zames_makiさんへ



zames_makiさんへ いろいろあちこちに長文のコメントをいただいていますので、ここで私からのご意見をまとめて述べさせていただきます。

まず、なんども繰り返し長文でのコメント、ほんとうに御苦労さまです。
そのご努力には、深く尊敬と感謝を申し上げます。

ただ、ひとついわせていただきます。

あなたは、ご自分の知識の豊富さがご自慢のようだ。

しかしね、あなたの書いていることは、「教科書のここに、このように書いてある」と言っているようなもので、ことごとく他人の意見でしかない。
あなた自身の考えというものがない。

あなたのひけらかしている知識は、あそこに何が書いてあった、どこぞの誰かがこう言っていたというばかりで、しかも、同じ片側通行の意見ばかりしか見ていない。
だから、悪いけど、あなたの言っていることは、ひとつもおもしろくない。

教科書に書いてあることくらい、教科書を読めば誰でもわかることです。それ自体の正当性はほんとうにあるのか、と疑ってみるところから、自分なりの意見というものが生まれるのです。

教科書に書いてあることを鵜呑みで満点をとれるのは、せいぜい中学生までだ。
そのあとは、自分なりの考え方というものが生まれてくる。
ひらたく言えば、あなたの長文は、中学生レベルでしかない。

あなたとの議論は、田母神氏のテレビタックル出演の際の番組感想から始まっています。

田母神氏の論説に、何かと批判の声が多いことは、私も重々承知しています。

あなたのおっしゃるように、田母神氏擁護論者は、ごく少数なのかもしれない。

しかしね、田母神氏の意見をもっともだとする人が圧倒的に多いアンケートもあった。これも事実です。

私は、その記事の文頭で、田母神論文の事件がきっかけとなって、「国土防衛について国民がしっかりと受け止め、考えなければならないという視点がかなり浸透してきている」と書きました。

単に、戦争=悪、国防=悪という「決め付け」ではなく、日本が自衛隊というもの、あるいは国防というものを、きちんと再考しなければならないのではないか? という一石を、田母神氏が投じたと感じているからです。

こうした、再考するという事柄は、特定アジアの国々や、これまで、戦争や国防を論じること自体を忌避してきた“知識人”と称する人たちには、なにか都合が悪いのでしょうか? なにか後ろめたいことでもあるのでしょうか? まるで臭いものに蓋をするように寄ってたかって叩き潰そうとしているように見受けられます。

しかし、それならそれで、なぜ、戦争や国防を論じること自体がいけないことなのかを説かないのでしょう?“知識人”と呼ばれる方々には、そこのところをきちんと我々に納得できるように説明していただきたいと思います。

記事で紹介した番組に出演した森本氏や、穀田氏の話からは、残念ながらそうした説明は聞けなかった。

日本以外のすべての世界の国々が、もれなく軍事力を保有している中で、なぜ、どうして日本だけが、軍事力不要なのか?

田母神氏は、「必要だ」と説かれています。
それは、世界の国々の標準的な考え方です。 なぜなら日本以外のすべての国家が軍事力を保有している。
すべての国家が保有していて、日本だけが不要というのは、もしかしたら、世界の中で日本だけが≪異常≫なのではないですか?

zames_makiさんは、不要だ、と説かれました。
あなたは、
≪防衛力はいらないというのは
(1)軍事力そのものを否定する理想的平和主義、絶対平和主義
(2)外交による国際紛争を主軸し、軍事力は最後の措置とする日本の今までのあり方、の2つから出てくる自然な≫考え方だとおっしゃっています。

そして、そう納得できるあなたは≪知識が豊富≫で、納得できない私(ねずきち)は≪無知≫であるとも再三書いておいでです。

しかしね、世界の全部が必要だという中で、日本ただ一国だけが、不要だとしている現実からしたら、むしろあなたのおっしゃっていることの方が、≪日本という島国の中で、一部の“知識人”と自称する人たちだけにしか通用しない偏狭で異常な論説≫なのかもしれないのではないですか?

もしかしたら、そんなこと思ったこともない?
だとしたら、それこそあなたの頭脳は中学生レベルです。

あなたはスタンス自体が、異常な論説に立脚しているのです。だからあなたには、まともな議論や自分自身の考えを持っていない。

誰それがこう言っている、あそこにはこう書いてあると、同じ傾向の論説をひたすら並べたてて自己弁護することしかできないでいる。
そして頭ごなしに、反論する者を≪無知者≫であると決めつけて、ひとり悦に入っている。

悪いけどね、zames_makiさん、私には、あなたの論がどうしても、「愚民化政策に踊らされて自由な言論を失った哀れな被植民地人」の発言にしか聞こえないのですよ。

あなたが、あなた自身を“知識人”と思っているなら、もうすこし自分の頭でしっかりとお考えになる習慣を身につけることをお勧めします。

ねずきちから申し上げたいことは、以上です。

なんの話かわからない方、大変失礼しました。
ご興味のある方は、12月30日の記事
「田母神氏、たけしのTVタックル出演」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-353.html
のコメント欄をご覧になってください。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

zames_makiの被害者

私もzames_makiさんにコメントされました
いきなり人のブログに現れて、しつこくコメントを残すzames_makiなる者に激しい怒りを感じていたものです。
zames_makiで検索してたどり着きました。
zames_makiを論破してくださり、ありがとうございます。
zames_makiは本当に鬱陶しいです。

ねずきち

鉄馬さん、コメントありがとうございます。
≪私たちの子孫が誇れる我が国にしたい。 だからこそ、我が国をもっともっと知りたい≫
このお言葉、涙がでる思いで読ませていただきました。ほんとうにその通りです。
ありがとうございます。

鉄馬

我が国が好きだからこそ、我が国の歴史の真実を知りたい。
ねずきちさん。

ご丁寧にコメントありがとうございます。

真実は必ずどこかにあります。
そしてそれは、悪意のある人に抹殺され、
捏造されるものであってはなりません。

私たち戦後の世代が、かの大戦が侵略戦争で
あったと教わってきているにも関わらず、
「本当に侵略戦争だったのか?」という声が
上がってきているのには何かしらの理由が
ある筈です。

侵略戦争であったかどうかは、
神のみぞ知るところです。

しかし、今の歴史観を否定する考えがあるならば、
「何故?」
と思わなくてはなりません。
そして、
「ではこれからどうすれば良いか」
と、前進する思考を持たなくてはなりません。

歴史は正しくもあり、間違ってもいるのでしょう。
何故なら、歴史を作るのは、他でもない
「私たち人間」なのですから。

私たちの子孫が誇れる我が国にしたい。
だからこそ、我が国をもっともっと知りたい。

「否定」からは何も生まれません(^^)

ねずきち

鉄馬さん、うわばみさん、あきちゃさん、都民さん、可哀想なマキちゃんさん、北の熊さん、一期一会さん、英雄さん、名無しさん、コメントありがとうございました。

そして、これらやりとりを読んでいただいた皆様、ありがとうございました。

みなさんのコメント、ボク自身、とても勉強になりました。

zames_makiさんも、みなさんのおかげで、すこしは学べたのではないかと思います。

古来、日本人は、あまり議論というものを好まないものだといわれています。

逐一相手の言うことに文句をつけたり、理詰めでごちゃごちゃ言われたりするのは、基本的にみんなあんまり好きじゃない。

理屈よりも、「あんたの思いはわかってるぜ、まぁ、飲もうや!」みたいな、情感で互い結ばれることのほうが大切とされてきました。

聖徳太子がお亡くなりになって1400年ですが、太子の金言・・・

「人皆心あり。心おのおの趣あり。彼を是し、我を非し、我を是し、彼を非す。是非の理、誰かよく定むべき。相共に賢愚也。環のごとくして端なし。ここをもって設人いかると云共、かへってわが咎をおそれよ」

議論して対立することよりも、情感を共有することで団結を深める。こういう意識は、きっと農耕社会での共同体意識から、自然と芽生えた意識のような気がします。

魏志倭人伝以降、日本は「倭」の国と書かれていますが、中国における民族名は、ほとんど当該国の一人称からとっているのだそうです。

つまり、日本語の「ワシ」が、和氏、倭氏になったのかもしれません。

そして、「ワ」は、「和」であり、「輪」であり、「環」であり、「話」でもある。

戦争で負ければ全員皆殺しという厳しい環境の大陸から流れ着いた古代の日本で、古代の人たちは、ある種の理想国家を作ろうとしたのかもしれません。

そうした古代から綿々と受け継がれた日本の和の精神。

昨今、国会では何かあると、「議論しましょう」がある種の合言葉になっているようですが、そもそも「議論」の習慣がない日本では、「議論する」というのは、飲み会の前の打ち合わせ程度のものとしてしか馴染みがない。

お互いを信じあうことからはじめるという日本型議論というのは、実は、論争というよりも、互いに学びあうことに主眼が置かれてきたようにも思います。
それだけに、相手をそもそも「信じない」ところでは、まるで論争そのものが意味をもたない。

それどころか、過激な論争を挑む集団がいると、むしろ統治者側が「信じられていない」⇒「統治能力がない」と世間から受け取られ、辞任や退任に追い込まれてしまう。

地位の保全を図ろうとして上手に立ち回る人は、過激論者に迎合し、たとえその内容が劣悪なものであっても、ちょっとずつそうした過激論を取り入れ、事なかれを得る。

日本人の「和を大切にする」という美徳が、結果として、統治者の「卑劣漢に対するちょっとずつの迎合」を生み、結果として日本をどんどん卑屈な国にしてしまっているような気がします。

最近思うのですが、やはり、私たちは、毅然として、誇りを持って、悪を断じて許さない。そういう姿勢を持たなければならない。そんな時代に生きているような気がしています。

           ねずきち

ねずきち

zames_makiさんへ
zames_makiさん、 もう終わりかい??^^

みんな、君の登場を待ってるぜ^^

≪無知なねずきち≫をもっと教育してくれよぉ~♪

それとも、少しは自分が偏ってたと反省したのかい?♪
自分の書き方がひとに失礼だったと、少しは学んだのかな?♪

それとも、いろいろ言ってた割には、いがいと根性ないのかな?^^

-

鉄馬さん
私もそう感じてました。私もあるサイトで今回のような場面を目にしました。粘着性の性格、ブログの多数のコメンテーターに袋叩きにあいながら、少しもひるまないで、同じようなメールを繰り返し投稿するところもそっくり、まるで瓜二つです。そのサイトの当人も在日の人でした。当たらずと言えども遠からず、かもしれません。鉄馬さん。

北の熊

zames_makiさん?
他人のコメントの揚げ足をとらないで持論を展開してみなさいよ。歴史学者でもなんでもいいからさ。話はそれからですよ。それができないのなら単なる荒らしと認定だな。それとも逃亡するのか?

英雄

暫くシナに定住してみたら。自分以外は全部殺そうとするよ。自分以外には無いシナ。人肉を道路で売っているシナ。恩人の寝首を掻くシナ。北から来たぞうといえば、突然集団が北から襲撃してきて問答無用で全員人肉にされるシナ。シナ化朝鮮化は人類の悪弊、阿鼻叫喚の地獄絵。王道楽土の満州にいったらこの世の地獄だったと五木寛之がテレビで話してた。わざわざ嘘と捏造で日本の事を悪く言わなくてもいいでしょう。南京で沢山殺したとホラふいて日本を危険に落としいれてる売国奴の自称元日本兵みたいですね。あんたの知らないことばかしですよ。現実は。あんたは広辞苑を一冊丸ごと書けるのか。

一期一会

zames_makiさんへ
理想を言えば軍隊などいりません。この世が他人も、他の民族も互いに尊重できる世界(ユートピア)なら無用です。


zames_makiさんは、家を留守にする場合家に鍵をかけますでしょうか?そういった理想世界なら鍵も不要です。日本では地方へ行けば鍵をかけずに外出する家庭がまだまだ多数あります。これは日本人社会だから可能な世界です。それでも昨今は日本でも二重に鍵をかけたり、警備保障会社が業績を伸ばしているのが現実です。


同じように世界も現実がそうでないから、武器、軍隊があるんです。世界が日本のように、契約や約束を守ろうとする国民、国家ばかりなら、憲法9条も意味があります。か、むしろそんな規定すらも必要ないかもしれません。しかし、世界には社民党や朝日新聞が言うような「話し合い」が通用しない国が多数存在するのも現実世界です。日本のすぐ近くには、「日朝平壌宣言」の後、すぐにミサイルを発射するような国があります。契約という概念すら乏しい国もあります。世界がそういう決まりごとを守れる社会なら、世界中で頻発している紛争は起きてません。日本のようなある意味、世界の常識から「非常識」な国にいると、世界もそうだと錯覚する気持ちもある意味理解できますが、もう少し現実を見ましょう。平和ボケしてないで。

北の熊

はじめてコメントさせていただきます。
zames_makiという方のコメントがとっても必死で笑いが止まりません。歴史学者が云々って、やっぱり論点をすり替えてますよね。zames_maki(おそらくjamesとでも名乗りたいのでしょうか?)そこまでつっぱるのなら本人の歴史感を披露していただきたいものですね。歴史学者などこのコメントされてる御仁の方々には関係ないのではありませんか?
結論ありきで歴史を見てしまうと話がかみあわなくて当たり前ですよ。歴史の事実を主観、思想信条をいれずに客観的に判断しなければならないはずです。日本は先の戦争で敗れてGHQの占領のもと再出発しましたが結局のところ日本人自身として大東亜戦争(GHQによって太平洋戦争という名称にすり替えられた)とは?というテーマについて決着がついていないということです。民主主義対全体主義、人種差別との闘争、経済戦争、などあらゆる側面をもっていると思います。この戦争をつきつめていくと天皇制存続(戦後の)の問題にも行き着くことにもなります。さわりたいがさわれない、という側面もあるのです。単純に自虐史感、自尊史感では割り切れない部分もあると考えます。当時、戦後処理に携わった方々が口をつぐんでいることもあるかと思います。わたしは善悪を抜きにして、日本の近代史を
再度見つめなおし、後世にわたって日本はどうあるべきなのかを真剣に議論するべきときがきていると思います。歴史は繰り返します。中国だけを見ても
見方によっては、戦前の欧米列強が中国に対して権益を持ったように、現代では改革開放?のもと、軍隊ではなく資本が進出しています。経済は国境を越えるのは今始まったことではありません。その経済権益をめぐって戦争が起こるのは今も昔も変わりありません。国境(国土)や民族、宗教、ことなる文化があるうちは紛争はなくなりません。東シナ海ガス田の問題にしてもかくのごとくです。憲法9条があってもこのようなことはおきています。日本人拉致問題にしてもしかり、憲法9条が彼らを守りましたか?戦前の日本は国土を戦禍に巻き込まれないように自衛のための戦争(当時の日本の国益)という解釈(国家は国益を追求するとエゴイストになります)をもっていたと考えます。そこには善悪などありません。かの半島の歴史を考えてみてください。反面教師です。善悪、正当、誤りなどという概念などありません。いかに生き残るかなんです。そのような時代背景を考慮せず歴史を語るのはナンセンスです。事実と背景を客観的にみなければ解釈をあやまります。自衛戦争なら侵略にはならず、単純に領土拡張なら侵略になる(仮にそうなら)という概念は戦後生まれた概念です。そのあたりを同じ土俵で論ずるには無理があります。軍備もさることながら資本進出だって侵略になります。結論は歴史に対して謙虚にならなければならないということです。
突っ込みどころ満載ですが、どうぞよろしく。

可哀想なマキちゃん

そもそもの疑問で、この方田母神さんの論文は読まれたのでしょうかね。
もし読んでいてあの論文が「日本は侵略国家ではない」としか読み取れないなら、まず日本語の勉強をやり直した方がいいのじゃないでしょうかね?

都民

zames_makiさんへ
他人に対する暴言や小馬鹿にするような発言は、そのまま自分に跳ね返っている事に気がつかないんですね。
「実るほど、頭をたれる稲穂かな。」

あきちゃ

実りのない討論
ねずきちさんの真摯な対応には心打たれますが、ここを見ている日本人の正直な気持ちは、
「もうやめてほしい」ではないでしょうか。(´-ω-`)
相手にするだけ時間の無駄でしかないと思います。
論点が永久に噛み合わない。

zames_maki = どこにでもいる反日

ちゃんと歴史調べなよ。
反日資料ばっか見てないで。

-

結局のところ
zames_makiのような馬鹿サヨクはスルーし倒すしかないってことですね。

異常な自己顕示欲、傲慢さ、プライド高過ぎ、偏狭思考、冷笑的、粘着質。なんでこの手のヤカラは、揃いも揃って必ず同じタイプなのだろうv-17

zames_maki

ねづきちへ(19)焦点化しておく
昼休みの走り書きだが、もうそれで十分だろう。

>あなたと同じ価値観・歴史観を持つ者以外は全員がいびつな修正主義者だという決め付けから出発している

これ自体が完全な間違いです。今では「日本は侵略しなかった」とする歴史学者はいない、ということですよ。ねづきちは本当に(!)何も知らないので、××だろうと勝手に書いているだけですね。

お勉強しておくれ。

焦点化のために書いておく、「日本は侵略しなかった」とする歴史学者はいるの?その意見はどのように扱われているの?そういうのがベースになってるのよね。

うわばみふかお

ねずきち様
あっちゃー。
ちょっと文脈おかしいのが混ざっちゃったなー。
車中なのでご勘弁をー

うわばみふかお

惨兵法の定理
 この程度のちょっかいでは、刑事訴追も武力反攻もされないと承知しているからこそ“アラシ”行為を繰り返していると云う事自体が、いみじくも、九条が平和を維持してきたと主張する事が誤ってると、していることであると気付くべきです。頭でっかちで自立歩行不能になった者は、最早ホモサピエンスから、正体不明なケダモノへ退化しつつある症状です。
 ねずきちさんが、最低限度の礼儀を弁え接している行為に付け込んで、云いたい放題訳の判らん能書き垂れる、単なる醜いヤカラです。

鉄馬

で、結局何が言いたいのだろう?
はじめまして、ブログ主さま。
「中韓を知りすぎた男」から飛んできました。

コメント欄をざっと上から読んでみましたが、
zames_maki さん、貴方は結局のところ、何を
言いたいんですか?

だらだらと反論しているばかりで、貴方の
主張における核心が見えてきません。
ブログ主さまの言葉尻を捉えて言いがかりを
つけているだけのように感じられます。

反論するならきちんと論理的に実証しましょう。
貴方のコメントは主旨が曖昧模糊としていて
理解するのが大変困難です。

小学5年生にも分かるように説明して下さい。
一本筋の通った主張であれば、子供でも理解できます。
逆を言えば、小学生にすら理解されないようでは、
貴方の主張には説得力がないといえます。

それから、心理学的に、自分の主張の正当性に
自信がある人は、議論相手を辱めることなどしません。
する必要もないからです。
他人を扱き下ろすのは、貴方に自信がないことの
現れなのではないでしょうか。

ちなみに私は右寄りでも左寄りでもありませんが、
「人間として」無礼な振る舞いをする中・韓の
顔色を伺いながら土下座外交をしている「腰抜け」日本政府と、
それをヨシとしている左寄りの国民には、ある種の違和感と不快感を覚えます。

こういうご時世です。
かつての大戦の真実は何か?

それを追求することを欲することは、
かつての大戦の当事者であった
わが国に生まれた国民として、
自然の流れではないでしょうか?

「歴史はこうだった。だからその歴史を歪める
ような思想は受け入れない。」

と決め付けるのは、余りにも早計であり危険です。

一部の読み齧った知識をベースとして、
融通の利かない思想を抱くのは幼稚です。

確かに戦争は最も愚かな政治的行為です。
理想は戦争の無い世の中です。
しかし現実を見ましょう。
戦争は無くなっていないではないですか。
自分の身を守る武器を持つのは
不自然なことでしょうか?
護身は生物であれば持ち合わせている
当然の本能です。

貴方は話し合いの通じない侵略者に襲われても、
ただ黙して蹂躙されるのをヨシとしますか?
親兄弟が、家族が、子供が、そして貴方の
大切なものが貴方の眼前で奪われても、
武力で反抗しないのですか?

上記のような質問に対し、説得力のある回答が
できた左寄りの方を、私は未だかつて
見たことがありません。

私は、私の大切なものや、家族や、
私自身を守るために、躊躇無く武器を持ちます。
守るために必要とあらば、話し合いの通じない
侵略者を遠慮なく殺します。

どうか、私を、小学校5年生だと思って、
分かりやすく貴方の考えをご教示下さい。

ねずきち

zames_makiさんへ
04:12分のコメントありがとうございます。

それにしても、またまた「呼び捨て」ですね^^
笑う笑わないは、あなたのご自由ですが、相変わらずあなたは「礼儀」を知らない人だ(笑)

zames_makiさんはね、歴史を再考してみようという人たち全員が、いびつな思考の持ち主とお考えのようだ。

つまり、あなたと同じ価値観・歴史観を持つ者以外は、全員が、いびつな「修正主義者」だという、いつもの「決め付け」から出発している。

そこがそもそもあなたの間違いなのです。

この項でも、いろいろな方が書いてくださっていますが、歴史評価というものは、相対的なものにすぎない。「絶対視」すること自体が、書生っぽの青臭い議論でしかないのです。

そうした子供のような狭小な価値観から、物事を見ようとするから視野が狭くなる。他の考え方を受け入れられなくなる。それこそあなたのいう「お馬鹿」のすることなのはないでしょうか?

自分の尊敬する先生がこういっている。教科書にもこう書いてある。自分はそれを知っている。だから自分には知識があり、それを知らないのは無知であり、馬鹿だ・・・・これがあなたの理屈です。

私たちが申し上げているのは、その先生方のおっしゃってられること、教科書に書いてあること自体を再考しなければならないのではないか、ということです。

それは要するに、教科書を学んで良い点数を取らなければならないという学生の観点と、幅広い視野から教科書そのものをどう書いたら良いかを考える世間の観点との違いなのです。

それがわからず、「だって教科書にはこう書いてあるンだっ!」と、あなたがいくら顔を真っ赤にして主張しても、端からみればそれは単なるzames_makiさんの幼児性にしか見えない。

ようするに駄々っ子の屁理屈でしかないのです。

以降、いろいろ私が書いた文章について、いろいろ書いておいでだが、それらはただの言葉の遊び程度の意味しかもたない揶揄なので、バカらしいのでいちいちお答しようとは思いません(笑)

ただね、zames_makiさん、あなたもうすこし幅広い視野をもったほうがいいと思いますよ^^

ねずきち

>うわばみふかおさんコメントありがとうございます。

おっしゃること、もっともだと思います。
つまり、うわばみさんのおっしゃることは、歴史認識というのは相対的なものにすぎない、ということですよね。絶対的なものじゃない。
特定の識者なるものが特定の意思に基づいた歴史解釈をしていても、それが絶対的に正しいなどとは言えないということだろうと思います。
ボクもまったく同感です。ボクにいわせれば、特定の歴史認識を絶対視するなどというのは、それを学んでテストで良い点数をとらなければならない学生の論にすぎないし、そうした絶対視した歴史観を、他人に押し付けるのは、単なる教条主義者のたわごとにすぎない。たわごとは、実社会ではまるで役に立たないとも思います。
キリストは正しい。聖書も正しい。だから天動説は正しく、地動説は間違っている。異端である。なぜ天動説がただしいか教えてあげよう。それは聖書に書いてあるからだ・・・・これではなんの進歩もないと思いますね^^

>古血継人さんコメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、人様を「呼び捨て」にしていること自体が、わるいけど世間知らずのお坊ちゃま、という感じがしますね。

>moharizaさんコメントありがとうございます。

moharizaさんがおっしゃる≪<国を守る>と云う感情(集団意識)は、<自己の遺伝子を残す為には、他をしりぞけないと、生き残れない>と云う「遺伝子の意識」(生命の自己存続意識?)から来るのか…?≫という疑問は、ボクもすごく感じます。なぜ争わなければならないのか。なぜ、敵国に捕まった少数の味方兵を救出するために、何百人もの犠牲を出してでも戦ったりするのか。
この世は矛盾だらけだと思います。
ただ、個人の生存欲求と同時に、集団としての種族保存の本能というのは、やはり人間にもあるものだとは感じています。
このあたりの思索は、非常に興味深いですね^^

>一期一会さんコメントありがとうございます。

≪自分達が完全なる善だと信じ切っていること≫が、結果として≪集団を滅ぼす悪となる≫。このことは、左右翼双方に言える事柄でもあろうかと思います。
東京裁判史観に対するご意見、その後のマッカーサーの発言等については、全面的に同感です。

日本の左翼思想家が、憲法9条が戦後の日本の平和を支えたと言うなら、なぜ中東やバルカン半島、アフリカなどの紛争地帯(火薬庫)に、9条を提言しないのか、というご意見は、実に明快なお言葉と思いました。

>目を覚ませさん、コメントありがとうございます。

moharizaさんのおっしゃっていることは、そういう他国に侵略されるのではないかという、いわば恐怖が、人類史上になぜ頻繁に起こりうるのか?という純粋に学問的な意味合いだと思います。
そういうことを考えてみるというは、それはそれで貴重なことなのではないかと思います。

同時に、目を覚ませさんのおっしゃるように、≪いまの日本の置かれている状況をちゃんと認識しようじゃないか≫ということも、ものすごく大切なことではないかと思います。

>zames_makiさん、またまた長文のコメントありがとうございます。

長いものなので、項を改めて反論させていただきますね^^

>ジョニーさん、コメントありがとうございます。

(⌒▽⌒)アハハ! ≪布教活動≫というのは、いい表現ですね~^^ ≪かまってちゃん≫というのも当たっているかも^^
zames_makiさん、これに対しても、ちゃんとお答されたほうがいいんじゃないkですか?(笑)

>たろすさんコメントありがとうございます。

≪あなたの為にスレ一つ潰した≫
そのことにお気づきいただき、嬉しく思います^^
じつは、zames_makiさんというのは、相当プライドの高い方なのかな?と思い、そうさせていただきました^^

通りすがり

典型的な揚げ足反論ですね・・・
色々と決め付けてますけどその理由がないw
zames_makiさん、ちゃんと自らの仮説(笑)の根拠を説明しなさいよw

>バラバラの情報の断片から、自分なりの真実を導き出して自分自身の人生-に役立てていく-そのための知識
 →自分勝手に情報を使うことへの無条件の信奉

自分なりの真実(仮定)を実証する為に人は生きていくんですよ。あなたが大好きな歴史はその繰り返しです。
自分勝手に情報を使うw
「おまえが言うな」

たろす

遅ればせながらあけましておめでとうございます。
ねずきちさまいつも楽しみに拝見しています。

・・・・すみません、感情的な書き込みお許しを。

zames_maki さん、あんたうざいよ。読者が多い
ブログで手っ取り早く思想刷り込みでもしたい訳?
ここはねずきちさんのブログを楽しみに通っている
読者が来てるんだよ。それはわかってるよね。
実のある討論なら管理者さんも読者も楽しめるけど、
話になんないねあなた。いいかげんにしなよ。
あなたは、コメント欄を無駄に消費してるだけじゃん。
中身が無く、くだらないし、その粘着さに本当気分が
悪くなるだけ。
人のたてたテーマや意見に絡んでないで、自分の場所で
好きなだけ好きな事を述べなよ。人様の土俵で偉そうに
相撲とんな!
人気ブログで手っ取り早く大声で喚くってよくあるよね。
その辺りの同胞か所属なの?よくみるんだよねそういう
人達って、やり口も粘着っぷりも同じだからさ。
管理人さんにもあきられてるんだからさ黙ってROMするか
自分のトコで布教しなよ。
あなたの為にスレ一つ潰してくれただけで感謝しなさいよ。
考え方の違いも、立ち位置の違いも個人の自由。
あなたは勝手にすれば良いだけだろ(自分のトコで)。

ジョニー

zamesさん、あなたの思想や信念は自由だと思いますが…何故にこの様な所で屁理屈を押し付ける必要があるのでしょうか?
語弊があるかもしれませんが、あなたが何を言おうが私には屁理屈にしか聞こえませんし共感などできません。
何故ならあなたとは相容れない考え方だから。
主義思想が全く違う場所であなたは何をしたいのですか?無意味だとは思いませんか?
無論、賛否はあってもいいと思いますが、押し付けるのはお門違いでは…
それとも布教活動でもされているおつもりですか?それならば日本よりもソマリアやアフガンで尽力されてみてはいかがでしょうか?
あなたが他人を論破したいだけのかまってちゃんではないなら、最低限の敬意は払うべきです。見ず知らずの人を一方的に呼び捨てにするなど、それこそ2chとなんら変わりないと思いますがいかがでしょうか。

zames_maki

ねずきちへ(17)笑わせてくれて有難う
 一読させていただきましたが、あなた、本当に面白いですね。いわゆる歴史修正主義者のいびつな思考過程が浮き彫りになっていて面白い。こうした歴史の議論でも2chでは本当に何も知らない幼稚な馬鹿だし、いわゆる右翼のブログは自分で書いている事を過ちだと分かっているが、不満解消のためにわざと書いてる困った人だ。
 その点ねずきちは一応真面目に過ちを信じているようで本物の歴史修正主義者だったようですね。

面白い点は以下でした。

>バラバラの情報の断片から、自分なりの真実を導き出して自分自身の人生-に役立てていく-そのための知識
 → 自分勝手に情報を使うことへの無条件の信奉

>このブログはね-ボクの趣味でやっている-その意味で遊び
 → 当初は証拠を出せ的な真面目を装っていたが、痛いところを突かれると「遊びだもんね」と白状する無思考・無節操ぶり・自尊心のなさ

>自虐史観が正しいのか、田母神氏のいう自尊史観が正しいのか、そんなことどうしてわかるんですか?
 → ネット上だけで成り立つ最も愚かな思考。しかしこれが公的な場に出ることはない、いまだ歴史学者の前でこれを言う人はおらず、それに接すると逃げ回る事になるのがこうした歴史修正主義者の限界だね。

>識者=自虐史観者だ
 → これは歴史修正主義者としても勉強が足りない、ねずきちが「本当に」「まったく」何も知らないという知識レベルを示している。

>だって、人の言うことはすべて正しいんでしょ?
 → ねずきちの学術的常識の決定的な欠如、いや常識の欠如というべきか。

>正しいか正しくないか、そういう正義と正義のぶつかり合いが戦争
>そのことは歴史が証明しています。
 → 戦争や歴史を知らない愚かさぶり、それらを知らないから書ける高言。

>愚民化政策-自由な言論-哀れな被植民地人-家畜の理論
 → ねずきちの21世紀日本社会への現状認識と言語感覚が出ていて興味深い。彼はこれらの形容詞が田母神を批判した政府・学者・新聞・テレビ全てにあてはめざるを得ない事を理解しているのだろうか?もしこれを信じているなら日本に住みづらい訳だ。

>私なりの確とした「人としての道徳観」がある
 → でました!戦前への回帰指向。由緒正しい伝統ある××が大事だとなる。現人神天皇崇拝/国家神道憧憬へあと一歩ですね。

目を覚ませ

mohariza さん

>何故、自国以外の他国を、<侵略するものだ>と>し、<排他的>に考え、そう<決め付ける>感情>は、どうして、起きるのか?

いや、そうじゃなくて、あなたは現在の日本が置かれている状況が見えてないのですか?決め付ける感情ってなんですか?ちゃんと自分で調べてから言ってください。
こういう何も知らない、知ろうとしない平和ボケな人を見るとイライラします。知ろうと思えば今日いくらでも情報はあります(ネットや書籍のみならず、新聞でさえもね)。間抜けのようなことを言う前に一通り自分で勉強しなさい。

一期一会

再構築しました。ねずきちさま
ねずきち様、いつも楽しく拝見しています。zames_makiのような典型的左翼史観が国を悪くするのでしょうね。質(たち)があるいのは彼らは自分達が完全なる善だと信じ切っていることです。着ける薬は見当たりませんが、反証は可能です。戦後日本はあの東京裁判史観に陥り、その呪縛から抜け出せないでいるように見えます。ここに大きな問題があります。東京裁判を主導したのはマッカッサーでした。その戦勝国側が日本の戦争指導者を裁こうにも当時の現行法では裁けず、やむを得ず人道に反する罪、平和に反する罪などをでっちあげ、裁いたのが東京裁判でした。(そもそも一般市民に大空襲したり原爆を落とした国がどうして人道に反する罪で裁くことができるのか明らかに噴飯ものですが…)法律の世界では不遡及の大原則があります。現行法にない罪で遡って裁くのは絶対にしてはならない(事後法禁止の原則)ことなのに、強引に推し進めたのです。また朝日新聞などの左翼は必ず日本は東京裁判を受け入れたのだから、と必ず抗弁します。これは明らかなミスリードです。日本は東京裁判を受け入れてなどいません。東京裁判の諸判決(judgements)を受諾したに過ぎないのです。朝日新聞などはそれをわかった上で、国民を洗脳させているのです。その日本の当時の立場を後に擁護する発言をした当事者アメリカ軍人がいます。誰あろうそのマッカッサーです。彼はその後ロシアをバックにした北朝鮮の南進により起きた朝鮮戦争にも従軍しています。その地勢上の位置から180度真逆から見た場合、はたと日本の立場に思い至ります。そして後に彼は上院軍事外交合同委員会で、「~、したがって彼らが戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障上の必要(自衛上)に迫られてのことだったのです」と。この事実をつきつけられると反日の中国人も韓国人も黙り込むらしいです。なぜ今の日本の政治家がこの発言を引用して当時の立場を弁護しないのか誠に不思議です。


〉いわく、憲法9条が日本を守った、という考え方になぜ反論できないか、よく考えてほしいものです。


典型的左翼の論法ですが、こんなのは簡単に論破できます。本当にこの憲法9条が戦後の日本の平和を支えたと言うなら、またそんなに劇的に効果があると言うなら、なぜ中東やバルカン半島、アフリカなどの紛争地帯(火薬庫)には同じような法律を作れば紛争がなくなるんですか、と言いたい。なぜ日本だけでなく紛争地帯に設けないのかと提言したい。仮にそんな憲法を紛争地帯に規定しても絶対に紛争はおさまらない。常識です。そんなことはあり得ない。平和ボケした左翼の馬鹿な論法です。戦後の日本の平和を支えたのはアメリカとの間に日米安保があったからです。こんなことも常識ですが、左翼はかぶれているのでこれも絶対認めようとしません。日本の近くにはあのチベット、ウィグルに侵攻した中国、ならず者国家北朝鮮と常識が通用しない国があります。そんな中でアメリカの後ろ楯もなしに丸裸で無事でいられるんですか?あのチベット、ウィグルも後ろ楯がないから安心して中国が蹂躙しているんです。


こんなことを言って説得しても左翼の梅毒にやられた人間はなかなか目覚めません。ねずきちさん、放っておきましょう。

mohariza

<国を守る>と云う集団意識は、「遺伝子の意識」から来るのか?
ずっと、続いている議論の応酬(?)を読んでいて、浮かんだことを記します。)
<「論」ではありません…。>

何故、自国以外の他国を、<侵略するものだ>とし、<排他的>に考え、そう<決め付ける>感情は、どうして、起きるのか?

自己を守り、家族を守ろうとする感情(本能?)が基本となり、地域(まち・むら)、(所属する団体・企業)、そして、国、民族を存続させたい、と云う感情となり、それが、「集団意識」となるのか?

「世界は一家、人類は兄弟」との考えは、そのような「集団意識」としての感情からは、「理想論」でしか無いのか…?
また、「平和憲法(憲法第9条)」は、争いが絶えない世界の宿命の中で、単なる「理想(国家)」を世界に向け、謳っただけの「理想(文)」でしか、無いのか?

続いている議論を読んでいて、考えさせられた…。

…<国を守る>と云う感情(集団意識)は、<自己の遺伝子を残す為には、他をしりぞけないと、生き残れない>と云う「遺伝子の意識」(生命の自己存続意識?)から来るのか…?

古血継人

で、とどのつまりね、何が言いたいのか分からん論なんだよね(爆爆爆爆)
恐らく、恐らくな(笑)日本を護りたいのは一緒なはずだ。
で?何を訴えたいのか分からんのだよ┐( ̄ヘ ̄)┌
保守に反論は良い事だが、その目的が分からんよ(笑笑笑笑笑)

保守派はね、もはや左人間にどうこうして貰いたいとは思ってないのね。
中道的思考やノンポリの中にも覚醒してくれるかもしれない人間が居るかもしれない可能性に訴えてるだけなのね。ねずきちさんじゃないよ?おいらは、だ。

だから、で?これからの日本を、弱腰秀才が考える結論を聞いてみたいもんじゃの~~~

そもそもな、人様のブログやスレッドで反論は良いが、「中傷」的発言は男じゃないな~。
我族内以外の人様を「呼び捨て」してる事がそもそもなんだかなぁ。

中傷なら、手前のブログや掲示板の手前のスレッドでさんざんすれば良い。
反論と中傷の区別もつかんアホは国防に関しての一切の論を語るな。日本が腐る。




ねずきち

>通りすがりさん、コメントありがとうございます。
はじめに結論ありきなんでしょうね~~
最初から色眼鏡で物事をみているから、冷静に事実を認めることができなくなるのでしょうね~~^^;

>英雄さんコメントありがとうございます。
おっしゃること、とてもよくわかります。

≪日本人は生活から逃れられることができない。うどんは必ず食べるのです。日本人は難しい事を考えるには向いていない。日本の文化は薄い。バートランドラッセルもカラマーゾフも日本からは出ない≫

このくだり、まさに、その通りと思います。

≪わかったふりをしている学者に騙されたり、自分も自尊心のため無理をしてわかったふりをして、皆についていこうとしているのが、日本人です。左翼思想なんてものは、ほかの思想もそうだけど、大事にすることないですよ。本音の心で生きれば、充分生きていけます。≫

この一文も、ほんとに、おっしゃる通りですね。
特に最後のところ・・・
≪本音の心で生きれば、充分生きていけます。≫
は、明言だと思います。
おっしゃる通りだ。

>おっとさん、コメントありがとうございます。
(⌒▽⌒)アハハ!
≪それほどまでにあなたが言う日本の平和が9条のおかげだとするのなら武力を持つな!と日本にだけ向かって言わずに中国や韓国、北朝鮮になぜ言わないのか?中国は今も日本に向けて、核ミサイルも大量配備してますよ?現実的に考えませんか?≫
おっとさん、実に手厳しい(笑)
てか、シャープですね~~^^

>八目山人さんコメントありがとうございます。
≪戦後アメリカでマッカーシズムがあって、共産主義者を追放してくれた事を、私は感謝しています≫
ボクも、大感謝しています♪

>古血継人さんコメントありがとうございます。
≪今まで死んだ事がない人間が、なんで生命保険に入るんだ?≫には、思わず声を出して笑ってしまいましたよ^^
≪警官が警官の制服着て、実は所持拳銃がモデルガンだったとしても、多くの日本人は襲いかからんだろ?何故かね?≫
このくだりは、非常に示唆に富んでますね。

>一期一会さんコメントありがとうございます。
おっしゃることにいちいち同感です。
一期一会さんの文をよく読んで、ほんとうに早く眼を覚ましてもらいたいものだと思いました^^

>可哀想なマキちゃんさんコメントありがとうございます。
わからないのは、どうしてあの程度の屁理屈で、上から目線になれるかということです。そこだけはどうしても理解できない。
やや人格破綻者かと疑ってしまいます。
まぁ、またコメきたら、おひとよしのねずきちは、またお付き合いしちゃうのでしょうけどね^^;

古血継人

まぁね、いくら歴史に対してかなんかの知識??(何処かの氏曰く、知識らしい(笑笑笑笑) )や論があって平和願望であってもね、他国が日本を侵略しようとしてる事実から目をそむけたら、結局向こう様の言いなりなのよ(爆爆爆爆)
こっちが黙って言う事聞いても聞いても聞いても(笑)それでも更にあげく、自ら貢いでも、喧嘩売ってくる輩は国内の身近や勤務先でもいるのさヾ(@^▽^@)ノわはは
こっちは仲良くしようよ~~~って思ってもね、相手は容赦なくこっちのモノを略奪したり支配したりしようとするわけなのさ┐(´-`)┌
そこでだ、ドラえもんが傍にいるだけで、ジャイアンは怖くてのび太にうかつに手を出せないってもんだよな?
ま、低脳相手の例えだ(爆爆爆爆)
この例えを、彼らは細かく重箱の隅を突付いいたり、埒外論を言うから疲れる。




可哀想なマキちゃん

上から目線で偉そうに語ってる人。傍から見ていると面白いですけど、自分は係わり合いになりたくないですね。ちょっとだけ読みましたけど、気分が悪いので止めました。第三者が読んでも不快な文章を書けるのは、ある意味才能なんでしょうかね。何故か保守派のブログコメント欄によくいますけど。
あれで他人と討論できている、ましてや教え諭しているつもりなだとしたら、なんだか哀れになってきました(ToT)

ねずきちさん、哀れなので精々相手をしてあげてください。私はねずきちさんのとこだけ読みますので。

今年も頑張って下さい。

一期一会

こんばんは、ねずきち様
いつも楽しく拝見しています。こういう(zames_maki)のような偽善者が国を滅ぼすのでしょう。まず明らかにしないといけないのは、戦後日本はあの戦勝国からの一方的な押し付けの裁きを飲まざるを得なかった。それでも当時の法では裁けなかったので、「人道に反する罪」などをでっちあげ、強引に裁いたのです。そもそも法律の世界では不遡及の大原則があります。裁く時点で存在しない法律で裁くことは絶対にできないものを無理やり裁いたのが東京裁判です。これを主導したのがマッカッサーです。しかし、この東京裁判で日本を断罪したマッカッサーが真逆の証言をしていることに注目すべきです。マッカッサーはその後、ロシアをバックに北朝鮮の南進により発生した朝鮮戦争にも従軍しています。そして、マッカッサーはこの地勢上の位置関係、また視点を180度変えたこの戦いで、あの戦前日本の置かれていた状況にはたと気づくことになります。そして、公聴会ではっきりと彼マッカッサーは証言するわけです。「したがって彼ら(日本人)が戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障上の必要に迫られてのことだったのです(自衛のためだった)」と。この事実をつきつけると、中国人も韓国人も黙るそうです。有名な話ですが、なぜか日本の左翼メディアはこの事実すら報じません。

〉「憲法9条が日本を守った」という考え方になぜ反論できないか、よく考えてほしいものです。
相変わらず馬鹿な左翼がよく引き合いに出すフレーズです。そんなのは簡単に否定できます。そんなに憲法9条の存在が「偉大」であり、絶大な効果があると言うなら、中東やバルカン半島、アフリカなどの紛争地帯(火薬庫)に、そういった憲法を作れば紛争は跡形もなくなるんですか?なくなるならなぜそうしないんですか?そんなことは絶対にあり得ないわけです。全く平和ボケした左翼思想の非現実な発想です。戦後日本が平和だったのは、日本の後ろに左翼が忌み嫌う日米安保があり、アメリカがあるからです。

また、田母神論文を支持するかどうかの世論調査も、かなりのメディアが田母神支持が60%以上という結果も多いのです。あの朝生でのテレビ討論中に集計したデータでも60%以上が田母神支持でした。あれはテレビ朝日でしたから、本当なら隠したい結果だったはずです。早くその左翼の危険な「幻想」から目を覚ましてください。

古血継人

は?(笑)
今までなにも起きてないのに改憲は必要ないって...(笑笑笑笑)
なんだかなぁ┐(~ー~;)┌
今まで起きてない事はこれからも起きないって言う根拠でもあるのかね。ぷ。

今まで死んだ事がない人間が、なんで生命保険に入るんだ?
交通事故を起こした事がない人間が、なんで任意保険に入るんだ?

自国で自国を護るとは、それと同じ目的ではないのかと思う。

ま、おいらの思いとしてはね、上記を逆に例えて話したい気持ちだけどね。

「生命保険?任意保険?あのね、自国で自国を護っている日本のように、自分の身内や自分は、自分で護るしか確固たるものが皆無だからだよ(笑笑笑笑)」ってな(爆爆爆爆)

しかし今の日本はどうだ。近隣にトンデも侵略国家が4国も存在しているにもかかわらず、弱腰外交w( ̄▽ ̄;)w
なんで弱腰外交かって?軍事力、抑止力がないからよ(笑笑笑笑)
結局、最終的にははそれに尽き当たってしまう。

生まれた時から自国の軍事力を見て来た諸外国人は、軍事力があって当たり前に育つ。
生まれた時から戦火の一つも知らない日本人は、火炎瓶1本の炎でビビる(爆爆爆爆)
ビビるビビらないの問題でもないが、「危機感」がなさ過ぎる。

本当は、今までなにも無かったなど言えないけどな。平和ではなく、穏便に事が運ばれてきただけだ。
古来から、日本人は穏便に事を運ぼうとする民族であったと思うし、今でもその血は継いでいると思う。
しかし、事を穏便に運んで来た日本と現代日本国が違うのは、軍事力が有るか無いかだ。メンタリティは変わってないはずだ。
穏便に事を運びたい先代日本人が残してくれたものが「日本國」であり、我々のような人間の精神力だ。
そして先人方は、その精神力を軍事力と同化し、託し、故に、負けはしたが現代に「日本國」「手前ら、貴様ら、我等」があるのだ。
勘違いはするなよ?こう言ったから、自衛軍になったら自衛隊が侵略行為をするなど思うな。
手前らが言う退き越し日本人は、先制攻撃や他国侵略なんぞ出来ないんだよな?そうだ、出来ない。出来ませんね。
しかし、敵の侵略や攻撃を受けたら反撃するメンタリティ℃は白人さんや黒人さんとは違うと認識している「おいら」だ(笑笑笑笑)

嘘でもいい(笑笑笑笑) ある日突然「日本は核を持ってます♪」ってでも言ってみな。これでもかなりの抑止力(爆爆爆爆)

警官が警官の制服着て、実は所持拳銃がモデルガンだったとしても、多くの日本人は襲いかからんだろ?何故かね?

八目山人

共産主義
昔、ヨーロッパの偉い人が、「馬鹿か嘘つきでなければ、共産主義者にはなれない」と言ったそうです。
其の同時代の日本では、学者や東京帝国大学学生(インテリ)も軍人(青年将校)も右翼も官僚(革新官僚)も共産主義にかぶれていました。

戦後アメリカでマッカーシズムがあって、共産主義者を追放してくれた事を、私は感謝しています。

英雄


ですが間違えました、すいません。

欧州の赤は極右や民族主義で、世界平和なんていってません。良く理解できます。

英雄

昔、NHKの番組で、まだ左翼の時代の終わり頃でした。居酒屋で小田実と開高健が二人で対談していました。ー私は対談集は好きで良く読むのです。ーー
歳老いた小田実がいつものように、あれが悪いこれば悪い、米国が悪いシナが悪いと開高建に対して一方的に叫びまくっていました。すると話を聴いていた開高が、まあ、うどんを食べようといってう出されたうどんを食べはじめたのです。すると小田も話をやめてうどんを食べ始めました。二人の話は政治の話は終わり、たわいもない事を話して番組が終わりました。
日本人の左翼なんてものはこんなものだ。ということです。生活から逃れられることはできない。うどんは必ず食べるのです。日本人は難しい事を考えるには向いていない。日本の文化は薄いわけです。バートランドラッセルもカラマーゾフも日本からは出ないわけです。それならばいっそのこと、左翼なんてものは害毒でしかないと法律で禁止して、日本の古来からの伝統文化、すめらみこといやさか、鴨のおっさんの方丈記などなどで、生き暮らし考えていくのが、いきやすいとおもいます。日本人の一部に未だにまとわり付き粘着する左翼思想なんてものは、日本人そのものからでたものではないから、本当の意味はにほんじんには判らないと思う。その中途半端な皆がわからずに盲目的に従う左翼思想が反日や日本滅亡を生むのです。欧州の赤は極右、民族主義、世界平和なんたいってませんよ。自分達だけが生き残ろうとしている。日本の左翼マスコミは世界から自分の気持ちに合うことだけを拾い上げて、さらに話を平気で変えて報道しているだけだ。
これも左翼思想が本質的に日本に合わない、日本人は左翼思想がなにか本当はわからないというとこからきています。その国に生まれ育ち同じ遺伝子を受け継がないと、その国のほんとのところはわからない。わかったふりをしている学者に騙されたり、自分も自尊心のため無理をしてわかったふりをして、皆についていこうとしているのが、日本人です。
左翼思想なんてものは、ほかの思想もそうだけど、大事にすることないですよ。
本音の心で生きれば、充分生きていけます。

通りすがり

中韓を知りすぎた~ブログのコメントから来ました。はじめまして。

いつも不思議に思うのですが、国防=戦争=悪と結びつける方がいるのは何故なのか不思議でなりません。こういった方は「けしからん」「だめだ」と結論は述べてくれますが「何故」の部分は教えてくれませんねw

ねずきち

>pipiさんコメントありがとうございます。
意見というのはひとそれぞれあるもので、そうしたご意見をうかがうと、自分自身とても勉強になるし、励みになります。
ただ、教科書通りの発言を、さも「俺の意見だ」などと言われてもねぇ・・・
その教科書事態が左翼の政治的プロパガンタにすぎないものであれば、ボクなどは、なおさら首をひねってしまいます(笑)

>A子さんコメントありがとうございます。
人の言うことが正しいと無批判に受け入れることの危険は、イソップ物語にもありましたね^^
「ろばをかついだ親子」というお話です。
http://www.portals.co.jp/isopp/roba/index.html
たいへんよい教訓が含まれたお話だと思っています^^b

>zames_makiさん、またまた長文のコメントありがとうございます。
一読させていただきましたが、あなた、まだわかってないですね^^
どんなに膨大な知識を持っていたとしても、それが単なる情報の寄せ集めならば、それはただの古新聞のバックナンバー、つまり資料としての意味しか持たない。そのバラバラの情報の断片から、自分なりの真実を導き出して、自分自身の人生や、社会に役立てていくこと、そのための知識なのです。
知識というものは、知れば知るほどわからないことが増えてくる。
だから知識は謙譲を生むのです。
見知らぬ人をつかまえて、「お馬鹿」と読んだり、呼び捨てにしたりしていること自体、あなたの持つ知識は、極めて些末なものでしかないことを表している。
だから言われるのです。あなたの自称「知識」は「痴識」でしかないとね。

あなたは、たいそうなことに、≪私がねずきち(ここも呼び捨て)を教育しているという事≫と書いている。
どうして私があなたのような人を敬称で呼べないような失礼な人間に「教育」してもらわなければならないのだ?(笑)

<あなたの文>--------------------
>自分が「だたしい」とはどこにも書いてません(ねずきち・コメント欄にて)
なあんだ、じゃあここのブログ主は、ただの遊びで書いているのね。田母神が正しかろうが、正しくなかろうが、それは自分の知ったことではない、という事ですね。馬鹿馬鹿しい。
はっきりさせておきますが、私は日本の歴史学者全体の動きとして田母神論文は支持されていない、まったく評価されていないという事を書いている。その根拠の一端をコメント欄で示した。
---------------------------------
このブログはね、学術論文の発表場所じゃありませんよ。
ボクの趣味でやっている。おっしゃるとおり、その意味で、遊びです。
それに、私は、私の意見が正しいなんてどこにも書いていませんよ。
私が田母神氏に関して、終始一貫して主張しているのは、この項の本文にも書いた通り、
≪田母神論文の事件がきっかけとなって、「国土防衛について国民がしっかりと受け止め、考えなければならないという視点がかなり浸透してきている≫という主張です。

そもそもね、正しいか正しくないかなんて、いったい誰が決めるんですかね?
zames_makiさんが信奉する自虐史観が正しいのか、田母神氏のいう自尊史観(?)が正しいのか、そんなことどうしてわかるんですか?
あなたは、いろいろな人(識者?)が自虐史観が正しいと言っているから、それは正しいのだと主張する。あげくの果てが≪ねずきちがこう書くのは、知識のない人が知識で勝てないので「意固地になっている」≫という。

別に意固地になっているつもりはありません。「みんなで再考しなければならないのでは?」という問いかけにすぎません。

あなたは、識者のいうことが全て正しいとおっしゃる。識者=自虐史観者だから、自虐史観が正しいと思いこんでいる。そう思うのはあなたの勝手です。
しかし、本当にそうなのか? それでいいのか?というという疑問を持つ者も世の中にはいるということです。
人の意見が全て正しいのなら、自虐史観者の意見同様、田母神氏の史観も正しいことになる。だって、人の言うことはすべて正しいんでしょ?w
こういう議論自体が不毛です。

そもそもね、正しいか正しくないか、そういう正義と正義のぶつかり合いが戦争の悲惨を生む。そのことは歴史が証明しています。
人類史は、相互に正しさを振りかざすことで、たいへんな悲劇を生んできた。あなたも歴史をすこしでも勉強したことがあるなら、それくらいわかるでしょ?
あなたのご主張は、あなたの信じている意見だけを一方通行的にただやみくもに信じ切っているだけです。それこそがもっともアブナイ危険思想なのだと私は思っています。

zames_makiさん、あなたはさらに続けて、≪ねずきちの意見には基盤となる知識が欠如している≫という。
しかしね、私から見れば、あなたやあなたの信奉する知識なるものは、本文に示した通り、

≪愚民化政策に踊らされて自由な言論を失った哀れな被植民地人≫の言論にほかならない。

ひらたくいえば、あなたの展開する主張は“家畜の理論”ということです。

それに対しね、私には、私なりの確とした「人としての道徳観」がある。

あなたにわかるように、もっとやさしくいうとね、あなたと私の議論は、≪zames_makiという家畜人≫と、自分なりの道徳観・価値観を持った≪人間≫の議論だということです。

おわかりかな? 自称知識人のzames_makiさん。

>16:13分の名無しさん、コメントありがとうございます。
(⌒▽⌒)アハハ!
でも、この手の輩って、からかうとおもしろいですよ?w
けっこうむきになるのでw

-

保守派ブログのあちこちで田母神、田母神と、未だ偉そうに毒を吐き散らしている輩がいますが、zames_makiと口調も何もかもそっくりですね。HN変えただけかwww?単に暇なだけなのか?
はいはい、「知識豊富頭脳優秀なオレちん」君、自分が賢いっていうアンタの言い分はわかったから。
でもいい加減ウザイんですよ♪

zames_maki

ねずきち さんへ(16)etc
>単に、戦争=悪、国防=悪という「決め付け」ではなく、
 日本人全体の意識として「戦争=悪」というのが、共通理解でしょう、従ってこれは決め付けではなく、我々が考える上での基盤であります。また世界中でも「戦争=悪」は常識でしょう。アメリカ人でさえも戦争=善などとは普通言いませんよ、戦争=善などと言って戦争を始める政治家はいないということです。

>特定アジアの国々や、これまで、戦争や国防を論じること自体を忌避してきた“知識人”と称する人たち
>愚民化政策に踊らされて自由な言論を失った哀れな被植民地人」の発言にしか聞こえな
 一般的に普及していない特殊な言葉で、ねずきちは自身の偏見と、それを自分で客観視できない姿勢を、自分から晒していますね。なぜ客観視できないのか?・・・ねずきちが無知だからですよ。
 では逆に、私はどうか?いえば、私は「日本は侵略しなかった」という歴史書の代表として中村粲の「大東亜戦争への道」を読み、ここでも何回もアピールしてますが?


>すべての国家が保有していて、日本だけが不要というのは、もしかしたら、世界の中で日本だけが≪異常≫なのではないですか?
 戦争放棄を掲げた憲法9条を持つ国は他になく、日本が世界の他の国と異なるのは客観的にその通り。しかし、では、なぜそれでいけないのか?現実に不都合が生じていない以上なぜ変えねばならないのか?

安全保障という大事な問題では、そうした問いかけが必要でしょう。そしてその問いかけをする上で知識を集め、利益を検討するのが当然の手続きでしょう。ねずきちの「他国がしてるから日本もそうしろ」という論理は、あまりに原始的ですね。もっと知識を集め検討すべきでしょう。

その中でねずきちさんには、私がここまでの議論でねずきちにある程度認めさせた「憲法9条が日本を守った」という考え方に、なぜ反論できないか、よく考えてほしいものです。

zames_maki

ねずきち さんへ(15)田母神支持者が多かったのはヤラセ
さてetcで
>しかしね、田母神氏の意見をもっともだとする人が圧倒的に多いアンケートもあった。これも事実

 田母神はYahooアンケートで自分が支持されていると紹介した。しかしYahooアンケートについては、週刊文春 2008年11月27日号 でそれが怪しい事が指摘されている。(http://www.asyura2.com/08/senkyo56/msg/202.html
-----
しかし、この数字に“ヤラセ”があったことが、小誌(『週刊文春』)の取材で明らかになった。ここに一通の“指示メール”がある。田母神氏の親友は、ある人物と、次のようなやり取りをしていたのだ。

《田母神幕僚長は国を思う『平成の西郷隆盛』である。この国を救うため心ある国民は田母神幕僚長を断固支持し、その輪を全国に広げて行かねばならない》 さらにはこんな一文も。 《PS:田母神幕僚長の論文についてのアンケートを下記でやっています。朝日新聞の影響でしょうか「非難派」が若干リードしているようです。どんどん投票しましょう》

そして、文末には投票先のURLを指定。これは幕僚長の論文発表に関する、ヤフーの意識調査のものだった。呼びかけたのは「調布史(ふみ)の会」世話人・松木國俊氏である。同氏は、 「メールで呼びかけたのは、田母神さんの件を知り、いてもたってもいられなくなったからです。田母神さんの参考人招致の場が戦後歴史認識の転換点にできると期待した。なんとかせなあかんなと、20人ぐらい、転送歓迎でメールを送りました。ただ反対勢力も絶対やっているから結果は変わらない」 と譲らない。 松木氏から『投票を』とメールを受けた女性は、あるブログの主宰者にメールを送った。メールを受け取った主宰者はブログに

『田母神幕僚長支持アンケートにご協力を』 『●●さんから転送されてきました。皆様もぜひ、ご協力ください。クリックお願いします♪』と書き込み、さらに転送している。 「数で負けてます。ご協力をお願いします」 と必死のアピールをしているブログも見つかった。 そしていつしかヤフー・アンケートは田母神支持で逆転したのである。
-----

zames_maki

ねずきち さんへ(14)ねずきちの意見には基盤となる知識が欠如しているという事
前項を受けて、第3者が参照しやすいようにここにも多少重複しますが回答を書いておきます
------------
>その内容に賛同できない事柄がある
>そこに≪自分の意見≫というものがある(ねずきち・コメント欄にて)

あなたが田母神を批判した新聞に不満があるのは理解できる。しかしその不満はどうやらあなたの歴史に関する基本的な勉強不足(すなわち無知)に発しているだろうという事だ。

具体的にねずきちは、田母神論文を否定する歴史学者の意見など寡聞にして知らぬと偉そうに書いたが、私は上記であげたようにネット上で確認できる範囲でさえ、歴史学者が田母神論文を歯牙にもかけず否定している状況を紹介した。またより詳しい話は1/21に歴史学教授山田朗氏の話を紹介できるだろうと書いた。

意見を述べるのは結構だ、しかし少しはお勉強しないと、それは現実に基づかないなんの意味もないただの妄言にすぎなくなる。あなたはネット上に散在する田母神論文を支持するほかの妄言を、何か確かなものと勘違いしているのではないか?

ネット上にはたくさんの情報がある、しかし「多少でも勉強すれば」それらが信頼性の点では頼りないものである事はすぐわかるでしょう。

zames_maki

ねずきち さんへ(13)私がねずきちを教育しているという事
第3者が参照しやすいようにここにも多少重複しますが回答を書いておきます(1)
------------
>自分が「だたしい」とはどこにも書いてません(ねずきち・コメント欄にて)
なあんだ、じゃあここのブログ主は、ただの遊びで書いているのね。田母神が正しかろうが、正しくなかろうが、それは自分の知ったことではない、という事ですね。馬鹿馬鹿しい。
はっきりさせておきますが、私は日本の歴史学者全体の動きとして田母神論文は支持されていない、まったく評価されていないという事を書いている。その根拠の一端をコメント欄で示した。

また日本人全体の歴史認識としても、過去の統計データから「侵略ではない」は、少数であり、田母神論文は支持されないだろう、という事を書いている。必要なら吉田裕氏の著書を引用する。

また政治的意見としては、国会の動向、各新聞社の社説など、主要なものはほぼ全て田母神「論文」を支持していないのは昨年末の状況がよく示している。(ただし田母神の「意図」を支持する新聞はある)

そういうはっきりした姿勢と論拠で終始書いている。対してブログ主は「どっちでもいいじゃん」で書いていたようだ。これで私が圧倒的に知識があり、又その知識を大事にする姿勢がはっきりしているでしょう。

ねずきちがこう書くのは、1つには、知識のない人が知識で勝てないので「意固地になっている」という事でしょう。

・・・・・・そしてもう1点ねずきちの言う<自分の意見>についても知識は大事です。それは次項に。

A子

 zames_makiさん、URLを貼っていらしたので 「日記」 を覗いてみましたが、 ご自分の主張というものがはっきりしませんわねえ。
 一言で言えば 「頭でっかち」 で、 イマイチ、 ご自身のスタンスが分かりませんの。
 他の方々の知識にリンクするのは結構だと思いますが、 まずは 「ご自分」 を確立なさらなければね…。

pipi

こんにちは ねずきちさん。
あけましておめでとうございます。
いつも読み逃げですいませんww

高校生らしき人物。。
炎上させるために書いてる可能性もありますね。

私は 政治や時事は 難しくてわからないことのほうが多いのですが、
ねずきちさんの記事は納得することが多く
いつも感心して読んでます。
きっとそんな人って多いと思いますよ。

ねずきち

>帰ってきた酔っ払いさんコメントありがとうございます。
「軍隊がなければ戦争は起きない」→「確かに戦争にはなりません。虐殺が起こるだけです」
まさにおっしゃる通りですね。
「隣に、自国民すら戦車で轢き潰すような国があるのに何言ってんの? って心底思いますよ」
100%同感です。

>英雄さんコメントありがとうございます。
「現実は日本のような愚集政治は長くは持ちませんよ。内部の売国奴に引き入れられた外国の勢力や外国の軍隊により国は滅亡させられます」
そこがいちばん気になるところです。私たち庶民の生命と財産の危機を示すからです。
「嘘と思い込みの羅列では誰も話を聴いてくれなくなる。小学生の子供ではないのですからね」
これも、おっしゃる通りと思います。
ここで、zamesu_makiさんを記事にもってきたのは、彼の文章から、おそらく彼は高校生くらいじゃないか、と感じたからです。
身内または教師に左翼系の方がいて、あたまからそれが「正しい」と信じている。
しかし、そういう話を学校でしても、誰も相手にしてくれない。
それで、このブログで、オトナを相手に粘着した。
彼にとって、オトナが相手をしてくれ、記事にまでしてくれるというのは、きっと内心名誉なことなのだろうと思いました。
その喜びから、冷静になって、自己の「思いこみ」を少しは見直す気になってくれたら、と思い、記事にさせていただいた次第です。

>たかぽんさんコメントありがとうございます。
(⌒▽⌒)アハハ!
ぜんぜん落ち着いてますよ^^
まじめでひたむきな高校生(たぶん)相手に、きちんと自分の頭で考えることを覚えなさいと、説いたまでです。

>うわばみふかおさん、コメントありがとうございます。
おぉ('∀'*)♪
動画拝見させていただきました。
さすが金美齢さんですね^^
「あなたのお父さんはどうなの?」
「うちの父は絶対そういうことは絶対しません」
これには笑ってしまいました。
この動画、張らせて下さい^^
実におもしろい。

うわばみふかお

眠気で貼り付け損ねました。上記URLをクリックしてください。すみません。

うわばみふかお

田嶋女史や故松井やよりを思い出します。
<object width="425" height="344"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/4kn6urs0Y-g&hl=ja&fs=1"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/4kn6urs0Y-g&hl=ja&fs=1" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="425" height="344"></embed></object>チャンネル桜の番組で金美齢さんが松井やよりを語る

たかぽん

ねずきちさん
落ち着いて。。。

とはいえ、自分も新年早々ブログで怒りが爆発してましたが。。。

しかも、「最近の自分は人としての器が大きくなったみたいです」みたいな事を記事で書いたその日に爆発しちゃいました。

いやはや、人間って不思議。。。

英雄

世界人民は平和を欲す。と左翼は人を騙してきたのですが、戦争をしたいひとも世界にはいるわけです。平気でそんな事を言っている左翼は、ことさら人を騙して、自分達左翼がいい事をする為のプロパガンダで悪意を持ってる工作員かもしれないので相手には出来ないといもいます。今から戦後63年を思えば彼らとは話し合いは不毛で在ったのではないでしょうか。力で排除するしかなかったと今ふりかえればおもいます。戦後日本人は力を、暴力的な力を含めてですが、行使して物を解決するという人間には必要な事を米国により腑抜けにされた。現実は日本のような愚集政治は長くは持ちませんよ。内部の売国奴に引き入れられた外国の勢力や外国の軍隊により国は滅亡させられます。我々日本人は内部の敵を物理的に排除し団結してシナ朝鮮にあたらなければいけない。日本が二度と立ちあがらないために米国朝鮮により誘導された反日左翼の言論は昔はそれで人を騙すことができたのでしょうが、洗脳から覚めた今の日本人には歯の浮くような話です。このような話ではもう騙せないでしょう。平気で嘘と思い込みの羅列では誰も話を聴いてくれなくなる。小学生の子供ではないのですからね
今は公文書などのインターネットの情報が増えコミンテルンの敗戦革命の蒋介石などの、日本をことさらに悪人にする工作も露見してきましたが、左翼は全部スルーですからね。左翼は痴呆に近いか無常観の極悪人かどちらかなのでしょう。その世界の白人の謀略も日本人は考えていかないと白人にほろぼされますよ。暫く欧州にすんでたときの経験から言うと、彼らはセックスが日本人より凄く強いから繁殖力や闘争力でまけますよ。日本人は世間の裏を読んでいく。
そうしないと陰謀だらけの世界支配層の米英金融白人には勝てない。マルクス主義はユダヤしゅぎです。ロシアで実験したものをこれから世界でやるつもりでしょう。

帰ってきた酔っ払い

日本は結構、未だに無意識にでも言霊を信じている人が多いんですよ。
時々聞きませんか?危機に対して警鐘を鳴らした人に対して、実際にその危機が起きたときに

「お前がそういうことを言うから」

とかいう弁。
全くもって非科学的でバカらしい言い草なんですけどね。

自衛隊嫌いの人たちって、実は無意識のうちに「軍隊がなければ戦争は起きない」と思っているのかも知れません。

確かに、自衛隊が無ければ戦争は起こりませんよ?
でも、それは単純に「戦争にならない」というだけのことなんです。

ええ、確かに戦争にはなりませんよ。

虐殺が起こるだけで。

自衛隊反対?
隣に、自国民すら戦車で轢き潰すような国があるのに何言ってんの?
って心底思いますよ。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク