泥棒してひらきなおる中国、こんな国となぜつきあう?



記事を3つ紹介します。

最初の記事は、中国が建設中の北京・上海間高速鉄道の車両建造にあたり、中国が新幹線の技術を盗んだというもの。英経済紙フィナンシャルタイムズ誌が報じた。
下の写真を見てもらえばわかりますが、明らかに新幹線の模倣です。
chinasinkansen

この件について、中国の王報道官は、中国の鉄道技術は国際企業と中国企業が協力して発展させた『中国ブランド』であると明言。現行の高速鉄道の技術及びその知的所有権はすべて中国企業に属していると主張しています。
まぁ、写真をみただけでも、明らかに新幹線の盗作はあきらかでしょう。
■関連記事=盗まれた新幹線の技術?!「高まるチャイナリスク」報道に反論―中国政府 提供:Record China
http://news.livedoor.com/article/detail/3971567/

次の記事は、アメリカにいる中国人の科学者が中国がロケット技術を盗んだ容疑を認めたという記事。
容疑者の舒博士は物理学の専門家で、1980年代半ばに渡米。ワシントン大学で研究に従事し、米国籍も取得。98年には愛瑪科国際有限公司を設立。液体燃料の開発技術が高く評価されてきた。

ところが舒容疑者は、2003年から07年にかけて、仏企業を迂回し中国官僚に贈賄、水素液化技術を違法に輸出し、38万6000ドル(約3730万円)の利益を得ていた容疑で逮捕されています。最高で25年の懲役刑及び罰金250万ドル(約2億4200万円)の刑罰を科される可能性とか。
chinaroket

ところがこうした事実に対し、中国の外交部は、中国が米宇宙ロケット技術を盗んだ事実はないと否定。
環球時報も、米メディアが近年、中国のスパイ活動について盛んに取り上げているが、多くは全くのデマであったと批判しています。
■関連記事=中国がロケット技術を盗んだ。華人科学者が容疑認める―米通信社
http://www.recordchina.co.jp/group/g25996.html

もひとつ・・・
ドイツのデア・シュピーゲル誌が、昨年8月に発売した07年第35巻で「ドイツ在住の中国人学者および学生の多くは、ドイツの先端技術を盗みにやって来たスパイだ」とする記事を掲載したことに、ドイツ在住の中国人学者および学生で組織する「中国在ドイツ学者学生団体連合会」が反発。

同連合会は昨年11月、ハンブルグの本社前で抗議行動を展開し、撤回および謝罪を求めたが失敗。これを受けて、直ちにハンブルグ上級地方裁判所に訴えを起こしたが、こちらも棄却。司法当局(Justizbehörde)と総括検察庁(Generalstaatsanwaltschaft)にそれぞれ訴えていたが、こちらも棄却(笑)

するとこの連合会、こんどは「ドイツの司法制度は不公平だ」、「報道の自由を謳いながら、実は「反中」を煽っているだけだ」と批判を展開しているとか。
■関連記事=中国系学者らの雑誌「侮辱報道」提訴、最高裁までもつれる―ドイツ
http://www.recordchina.co.jp/group/g24852.html

上の2つの記事は、国際的に明らかとなった“中国人が他国の技術を盗んだという事実”に対し、中国政府が、事実無根とこれを強く否定した、というものです。

中国は、なんといっても人口の多い国ですし、いろいろなことが起こる。技術を盗むなんて犯罪も、確率的には起こり得るものにすぎない・・・そういう意見をいう日本人もいます。

しかしね、幹線鉄道や、ロケット技術となると、これはいち個人のスパイ活動とか、確率論の問題ではない。国家規模の謀略だ。
盗んだのは特定の個人であったとしても、それを受け入れ、国家的事業として採用したとなると、そこには国家としての意思があったといわれても仕方がない。そう思います。

実際、そうしたスパイ活動の容疑を、中国政府が頭から否定する。
他国の技術を盗んだことを、政府が正当化し、さらに盗まれた側、被害者側を糾弾してはばからない。これは傍若無人です。非道です。悪業です。

おそらく中国人の中にもそうした非道に対して眉をひそめる人たちが数多くいるものと思います。みんながみんな悪というわけではない。

しかし、中華人民共和国という国が、法治国家でなく、人民の生命や財産は中国共産党幹部のためにあると言ってはばからない『人治主義国家』である以上、こうした事件は枚挙にいとまがなく、今後も何度でも発生する問題です。

要するに『人治主義』というのは、ワイロさえつかませれば、何をやっても許される国ということです。技術を盗もうが、悪事を働こうが、多額のワイロを治めることができれば、すべて正当化されてしまう。
これでは市民が安心して暮らすなんてことはできないし、いつまでたっても信用なんてものは生まれない。

実際、経済開放政策前の中国は、15億の人民の総生産高よりも、台湾一国の生産高の方がうわまわっていた。
そしてその台湾の経済成長を支えたのが、戦前の日本統治による法治主義であり、庶民を第一にするという国民的意思です。

いま、東アジア共同体論という日中韓3国の共同体を作ろうという動きが加速しているといいます。
しかし、中国や韓国が、日本と同じ法治国家となり、日本の文化を取り入れ、庶民を第一にすること、約束は守ること、信義や恩を忘れないことといった、我々日本人からしたらあたりまえの文化を取り入れでもしない限り、その「共同体」論は、危険極まりない。
まして、日本は悪い国だ、というところに政治が立脚し、そのくせ日本人が、日本の庶民が必死で学び、育んだ日本の技術を、ただ奪おうとしているだけの国家に、どうして日本がいいなりになり、詫びを入れ、頭をさげてお付き合い願わなければならないのか。

なるほど日本は中国から大量の食を輸入しています。
しかし、どうせ日本人が食べるのだからと、有害物質を混入した食い物を買わされ、明らかな証拠に基づいて文句を言っても、いい加減にごまかされ、いっこうに改めようとしない。のみならず、まるで日本がナンクセをつけてきたかの如く言われる。
そしてそうした事件があると、必ず起こるのが、同様の毒物混入が、日本企業の製品でも発見されたという報道です。

ちなみに、日本から中国に、大量の使用済み携帯電話が、廃棄物として輸出されています。この携帯電話、中国で動体装置識別番号を加工され、パキスタンなどに大量に輸出。その携帯電話は、数百台が一つの識別番号を共有しているため、ある1台を使用停止処分にすると、数百台から数千台が使えなくなる。
この中国産携帯電話、そもそもが日本製で性能がよく、しかも数百台が一つの識別番号を共有していることから、携帯電話の位置特定や盗聴が困難なので、テロリストたちに大人気となっているとか。

こういう中国という国と、日本は、どう付き合うのか。
安易に中国万歳、中国のおっしゃることはごもっともと、迎合することが、ほんとうに日本人のためになるのか。政府は、もうすこし、凛とした対応をとってもらいたいものです。

ねずきち的には、むしろ中国の現政権が崩壊し、中国が日本型の体制に習うほうが、よほど中国人の多くの庶民のために、ひいては世界の平和のために良いことなのではないかと思うのですが。

中国の恐怖政治part1


中国の恐怖政治part2


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

>A子さんコメントありがとうございます。
(⌒▽⌒)アハハ! 論点分散、すんません^^;
だいたいいつも、ブログには1時間程度で、記事とコメントへのお返しを書いているのですが、毎日のことなので、ついつい手抜きが・・・・w
やっぱ、バレマスヨネ~ヾ(;´▽`A``アセアセ

ところで、やっぱね、日本の新幹線技術。それって単にJR東日本の特定労組だけが開発し、運用しているものではなく、さまざまな企業や、その従業員、開発者たちの、ほんとうにねずの努力の結晶だと思うんですよね。
それが、単に、いちサヨク勢力の手によって、丸裸で中国に技術提供される。
これでほんとうにいいんだろうか?って思っちゃいます。

日本の新幹線は、これまでまったく事故を起こしてこなかった。
安全のために、ほんとうにみんなが努力したからです。

ここからは単なる想像なのですけれど、
もし、中国のこの模造新幹線が、転覆などの重大事故を起こし、死傷者が出たら、いったい何が起こるんでしょうね? 

中国は、日本が中途半端な技術提供をしたせいだ。日本の陰謀によって中国人が殺されたのだとか言いそうに思うのですけど?

>うわばみさんコメントありがとうございます。
(⌒▽⌒)アハハ! コダクロームですか(笑)
(寒)民族ってのも面白いですね^^

そういえば、中国に旅行に行った奴が、中国製のバイアグラが良かったからと、次に中国に行ったときに、女性用の姫アグラとかいうのを買ってきたんですわ。
楽しい一夜を期待したらしいんですけどね、彼女にこっそり飲ませたら、彼女気もちが悪いとゲーゲーはじまっちゃって、寝込んじゃったとか(爆)

ご紹介の記事、拝見しました。
こうしてみると、日本て、すごい国ですね~~^^

A子

新幹線、補足
 ネット上でいくつか、関連記事を当たってみましたが、 問題とされているのは中国が外国から導入した高速鉄道技術を、 自前のものとして列車を制作、 他国へ輸出する動きへの警告で、 それは約束違反ではないかということのようですわね。

 すでに書きました通り、 日本もドイツも完成車両数編成を中国に輸出しており、 それから数編成は輸出部品の現地組み立て(ノックダウン)、その後は (ライセンスがどうなってるのか知りませんが) 中国による生産を認めているようです。

 JR東海とJR東日本の話にも触れましたが、 前者が政府中枢と関係が深く、 技術流出も嫌うのに対し、 後者は動労が健在で、 過激派とのつながりがあり、 いまだに三里塚闘争に人を送って成田空港の拡張に反対したりしておりますのよ。
 かつての動労から分かれた、 少々アナクロな「国鉄千葉動力者労働組合」が正式名称の組合が存在していて、 民営化以後も繰り返されている順法闘争やストライキは、名物でさえありますことよ。
 JR各社の中では、 中国との結びつきも強いかも知れませんわねえ。

うわばみふかお

追記
寝る前に、オモロイん見つけたから送っておきます
おやすみなさい。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=109884&servcode=100§code=120

A子

新幹線
 今回はねずきちさん、論点が少々分散してるのではないかと思います。
 技術スパイの問題や知的所有権、法治(人治)主義など…。

 アップされた高速鉄道の写真は中国CRH3型の車両ではございませんか。
 これはドイツ・シーメンス社が技術供与したものでICE3タイプの車両が原型のはずです。
 日本はJR東日本が契約、川崎重工が新幹線E2型をもとにしたCRH2型を納入しておりますが、ノーズの形状や塗装が少し違いますわ。

 問題は輸出や技術供与にあたって、中国が「ブラックボックスなし」の条件をつけたことです。
 これは全ての技術をオープンにするということで、ある意味、最初から「盗まれる」ものは何もないわけです。
 一方、日本の新幹線技術というのは、車両はもちろんのこと、軌道やその保守管理、列車の集中制御までセットの技術で、本来、車両だけの輸出はおかしいんですのよ。

 JR東海は「セットでない輸出には責任を持てない」こと、及び、技術の拡散を嫌がって、身を引いたのですがね。それをJR東日本が契約した。
 JR東日本の政治的立場が分かるようなお話ではございますが……。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク