日本人にとっての日本とは

◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中

新作動画『江戸の天才数学者 関孝和』


クニに住む人達みんなが、より豊かに安全に安心して暮らしていくことができるように、自分なりにできることを一生懸命になって生きていく。
そうすることで、より良い未来を、子供たちに、あるいは孫たちに遺していく。
その孫たちのためにも、決して悪いことはしない。
他人が見ていなくても、神様は、常に見ていらっしゃる。
ついこの前までの日本人は、誰もが普通にそういう心を共有してきました。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180609 家族
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
6月30日(土)13:30 倭塾・東京 第52回
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月11日(日)14:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)


特亜国は別として、その他の外国からも毎年たくさんの外国人が日本にやってきます。
彼らがどうして日本にやってきたのかと問うと、一様に、
「日本人を観に来た」
と答えるのだそうです。

世界の大国を相手に戦って世界の植民地支配を終わらせたと思ったら、敗戦国で焼け野原になったはずなのに、みるみるうちに復興させ、終戦からわずか19年後には東京オリンピックを開催するほどの国になり、すごいなと思っていたら、今度は世界の経済大国にまで上り、あまりに経済力が強いので様々な制約を課して日本の力を削ぐように持っていったら、いつの間にか日本アニメなどのソフト分野で、世界中に大きな影響を与えている。
その日本人は、度重なる大震災でもまったく暴動を起こすことなく人々が整然と行動し、気がつけば日本の安倍総理は、世界の政治を牽引する偉大な指導者になっている。(安倍総理を嫌う人もいるかもしれませんが、現実の世界の評価はそういう評価であり、それはとても良いことです。)

いったい、日本は、どうなっているのか。
日本人というのは、どのような民族なのか。

本で読んでもわからない。
自国にやってくる日本人に聞いても、まったくわかっていない。
それなら、自分で日本に行って、自分の目と耳と肌で日本を見てくるしかない・・・というのが、来日の動機なのだそうです。


ねずさんの最新刊!


20180612 イシキカイカク大学


この中で、「自国にやってくる日本人に聞いても、まったくわかっていない」ということは、実は本当に恥ずかしいことで、自己肥大になって「オレたちの国はこんなに素晴らしいのだ」と、どこかの国の人のようにパクリまでして宣伝する必要はさらさらありませんが、ただ、日本とは、日本人とは、と聞かれたときに、ある程度は、話せるようにしておかないと、特に、一定の地位のある人や、元貴族だった家柄を持つような人たちとのお付き合いができません。

では、日本の力とは、いったい何でしょうか。
それはどこから来ているのでしょうか。

私は聞かれたときは、
「数学の最小公倍数と最大公約数です」
と、簡単に答えることにしています。

覚えておいでの方も多いと思いますが、
最小公倍数(L.C.M.=Least Common Multiple)は、たとえば6の倍数と9の倍数をそれぞれ書き出していって、どちらにも登場する一番小さい数(答え=18)のことです。
最大公約数(G.C.M. =Greatest Common Measure)は、18と24の最大公約数は6といったように、2つ以上の正の整数に共通な約数のうち最大のものをいいます。

世界中の多くの国や民族では、権力者が自分の脳みその範疇ですべての部下や民衆を支配しようとします。
そして権力者が部下や民衆の理解を得るためには、常に誰もが理解できる範囲、つまり最大公約数での支配しかできません。
つまり権力者の能力の範囲内までしか、集団が力を発揮することができません。
なぜなら、そこから逸脱した者は、上司に逆らう者として排除の対象となるからです。

仮に権力者であるボスに12の力があり、部下に18の力を持っている人や24の力を持っている人がいたとしても、組織としては、あるいは集団としては6の力しか発揮できなくなったりします。
つまり、最大公約数(G.C.M.)になってしまうのです。

ところが日本は、権力よりも上位の天皇という国家最高権威によって、民衆は「おほみたから」とされています。
このことによって権力者も民衆も、人として対等な関係になります。
そして権力者は、民衆の豊かで安心して安全に暮らすことができることについての責任を持つ立場となります。
社会の基本的な仕組みがそうであることによって、日本型組織は最小公倍数(L.C.M.)型組織となります。

ですから先程の例でいえば、12と18と24の最小公倍数は72です。
つまりみんなで力を合わせることによって、日本人は、ひとりの力は能力ではとても到達できない高みを実現しようとするのです。

もちろん、公約数型国家にも良い所はあります。
それは、権力者であるボスが富を独り占めできることです。
ボスは、ヒト・モノ・カネを自在に操り、自己の目的を達成しようとします。
中にはどこかの国のように、国中から若い美女を集めてきて、スパイになって相手国の政府高官の夜の相手をすればあらゆる贅沢を、しないというならその女性たちの目の前で処刑(死刑)にする姿を見せる、などということも、極端なケースでは起こってしまうわけです。
ただしそれによって、富を得るのは、ボスとその周辺にいる限られた人達だけです。
他の圧倒的多数の人々は、ただ収奪されるだけの存在になってしまいます。

一方、公倍数型国家では、富を誰かが独占できるということはありません。
みんなが必死で、自己の能力の限りをつくして、みんなのために働きます。
誰も遊んで暮らすことができない。
みんなが必死に努力を重ね、その努力を(多くの場合)助けてくれる人さえもいません。
何もかも、自分で努力して頑張らなければならない。
それはとってもたいへんなことだけれど、どんなに貧乏しても、自分で決めたこと、やりたいことをするのです。

昔、まだマンガが認知されていなかった頃、漫画家のちばてつやさんや石ノ森章太郎さん、藤子不二雄さんや松本零士さんなどが小さな下宿屋で貧乏な暮らしをしながら、必死でマンガを書いていました。
毎日インスタントラーメンしかすすれないような生活だったけれど、そこには夢がいっぱい詰まっていて、当時の彼らの夢が、いまや世界のマンガブーム、アニメブームとなって育っています。

全国に江戸時代のから続く日本の伝統工芸品があります。
広島の熊野筆、佐賀の伊万里焼、高知の土佐和紙、沖縄の紅型(びんがた)、鹿児島の薩摩切子、熊本の肥後象嵌(ひごぞうがん)、秋田の大館曲げわっぱ、茨木栃木の結城紬、宮城のこけし、岩手の南部鉄器、大阪の堺の刃物、石川の輪島塗など、それらは枚挙に暇がありません。
ところがこの伝統工芸品、おもしろいことに王侯貴族のために作られ続けたものが、ひとつもないのです。
どれもすべてが、庶民が作り、庶民が生活に使い、生活にうるおいを与え、日々を楽しく過ごすためのものとして作られ続け、伝わってきたものです。

日本の神話では、神々は、神々の国も、地上の人の世界も、それらすべては「よろこびあふれる楽しいクニ」にしたいという目的をもって作られたのだと書かれています。
それは、一部の王侯貴族だけが毎日を「よろこびあふれる楽しいクニ」にするのではなく、誰もがみんな「よろこびあふれる楽しい国クニ」となることです。

ここでいう「クニ」とは、いわゆる近代国家(Modern state)のことではありません。
我が国では、1万年以上も続いた縄文時代に、まず家族が暮らすイエがあり、イエの周りには親族が暮らすムラがあり、ムラの周りには食べ物をもたらしてくれるハラがあり、ハラの向こうにはヤマがあり、そのヤマの向こうには、姉が嫁いだ親戚のムラがある。
その血縁関係のあるムラとムラの集合体が、クニです。

国境の内側の国ではなくて、血縁で結ばれた同胞の住む社会全体がクニです。
これは英語の血縁国家(Relatives nation)とも少し違い、万年の単位でつながる血縁です。
一組のカップルから、およそ700年で1億2千万人の人口が誕生します。
万年の単位で考えるとき、おそらく世界中の人々は、みんな親戚です。
ですから私達日本人にとってのクニは、郷土(クニ)のことであり、国家(クニ)のことであり、地球(クニ)のことでもあるのです。

そのクニに住む人達みんなが、より豊かに安全に安心して暮らしていくことができるように、自分なりにできることを一生懸命になって生きていく。
そうすることで、より良い未来を、子供たちに、あるいは孫たちに遺していく。
その孫たちのためにも、決して悪いことはしない。
他人が見ていなくても、神様は、常に見ていらっしゃる。

それが日本人のものごとの考え方の基本です。
すくなくとも、ついこの前までの日本人は、誰もが普通にそういう心を共有してきました。
そしてそのことは、おそらく人類普遍の、たいせつなことのひとつなのではないかと思うのです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

▽最新刊・好評予約受付中▽
  

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

はっち

No title
いつも更新ありがとう御座います。

最小公倍数と最大公倍数のお話。
とても面白く感じました。
私の理解が追いついていないかも知れませんが、
以下、感じた事を、拙いながら書いてみたいと思います。

昔、「歯には歯を、目には目を!」という教えは、
「やられたらやりかえせ!ではないよ」との説を読みました。
激昂し易い彼の地の人々に対し、偉い人(か、神様)が、
「そこまでにしておけよ」と諌めた、ものの喩えであると。

お釈迦様は、何万通りの説法をしたとか・・。
「嘘も方便」なんて言葉もありますが、
聞く人も様々。それぞれの人に分かり易いよう、臨機応変に
「喩え話」を駆使していらしたのかな?と思案しております。

それぞれの人が「オレが教わったのが本物で、他はウソだ」
等と、つまらぬ事を言わず、真摯にその道を歩めば、
ああ私も本当で、彼の道も正しい。どれも山頂に辿り着く為の
ルートの一つなのだ。と理解出来るのだと、思いたいのです。

宗教なんてなければ良いのに。と子供の頃思いました。
争いのモトになっているなんて、厄介です。
でも先ほど引用しました「目には目を」を、これだって
愛の形である、と解釈出来たなら・・。

それぞれの信じる事。その共通項を探すことで
世界が愉快になるように感じたのです。
だいたいにおいて、偉い人(か、神様)の言いたい事が、
そんなに下世話なはずないだろう?と、
これまた若い頃、思ったものです。

でもそれって、私が日本人だからかなぁ?

言葉そのものではなくて、含んでいる事を察して、
その先にあるもの・・愛とか道とか悟りとか、みんなで感じて
悦びとして共有できればいいなぁ と思っていたのでした。
その一歩を踏み出すのが「最小公倍数」的な考えでしょうか?

対して、
単に「それぞれの共通項を探す」だけですと、
「ヘイ、俺の教えはサツジンはダメだ。お前もか?」
「OK、ぢゃぁサツジンはお互いナシな。処罰は××だ」
「あ、あと盗みもダメなのは共通するか? そうか」
なんて感じですと、、
なにかギスギスして了見が狭い気が致します。
無法地帯に比べれば、決して悪くはないのですけれど・・。
こういうのが「最大公約数」的な思考なのかな?
などと感じました。

まとまりなく、長くなりスミマセン。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク