第30回 百人一首塾開催のお知らせ



《第9期 日本史検定講座》受講生募集中!!
詳細はコチラ→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3868.html
《大人のための修身入門》(動画) 講師:小名木善行
第一回『修身教育とは何か?』
第二回『誠実とは何か?』
第三回『孝行とは何か?』
第四回「礼儀とは何か?」
第五回「博愛とは何か?」
第六回「公益とは何か?」


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

20181017 大和絵
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


二十七番 中納言兼輔

 みかの原わきて流るるいづみ川
 いつ見きとてか恋しかるらむ
(みかのはらわきてなかるるいつみかは いつみきとてかこひしかるらむ)

一般的な解釈は「京都府の木津川市に湧き出て流れる泉川ではないけれど、いつか見たからだろうか。こんなにも恋しいのは」といった意味の歌だというのですが、

・歌に解釈の手がかりとなる人間関係が示されていない
・情況を説明する詞書もない

そのため、
・男女関係がない状態で詠んだ恋の歌なのか、
・かつての恋人について詠んだ歌なのか、
・単なる想像上の恋を描いた歌なのか
まったく不明であって、要するに「よくわからない歌」で、このようなよくわからない歌は、もしかすると藤原兼輔の歌ではないのではないか、などといろいろと言われている歌です。

なるほど新古今集に掲載されたこの歌の解釈というのなら、そういうレベルでの解釈もおもしろいのでしょうが、百人一首を編纂した藤原定家は、この歌の歌人の名前を個人名の藤原兼輔ではなく、役名を添えた中納言兼輔としています。
つまり藤原定家は、ただの恋の歌ということではなく、なんらかの意味で中納言という高位にふさわしい意味をこの歌から得て、百人一首に掲載しているわけです。

歌に「恋」という文字があるから、男女関係にまつわる歌だと決めつけるのは、和歌の解釈としては十分ではないと思います・・・というわけで詳しいお話は当日。

なお、百人一首塾は、年内いっぱい(つまり今回を含めてあと3回)で終了です。
来年からは、ゼミナール形式で、百人一首+アルファの塾にしていこうと思っていますので、歌の世界そのものからの学びの機会は、あとわずかです。

是非、皆様のご参加を。
お待ちしてます。

1 日 時 平成30年10月27日(土曜日)18:30~20:30
      開場 18:00
      開始 18:30
      終了 20:30(予定)
2 場 所 タワーホール船堀 407会議室
      〒134-0091 東京都江戸川区船堀4丁目1−1
      都営新宿線「船堀駅」駅前
3 講 義 テーマ「中納言兼輔」
      講 師 小名木善行
5 タイムスケジュール
  (1) 18:30〜19:30 講義1
  (2) 19:30〜19:40 休憩
  (3) 19:40〜20:30 講義2
  (4) 20:30〜    後片付け
6 参加費 お一人様2000円
      ご夫婦でお越しの場合はお二人で2000円
      未成年者無料です。
7 参加方法
  会場に直接お越しください。
  お飲み物などをご用意してお待ちします。
  Facebookご利用の方は、下のURLから参加ボタンをクリックください。
   ↓
  https://www.facebook.com/events/247223245926369/

8 懇親会はありません。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
会場は都営新宿線船堀駅前にある「タワーホール船堀」です。
10月8日(月)13:30 第55回 倭塾 研修室 1330-160
10月27日(土)18:00 第30回 百人一首塾 407会議室
11月13日(火)18:00 第31回 百人一首塾 307会議室
11月25日(日)18:00 第56回 倭塾 研修室
12月6日(木)18:00 第32回 百人一首塾 301会議室
12月24日(月)13:30 第57回 倭塾 研修室
1月14日(月・祭日)13:30 第58回 倭塾
1月26日(土)18:00 第33回 ねず式ゼミナール
2月2日(土)13:30 第59回 倭塾
2月23日(土)18:00 第34回 ねず式ゼミナール
<関西・倭塾>
10月19日(金)19:00 倭塾・関西 第三回 (IK歴史勉強会 大航海時代と大国主)
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会
11月の倭塾関西の日程が11月11日(日)から、11月9日(金)19時に変更になっていますのでご注意ください。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

くすのきのこ

No title
ねずさん こんにちは。意味深な歌ですねw
かつて聖武帝が一時遷都した恭仁京(くにのみやこ)奈良県北部・山城
国相楽郡 みかの原(三香原・瓶原)その野を分けて/分きて 湧き流れ
 いづる/いづみ川(現在の木津川)
・・いつだったか見た風景だなあ なんだかなあ・・せつない 涙。。

そうですね~中納言・・お察しします・・心痛の涙ではないですか?
醍醐帝の皇太子が御二人も続いて逝去(923・925)日蝕のあった年に
(901)左遷され没した菅原道真の祟りではという噂。度重なる彗星到来、
日蝕、台風、洪水、干害、鳥海山噴火(915)紀伊の津波(922)
再び日蝕(921)清涼殿に落雷し被害者が。(930)醍醐帝は倒れ、
そして朱雀帝の御代へ・・。
まるで・・万葉集1060と3908のようですね。
三香の原 くにの都は 荒れにけり 大宮人のうつろひぬれば
  (道真が左遷されて死とは・・)
たたなめて いづみの川の水脈(みお)絶えず 仕えまつらむ大宮所
  (ですが皇室の血脈が続くようにお仕えいたします)


 

 







非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク