玉井浅一司令

本日倭塾開催日です。

平成30年度 倭塾・百人一首塾動画配信サービス受講生募集中
クリック・クリック

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

生きることを大切思うからこそ、どんなにつらくても苦しくても、戦って戦って戦い抜いてくれたのではないでしょうか。
故郷を愛するからこそ、いまを生きている私たちの命を大切に思うから苦しくても戦い、散って行かれた人も、生き残った人も、その重荷を背負い続けたのではないでしょうか。


玉井浅一司令
玉井浅一
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
2月18日(日)18:30 第48回 倭塾公開講座
3月10日(土)18:30 第24回 百人一首塾
3月24日(土)13:30 第49回 倭塾公開講座
4月7日(土)18:30 第25回 百人一首塾
4月22日(日)13:30 第50回記念 倭塾公開講座
5月5日(土)18:30〜 第25回百人一首塾(公開講座)
5月19日(土)18:30 第51回倭塾(公開講座)
 *****

玉井浅一司令は、最初の特攻隊である敷島隊に出撃を命じたマニラ基地の副長だった人です。
明治35(1902)年、愛媛県松山市のお生まれで、愛媛県の松山中学(現:愛媛県立松山東高等学校)を卒業しました。
松山東高は、甲子園でも有名ですが、愛媛県屈指の難関校でもあります。
夏目漱石の「坊っちゃん」の舞台となった学校です。

昭和19(1044)年10月17日のことです。
マニラの海軍飛行隊基地に大西瀧治郎中将が着任しました。
基地の司令は、山本栄司令です。

この日、たまたま他の基地に出張していた山本司令は、大西長官が着任されるということで、急きょマニラ基地に飛行機で帰還したのですが、この飛行機が着陸に失敗し、山本司令は足を骨折して緊急入院してしまったのです。
そこで副長の玉井浅一大佐が、基地の一切を任せられることになりました。

大西中将は、玉井副長以下、基地の幹部を集めました。
その会議の席で、
「戦況を打開するためには、
 栗田艦隊のレイテ突入を
 成功させねばならない。
 そのためには
 零戦に250キロ爆弾を抱かせて
 体当たりをさせるほかに
 確実な攻撃法はない」と語りました。



1517998807




◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

◆youtubeの動画サイトをはじめました。
↓下のバナーをクリックするとチャンネルに飛びます↓
20170513 バナー _th
↑よろしかったらチャンネル登録をお願いします。登録無料です↑


戦艦や空母を撃沈させてしまえるほどの大量の爆薬を積んで、体当たりするのです。
成功すれば敵に大ダメージを与えることができます。
しかしそれをやった者は、絶対に帰還することはできません。

会議室には重苦しい沈黙が流れました。
玉井副長は、大西に猶予を願い、先任飛行隊長を伴って室外へ出ました。
「司令からすべてを任された自分としては、
 長官に同意したいと考える。」
玉井の言葉に、指宿先任飛行隊長も、
「副長のご意見どおりです」と従いました。

次に、では誰にその指揮官を命ずるか、です。
玉井副長は、最も優秀なパイロットである
関行男大尉を指名しました。

10月25日、関行男大尉率いる敷島隊の5名は、米軍空母セント・ローに突入し、特攻に成功し、艦を撃沈させました。
作戦は成功でした。
けれど隊の全員は、還らぬ人となりました。

この成功のあと、特攻機は次々と出撃しました。
かれらを送りだした玉井中佐は、昭和20(1945)年2月、台湾の二〇五空司令に転じました。

ある日のことです。
特攻出撃した部下の杉田貞雄二等飛行兵曹が、敵に会えずに帰頭しました。
ところが抱えている爆弾の投棄の装置が空中で故障して、爆弾の投棄ができない。
爆弾は安全弁を外してあります。
着陸のショックで自爆する危険がありました。

玉井司令は着陸を命じました。
それは、運を天に任せてのことでした。
着陸は成功しました。

玉井司令はすぐに飛び出しました。
まっすぐに飛行機に走ると、
「爆装のまま
 指揮所の真上を飛ぶとは、
 この馬鹿もん」と、
厳しい顔で杉田を一喝しました。

しかし玉井司令は、すぐに両手を広げて杉田を抱え、
「よかった、よかった。
 無事でよかった」
と涙を流しました。

ある日、今中博一飛曹らが呼ばれ、玉井司令と一緒に近くの丘に登りました。
玉井司令はなぜか周辺の小枝を集めるように命じました。
何をするのかと見ていると、玉井司令は小枝に火をつけ、ポケットから白い紙包みを取り出して広げました。

その包みには、一片の頭蓋骨がはいっていました。
一緒にいたみんなは、それが離陸に失敗して亡くなった部下のものとわかりました。

玉井は無言のまま、その骨を焼きました。
焼き終えると玉井司令は、
「家族が待っておられるから、
 送ってあげたいと思ってね」
と誰にともなくポツンと語りました。
それは日頃厳しい玉井司令の、優しい姿でした。

戦争が終わりました。
昭和22年の猛暑の日のことです。
玉井元司令は愛媛県の関行男大尉の実家に、大尉の母のサカエさんを訪ねました。

玉井司元司令は、関大尉の母に両手をついて深く頭を下げると、次のように言ったそうです。
「自己弁護になりますが、
 簡単に死ねない定めに
 なっている人間もいます。
 私は若いころ
 空母の艦首に激突しました。
 ですから散華された部下たちの、
 張りつめた恐ろしさは、
 少しはわかる気がします。
 せめてお経をあげて
 部下たちの冥福を
 祈らせてください。
 祈っても
 罪が軽くなるわけじゃありませんが。」

玉井さんは、戦後、日蓮宗の僧侶になりました。
そして海岸で平たい小石を集め、そこに亡き特攻隊員ひとりひとりの名前を書いて、仏壇に供えました。
そしてお亡くなりになるその日まで、彼らの供養を続けました。

玉井僧侶は、また貧しかった当時の地域住民のためにと、無料で戒名を書き与えました。
また、真冬でも氷の張った冷たい水で、水垢離(みずごり)を取り続けました。
長女の敏恵さんご夫妻は、そんな玉井さんの姿を見て、あえて命を縮めているようにしか見えなかったそうです。

昭和39(1964)年5月、広島の海軍兵学校で、戦没者の慰霊祭が行われました。
このとき日蓮宗の導師として、枢遵院日覚氏が、役僧二人をともなって着座しました。
戦友たちは、その導師が玉井浅一さんであることに気付きました。

玉井さんの前には、軍艦旗をバックに物故者一同の白木の位牌が並んでいました。
位牌に書かれたひとつひとつの戒名は、玉井さんが、沐浴(もくよく)をして、丹精込めて、何日もかけて書き込んだものでした。

読経がはじまると、豊かな声量と心底から湧きあがる玉井さんの経を読む声は、参会者の胸を打ちました。
来場していた遺族や戦友たち全員が、いつのまにか頭を垂れ、滂沱の涙を流していました。
会場に鳴咽がひびきました。
導師の読経と遺族の心がひとつに溶け合いました。

その年の暮れ、玉井浅一さんは、62年の生涯を閉じました。

終戦後、責任を取って自害した人もたくさんいます。
亡くなるその日まで、ずっと重い十字架を背負って生きた人もいます。
生き残られた方々は、先に亡くなった戦友や部下たちのために、遺骨収集を続けられたり、慰霊碑を建てられたり、靖国への寄進をされたりしてこられました。

靖國神社や、全国の護国寺には、そうして戦争を生き残られた方々が寄進された慰霊碑が立ち並んでいます。
愛知の三ケ根山には、その慰霊碑が、まさに立ち並んでいます。
全国の護国神社にも、それはあります。

それら慰霊の碑は、単にそこにあるのでありません。
戦後を、重たい十字架を背負って生きてきた勇敢な戦士が、戦い散って行った今は亡き戦友のためにと、彼らの勇気を、思いを、情熱を、生きた証(あかし)を、貧しい生活をきりつめながら、生き残ったみんなで力を合わせて石碑にして残したのです。

日本は縄文以来二万年の時を、死者とともに生きた国です。
死者を大切にするということは、過去と歴史を大切にし、いまを生きる人たちを大切にし、未来の子供たちを大切にするという心です。

戦時中、ひたむきに国を愛し、祖国を愛し、故郷を愛し、人種や民族の垣根を越えて人々が平和に暮らせる日を夢に願い、真心で戦った人たちがいました。
そして戦後には、一緒に戦って亡くなった戦友を、部下を、生涯にわたって大切に生きた人たちがいました。

一方で、昨今、よくテレビにでるある大学教授は、
「もしどこかの国が攻めて来たら」という問いに対して、
「抵抗しないでみんな死ねばいいんですよ。
 そして歴史の中で、
 あのあたりに戦わずに死滅した
 日本という国と民族があったのだという
 記憶が残ればいいんですよ」
としらっと話していました。

そうなのでしょうか。
生きることを大切思うからこそ、どんなにつらくても苦しくても、戦って戦って戦い抜いてくれたのではないでしょうか。
故郷を愛するからこそ、いまを生きている私たちの命を大切に思うから苦しくても戦い、散って行かれた人も、生き残った人も、その重荷を背負い続けたのではないでしょうか。

散華された戦友たちを、大切に思いながら、鬼籍にはいられた先輩たちがいます。
そういう先輩達の前で、
「みんな死ねばいいんですよ」という言葉は、人の心を持った人の言う言葉なのでしょうか。

大昔から日本で言われて続けていることがあります。
人は「魂が本体で、肉体はその乗り物である」ということです。
魂の状態ですと、霊体ですから、したいことははなんでもできてしまうのだそうです。
けれど、それだと訓練にならない。
ですから、私たちが決まったルールのもとでスポーツをするように、霊体は肉体という重みを持ってこの世の中で訓練をするのだそうです。

何のための訓練かといえば、それは神となるため、あるいは魂の成長のため。
ですから、より神に近い魂は、より厳しい過酷な時代と肉体に生まれてくるのだそうです。

そのように信じられていたから、江戸時代では、身障者の方は、より位の高い霊を持っている人として大切に扱われたりしました。
ただし、大切にというのは、何もさせないで甘やかすということではなくて、厳しい訓練に協力するという形であったのだそうです。
このように見た時、先のあの厳しい大戦を担って生まれてきた魂は、もしかすると安閑とした現代を生きる人よりも、より位の高い霊を持った人たちであったといえるかもしれません。

けれど、いまを生きている人たちには、また別な使命があるように思います。
それは、安閑とした平和の中にあって、私たちの国が、また私たち自身が、日本を取り戻し、魂を高めていくという、これもまた訓練なのではないかという気がします。

かつて、勇敢に戦った人たちがいました。
その重荷を背負って、立派に生きた人たちがいました。
私たちは、その重荷を、いまあらためてかみしめ、日本人としての魂を取り戻していくべきときにきているように思います。


※この記事は2009年12月の記事をリニューアルしたものです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


◆◆◆◆◆スマホで読めるKindle版もあります。◆◆◆◆◆

20161026 倭塾バナー


20160810 目からウロコの日本の歴史


【メルマガのお申し込みは↓コチラ↓】
ねずさんのひとりごとメールマガジン有料版
最初の一ヶ月間無料でご購読いただけます。
クリックするとお申し込みページに飛びます
↓  ↓
ねずブロメルマガ





この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

くすのきのこ

No title
ねずさん、今日は~w気付かぬ所に・・。
大戦中のアメの中枢のブレイン達は・・共産革命信望者も多く無茶苦茶
だったようで・・戦後、それに気づいてアカ落としが始まったと。GHQ
初期の関係者達はニューディーラーと呼ばれているようです。その一方
で・・1945年9月にアメ国防省は旧ソの主要都市66を原爆で空爆
するプランも・・仮想敵国ですから・・立てていたと、カナダのグロー
バル・リサーチ ミッシェル・チョッスドヴスキー オタワ大学関係者
の論文にあると。(・・この記事は何故昨冬から取り上げられたのか?
何かの仕込みかな~?電子版だし・・)
当時のアメ内部での抗争もあったはずですね。当然、旧ソにも知れてし
まい共産圏の核兵器開発に拍車がかかり・・世界的な開発競争になった
と・・いう説も・・なるほど~。
日本ではそうならないように昭和の御上は日帝軍部の核兵器開発を止め
るように仰ったと。ところが・・従いたくない勢力もあったようで・・
・・この辺りに暗~い闇がありまして・・ヒダリ関係者により日本の技
術者がヤられたりしたのではというような話もあるわけです・・その技
術はドコかに流されたのか?日本はアメのように砂漠があるような広い
国ではなく、理論はできていても実験は出来ず製品化はできない。まあ
ふぁんたじ~モドキの噂もあるわけで・・。当時の世情は、人心が狂気
に煽られていたかもしれません。アメの庶民も戦闘機を作りながら、経
済恐慌から一転して好景気だったので、いつまでも戦争が続けばいいと
いう気持ちを持つ者もいたそうです・・その気持ちもベトナム戦に至る
と萎えていき~平和運動が起き、帰還兵のトラウマと社会不適合と薬害
により社会そのものに問題が積み重なって重荷になり庶民にのしかかる
と・・。ところで・・キタの成立には日帝軍の一部も関与しているとい
う噂がありますが~wソレくらいでいなされるハントウの人々ではあり
ませんよ~w彼らはしぶと~いのです。彼らには彼らの目算があったは
ず。親類の遺骸を犬に与えたと(実際は不明)喧伝した時点で既に日帝
勢は消失したと宣言。・・平安時代にも新羅寇とかで国家ぐるみの海賊
行為を当時の日本にしてた地域ですよwチャイナ地域の移り変わる王朝
に呑み込まれず存在し続けた・・どんな形であろうとね。そのしぶとさ
は千年以上前から。お人よしの忘れん坊の日本人とは違いますw過去に
囚われ過ぎては未来に進めませんが、記録は残さないと。同じ災いに同
じ過ち繰り返すのも困りますから・・津波の記録の石碑を無視して流さ
れたりしてますし。ちなみに今年1月6日の中国沖のイラン単価ーの衝突
事故は、3か月後には九州~東京湾、山陰~日本海を原油汚染する予測
が英国海洋センターではなされているようですが・・どうなるやら?
漁業に関わってきますが・・どうも予測より南方へも流れて行っている
ようです。今後報道されるのか?モニターは為されていないのか?気に
なる所です。


愛信

戦艦「大和」は2時間で撃沈された。乗員3332人中3056人が戦死。
戦艦「大和」は2時間で撃沈された。乗員3332人中3056人が戦死。
https://twitter.com/nonucs/status/965137611244187649

戦艦「大和」は日本国そのものを意味する。
大日本帝国軍は広島と長崎で原爆が爆発した頃には既に朝鮮興南(北朝鮮)の日本チッソ
で"genzai bakudan"の核実験が成功していた。 
その為に日本は何かの都合で大東亜戦争の終戦を急ぐ必要があった。
大日本帝国が大東亜戦争に勝っては都合の悪い者がいたのである。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi

にっぽんじん

裏切られた自由
「事実は小説より奇なり」と言われます。
多くの政治家が自分の政治活動を振り返って「回顧録」を書きます。
その目的は人それぞれです。がその内容が正しいとは限りません。
自分の政治行動を正当化するために事実を書かないこともあります。

ハーバート・フーバー氏は元アメリカ大統領です。
彼は「裏切られた自由」という著書を出版しました。
内容は「ルーズベルト大統領とトルーマン大統領の政治政策」を批判するものです。

著書は多くの公文書や記録などに基づき、客観的な見方で書かれています。チャーチル首相の著書も「事実が隠蔽」されていると批判しています。。

フーバー氏は第2次大戦はルーズベルト大統領が起こしたと考えています。ヨーロッパで始まったドイツとの戦争に関して、多くの歴史家が「チェンバレン首相の融和政策」が原因だと言います。

しかし、フーバー氏は英仏の「ポーランドの独立保証政策」が原因であり、ルーズベルト大統領とチャーチル首相が関わっていると考えています。チェンバレン首相とフーバー氏の考えは同じだったようです。

最大の失政はソビエトを承認し、支援したことです。その結果、今の中国が生まれました。ルーズベルト・トルーマン政策で19の失政を挙げています。その中には対日政策も入っています。

彼は出身大学のスタンフォード大学に「フーバー図書館」を造って、そこに膨大な一次資料を保管しているそうです。近現代史を研究する歴史家は「フーバー図書館」で研究してはどうでしょうか。
きっと正しい歴史を知ることが出来ると思います。

「裏切られた自由」は上下巻があり、1000ページを超える著書です。
政治家の必読書と思います。




twentymaster

私の判断基準
寛容性がある、ということは私も非常に大事だと考えます。
現在の日本や世界の混迷した動向を考える上で私が大事にしている判断基準とは、
『テロ行為とは』
これだと考えています。
もとの意味は、『異なる意見や主張を、暴力や圧力等を使って黙らせること』です。
これに基づけば、家庭内のドメスティックバイオレンス等もテロ行為に当てはまります。
テロ行為は、寛容性のない者が行うことが多く、この判断基準によって日常生活に潜む危険因子を多くの人が読み解くことができると私は考えています。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク