よろこびあふれる楽しい国を目指して建国された国はどこの国?

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評予約受付中
20180501 表紙完成2のコピー

日本は「よろこびあふれる楽しい国」を築くために建国された国であるということを、具体的に紙にしたのは、おそらく『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』が初めてのことです。

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

日比谷公園
20180507 日比谷公園
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
5月5日(土)18:30 百人一首塾 第26回
5月19日(土)18:30 第51回 新著出版記念 倭塾
6月9日(土)18:30 百人一首塾第27回
6月10日(日)13:30 チャンネルAJER 古事記に学ぶ日本型経営学/戦いの時を古事記に学ぶ
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月12日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


イザナキとイザナミが混沌とした底下に天の沼矛を差し入れて、その矛の先から滴った塩(海のこと)が固まってできたのがオノゴロ島です。
二神は、そのオノゴロ島に降り立って、日本列島を生み、神々を生みました。
その子孫が我々日本人だということは、これはみなさまよくご存知の日本神話に書いてある、はじめのはじめの物語です。

オノゴロ島は、おのずところがる(太陽の周りを自転している)島だし、海(塩)でできているというし、矛の先端から滴ったしずくというなら、それはおそらく球体でしょうから、オノゴロ島は、どこか特定の島のことではなくて、地球のことではないかとも言われています。

その地球を作るに際して、イザナキとイザナミは、ちゃんと明確な目的を持って作ったのだということが、日本書紀に書かれています。
それが「豈国無歟(あにくになけむや)」です。


20180326 イシキカイカク大学


一般に古文における「あに〜や」は、反語的表現とされ、ですから「あに、国無けむ、や」であれば、「国は無いだろうか、あるに違いない」という意味とされます。
従って直訳すれば、イザナキ、イザナミの二神は、「国は無いだろうか、あるに違いない」と語り合って、オノゴロ島を得たということになります。

それでも間違いではないのですが、問題は、この時代は古くからある大和言葉に、後から漢字を当てた、つまりはじめに大和言葉があって、その大和言葉の意図にできるだけ沿った漢字を当てて用いた時代であるという点です。
そうすると、単に「あに、国無けむ、や」ではなくて、豈国無歟と語り合ったのだと日本書紀は記述しています。

その「豈(あに)」という字は、これはもともとお神楽などで用いる「楽太鼓(がくたいこ)」を意味します。
楽太鼓というのは、据え置き型の太鼓のことで、この太鼓は、よろこびのとき、祝のとき、楽しいときに打ち鳴らす太鼓です。
だから「楽太鼓」という名前がついています。

20180508 豈国無歟


ということは「豈国」とは、「よろこびあふれる楽しい国」を意味しているとわかります。
つまりイザナキとイザナミの創生の二神は、「よろこびあふれる楽しい国を築くのだ」という明確な目的を持ってオノゴロ島を作ったと日本書紀は伝えているのです。

そしてその「よろこびあふれる楽しい国」を築くためにオノゴロ島(地球)をつくり、その地球に降臨して、「よろこびあふれる楽しい国」を築くために日本列島を生み(国生み)、列島内の様々な自然を生み、私たちの祖先となる神々を生んだのです。

日本はこうして生まれた国です。
つまり、私たちの国、日本は、そもそものはじめから、「よろこびあふれる楽しい国」であることを目的として、築かれた国です。
これは私が申し上げていることではありません。
日本書紀にそのように書いてあることです。

もしいまの国会議員の誰もが我が国である日本を「よろこびあふれる楽しい国」にしよう、あるいはしたい!と強く願って議員をし、また議論をしているなら、おそらく国政はまったくいまとは違ったものになるのではないかと思います。

そもそもほとんどの国民は、今日を、明日を、すこしでも「よろこびあふれる楽しい国」にしてもらいたいと願い、その希望を持ち、この人なら、と信じて投票をしているのだと思います。
そうであるのなら、国会議員の役割は、まさに我が国を「よろこびあふれる楽しい国」にしていくことにあるのであって、もりそばにするのか、かけうどんにするのかなどは、はっきりいってどうでも良いことです。

今回の本では、日本が天皇のシラス国であること、そもそも「よろこびあふれる楽しい国」を目指して国が築かれたこと、まさに私たちのご先祖は、そういう国を築くために努力を重ねてきたのです。

こうしたことをはっきりと本にしたためたのが、今月18日に出版される『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』です。

インターネットはかなりの普及をしたとはいえ、ネットのブログ記事が一日で10万件のアクセスをいただいたとしても、視聴率に換算したら、それは0.1%にすぎません。
つまりネット記事は、24時間かけて視聴率の低いテレビの評論番組の瞬間視聴率にさえ、遠く及ばないのが実情です。

それだけに、ネット以外のところでも、たいせつな日本の姿、日本の原点をすこしでも広げていかなければならない。
そういう問題意識から生まれたのが、この本です。
是非、周囲の方々にもお薦めいただければと思います。

普通に考えて、
神話の誕生は、磨製石器の誕生と時期を同じくするというのは、世界のいわば定説です。
その世界で磨製石器が登場したのが、いまからおよそ7千年前。
ところが日本では、磨製石器は3万年前に誕生しています。

もし、磨製石器の誕生と神話の誕生に相関関係があるのなら、私たちが持つ神話は、3万年の時を生き延びた大切なメッセージであるということになります。
そしてその日本人が霊力とか精霊とかを大切にしてきた民族であることは、これは縄文時代の土偶などが証明しています。

そして神話が何を訴えているのかといえば、
 愛すること
 働くこと
 奉仕すること
です。

いまはみんなお金のために働いています。
議員もお金のために、もりそばやかけうどんの議論をし続け、ついに議論さえもできなくなって、ゴールデンウイークには、なんと20連休を取る始末です。
国会は、1日1億の税がかかるにもかかわらずです。
こんなバカげた話はないと思います。

日本は「よろこびあふれる楽しい国」を築くために建国された国であるということを、具体的に紙にしたのは、おそらく『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』が初めてのことです。
是非、国会の皆様も、「よろこびあふれる楽しい国」のため、「よろこびあふれる楽しい日本」を築くために、前向きな仕事をしていただきたいと思います。


お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

▽最新刊・好評予約受付中▽
  

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~





この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク