以和為貴にある本当の意味とは

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

私達は簡単に決めつけるのではなく、もっと先人たちに敬意をもって接するべきだと思います。
先人たちよりも現代人の方が「すすんでいる」と思うのは、それこそ傲慢というべきです。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180607 聖徳太子
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
6月9日(土)18:30 百人一首塾第27回
6月10日(日)13:30 チャンネルAJER 古事記に学ぶ日本型経営学/戦いの時を古事記に学ぶ
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


「以和為貴(和を以(も)って貴(たっと)しとなす)」といえば聖徳太子の十七条憲法の第一条にある有名な言葉です。
たいていの日本人なら、この言葉は一度は目にしたことがあるし、何の疑いもなく「みんな仲良くしようね」といった意味くらいに思っています。

ところが日本語は奥が深い。
十七条憲法が紹介されているのは日本書紀ですが、日本書紀は漢文で書かれてはいるものの、これを読むときにはChina式に「イーホレイクィ(yǐ hé weí guì)」と音読みするのではなくて、和語で「わをもってたっとしとなす」と読み下すのが、古来からの慣例です。
つまりもともと日本語での意味があり、それを漢字を利用して書いているわけです。

では、漢字での意味はどのような意味になるのでしょうか。
 和 稔った稲穂を口に入れる、ひとつ釜の飯を食う
 以 農具のスキ(鋤)の象形で、そこから「用いる」意味になる。
 為 象を飼いならす象形から、実施することを意味する
 貴 貨幣を手で覆う象形で、豊かさをもたらす

そこから要約すれば漢語で読んだ「以和為貴」は、
「農業を用いて、ひとつ釜の飯を食い、豊かさを実現する」
という意味になります。
語感的には、いま多くの人がこの言葉について感じる意味とほぼ同じであろうと思います。

では、大和言葉ではどのような意味になるのでしょうか。


ねずさんの最新刊!


20180612 イシキカイカク大学


「わ」は、漢字にすれば「和・倭・輪・話・環・羽・把」となった字で、人の和や輪が、会話によって成立し、それによって人は羽ばたくことができること、あるいはみんな同じ(一緒)である(把)などの意味を持ちます。
つまり身分の上下の区別なく、たがいに心をひとつにして、仲睦(むつ)まじく、何事も話し合って決めるのが「わ」です。

「たっとぶ」は、旧仮名遣いでは「たつとふ」です。
古語で「たふ」は「答え」を、「とふ」は「問ふ」を意味します。
つまり大和言葉での「たふとふ」は、問に答えることです。

この両者を結合すれば、上下心をひとつにして何事も話し合って問に答える、つまりそのまま五箇条の御誓文にある、
「上下心をひとつにして盛んに経綸を行うべし」
と同じ意味になることがわかります。

つまり「以和為貴(わをもちてたつとふとなす)」は、単にナカヨクしましょうね、という意味だけではなく、「上下心をひとつにして、何事も話し合って決めよう」
という大和言葉の意味に、
「農業を用いて、ひとつ釜の飯を食い、豊かさを実現していこう」
という漢語の意味を重ねていることがわかります。

そしてこの両者を重ねれば、
「国民みんなが、
 農業を通じてひとつ釜の飯を食い、
 何事も話し合いを通じて諸問題を解決することで、
 みんなで豊かな国を実現していこう」
という語感を持つ言葉であるとわかります。

つまり、日本語を漢字で書き、書かれた漢文を日本語で読み下すということは、そこに漢文としての意味と、もともとの大和言葉の意味と、二つが重ねられていることを意味します。
この二つをてがかりにして、私達は、失われた日本の古代の文化を再現することができるわけです。

科学というものが、再現性を重んずるなら、文学においても、その再現をまずはキチンと行うことが先決ではないかと思います。
「以和為貴」を、「たっとし」と読むのか、「とうとし」と読むのかと不毛な議論を繰り返したり、あるいは記紀不要論や、聖徳太子不在論に走ったりするのは、まさに曲学阿世の徒の行う、次元の低い、すくなくとも科学する心を失った、きわめて幼稚な言説といえます。

さらにいえば日本書紀は、その冒頭に次のように書いています。
 至貴曰尊、自余曰命、
 並訓美舉等也。下皆效此。

これで、
「至(いた)りて貴(たふと)きを尊(みこと)と曰(い)ふ。
 自余(これよりあまり)をば命と並(かひ)て訓(よみ)を美舉等(みこと)と曰(い)ふ。
 下皆(しもみな)此(これ)に效(なら)ふ。」
と読み下します。

つまり「尊>貴>命」の順であると冒頭に述べて、以下はすべてそれにならうとしているのです。
したがって「以和為貴」は臣民の間についていうことであって、神々や天皇は「尊」であって、「以和為貴」のうちには入らない。
臣民よりもはるか高位にある、ということも、このわずか四字から知ることができます。

私達は簡単に決めつけるのではなく、もっと先人たちに敬意をもって接するべきだと思います。
先人たちよりも現代人の方が「すすんでいる」と思うのは、それこそ傲慢というべきです。

◯参考
ねずさんのひとりごと いまあらためて十七条憲法を読む
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2377.html
日本書紀に書かれた最初の三神のお話 <日本書紀1-1>
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3576.html

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

▽最新刊・好評予約受付中▽
  

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

-

四天王寺
更新ありがとうございます。
四天王寺によくお参りに行くのですが、日本最初の官寺という格式の高いお寺ですが、敷居が高くなく自由に参詣できるのが有り難いです。聖徳太子様の遺徳を想い感謝する参詣者が多いので清らかな静穏が保たれています。
初めて知ったのですが、聖徳太子様は、争って敗れた物部守屋の家来を多数雇って、四天王寺の官職に就かせたそうです。 聖徳太子は、大和心の体現者の御一人である事は間違いありません。

ぜんこう様へ

悲しみを
私も最近、五箇条のご誓文と十七条の憲法を何度も読み返しています。

私にとってはとても素晴らしいものであります。
この上記の2つを皆が精読すれば、メディアが流す情報がどのようモノかすぐに理解出来るのではと感じます。
また、生活の中でもとても重要な人の道を表していると、改めて自身の身を正すきっかけとなりました。


残念ながら、学校で詳しく習う事はありませんでした。また恥ずかしながら、ごく最近まで私自身それらの内容を理解しようとしていませんでした。

思えば我々日本人は、民主主義の国家の中にいながら、民主主義なるものをよく知らずに過ごしているのでは無いでしょか。私も多数決を行うぐらいにしかとらえていませんでした。

愚衆やデマゴーグ、古代ギリシャのクレオン。何一つも私は教育の場で知り得る事は出来ませんでした。その上、かたや独裁は絶対的な悪と植えつけられています。

民主主義の国でありながら、民主主義を徹底的に教えない国。そして、現在社会・メディア等の疑わしさを見極める知恵である、ご誓文と十七の憲法を教えない国。
ことごとくその耐え難き悲しみが胸に湧き上がっております

にっぽんじん

委員長の本音
米朝会談に対して、「成功」「失敗」と様々な意見が飛び交っています。
真実は「トランプ大統領と金委員長」のみが知っています。

会談後の共同宣言は表面的なことであって、重要なことは「41分間の二人だけの会話」です。

誰もが予想できなかった結論になるかも知れません。
楽しみです。

今やるべきことは「国連制裁徹底の継続」と「核より先に弾道ミサイル放棄の要求」です。

核を運ぶ手段がなければ核は無意味になります。
時間が経てば経つほど北朝鮮は苦しくなります。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

*引用・転載について

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク