日本が条約を守り平和と安定を望むなら、軍事力は不可欠



誰しも戦争には反対です。戦争の悲惨は絶対に防がなければならない、そう思います。

しかし、外交交渉においては、ちゃんと条約を守れ、守らないなら軍事力を行使するぞ!といった力の背景がなければ、どうにもならないもの事実だと思います。

また、他国に不条理な要求を突きつけられても、それを跳ね返すだけの力(軍事力)は、やはりもっていなければ、どうにもならない。

17日の朝鮮中央通信によると、朝鮮人民軍総参謀部報道官は17日、韓国政府が北朝鮮との対決の道を選んだとし、「我々は全面的な対決態勢に入るだろう」と警告する声明を発表したそうです。

総参謀部が公式声明を出すのは異例。対北朝鮮融和政策を見直す李明博政権を強く揺さぶる狙い。

声明では、韓国政府が先制攻撃の準備や黄海上で北朝鮮領海の侵犯を続けていると決めつけ、「強力な軍事的対応措置が伴うだろう」などと強調したといいます。

韓国の聯合ニュースによると、韓国軍当局はこの声明と関連し、全軍に警戒態勢強化を指示し、北朝鮮人民軍の動向を注視・分析しているとか。
■関連記事=北朝鮮、韓国と「全面的な対決態勢」…参謀部声明で警告
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090117-00000055-yom-int"

北がどういうことで、半島での軍事的緊張が高まったのか、詳しいことはわかりませんが、すぐに軍事的暴力の行使を図ろうとする国家が、日本のすぐそばにある。その事実は、きちんと受け止める必要があるように思います。

領海侵犯なら、韓国は堂々と日本の領海を侵犯し、ゴミ投棄をしていた。
そして日本の領土である竹島については、事実上これを占拠し、碑文を建て、当該海域内で軍事演習までしている。
韓国は、ありもしない従軍慰安婦問題や、日帝による侵略などを喧伝しながら、一方で、あきらかに領海を侵犯していた「事実」を政府として認めている領海侵犯・ゴミ投棄問題については、ほおかむりして知らん顔です。
■関連記事=韓国の日本海ゴミ不法投棄区域見直しへ 明らかな領海侵犯+不法投棄なのに韓国は賠償なし?
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-389.html

一方、中国もまた、1989年以降一貫して毎年2ケタ、軍事費を増やしています。
そして、最新鋭の航空母艦3隻を建造し、これを東シナ海に展開するという発表までし、尖閣諸島の石油を、日中の共同声明を無視して勝手に掘削している。
■関連記事=中国の軍事力拡大に日本の防衛力は不安
http://news.livedoor.com/article/detail/3979547/

これだけではありません。中国も韓国も、日本にスパイを送り込み、日本の政治やマスコミに多大な影響力を行使し、日本の教科書にいちゃもんをつけ、総理総裁の戦災遺族への個人的参拝にすら、文句をつける。

こうしたいわば無法者がすぐ隣にいるのに、わが国の最大の防衛政策は「話し合うぞ」という武器しかもたない。

そして日本は、中国や韓国に毎年莫大なカネを注ぎ込み、そしてその多くのカネは、返ってきていません。

なぜ、日本の識者とか知識人とか、マスコミ、政治家は、このような事実に目を背けるのでしょうか? どこの国を向いて仕事をしているのでしょうか?

これから世界は、石油不足の時代に入っていきます。
生活のありとあらゆる分野に入り込んでいる石油が、なくなっていく。

「2050年は江戸時代ー石川 英輔 (著)」という本があります。

この本は小説ですが、2050年の日本人の生活と、どのような経過でそうなったかが老人の記憶というカタチで描かれています。

そして日本経済は2012年頃から少しずつ凋落し、2020年までに大都市は基本的に廃虚となる。
その後ひどい飢餓に見舞われ、2050年までには日本の人口が約6,500万人となり、そのうち99%が農村地帯で独立した共同体を営み、農業的生活を送るという、「江戸時代」に回帰していくとされています。

日本経済は次第に凋落していくが、一般人には何が起こっているのか理解できず、政府は迫り来る危機の前に無策であるか、または問題を軽減する努力を特にはしなかったと書かれています。

人口については、実際、国立人口問題研究所の予測でも、2070年から2080年には、日本の人口は6500万人とされています。

しかし、問題は、「政府の無策」によって、少なくとも夢のある人口減少後の未来社会にはなっていない、ということです。

政治というものは、いまこの瞬間の景気云々だけではなく、先を読み、明るい未来を築きあげていくためのものではないかと思うのです。それが政治のリーダシップというものではないかと思うのです。

しかし、日本の政治は、利害集団である国会が立法府であり、内閣はこれを実施するための機関でしかない。リーダーが不在なのです。

日本は、いちにちも早く、憲法を改正し、国家元首制を復活し、平和を愛し、強く誇り高く、子供達の未来を約束できる日本に変革していかなければならない。そう思います。

ボクたちが子供のころ、家はスギ板、冬になると窓ガラスのすき間から寒風がピューピューと吹き込み、朝になると畳の上に霜が立った。

道路は舗装されていず、雨が降ると、小学生の長靴よりも深い水たまりで、通学の靴の中までびしょびしょになった。

そんな少年たちに、21世紀は科学技術の時代で、人々は冬暖かく、夏涼しく、道路は舗装され、全国に高速道路網や、超高速鉄道が走り、食べ物に困ることがない、そんな時代を大人たちが約束してくれていました。

いま、日本のオトナたちは、子どもたちに、いったいどういう未来を約束しているのでしょうか。

みんながみんな刹那主義、個人主義に陥り、自分のことしか考えない。
家族の未来、地域の未来、国の未来。

防衛政策なんて最悪です。
専守防衛なんて言うともっともらしいけれど、それってそもそもが本土を決線場にするってことです。しかも爆撃されてからでなければ、反撃すらできない。
防衛ラインはできるだけ本土から遠い所に置く。あたりまえのことです。そんな単純なことが、議論にすらならない。

民衆が平和ボケは、それなりに安心を享受できる社会ということで、それはそれで結構なことですが、国家までが政治までが、ボケでは困ります。

政治はお笑い番組ではないのです。

田母神閣下と日本の未来を語る


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

A子

国力とは…
 何度か書かしていただきましたが、 軍事力は外交交渉の要だと思います。
 国家はその経済力に応じた軍事力を持つべきです。

 国力というのは経済力をはじめ、 文化など様々な要素があると思いますが、 軍事力は外せないものの筆頭でございましょ。
 日本は平和国家を宣言しているからどこからも攻められない、 というのは幻想もいいところですし、 難しい交渉事においても、 軍事力がものを言うのは明らかですわ。

 経済大国が「使える軍事力」を持たないのは、 むしろ危険だと思いますの。 目障りだと感じられることもありますし、 単純にカモだと思われることもございますから。
 お大尽にはそれだけの教養や立ち居振る舞いが求められますが、 同時に、 丸腰で町を歩くべきではありませんことよ。

ねずきち

コメントのお返事が遅くなってすみません^^;

>名無しさんコメントありがとうございます。
メディアからしたら、政治も、お笑い芸能も、同じなんでしょうね。
でも、それによって多くの人の命が犠牲になるとしたら・・・
メディアは、もっと真面目になってほしいと思っています^^

>うわばみふかおさんコメントありがとうございます。
自公連立は、公明党が創価学会という後ろ盾を基盤にしているという一点を除けば、ほぼ政治的方向は同じ方向を向いている。
しかし、民主党の福島みずほはいけませんや。これじゃぁ亡国だ;;

>通りすがりさん、コメントありがとうございます。
アメリカにおける個人主義の良さというのは、すごくよくわかります。
しかしこれは、キリスト教による明確な道徳観が根底にあるからこそ、機能している、そう思います。
道徳観を失った個人主義というものに、やはり問題の根幹がある。ボクはそう思っています。
宗教というと、とかく現代日本人は、いかがわしいものととらえがちですが、そもそも宗教というのは、人が生きるための根本の哲学・教えではないかと思います。
国法は裁くものです。裁きの前に道徳観がある。そうした道徳観を失ったところに、戦後日本の個人主義の問題が凝縮されているように思います。
日本にも、なんでも受け入れる日本教(笑)があります。しかし、日本教には残念ながら戒律がない。なんでもOKという鷹揚さがそこにあります。
どちらかというと日本では、宗教は形骸化した葬祭儀式であり、国民が生きる上での哲学は、これとは別に幼稚園の正義・・・弱い者いじめはいけないとか、人を悲しませちゃいけないとか、そういう民間哲学が別途あり、それらが「向こう三軒両隣」の中で担保されていた。
戦後日本は、こうした地縁関係が崩壊することによって、日本人の根本哲学の保険であった・・・向こう三軒両隣を失った。
日本が壊れていく根本原因がここにあったように思います。
昔がいいとか、地縁社会が良いというつもりはありません。過去に回帰する必要もない。
ただ、日本という共同体社会が崩壊した原因が、地縁社会の終焉にあった、そう言いたいのです。そしてそれによって、日本人は道徳観を失った。
これは、やはり見直さなければならない日本の大きな課題ではなかと思っています。

通りすがり

1/18/09 記事
いつも興味深い記事をありがとうございます。

揚げ足をとるようで恐縮ですが、個人主義と、自己中心主義・刹那主義とは違います。
キリスト教的倫理・道徳感の下で、個人主義は非常によく機能します。
アメリカの白人優位の地域に行くと、お互い親密でありながら、一人一人の生活には立ち入らず、やっかみや足の引っ張り合いなどはないというような、大変暮らしやすい所が多々あります。皆、自分は自分なので、他人をうらやむ必要などないのです。しかし誰かが困っていればすぐにお互い助け合います。たとえば近所の子供が非常に珍しい白血病と診断されて、治療できるような専門医がいない。いたとしても日本のような一律健康保険でないので、親は治療費が出せない。すると自主的に近所界隈で募金をして、その子をヒューストンの有名な病院にかかれるように助けてあげるというようなことがあります。まさに家族的な親密さ。こういう地域では治安も抜群、福祉もととのっています。
また福祉ではありませんが、障害者も普通に雇用されていて、その他あらゆる差別などありません。むしろ、各国難民受け入れなどもしています。難民に対しては、これは移民の国、同化政策があり、英語、文化、職業技術を教えるような場所が整っているわけです。こうしてルール・生活技術を教え、それを尊重するよう要求するので治安の悪化が防げるわけです。よそから入ってくる人は、自国のカルチャーを尊重すること自体は問題ではありませんが、アメリカ式の価値観、行動様式を1日も早く学び、社会に貢献し、経済的にも成功して自分の生活を楽しむことができる独立した個人となるよう、要求されている訳です。
日本の在日政策のように、’要求乞食’を養成するのとは、根本的に違うのです。もっともアメリカ人サイドからの差別も、日本と違ってよく規制がされていますが。
日本はこの点をあいまいにして、実際には隠微な差別がやまないので、先方もそれなら在日にとって有利になる悪法を利用しない手はないという風になるのでは?
そもそも、在日特権そのものが、相手に恵んでやろう、日本人に比べてかわいそうな人たちという、見下した差別思考そのものです。
日本人は基本的な教育レベルは非常に高いわけですから、むしろもっと個人主義の方向に向かって、政治なども自分自身の生活を左右する問題としてとらえる、自分の問題は自分で解決するという自主独立の気概を養った方がいいのではないかという気がするのですが。

うわばみふかお

 自民党員の私としては、やはり公明党との連立政権と云うところに、悪寒を感じな得ないが、折りしも自民と重なった民主党大会においても、福島みずほ社民党党首に「手を携えて…」云々と挨拶されたんじゃ、小沢さんも正直たまったもんじゃないでしょうな。
 倒閣・政権交代や反日に誘導しようとするメディアは、またそんな民主党批判にまわる時が来るのでしょう。今日の民主党大会会場に、社民関係者以外で、一体幾らほど護憲を唱える者が混じっているのでしょうか?判り難くなってきてますね。

-

メディアは特ア+民主党寄りですからねぇ。
政治より視聴率が取れれば良いと考えてるだけ
じゃないですかね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク