韓国の世論調査で、最も嫌いな国は「日本」・・・もう経済協力いらないのでは?



韓国中央日報が創刊43周年を迎えて実施した世論調査で、

韓国人の57%が、日本を「最も嫌いな国」とした。

同時に、最も見習うべき国を「日本」とする回答は24%

最も嫌いな国、最も見習うべき国は、ともに「日本」だったらしい。

嫌いな国も、見習うべき国も「日本」
(livedoorニュース)


このニュースは、2つのことを考えさせられるように思いますね^^

ひとつは、
 大統領までもが先頭きって、あれだけの情報操作をし、
 国家をあげて嫌日キャンペーンを張り、
 小学校・中学校の義務教育でも、徹底した嫌日教育を行っている
その韓国で、最も嫌いな国「日本」という回答が、それでもまだ6割弱にとどまっていること。

8割超えててもおかしくないんじゃないか??ww

もうひとつは、あれだけ徹底した嫌日情報操作をしていながら、日本を見習うべきとする回答が、24%もあるという事実。

この2つが意味していることは、

ひとつは、韓国内の嫌日思想教育(学校教育・マスメディア)のすさまじさであり、

もうひとつは、ネットの普及と、人々の交流によって、日本という国や文化がよく知られるようになってきたということなのかもしれないですね^^

まぁ、だからなに? と言われても困るのですが・・・(笑)

純粋に韓国内の情報にしか接していない人は、日本という国を、国土は韓国の4分の1くらいしかなく、そこに1億の人がひしめきあっていて、泥棒ばかりしている国・・・・しかも、過去、韓国人をいじめぬいた極悪人国家くらいに思っているらしいですが、

日本に出稼ぎに行った人に聞くと、なんと日本は平和な国で、多くの日本人は韓国人に対し、特別な差別意識を持っていない。そのことに、はじめは=( ・_・;)⇒ アレレ?? これなに??と、めんくらうといいます。

ともあれ、お隣どおし、仲良くできるのが一番なのですが・・・

このブログを訪れて、まだ下の動画をごらんになっていない方は、そんなにう長くないので、是非、ご覧になってみてください。

韓国の小中学校で行われている反日教育


韓国の独島洗脳教育


竹島問題に関する日本国内の報道は、その後に行われた北京五輪や福田総理の辞任、リーマン問題等で、いつのまにか吹っ飛んでしまったようですが、
韓国国内では、相変わらずこうした反日・嫌日教育がいまも進行していることは、忘れてはならないことだと思いますね。

そして、そういう教育を受けてきた韓国の若い世代が、これからの世界の中で、どういう働きをしていくのか。日本と韓国の本当の友好の日は、果たして来るのか・・・なんだかやるせない気持ちがします。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v

にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

moharizaさん、コメントありがとうございます。
「国民の不平が多くなると、外国へ戦争を仕掛ける」
まさにそのとおりなのでしょうね。。。。

mohariza

「反日」は、国の団結を生む?
「韓国国内では、相変わらずこうした反日・嫌日教育がいまも進行していること」は、日本人にとっては、不可思議で、
何故そこまでして、小さい時から、「反日感情」を植えつける教育をしなければならないのか?大いに疑問です。(そして、国策の「教育」とは、恐ろしいものとも、思います。)
隣国同士、仲良くしなければなら無いのに、そこまでして、「国民の目を外国(日本)に向けさせ」、「反日」を煽ることで、「国の団結」を固持しようとしているのでしょうか?

まるで、国民の不平が多くなると、外国へ戦争を仕掛けた「旧ソ連」と同じように思えます。
過去の歴史を見ると、いずこの国も、為政者は、そうさせていたように思います…。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク