改正する法律案の不穏

年末対策のための企業向け融資保証枠の増額(これがないとボーナスを払えない中小企業が続出する)を企図した一次補正予算に対して、民主党が行ったことは、ただの審議拒否。
■関連記事:この国難に際し民主党は審議拒否するな

限られた予算の配分の方法を変えるのが補正予算です。
つまり、一次補正の予算が決まらなければ、二次補正はできない。
にもかかわらず民主党が行ったことは、

「一次補正の審議を拒否して二次補正を早く出せ!二次補正をしないのは、麻生総理の約束違反だっ!」

冷静に考えれば、民主党がいかに無責任な行動をとっていたかがわかります。

麻生総理の外遊中に、一次補正の審議拒否をする民主党に対し、麻生総理は、帰国後すぐの11月28日、小沢代表との公開討論(一騎討ち)を申し出ました。
この討論で麻生氏が語ったのは、要するに「民主党は審議に参加協力してくれ。」
これに対し、小沢氏が語ったのは、「麻生総理は言葉が軽い。約束した二次補正ができてないではないか。即時解散しろっ!」
双方の主張はともかくとして、会談後、
「会談に応じてくれたことを感謝する」と述べた麻生総理、
「総理は何を言っているのかさっぱりわからない」と述べた小沢代表。
ねずきちは、悪いけど、感謝の心を持たない人間を、信用できないです。
■関連記事:麻生首相と小沢代表が初の党首討論を観て

ねずきち的には、特別麻生氏が良いとも、自民が良いとも思っているわけではありません。
自民の中にも、この難局において、自らかついだばかりの麻生総理を引きずり降ろそうとする不埒な輩がいることも事実だし、渡辺某のように、公然と反旗を翻す軽挙妄動のヤカラもいる。個人的にハマコー氏は大好きだが、セガレは、悪いけどアホとしか思えない。ボクが親なら殴り倒してる。

だからこそ、民主党が政権与党として世に恥ずかしくない、きちんとした主張、法案を出し、100年に一度という国難にあって、きちんと緊急のものと中長期的なものを建て分け、賛成すべきものには賛成し、庶民を大切にし(マルチOKはイクナイ)、感謝を忘れず行動してくれるなら、喜んで民主党を応援する。
しかし、お世辞にも、昨今の民主党の、選挙優先、なんでも反対という行状・・・アノなんでも反対の共産党からさえ「野党としてなんでも反対というのはいかがなものか」と批判された・・・は、とても国民の理解を得れるものとは思えず、かえって恐ろしいものを感じてしまうのです。実際、民主党の選挙資金源は、中韓がかなり関与しているとも仄聞しますし。。。。
前原氏や岡田氏、松岡氏といった、それなりの人物を擁する民主党が、なぜここまでKYな政党になり下がっているのか、そのことのほうが、むしろ不思議にすら思えるのです。

自民がダメ。だから次は民主だ。そうした意見の方も多いです。
しかし、だからといって、民主なら素晴らしい未来が開ける・・・とは必ずしもいえない。そのことは、これまでの民主党の振る舞いを見ればわかることです。
しかも、仮に衆院選挙で民主が大勝したとしても、参院で民主は単独過半数をとっているわけではない。法案を通すには、新社会党など左派の政党をどうしても取り込まざるを得ない。
そのことが日本の政治を、さらに歪ませてしまう。

この国難のとき、国会議員の先生方には、与野党の争いはもういいから、日本の難事をいかに救うのか、その点で一致団結し、政党横断的に現実の日本人の危機に対処していただきたいと思うのです。

対立ばかりしないで≪国民の英知を結集≫し、
党の枠組みをこえて≪人々の絆を大切に≫し、
緊急対策で官民ともに≪お互いに助け合う≫ことによって、
日本の≪難局を乗り切りる≫ことが、いま必要なことと思います。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v

公明党太田代表 新年のあいさつ(2009/1/1)


社民党新年あいさつ


2009年 日本共産党志位和夫委員長のあいさつ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

ウメゾウさん、コメントありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします

ウメゾウ@レビューサイトオープン中

ねずきちさん

こんばんは!
ウメゾウです。


遅ればせながら本年も宜しくお願いします!

2009年は何かと厳しい年になるかと思いますが
頑張っていきましょう~

では、応援ポチット!!

舞桜

A子さん
A子さん・・・まだ名指しで、初っぱなから、わざわざこの
目立つところに場所を移して、まだ何か論じろとでも、
仰るのでしょうか。まだ繰り広げることを望まれる
というのでしょうか。なぜですか?
詳細が分からなくなりますよ。勘違いされたのは
あなたのほうなのですよ。目立たなくてもいいでは
ありませんか。
あのコメントはすぐに消してました。その間はほんの
移動の作業の短い間だったはずです。
内容はこれですが、・・・「国民!さん」へです
   ↓
>憎たらしいし、許せない。
このお気持ちは「御自分を一番傷つけ」、さらに
それは「御先祖様の悲しみ」にもつながると思います。
そこからは他に、悲しみ、憎しみ以上のものは
生まれ てきません .

追加、として
>「日本を変えていくのは、青年の心を持った
情熱のあふれる、勇士たち」だと思います。 ですが、

ただ見た目、の”青年”ではありません。
心が熱く情熱を持つ人を、私は御年配であろうと
”永遠の青年”と呼び、御尊敬致します。

ねずきちさんは、このブログで、ずっとそれを示して
居られると思います。

どうか優しい穏やかな気持ちを取り戻されて、
国民!さんには、幸福な気持ちで日々を暮らし
ていただきたい。

そのように考え、お祈りさせていただきます。

2009/01/03(土) 02:14:26 | URL | 舞桜

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-353.html#comment1787

特にへんな宗教的なことを、ブログ主さんへ
書いているわけでもなく。御尊敬していると伝えてあります。
なのに、これは宗教で、駄目なんて
まるで日教組みたいではありませんか?内容からして
見ても投稿場所がどーのいいますが、宗教的ということだけで、
たぶんA子さんは不快になられ、批判意見を
書かれたのだと思います。

しかし信仰を持っておりますので、普段の会話の中でも
自然に宗教的な表現、言葉は出てきます。私の否定。
私にとって大変衝撃です。
何処のブログでも言われた事はありません。
それに、誤まってるんだから怒るなといっても、かかとの
高いヒールで、踏まれ、誤まりつつも、そんなとこに
足があるから悪いのよ、と言われている気分です。
こちらは足に傷も負っていたのです。

今までも、ここには、心から大切な気持ちを、いつも書きます。
いつも受け止めて頂いていたという事で甘えてはおりました。
その点は申し訳なく思っていますが。
ですから、とっても、悲しかったできごとでした・・・
いまはもう、何も考えられないほど、すでに萎縮しています。
コメントするたびに言われたくありませんし。
こういうことがよくいう、精神的被害なのです。
(宗教の否定は、中国以外、外国でしたら大変なことです。)

ですからそれを否定されたら・・あなたが「目立つところ」で議論を
求め、私をこてんぱんに打ちのめし、そのように差配されるなら・・
こちらではもう、今までのように、のびのびとに自由豁達におおらかに、
何も書き込めなくなってしまいます。

でも、そんな中で、こちらのブログでは、丁度、宗教を採り上げて
くださいました。打ちのめされた私には、あまりのタイミングに
これは神仏の救いだと本気で思いました。
そこのブログ主さんの勇気を見習って、私も気持ちを書きました。
ここでは、「心の選択}で投稿しております。
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-410.html#comment6260

コメントされる方々の意識もかなり高いです。そこでは宗教は
肯定されています。
A子さん・・・女性でしたら、言葉だけでなくもうすこし他者への
心づかいをされるといいと思います。きっと、これも、きつい言い方に
なってしまいますね。以上素直に気持ちを書きましたが、
これでも、まださらに何かありますでしょうか。でも、大体
もともと、批判されるようなことは書いていないつもりだったのですが。
・・・もう、やめたいです。お返事もほしくありません。お答えもしません。

Lee

今年もよろしくね~♪

ぽち!

せどりん

昨年は大変お世話になりました。
今年も良い年になりますように応援よろしくお願いします<(_ _)> 自己暗示もかねて応援です^^

A子

舞桜さん
 更新されておりましたので、こちらに投稿さしていただきます。

………………………………

 そういう経緯でございましたか。 場所を違えて投稿なさったわけですね。

 それならそれで、 あまり気を悪くなさならないでくださいな。
 どなたをお励ましになろうとなさったのか存じませんけど、 同じ文章でも違う状況下では誤解を招くことはございますでしょ。

 火に油を注ぐのが本意ではございませんけれども、 べつにあたくし「おちゃらけて(!)」いるわけではございませんことよ。 あたくしなりに考えてコメントさしていただいたつもりですわ。
 あなたを名指しのレスでしたからカチンとこられたのかもしれませんが、 普通なら 「間違えた。 スマン」 で済むことじゃございません?
 あたくしのほうからすれば、 不適切な状況下で書いたものですから、 あなたへのコメントではないとお受け取りになって、 どうかお怒りをお収めになってくださいまし。

 これからもよろしくお付き合いくださいますよう、お願いいたします。


[管理人様]
 システム了解いたしました。 ありがとうございました。

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク