アヤメ・ショウブ・カキツバタの見分け方を知ってみれば

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評予約受付中
20180501 表紙完成2のコピー

「いずれ文目(あやめ)か杜若(かきつばた)」というのは、区別しにくいもののたとえとしてよく使われる言葉です。
しかしほんのわずかなコツを掴むと、アヤメ、ショウブ、カキツバタは簡単に見分けることができます。
それは一見、識別しにくいわずかな違いのようですが、知ってしまえば、あまりにも明らかに違うものです。
そういうことは意外と世の中にあふれています。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

尾形光琳「燕子花図」
尾形光琳「燕子花図」


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
5月5日(土)18:30 百人一首塾 第26回
5月19日(土)18:30 第51回 新著出版記念 倭塾
6月9日(土)18:30 百人一首塾第27回
6月10日(日)13:30 チャンネルAJER 古事記に学ぶ日本型経営学/戦いの時を古事記に学ぶ
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


毎年この時期に掲載している記事です。
「いずれ文目(あやめ)か杜若(かきつばた)」
などといわれて、古来、見分けが付かないことの代名詞のように言われる「あやめ、しょうぶ、かきつばた」です。

上の図は有名な尾形光琳の「燕子花図(かきつばたず)」です。
カキツバタは「杜若(かきつばた)」とも書きます。
どうして上の図は「カキツバタ」と特定できるのでしょうか。

実は答えは非常に簡単です。
花をよく見ると、花の根元に白い模様があります。
これがカキツバタです。

かきつばた(燕子花、杜若)の白いマーク
かきつばたの白いマーク


ということで、冒頭の尾形光琳の絵は、花の根元が白なので、「かきつばた」と特定できるのです。


20180326 イシキカイカク大学


ショウブは、菖蒲とも書きますが、この花の根元の部分が黄色くなっています。
菖蒲は、花の根元に、はっきりした黄色いマークが付いています。

しょうぶ(菖蒲)の黄色いマーク
しょうぶの黄色いマーク


菖蒲(ショウブ)は、アヤメ、カキツバタの中では、いちばん大きい(背が高い)といった特徴もありますが、中には背の低いものもあって、なかなか花の高さでは見分けが付きません。
けれど、花の根元を見れば、一目瞭然です。

アヤメは、文目(あやめ)とも書きます。
どうして文目と書くかというと、花の根元があみ目模様になっているからです。

あやめ(文目)の編み目模様
文目の編み目模様


ちなみに「いずれあやめか、かきつばた」という言葉は、源頼政(みなもとのよりまさ)の故事に由来します。

源頼政には、第76代近衛天皇(このえてんのう)のご治世のとき、都に出た鵺(ぬえ)と呼ばれる妖怪を退治したという逸話があります。
鵺(ぬえ)というのは、猿顔で、胴体は狸に似て、手足には虎の爪があり、尾は蛇のような姿をしているという恐ろしい妖怪です。
近衛天皇は、この妖怪にお悩みになられ、武勇の誉れ高い源頼政に、その退治を命じました。

源頼政、鵺退治の図
源頼政、鵺退治の図


源頼政は、鵺を見事討ち果たし、鳥羽院(第74代天皇、後に上皇)から、褒美をいただきます。
その褒美というのが、天下に名高い美女の「あやめ御前」だったのですが、このとき鳥羽院は美女二人に、あやめ御前と同じ服、同じ化粧をさせ、三人の美女を源頼政の前に出して、
「どれが本物のあやめ御前か、
 見事当てたら御前を譲ろう」
と申されます。

ところが三人ともに美しい。
困った源頼政は、そこで即興で歌を詠みました。
それが、

 五月雨(さみだれ)に 沼の石垣 水こえて
 いずれかあやめ 引きぞわづらふ


ひらたく言ったら「あまりに美しくて感情がたかぶり、どの姫があやめ御前かわからず病になってしまいそうで」といった意味の即興歌です。
鳥羽院はこの当意即妙の頼政にいたく感激され、あやめ御前を頼政に下賜されたのだそうです。

このときの「いずれかあやめ」の句が、後に転じて「いずれあやめか、かきつばた」になりました。

ちなみに「あやめ」は、背丈はだいたい60cm以下で、あやめ、しょうぶ、かきつばたの中では、花も背丈も、いちばん小柄です。
小柄でも、その美しさは群を抜く。
また花の根元の編み目模様も、女性の複雑な心をあらわしているかのようだといわれています。

 ***

さて、いかがでしたでしょうか。
毎年掲載しているものですが、三つの花の見分け方は、花の中央部が「白いか黄色いか文目状か」と、たったそれだけのことです。
その見分け方を知らないと、三者の区別はつきません。
意外なことに、どことはいいませんが、市営の公園が、誰がどう見ても文目なのに「ショウブ」と表示してたこともありました。

知ってしまえば、なんてことはないことなのだけれど、知らないと、まったく区別がつかないし、わからない。
「シラス」という統治も、これと同じではないか、という気がします。
国家最高権力の上に、国家最高権威を置く。
その国家最高権威によって、民衆を「おほみたから」とする。
たったこれだけのことで、権力者と民衆の関係は、上下関係ではなくて、人として対等な関係に変わるのです。

けれども世界中で、これに気が付き、これを実施した国は、歴史を通じて、日本以外にはまったくありませんでした。
むしろ明治以降・・・というより、エリザベス女王以降、英国は日本の仕組をなんとかして模倣して、英国の権威となろうと努力を続けています。
ところが周囲はそれがわからない。
権力を持たないということは、開かれた王室となって、日常生活をオープンにすることと、はき違えをしています。
そのようなことをしたら、むしろ権威が損なわれることになりかねないのだけれど、そこがわからない。
英国メディアは、そこがわからないまま、パパラッチを繰り返しています。

知ることで世界の見方が変わります。
そして一度、その見方が変わると、世界は全然別なものに映ります。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

▽最新刊・好評予約受付中▽
  

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク