氏神(うじがみ)様と氏子(うじこ)さんのお話

動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

戦後、地縁社会が薄れてしまい、近年では趣味や思想的傾向などを中心としてコミュニティ社会になりつつあるといいますが、日本は天然の災害が多い国です。
いざというときに助け合いをして頼りになるのは、やはり地元のご近所さんたちです。
災害は、日本全国いつ襲ってくるのかわからないのですから、日本全体をひとつの大きな家族、おおきな地縁コミュニティと考え、いまいちど、住んでいる土地の地元のコミュニティを見直していきたいものです。


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20180712 三社祭
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
7月14日(土)18:00 倭塾・東京 第53回
7月28日(土)18:00 百人一首塾 第28回
8月15日(水)ねずさんと靖国昇殿参拝
8月26日(日)14:00 チャンネルAJER主催・誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
8月10日(金)19:00 倭塾・関西 第一回 (IK歴史勉強会 十七条憲法と創生の神々)
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


「おみこし」について書いてみたいと思います。
「おみこし」には、大きく別けると二つの種類があります。
ひとつが「神輿(みこし・しんよ)」、もうひとつが「御輿(みこし)」です。
前者が神社系、後者が仏教のお寺系です。

「輿(こし)」は、貴人が乗って人々が持ち上げて運ぶ乗り物のことで、屋根の頭頂部に鳳凰(ほうおう)の付いたものは、特に鳳輦(ほうれん)と呼ばれて、天皇の座乗するものとされていました。

我が国において天皇は天照大御神以来の直系の血族であり、神のお血筋=神にもっとも近い存在であり、そこから神社におわしたり、天上界におわす神様の御神霊にご座乗いただき、町内を移動したり、御旅行される際の輿も、頭部に鳳凰が付けられるようになりました。

神様にご座乗いただいて運ぶ輿だから、特別な輿だということで、これを特に「神輿(みこし)」と呼ぶようになったわけです。
我が国の仏教界ではこれを模倣して、神社の神輿とは別に「御輿(みこし)」と呼びならわすようになりました。

輿は、もともと人が担いだり、手で下げたりして持ち上げて運ぶ乗り物だったのですが、車を付けて引くタイプのものも生まれ、これが屋台と呼ばれて、祇園祭やダンジリ祭り、浜松まつりなどでも用いられるようになりましたが、意味は神輿と同じです。


ねずさんの新刊


また運び方も、静々と運ぶ方法もあれば、暴れ神輿のように、担ぎ手が激しくゆすって運ぶものもあります。
激しく揺するのは神様にあえてお願いして五穀豊穣を祈るためのものなどといわれています。

神輿が文献上に初めて登場するのは、九州の宇佐八幡宮の『八幡宇佐宮御託宣集』で、百人一首でも有名な大伴旅人が征隼人持節大将軍となって薩摩大隅の隼人の反乱の鎮圧に赴いた際に、朝廷が豊前の国司の宇努首男人(うぬのおびとをひと)に命じて八幡神がご座乗される神輿を作らせたという記述があります。
奈良時代の元正天皇の治世、養老4年(720)のことです。

実際の神輿の歴史は、実は、それよりもさらにもっと古くて、もともとは稲作が始まるよりも前の時代から続くものといわれています。
人々は農耕をするようになってから、いわゆる定住生活をするようになるのですが、定住しているから特定の場所に神様にお鎮(しず)まりいただくための神様のお社(やしろ)としての神社が生まれるわけです。

ではそれ以前の、狩猟採集生活の時代にはどうだったかというと、人々は獲物を求めて移動生活を行っていたわけですから、収穫祭のお祝いや、何らかの御神託をいただきたいなどの必要なときに、祭壇を作ってそこに神様に降りてきていただいていたわけです。

ところが稲作などの農耕が始まると、定住する期間がそれまでとは比べ物にならないくらい長くなります。
するとムラに神様に常駐していただくための祭壇、つまり神様のお社(やしろ)ができあがる。
そのお社は、食料を求めてムラが移動するときには、当然のことながら祭壇の神様にもご一緒に移動していただくことになるわけです。

このときに作られていたのが、まさに神輿で、神様を大切に輿に乗せて、移動していただいた、というわけです。
我が国の稲作は、約6400年前の縄文時代前期のものが岡山県岡山市の朝寝鼻貝塚から見つかっています。
ということは、半農半採の時代、つまり狩猟採集生活から農耕中心の社会へと移行したのは、およそ6千年前頃のことになる、ということです。

整理すると、
 狩猟採集時代= 必要なときに祭壇に神様に降りてきていただく。
祭壇は、必要なときに作る。
 半農半採時代= 固定的な祭壇ができあがる。
ムラが移住するとき、神様には神輿でご一緒に移動していただく。
 農耕時代  = 神社が土地に固定される。
神輿で祝い事をする→お祭り。
ということになります。
つまり、神輿の歴史は半農半採時代に遡るわけで、それはおよそ6千年以上もの昔ということになるわけです。

従って、現代において、祭りで神輿を担ぐという風習が、いつ始まったのか、そもそも最初に行われたのはどこなのかなどを知ることはできません。
知ることができないほど何千年もの古い昔から行われている、としかいいようがないのです。
日本は、それだけ歴史の古いクニである、ということです。

その神輿は、氏子(うじこ)さんたちが担ぎ手になります。
「氏(うじ)」というのは、祖先を同じくする同族集団のことです。
ある男女が特定の土地に土着して子をもうけ、その子が孫を生んでと、だんだんに一族の人数が増えて行くと、数百から数千人の規模のムラができあがります。
ムラは、もともと一組のカップルから誕生しているわけですから、そのムラの名前が、仮に江戸さんであれば、そのムラに住む一族は、江戸という氏(うじ)を持った氏族(しぞく)となります。
つまり「江戸氏」です。

ところが、ムラに住む数百の人々の名字が全員江戸しかないということになると、個人の識別がやっかいです。
そこでたとえば、江戸ムラの北側に住んでいる家族を北さん、南側に住んでいる一家を南さんなどと、個々のイエ毎に名字(姓)を付けます。
これによって、江戸ムラ(氏族)に住んでいる、北さん(姓)のイエの太郎ちゃん、というように識別が容易になるわけです。
こうして生まれたのが、姓です

氏族の長のことを「氏上(うじのかみ)」と言います。
構成員となるムラ人が「氏人(うじひと)」です。
そしてムラの御祭神が「氏神(うじがみ)」です。
氏神からみたら、氏上も氏人も等しく我が子ですから、これを「氏子(うじこ)」と言います。

氏神様の乗り物である神輿(みこし)ですから、氏子さんたちが神輿を担ぎます。
こうして、我が国のお祭りは、いつの時代に始まったかわからないほど古い時代から、ずっと継承され続けてきました。

戦後、地縁社会が薄れてしまい、近年では趣味や思想的傾向などを中心としてコミュニティ社会になりつつあるといいますが、日本は天然の災害が多い国です。
いざというときに助け合いをして頼りになるのは、やはり地元のご近所さんたちです。
災害は、日本全国いつ襲ってくるのかわからないのですから、日本全体をひとつの大きな家族、おおきな地縁コミュニティと考え、いまいちど、住んでいる土地の地元のコミュニティを見直していきたいものです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク