大日本帝国憲法復活!



いきなりショッキングなタイトルで(^。^;)ゴメンナサイ・・・

いやね、渡辺喜美元行政改革相などの、あの情けない離党劇などを見てね、どうにもこうにもやるせないのです(>。<)ヽ

いま、日本の景気は火事になっているわけで、ほっといたら延焼は広がり、多くの家屋が倒壊しちゃう。そういういわば危急のときに、やれ「官僚の天下りがどうした」とか、はっきりいって関係ない。

景気対策という国の大事をほっておいての渡辺氏のこの茶番は、言ってみれば味方チームが苦戦しているときに、後ろから矢を射るみたいなもので、これは渡辺氏、単なる造反という以上に、卑怯者の所業です。栃木3区の選挙民のなさんは、自分たちが選出した代表を、考えなおした方がいい。
関連記事=「時節を読めない渡辺喜美氏の軽薄」

ただでさえ、日本国憲法の下では、国家の危機や大事に際して国が意思決定をしにくいという難点がある。
船頭が1000人もいて、リーダーが不在。その国会が唯一の立法機関で、中身をみるとてんでバラバラ。

国会が法をつくり、内閣(行政府)がこれを施行する。これを司法(裁判所)がチェックする。
総理大臣というのは、単に行政長官にすぎない。総理の行動は、すべて国会が定めるといっていい。
つまり、この三権分立というじゃんけんぽん制度は、国の権力の拡散を狙ったもので、リーダーが不在なのです。

ねずきちなども学校で、先生から三権分立は世界最高の理想的制度、なんて教わったのですが、考えてみると、そもそも国会というのは、まだ世の中にメディアが発達していなかった時代に、多くの国民の声を国政に届けようとして出来上がった制度。

旧大日本帝国憲法では、日本には天皇というリーダー(言い方が悪くてごめんなさい)がいて、国会は、そのリーダーに国民の声を届けるための機関だった。
大統領制、総統制、知事制なども、同様の考え方に立っている。

だから意思決定が早い。危急存亡のときに、すばやく対応ができる。

ところが、日本国憲法で、1000人ちかくいて、それぞれあっちむいたりこっちむいたりしている議員が、「法を作る機能」を独占的に持つことになっている。
そしてその議員は、特段、法律の専門家というわけじゃない。
単なる市民の代表にすぎない。いってみれば、市井の親分さんたちで、その親分さんに、国の大事の法律を作りなさいと定めている。中にはろくに勉強もしていない世間知らずの二世議員などもいて、我々庶民はそういうボンボンたちに、国の立法を委ねている。
国会議員が、芸能人化するのも、むべなるかなです。

もっといえば日本は、社長が不在の会社です。社長がいればいいってものじゃないけれど、いなきゃないで、会社の意思決定ができなくなるから、やはり困る。おそらくそういう会社は、潰れてしまいます。

戦後の日本は、民間の(社員)のモーレツな働きで、成長を続けてきた。しかしその社員が所属する日本という会社には、社長というものが存在しない。株主と、各セクションと、監査役がいるだけだ。
重要なことはなにひとつ決めれない。

なるほどいまは、景気対策という問題なのだけど、これがもし、他国からの宣戦布告だったらどうなるのかと考えてみるとよくわかります。

日本がどこかの国から宣戦布告されて、日本が自衛のための交戦をするためには、200以上ある法律をクリアするための新たな法律を作らなければならない。
そうなると、おそらく与野党入り乱れて、議論百出。
首相は左右から責任を追及され、マスコミからはバカにされ、国会は紛糾し、議員は造反し、戦争反対の声は日ごとに高まり、それをまたマスコミが平和を愛するとかなんとかいって煽り、中には侵略してきた敵国に内通し、党や自分個人の地位だけの安泰を願う売国奴も現れ・・・・・・

その間に、東京、大阪などの大都市には次々とミサイルが撃ち込まれ、自衛官も庶民も、なんの交戦活動もできないまま、ただカエルのように虐殺されていく・・・・

それでも国会は、紛糾。議論百出、造反議員が自己の正当化をアピールして、敵国の姿勢こそが正しいのだ、などとまことしやかに言い放つ・・・・

いやぁ、いまの時代、そんなひとむかし前のような戦争なんかありゃしませんよ、って声も聞こえてきそうだけど、考えてみると、経済だって戦争ですよ。
その意味で、上の文章を読み返してみると、まさにこれって、いま実際に起っている。
ミサイルは特ア国からの実弾(現金)、虐殺される自衛官や庶民は不況にあえぐ日本の一般市民です。

憲法改正というと、とかく9条ばかりが取り沙汰されるけど、考えてみると、いまのリーダー不在で、船頭ばかりという、三権分立論そのものにも、大きな問題があるように思えます。

(16:15分:追記)

思うに、ソマリアでの集団的自衛権の問題、対馬防衛の問題等を含め、国際関係上、日本のいまのありようには問題が山積です。

日本は、被占領政策の一環として現行憲法を採択しています。
考えてみると、この憲法は、戦時占領憲法であるということができます。(日本国憲法は、大日本帝国憲法の改正手続きを経由していない)。

つまり、占領国側が、占領政策の終わりと、これによる日本国憲法の適用期間の終了を宣言すれば、その瞬間に日本国憲法は効力を失い、大日本帝国憲法が復活・適用される。

そうでもしない限り、日本はもはや、どうにもならないところまできているのではないか。
そんな気がしています。

大日本帝国憲法改正論 西村眞悟


大日本帝国憲法に一旦戻すのが正しい


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

No title
7年間日本の歴史に基づいて草案した憲法と海外に脅されて作らされた憲法。どちらが良いかぐらい分かるはず。

なひりる

基本中の基本ですが、三権分立をとっていない国は独裁国家になりますよ。
内閣・国会・裁判所、それぞれがそれぞれに対する権限をどれか撤廃したらどのようになるか…

あからさまな利権絡みの法律制定や不当裁判も可能。違憲審査もなし、予算もめちゃくちゃ。あげればキリがありません。三権分立をしっかり勉強して下さい。

この3機関がバランスを保つからこそ民主主義を保てるのに

また、旧ソ連と中国、北朝鮮がいい例で、リーダーの理想のみを追い求めすぎて共産主義に走ります。内閣や国会は注意すらできません。賛同するのみですからね旧憲法。

加えて国会のスピードを求めるなら多党制よりアメリカ・イギリスのような二大政党制がより安全でしょう。もちろん選挙法が変わるし混乱もありますし多様な意見を取り入れられませんが、三権分立の否定より二大政党制を推進する方がよほど頭が良く聞こえると思います。



なにより明治憲法には問題点が山ほどあります。天皇主権や天皇の名において裁判をすること、規範としていたのがプロイセン憲法ということ。
一人一人の人生は関係なく、天皇の為のみに国家が成り立つという指針ですよ。

アホですか

兵役の強制義務もあるし、あなた兵役につけますか。もしくはあなたが女だとしたら、選挙権はありませんよ。女性は一生奴隷のまま。生きてく上での最低限の権利も与えられなくなってしまう可能性もはらんでいます。大丈夫ですか?

また日本は他国では類を見ない平和主義です。9条に明記されてます。戦争になった場合…とありますが、日本は他国への多額の資金援助や技術援助など様々な援助を通して信頼を得ています。どこかの国々のように力や軍事力を示して誇示するのではなく。
宣戦布告されるような状態は回避する努力もしているし、万一された場合は世界から保護されるように味方も作っています。力の見せあい脅しあいで平和は保てません。力を持つ限りいつかは火花が炎上し燃え盛ります。


最後に
現行憲法を適度に現状に合うように改正するのがベストですが、旧憲法には改正すべき点が山ほどあります。それを倣って現代に合うように修正したら原形を留めていられません。

-

No title
大日本帝国憲法復活大賛成です。

ねずきち

コメントのお返事が遅くなってすみません^^;

>bbさんコメントありがとうございます。
≪陛下が居られるので一国の総理に対する口汚い罵りができるのです。世俗のわがままな、日本人とも思えない言動をする人たちでさえ、気持ちの何処かで「天皇陛下が居られるから」という甘えがあると思います≫
うーん・・・・なるほど・・・
たしかに言われてもればその通りかもしれませんね。
最終砦が総理しかない!となれば、やはりもっと国民の側にも責任感が出る。
陛下に対する甘え・・・その通りなんでしょうね~
その陛下が、日本国憲法では、単に「象徴」とされている。
これはいけません。
やはり、元首とすべきだと思いますね。

>surniversさんコメントありがとうございます。
≪自衛隊がすぐに抗戦出来ないのも問題≫
おっしゃる通りです。
専守防衛なんて言ったら、なんだかもっともらしいけれども、
要するにこれは本土を決戦場にするって話です。
しかも昨今の戦争というのは、イラクで米国戦車部隊がたった5分で敵大戦車部隊を殲滅したみたいなもので、あっと言う間に終わってしまう。
その意味で、専守防衛なんて着想自体が、いわば国民の犠牲の上にしかなりたたないタワゴトです。

>銀時さんコメントありがとうございます。
現代に即した修正は必要だと、ボクも思っています。
しかし、大日本帝国憲法にあるその思想性は、貴重きわまりない。
すくなくとも、重要部分から逃げていない。ごまかしがない。
現行憲法よりははるかにマシかと思います。

銀時

大日本帝国憲法復活賛成
ねずきちさんこんばんは。
自分のブログで書いたコメントと重複しますが。
日本は問題山積みです。
マスコミ、行政、司法(最近ジワジワと・・・)を左翼やサヨクに握られ日本の尊厳や誇りは踏みにじられたままです。
その諸悪の根元が現行憲法ではないかと自分も思います。
実は、自分も大日本帝国憲法復活は賛成なのです。
この「大日本帝国憲法」は日本の国情に合うように造られた憲法であり日本の先人達が諸外国を回り知恵を絞って造られています。
もちろん現代にそくした修正は必要だと思いますが大筋はそのままでも通用するのではと思います。
後はこれにスパイ防止法、共謀罪・治安維持法(異論はあると思いますが)を制定し日本版CIAを造り自衛隊を国軍に昇格させれば日本にとりいまよりましな状態になると思います。

surnivers

確かに問題山積
経済問題もそうですけれども外交問題もそうです。
自衛隊がすぐに抗戦出来ないのも問題です。
そもそもそんな事をまだ議論しているのか、と言う所ですね。
防衛省にした以上、日本軍にして、きちんと戦えるように法整備しておく必要があるのではないでしょうか?
ワシはその方が望ましいと思います。

今の日本憲法は一度ゼロベースで作り直した方が良いです。
そもそも日本国憲法をきちんと読んだ訳ではないので、色々な書籍でこんな問題がある、と言うのを指摘されて、驚いている次第です。
困ったものです・・・

bb

ねずきちさん、こんばんは。
今日は息子たちも亭主も宴会で、のんびりしています。難しいことは分かりませんが、私たちはあり難いことに天皇制度を奇跡的に守ることが出来ました。みなこの制度に甘えている気がします。陛下が居られるので一国の総理に対する口汚い罵りができるのです。世俗のわがままな、日本人とも思えない言動をする人たちでさえ、気持ちの何処かで「天皇陛下が居られるから」という甘えがあると思います。こんなに甘えてはいけません。世界に類を見ない天皇制度を守ることは、思いのほか大変だと思います。もっと緊張感のある、まじめな日本に戻ることは、このことと関係すると思います。ねずきちさんの危機感、私も同じです。少しでも多くの人に共感していただきたいです。まとまりなく、ごめんなさい。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク