小町園の悲劇



動画で學ぶ◇倭塾・百人一首塾動画配信サービス
週一の特別講座◇ねずさんのメールマガジン
◇最新刊『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』好評発売中
20180501 表紙完成2のコピー

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

今日のお話は「18禁」です。
「小町園の悲劇」は、この時期に毎年掲載しています。
今回が9度目の掲載になります。
これからも毎年掲載します。


大森海岸
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています)


【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
8月26日(日)14:00 チャンネルAJER主催・誰も言わないねずさんの世界一誇れる国日本
9月15日(土)18:30 百人一首塾 第29回
9月23日(日)13:30 第54回 倭塾・東京 第54回
<関西・倭塾>
9月9日(日)14:00 倭塾・関西 第二回 (IK歴史勉強会 イザナギ・イザナミと古代の朝鮮半島情勢)
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


この物語は、安田武、福島鋳郎著『ドキュメント 昭和二十年八月十五日―占領下の日本人』に収蔵された実話です。
原文は文語体です。
読みやすいように、ねず式で現代語訳しています。
原文には書いた人の記名がありますが、ここでは割愛しています。
あまりにかわいそうだからです。

「戦争反対、世界を平和に」、おおいに結構だと思います。
けれど、それゆえに勇敢に戦い散って行かれた先人たち、国を守るためにその時点で真剣に悩み考え行動した先輩や父祖たちを、あとになって、ただ「負けたから」と貶め、冷静に日本を見つめなおそうとする人たちに「右翼」とか「差別主義者」とかレッテル貼りし、声高に非難し貶める行為は違うと思います。
なぜならそのようないたずらに対立を煽る行為そのものが、争いを招き、ひいては戦乱を招くものであるからです。

戦後生まれの私たちは昭和20年8月15日を終戦記念日と呼びます。
終戦とは「戦いの終わり」を意味します。
この日は日本が戦闘行為を自主的に停止した日です。
間違えてはならないのは、「終戦=戦争の終結」ではないことです。
現にその後の日本は占領されています。
占領というのは戦争行為の一部です。
つまり日本は戦闘行為を自主的に終わらせたのであって、戦争そのものはその後も続いたのです。

では戦争の終結はいつかというと、形式的には昭和27年4月28日のサンフランシスコ条約発効の日です。
形式的というのは、書面上はそうだということです。
実質的には、いまだ日本には米軍基地があります。
つまり日本への占領状態は継続しているわけで、その意味では戦争はまだ終わっていないのです。
良い悪いではなくて、それが事実です。

だから米軍出て行け!も違うと思います。
いまの東亜情勢の中では、中共の軍事的横暴をかろうじて抑えているのが東亜に展開された米軍基地だからです。
このため米軍基地のある東亜の各国では、中共のスパイたちがさかんに「米軍基地出て行け」と煽っています。
日本もそのなかのひとつです。

いたずらに対立を煽る。
このことこそ戦争や虐殺や悲惨を招く最大の「政治工作」です。
そして現実に戦争が起こり、負ければ何が起きるかといえば、女性や子供たちなど、もっとも暴力に弱い者たちにそのシワ寄せ、つまり悲惨が及びます。

小町園の悲劇は、その現実を私たちに語りかけてくれます。
戦争によるドンパチも悲惨を招きます。
しかし戦争は、負けた後にもっと大きな悲惨を招きます。

いつも思うのです。
世界の常識は、「力こそ正義」です。
しかし本当は、「力は正義のためにこそ用いる」のが正しい。

正義というのは秩序のことです。
その秩序を、いたずらに力に頼ることなく、どこまでも民衆の幸せを求めて築いてきたのが、日本の歴史です。
そしてその日本を護ろうとして多くの血が流れ、敗戦に至りました。

いまの日本は、力が正義の国になりつつあります。
そしてそのことは、民衆の幸せではなく、一部の大金持ち、一握りの政治権力者たちだけの政治的経済的優位を形成します。
現に、末端の社員と社長の給料格差は、ほんの半世紀前までは10倍、限度が20倍とされていたものが、いまではなんと10万倍が相場なのだそうです。
あきれてしまいます。

その典型が、日本アマチュアボクシング協会にもありました。
私達民衆が、現実を見据えて、世の正常化を図る。
そんな世の中の大建直しが始まろうとしています。


ねずさんの新刊


*********
【小町園の悲劇】
安田武、福島鋳郎著『ドキュメント 昭和二十年八月十五日―占領下の日本人』より


大森海岸の「小町園」と聞けば、いまの中年の御紳士方なら、ずいぶんと懐かしがる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
戦前は、今のように、温泉マーク(注:ラブホテルのこと)が都内のあちこちにありませんでしたので、そういう場合にたちいたりますと、京浜国道をひと走り、大森の砂風呂へ行こうと、みなさん、よく大森海岸までお越しになったのです。

小町園も、そういう目的のために建てられた、海に面した宮殿のような大きい料亭でございました。
戦前の、落ち着いた、奥ゆかしい小町園を知っている方に、終戦当時に小町園が描き出したあの、悪夢のような姿を、想像していただけるでしょうか。

現に、その光景を目にした私でさえ、今はウソのようで、これからお話することを誰も信じていただけないのではないかとおそれています。
けれど、小町園の柱のひとつひとつ、壁の一面一面には、日本人の娘さんの貞操のしぶきが、流した血のあとが、しみついているのです。



忘れもしません。
あれは終戦の年の、昭和20年8月22日のことでした。
ご主人が銀座の方へお出かけになって、かえっていらっしゃると間もなく、私たちのいる女中部屋の方へ、
「ここがRAAの第一施設になるらしい」という噂が伝わってきました。
女中部屋はそれを聞いて、ハチの巣をつついたような騒ぎになりました。

私には、そのRAAというのがわかりません。
聞いてみると、特殊施設協会とかいって、政府と警察と、それから私たち業者などが一緒になって作っているお役所で、お金は政府が一億円も出しているということでした。

でも私たちが驚いたのは、まだ見たこともないアメリカ兵がここへ入ってくる、ということでした。
そのRAAというのは、進駐軍を迎えてサービスをする施設だというのです。
「それじゃ、毛唐(けとう)の慰安所になるってこと?」
みんなびっくりしました。

その頃はまだ、パンパンという言葉はありません。
アメリカ兵は「鬼畜米英」などと新聞に書かれ、私たちも素直にそれを信じて、アメリカ兵は人肉を食うなどと思っていたのです。
皆の不安も無理ありません。
しかし、あとの騒ぎをいま振り返ってみますと、アメリカ兵は人肉こそ食べなかったけれど、それを同じことをした、と思わずにはいられないのです。

RAAの施設には、はじめ、日本橋の三越があてられる予定だったそうです。
けれどさすがに三越が承知しなかったので、大森海岸の料亭では?ということになり、うちに決まったという話でした。
その話が伝わった翌日には、なんと大工さんが50人もやってきました。
そして昼も夜もぶっつづけで、こわれたところや、いたんだ箇所を直しはじめました。

 *

さあ大変です。
いよいよアメさんがくるのが本当だとわかると、女中の中にはひまをもらって、辞めていく人もあるし、毒薬を懐にして、いざとなったらこれを飲んで死んでやるといきまく者もいます。
私も家さえあれば、逃げて行きたいところでした。
けれど、家は焼けて住むところがありません。
それで、ええ、ままよ、と悪く度胸を据えてしまったのですが、その当時は、女中も、あとから来た慰安のひとたちも、そういう家がないから仕方がないという人が多かったのです。

ご主人は、私たち20人ほどの女中を集めました。
そして、
「この小町園は、御国のために、日本の純潔な娘たちを守るために、米兵の慰安所として奉仕することになった。慰安婦たちは、ちゃんと用意してあり、あなた方女中には手をつけさせないようにするから、安心して働いてくれるように」と訓示なさいました。
けれど私たちは、パンティを2枚履くやら、大騒ぎでした。

 *

いよいよ明日の28日、厚木へ進駐軍の第一陣が乗り込むという、その前日のことです。
お店の前に二台のトラックがとまりました。
そこから若い女の人ばかり30人ばかりが降りて、中へぞろぞろと入ってきました。

リーダーみたいな男の人が、RAAの腕章をしていました。
その女の人たちが、進駐軍の人身御供になる女だとすぐわかりました。
私たちは集まって、いたましそうに、その人たちをみやりました。

モンペをはいている人もいます。
防空服みたいなものをつけている人もいます。
ほとんど誰もお化粧をしていないので、色っぽさなど感じられませんが、しかし何と言っても若い年頃の人たちばかりですから、一種の甘い匂いのようなものがただよっていました。

この人たちは、みんな素人(しろうと)のひとでした。
のちに応援にきたひとは玄人(くろうと)の人もいましたが、はじめ小町園に来た人は、みんな素人の娘さんだったのです。

銀座の八丁目の角のところで、
「新日本の建設に挺身する女事務員」という大看板を出して集めた人たちだったのです。
ですから、進駐軍のサービスをするということはわかっていても、そのサービスが肉体そのもののサービスだとは思わなかった人たちもいました。
なかには、そのときまで生娘だった女性も、何人かまじっていたのです。

前にちゃんとした官庁に勤めていたタイピスト、
軍人の御嬢さん、
まだ復員してこない軍人の奥さん、
家を焼かれた徴用の女学生など、前歴はさまざまで、衣服、食糧、住宅など貸与の好条件に飛びついてきた人たちでした。

その30人の人たちは、もちろん、ちゃんと着物を与えられ(まちまちの着物でしたが)食物も与えられ、部屋ももらいました。

しかしその上に、何をもらわなくちゃならなかったか、その人たちは、翌日から知ったわけでした。



8月28日には、アメリカ軍が、厚木基地に進駐してきました。

何という早さなのでしょう。
もうその晩には、新装をこらし、灯りをあかあかとつけたお店の前に、組み立ておもちゃみたいな自動車が停まりました。
そこから5人の兵隊が、何かお互いにがやがや英語でしゃべりながら、入ってきました。

それがはじめてのお客でした。

その人たちは、缶詰のビールを持ち、めいめい腰にピストルを下げていましたが、私たちが考えていたより、ずっと紳士的な態度で、
「ここに御嬢さんたちがいると聞いてきたが」といって、カードを通訳のひとに見せました。

それには、お店の地図が書いてありました。
いつの間にかRAAの方で、こんなカードを印刷したらしいのです。
主人はよろこんで、この5人の「口切り」のお客様をもてなそうとしました。
この人たちは、靴のまま上がろうとしたり、ふすまをドアと間違えて、押して外してしまったり、そんなヘマをやりましたが、上がると広間でおとなしく持参のビールを飲みはじめました。

広間で特別に招いた大森芸者の手踊りを見せました。
けれど彼らはそんなものはさっぱり興味がないようで、しきりに、お嬢さんはどこにいるのだと聞き、料理をはこぶ私たちを抱きすくめようとしたり、なかには、いきなり部屋のすみで押し倒して裾に手をいれようとしたりする兵隊もありました。(和服がめずらしかったのでしょう)

それで私たちは、ご主人に言って、5人の兵隊に、慰安婦の部屋にひきとってもらいました。
なにしろ、素人の娘さんたちですから、はじめてみる外国兵の姿にふるえ、おののいて口もきけません。
それをまるで赤ん坊でも抱くように、ひざの上に抱き上げて、ほおずりしたり、毛だらけの大きな手で
「かわいい」とでも言っているのでしょう、何か言いながら、あちこち体を撫で回したりしているのを見て、私は急いで障子を閉めました。

廊下で聞いていると、あちこちの部屋で悲しそうな泣き声やら、わめき声やらがしました。
泣き声は女で、わめき声は男です。
おそらく何か月もの間、殺伐な戦場で、女の肌に一度も触れないできたのでしょう。
その、たまりにたまった思いを、一度にとげようとしているのでしょう。
物音や、声を聞いていると、女の私でさえ、変な気持ちになりました。
もう何年もそういうことからは遠ざかっていた私ですから。

そして、ああ、やっぱり、日本は負けたのだと、日本の娘がアメリカの兵に犯されている物音を廊下で聞きながら、はじめてそのとき、敗戦の実感が胸にしみ、涙が出てきました。

5人のアメリカ兵は、その夜、12時頃までいて帰りました。
私はタバコを1箱、チップにもらいました。
部屋へ行ってみると、部屋中にアメリカ人の体の匂いが甘酸っぱく漂い、そのなかでRAAの娘さんが顔をおおっていました。
素顔で体中汗でひかり、いかにも苦しそうに息をはいていました。

聞いてみましたが、恥ずかしがって何も言いません。
しかし、皆の話を総合してみると、彼らは思ったよりずっと親切だったそうですが、何しろ体が大きいし、はげしいので、みんなくたくたにされてしまったようでした。

その5人の兵隊たちが満足したのも無理はありません。
彼らは幸せだったのです。処女もその中にひとりいましたし、そうでないのも、ながい間、そううことから遠ざかっていた、おぼこな女ばかりでしたから。
だから、女の人も疲れてしまったのです。



しかし、そんなのんきなのは、この晩だけでした。
この5人は、嵐の前触れのようなものだったのです。

翌日は、昼間から、ウワサを聞いた彼らが続々とやってきました。
大勢になれば、もう遠慮なんかしていません。
土足でずかずか上り込み、用のない部屋に入り込んだり、女中や事務員まで追い回したりします。

10日ほど経ったとき、その騒ぎはどうしようもなくなりました。
ほかにも、ポツポツそういう施設ができかかっていたのでしょうが、私たちからみたら、なんだか東京中の進駐軍が、みんな私たちのところへやってくる気がしました。

ジープが前の広場に、十台も二十台もとまっていて、あとからあとから、兵隊たちはやってきました。
はじめてやってきた30人の女のうち、ふたりは、最初の晩にどこかへ逃げて行きました。

残った娘さんたちがお客をお迎えしていたのですけれど、部屋が足りません。
まるで体格検査場みたいに広間を屏風(びょうぶ)で仕切って、そこに床を敷いて待たせ、一部屋になっているところも、兵隊たちが障子をこわしてしまったので、開けっ放しでした。
女たちはそれを嫌がりましたが、兵隊たちの方は平気で、かえって面白がって口笛を吹いたり、声をかけたりして楽しんでいました。

ひとりの男が中にはいると、あとの列が、ひとつづつ前へ進みます。
まるで配給の順番でも待っているようでした。
その列が廊下にあふれ、玄関に延び、ときには表の通りまで続くときもありました。

私たちも、ぶっ倒れそうになりながら、その兵隊たちの間をかけまわって、用をたしました。
気を張ってないと、待っている気なぐさみに、どんなことをされるかわからなかったのです。
接吻をされたり、お乳に手を入れられたり、私もしまいには神経が太くなってしまって、接吻なぞ、何度もされました。
なにしろ、右を向いても左を向いても、そんな風景ばかりなのですから。

ひどい目にあったのは、募集で集まってきた女の人でしょう。
みんな素人の娘さんたちなのです。
はじめての日に処女をやぶられて、一晩にひとりの男の相手をするだけでも、心が潰れるほどのことだったでしょうに、毎日、昼となく夜となく、一日に最低15人からの、しかも戦場からきた男の人を相手にしなくてはならないのです。

素人の女ですから、要領というものを知りません。
はげしく扱われれば、正直に女の哀しさを見せてしまいます。
それではたまったものではありません。

たちまち別人のようになって、食事もろくにとれず、腰の抜けた病人のようになってしまう人が多かったのです。
どうしてこんなアシュラのようなところから、みんな逃げ出さなかったのか不思議に思うのですが、逃げようにも逃げる気力さえなくなっていたのかもしれません。
どこの部屋からも、叫び声と笑い声と、女たちの嗚咽(おえつ)が聞こえてきました。
それを聞いていると、日本の女が、戦勝国の兵隊の蹂躙にまかせられているという気がしみじみとしました。

それは、それから何年にもわたって、日本の全土にわたって行われたことの縮図でした。見本でした。

私たち女中のなかからも犠牲者が出ました。
よっちゃんという19の子は、布団部屋にはいったところを、数人の兵隊に見つけられ、なかでイヤがるのを無理に輪姦されて、
「お姉さん、あたし・・・」
と私に泣きついてきました。

傷口を洗ってやりましたが、裂傷を負っていました。
「わたし、好きな人がいたの。こんなことになるんだったら、復讐してやるわ、兵隊たちに!」
そういって、翌日から慰安婦の方へまわって、お客をとるようになりました。

しかしこの子は、もともとそういうことが好きだったらしく、それに外人の体がめずからしく良かったのでしょう。
復讐どころではなく、何人のお客を迎えても、鼻歌交じりで、きゃっきゃっといって、兵隊たちと騒ぎまわっていました。

一日に60人のお客をとったという女が表れたのも、その頃の話です。
そのときは、ペイディ(ねず注:給料日)で、朝から横になったきりで、食事も寝ながらとるという調子だったそうです。
その女性は、もうそれっきり立てなくなって、病院に送られましたが、すぐ死にました。
精根を使い果たしたのだと思います。



そんな毎日が続いても、お客はあとから、あとから増えるばかりで、混乱におちいってしまいました。
女たちは、もちろん短期の消耗品みたいなものでしたけど、それでも使い物にならなくなれば困ります。

ご主人は、銀座のRAAに応援を求めました。
RAAの方では、はじめの失敗に懲りて、今度は新宿や吉原から集めた玄人の女を、補充に30人ほどこっちへ送り込んできました。
そしてRAAのほうに応募してくる素人の娘さんは、いったん吉原などへ送り、そこで泣いたりわめいたりしないように実地訓練をするという方法をとったようです。

こんど来た人たちは、何といっても、そういうことには慣れている人たちですから、一晩に10人や20人のお客をとるのは平気です。

「それでもねぇ、やっぱりなんだかヘンよ。体が違うでしょ? それに言葉は通じないし、おまけに向こうでは、女のご機嫌をとろうと思って、いろんなことをしてくるでしょ? こっちはなまじっか、そんなことされないで、早く切り上げてくれた方がいいと思うんだけど・・」
などと、くわえタバコで、私たちに、そんなことを打ち明ける人もいるほど、なれていました。

この人たちが来てからは、だいぶうまくいくようになり、兵隊同士のケンカや、女中の犠牲者たちも少なくなりました。

はじめにきた30人の女の人は、その2~3か月の間に、病気になったり、気が違ったりして、半分ほどになっていました。
しかしその半分の人も、現在ではきっとひとりも、この世に残っていないと思います。
それほどひどかったのです。

まったく消耗品という言葉がぴったりとあてはまる人たちでした。
とても人間だったらできないだろうと思われることを、若い、何も知らない娘さんたちがやったのです。
そしてボロ布のようになって死んでいったのです。

そうこうしているうちに、方々に同じ施設ができました。
お店の近くにも、やなぎ、楽々、悟空林と続いて開業しましたので、うちへ入るお客も、自然少なくなり、一時の地獄のような騒ぎもおさまりました。

でも、今度は、世の中全体に、そういう風潮がひろがっていくのが、私たちにもわかりました。
若いお嬢さん風の女の人が、玄関にはいってきて、主人に「働かせてください」と頼むことがありました。
理由を聞いてみると、路でアメリカ兵に強姦されて、家に帰れないから、というのでした。

自分から、アメリカ兵に媚を売る女になっていく人も、何人かありました。
今思うと、こうしてあの頃、東京中にパンパンなるものが生まれつつあったのですね。

私はそれから何か月か経って、とうとうアメリカ兵のひとりに犯され、お店をやめましたけれど、あの頃の小町園のことを思い出すと、悪夢のように思われます。
*********

体験談は以上です。

昭和20(1945)年8月15日の終戦の後、RAAという組織が日本におかれました。
進駐軍を迎えるにあたって、時の東久邇(ひがしくに)内閣が、当時のお金で一億円という巨費を投じて、昭和20(1945)年8月22日に設置した組織です。

RAAというのは、「Recreation and Amusement Association」の略です。
直訳すれば「レクリエーションとお楽しみ協会」です。
現実には、日本国内におかれた国営特殊慰安婦施設です。
ここで慰安婦は「Serving Ladies(奉仕する淑女)」と呼ばれました。
施設名は、そのものズバリで、「Sex House」と英訳されました。

第一号店が開設されたのは、マッカーサーが厚木飛行場に降り立った日より2日早い、昭和20(1945)年8月28日のことです。
指定されたのは東京・品川の大森海岸の駅前の老舗料理屋であった「小町園」です。

RAA(特殊施設協会)は、日本が進駐軍を迎えるのにあたって、日本人の一般の女性たちが性の被害に遭うことをおそれて、設置した施設でした。
悲しいことですが「善良で清純な婦女子を守るために」やむをえない措置だったのです。

昨年6月に、米国のメアリー・ルイーズ・ロバーツ(Mary Louise Roberts)教授(歴史学)が米仏で膨大な量の第2次大戦中の資料を研究してまとめた著作「What Soldiers Do: Sex and the American GI in World War II France(兵士らは何をしたのか:第2次世界大戦中のフランスにおける性と米兵」が出版されました。

そこには、第二次世界大戦で南フランスのノルマンディに上陸した米兵たちが、そのノルマンディで強姦の限りをつくしたこと、当時の米誌「LIFE」がフランスを
「快楽主義者4000万人が住む巨大な売春宿」
と表現していたことなどが記されています。
残念なことですが、これが現実です。

昨今、日本のかつての軍の駐屯地付近で商売をしていた慰安婦のことが話題になります。
はっきりといえることは、日本軍ほど、女性を大切にした軍はない、ということです。
世界中どこの国でも戦勝した軍は、その地元の女性たちをまるで戦利品のように蹂躙しました。

それどころか、ChinaやKoreaでは、兵になるということは、その地域、つまり「味方のいる地域の一般住民から収奪し、女とみれば強姦する権利を与えられる」ということでした。
勝てば占領地の、どころか、武器を持たない弱い者が、まず蹂躙されたのです。
そして古来大陸における戦争は、民族間の戦いの後、むしろ強姦によって民族の血を交わらせ、混血児をつくることが、次の戦争を防ぐために必要なこととさえ考えられていました。
他民族を、自民族に変え、後の世の戦乱を防ぐために必要な行動とされていたのです。

ところが日本の軍は、武士の時代から兵は、決して現地の女性たちに手を出しません。
たまたま日本の軍の兵士が現地の女性と仲良くなり、当事者同士は本気の相思相愛で、互いに合意の上での体の関係であったとしても、結婚もしてなのにそうした関係をもてば、それは即、男性である日本兵側の「強姦事件」として厳罰に処せられました。
しかも、そのような性の問題で軍を追われれば、郷里に帰った時、親戚一同の恥さらしです。
親族全員が大迷惑です。

たとえば大震災が起きます。
被災地に軍が送られます。
現代世界では、治安が良くなり、軍も兵も地域住民を守ることが使命と考えられるようになりましたが、ほんの近代までは、大陸では「軍がやってくる」ということは、震災後にかろうじて残ったなけなしの財産を強奪され、地元女性が強姦されるということを意味したのです。
力さえあれば、欲しいものはなんでも手に入るという欲心の行き着く先が、そういう現実でした。

ところが日本では、すくなくとも有史以来、多少の例外はあるものの、軍は規律正しいものという伝統があります。
おそらく世界の歴史で、ここまで規律正しい軍は、日本だけです。
なぜそうなったのかという答は簡単です。
日本では、たとえいまは敵味方であっても、どちらも天子様の大御宝だからです。

さて、都内に設置された小町園のような施設は、3カ所ありました。
そして同様の施設は、全国に置かれました。
そのために政府は、日本全国の都道府県に「外国駐屯慰安施設等整備要項」を出し、公娼、私娼、芸妓を中心に、慰安婦を集めました。
それでも数が足りず、昭和20年の9月下旬には、全国紙に慰安婦の募集記事がRAAによって掲載されています。

そこにはこう書いてあります。
~~~~~~~~~~
女子事務員募集
年齢18~25歳まで
宿舎、被服、食糧支給
~~~~~~~~~~

戦後の焼け野原で、住むところも食料も衣服さえも替えがなかった時代です。
しかも、優秀な適齢期の男たちは、みんな戦地に行き、そこで多くが戦死し、抑留されました。
この結果、終戦直後の日本国内の適齢期の男女比率は、男1に対して女5の割合だったのだそうです。

加えて、国内経済は壊滅状態です。
就職のあてなどありません。
敗戦後二年間の失業者は600万人です。
女性に限っていえば、まったく就職のあてなどありません。

本文にある小町園では、三井銀行の事務員をしていた娘さん(処女だったといわれている)が、はじめての客に黒人兵をとり、気が変になって、その日のうちに京浜急行の電車に飛びこんで亡くなっています。

横浜に設置された山下町の「互楽荘」では80人ほどの女性が集められ、小町園から4日遅れの9月1日に開業していますが、どこでどう話を聴きつけてきたのか、開業の前日に百人を超える米兵がカービン銃を突きつけて押し込み、そこにいた14人の女たちを蹂躙しました。
翌朝、泥靴の跡も生々しい女たちが、虫の息で転がっていました。

さらに「互楽荘」では、開業二日目、黒人兵からひどい目に遭わされたことのある女性が、別の黒人兵に嫌悪感をあらわにして相手をするのを嫌がり、それを無理やり犯そうとしたために女性が逃げ出しました。
怒った黒人兵がそれを追い、首を絞めて殺しています。
この事件では、MP(米軍の憲兵)が駆けつけ、逃げようとしたその黒人兵を射殺しました。

この結果、横浜の「互楽荘」は、その日のうちに閉鎖になっています。
世界の軍隊の中では、まだマシなほうと言われている米軍でさえ、これなのです。

これが悪名高い中共の人民解放軍だとどうなるか。
チベットを見ればわかります。
チベットは、2千年の歴史のある国です。
そこに中共軍が、チベットはChinaの固有の領土であると一方的に宣言して進駐しました。
その結果、4500あった寺院は破壊し尽くされ、今ではたったの45しか残っていません。
15万人いた僧侶は、今はたったの1400人、一般市民で虐殺された者は128万人です。
国民の4人に一人は殺されています。

チベットは敬虔な仏教国ですが、僧侶は異性との交合は禁止されていました。
やってきた人民解放軍は、尼僧を犯し、男性の僧侶にも、尼僧への強姦を強要しました。
男性の僧侶がこれを拒むと、手足を切り落とし、
「信仰の力で、これをくっつけてみろ」と言って、ゲラゲラと笑ったそうです。

そのチベットは、いまでは子供たちの教育の機会さえ奪われて、いまやチベットの文盲率は男子で60%、女子で82%です。
これは現在進行中の話です。

本稿で、日本政府がRAAを用意したことに嫌悪感を持たれる方も多いかと思います。
けれど当時の政府は、より多くの国民を守るために、そういう選択をせざるを得なかったのだということを、書き添えておきます。

つまり慰安施設を、ちゃんと用意しておかなければ、一般の婦女子が犠牲になるのです。
それを防ぐために、慰安所を設けたのです。
もし、政府がそれをしなければ、上に書いたような悲劇は、単にその施設内のできごとというのではなく、一般の日本人女性がどれだけの被害を受けたことか。

日本よりすこし前に占領されたベルリンでは、街の女性が少女から老婆まで、なんと女性の8割が強姦されています。
そういう事態を防ぐために、苦汁の選択をしたのだ、そうやってひとりでも多くの日本の婦女子を守ろうとした人たちがいたのだ、そのおかげで、日本が7年間もの占領統治を受けながら、日本人として純潔をいまだに保つことができているのだ、ということに、私たちは、あらためて思いをいたし、感謝しなければならないと思います。

また終戦という混乱の時期にあって、国内においてさえ「小町園」のような悲劇が起こった、だから「戦争がいけないんだ」というのも、議論の飛躍です。
なぜなら、敗戦によって占領を受けた国は、戦後70年経った今でも、「小町園の悲劇」がいまだに延々と継続しているのだ、という、この事実を見落としてはならないからです。
先ほど述べたチベットしかり、ウイグルしかり、です。

日本は、有色人種として植民地奴隷になる道を選ばず、自存独立のために明治以降、必死になって国を支えてきました。
おかげで日本は、植民地にならず、日本人は奴隷にならずに済みました。
なんの抵抗もしないで奴隷になる道を選んだのなら、いまのアジア諸国も、アフリカ諸国も、いまだ植民地のままです。
日本人も、その他の東洋人も、生まれたその日から死ぬ日まで、一生、男はタダ働き、女は操を無視され、私有財産もプライバシーも自由もない生涯を、何百年も過ごさなければならなかったのです。

いま、沖縄を中共にくれてやろう、などという不埒なたくらみをする連中がいます。
いうまでもなく、反日左翼の連中です。

選挙になると、わざわざ住民票を1000人単位で移してまで、インチキ選挙を繰り広げ、沖縄を中共に売る工作をしています。
同時に、彼らは反日を扇動し、あおっています。

けれど、彼らは沖縄が日本でなくなったとき、沖縄県民が受けるであろう悲劇をちゃんとわかっているのでしょうか。

日本を外に売り渡そうなどと、ろくでもないことを考える前に、いかにして日本が往年の姿を取り戻し、住みよい日本になるかをちゃんと考えるのが、筋というものです。

また、日本国内におけるRAAで働いた女性ですが、朝鮮半島における売春婦(慰安婦)とは決定的に異なる点が2つあります。

日本国内のRAAは、政府の外郭団体です。
いわば政府の機構でした。
これに対し、朝鮮半島における慰安所施設は、Koreanの女衒が、日本軍の駐屯基地の周辺で勝手に始めた商売であったということが、まずひとつ。

それと二つ目には、RAAの慰安婦女性たちは、宿舎、被服、食糧が支給されたただけで、給料は普通の女子事務員とほとんど変わりがありません。
これは当時の日本政府にお金がなかったことも一因で、このため、米軍の進駐後に誕生した街の街娼(パンパン)の方が、はるかに稼ぎが良いということから、RAA職員よりもパンパンとなることを選ぶ女性が増え、この結果、RAA施設はその後、自然消滅的になくなってしまいました。

これに対し、朝鮮半島の慰安婦たちは、日本の兵隊さんたちの月給の数十倍の給料を稼ぎ、当該女性のみならず、その女性の親戚一同までが生活状況を一変させるという状況にありました。
また、慰安所において、小町園や互楽荘で起こったような暴力事件や死亡者が発生するということもまったく、ただの一件もなかったのです。
このことは、事実として、歴史に止めておくべきことであろうと思います。


もうひとつ。
小町園での悲劇をご紹介しましたが、最初は東京銀座の三越が慰安所に充てられる予定だったという事実です。
三越は、断固これを拒否しました。
断った理由は、江戸時代から続く老舗の伝統を踏みにじられてなるものか、という三越の「誇り」です。
おかげで三越は慰安所にならずに済みました。
もし、このとき三越が、政府の要求をのんでいたら、いまごろ三越はどうなっていたでしょう。

たとえどんな相手でも、横暴な要求は断固拒否する。
その「誇り」と「矜持」があったおかげで、三越は、いまや世界の三越に成長しています。
このことは、成長し未来を切り拓く力は、「常に誇りと矜持から生まれる」ということを明確に示しています。

思えば、黒船来航以来の日本を守ったのも志士たちの「誇り」でした。
日清、日露、大東亜戦争を戦ったのも、日本人の「誇り」でした。
そして戦後の奇跡的とさえいえる驚異の戦後復興を成し遂げたのも、私達日本人の「誇り」でした。

いま不況に沈む日本が失っているもの。
それは、日本人としての「誇り」なのではないでしょうか。
逆にいえば、日本がこれから未来に向けて成長し、発展し、より豊かな生活を取り戻すのに必要なこと。
それこそまさに「日本人の誇り」です。

そして「誇りを持つ」ということは、何も威張ったり、ふんぞり返ったり、他を蹂躙したりすることではない。
日本人は、ごくごく普通に振る舞っていれば、それだけで「凄い」民族です。
なぜなら、それだけの実績を、私たちの先人が築き上げてきてくれたからです。
私たちいまを生きる日本人は、そのことにもういちど「感謝」の心を取り戻すべきだと、私は思います。


※この小町園の悲劇について書くのは、2011年3月以降、これが9回目になります。
忘れてはならないことだと思い、毎年この時期に再掲させていただいています。
戦時中だけでなく、戦後に犠牲になった女性たちも、実はたくさんいます。
その方々のご冥福をお祈りするとともに、日本が二度とこうした悲劇に遭わないように努力し続けること。
それが私たちに課せられた先人達への最大の感謝であろうと思います。
あらためてご冥福をお祈りします。

それともうひとつ。
たいせつなことは、コトの正邪ではありません。
こうした過去の歴史を、わたしたちがいかにそこから学び、現在に活かし、未来を築く礎にするかということです。
二度と悲劇はくり返してはならない。
そのためには、日本は、強くあらねばならないと思います。


最後に一点、たいせつなことを記します。

よく誤解されていることですが、昔の西洋において、戦勝国の兵士たちにとっての強姦は、単に彼らの欲望のはけ口だったわけではありません。
ベルリンを陥落させたソ連兵は、ベルリン中の女性の8割を強姦したというのは有名な話ですが、戦争において、強姦は、実は義務だったのです。
権利ではありません。

国として、民族として、兵士をつかって強姦をする。
昔の植民地時代には、兵士に「今日は何人レイプせよ」と、ノルマさえあったといいます。
なぜこのようなことが起こるかというと、そもそも民族と民族が敵対して戦争が起きているわけです。
互いに血が混じれば、二度と戦争がおこらない。
だから男は殺し、女は犯して孕(はら)ませて、混血児を生ませ、血を混ぜる。
それが戦争の常識でした。

大東亜戦争が終結したとき、わたしたち日本は、そういう文化をもった国を国土に受け入れることになったわけです。
そしてそのことを、戦前戦中の日本の施政者たちは知っていたからこそ、小町園のような施設を用意しました。
それはまさに苦渋の選択であったのです。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

日本の志を育む学問の力 ~昌平坂学問所~




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ノブ

やなぎ
現代に残っている地図や情報はかなり誤りがあり、
正確な位置は北側から

・ニスモの前身の大森ファクトリー(NISSAN→現在は横浜へ移転)
・小町園(現在、品川水族館)
・悟空林
・やなぎ(800坪)
・楽々園
の位置関係になります。

基本的にすべて高級料亭でしたが、
小町園は一般人も入れるところ。
悟空林は中間管理職クラスが入れるところ。
やなぎは大企業の社長や米軍の偉い人だけが入れるところ。
楽々園はわかりません。

各料亭は、明確に対象(客層)が決まっていたそうで、
被ることはなかったそうです。

やなぎは私の祖父が支配人でした。

祖父、両親ともに、やなぎで働いていましたが、
マンション建設計画のために、各料亭は店を閉めたと母から聞きました。

なお、戦前の雷門が建設される前に、雷門に向かって右隣り辺りの今は黒田屋があった辺りに
とても大きな料亭があり、私の祖父(生きていれば120才)が同じくそこの支配人をしていたと
子供のころに聞きました。
戦争で雷門に向かって右側は全て燃えてしまったため、
同じ経営者(私から見ると遠い親戚)の大森海岸のやなぎの料亭に
皆で移り住んだと祖父から子供のころに聞きました。

昭和40年初頭前後にはもう、普通の料亭に戻ってらしいですが、
それ以前は確かに慰安婦宿をやらされていました。

それはもう壮絶で大変だったと聞いています。

皇室から、祖父と 父(料理人)がスカウトされましたが、
それは断ったのち、祖父は引退したそうです。

慰安婦宿の時代を経験している人はどんなに若くても90才以上もしくは100才以上。
それより若い人は、普通の料亭に戻れた後に働いていた世代になります。

知っている情報は以上です。

私も子供のころに祖父から聞いた記憶と、母から伝え聞いているだけなので、
大森周辺で花街時代をきちんと知っている人は、既に、ほぼ居なくなってしまったと思われます。。。

kaz murata

No title
残念なことは、敗戦とは言え、余りにも易々と迅速に日本の指導者達が、主に自己の利益・雇用のために国益、を売りさばいてしまった事だ。この場合は他人の娘や妻を、「事務員募集」と騙して、犠牲にした事だ。それは如何なる日本の倫理・武士の精神に反するものだ。日本製の慰安婦宿の価値観は直ちにあらゆる分野に広がり、NHK,朝日、東大法学部、文部省、国会議員、など躊躇なくGHQに迎合して、自己の権益を固持する。その7年間の悪習が戦後の退廃を作って、今に至る。銀座で、「事務員募集」の旗を上げた時から日本は倫理を捨てた。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク