自民党と民主党の党大会



“自公政権続けば国民被害大きく”との釣り書き!!

何事かと見てみたら、自民と民主の党大会が行われたことを普通に報道する記事でした。

■実際の記事→自民、民主が開催 衆院選にらみ対決姿勢鮮明に 毎日新聞
http://news.livedoor.com/article/detail/3979926/

記事の釣り書きはともかく、党大会で、麻生首相は

「経済危機への対応策を示せるのは自民党しかあり得ない。私が先頭に立って全力を挙げて戦っていく」と強調。総額75兆円規模の経済対策を紹介し「生活者、中小企業、地方に重点を置いた。世界で最初に同時不況から脱出を果たすのが日本の役割だ」と訴えた。消費税を含む税制抜本改革を11年度から実施することにも意欲を示した。

これに対し、民主党大会では、小沢一郎代表が、

「経済危機の今こそ大転換を成し遂げる好機だ。国の総予算を組み替え、税金の無駄遣いをなくし、国民生活を立て直す」と政権交代に強い意欲を示し、「自公政権が1日長く続けば、それだけ国民生活の被害が大きくなる」と厳しく批判。「私たちが国の仕組みを根本的に変える。『派遣切り』が進む一方で介護を担う職員が不足する現状を是正し、人材を生かし切るのが政治だ」と述べたとか。

日本が抱える問題は、教育問題、憲法問題他、さまざまなものがありますが、目下の喫緊の課題は、景気対策です。

前にも書きましたが、日本という住宅に火がついて、火災が発生している。日本の家屋は、木造だ。目の前で火がめらめらと燃えている。職場や財産を失うものも出ている。
党という消防車が到着した!!

さぁ、そこで消防車のする仕事は・・・・

(1) 目の前の火を消す(緊急経済対策)
(2) 新たな消防車を呼ぶ(政権交代)

誰がどう考えたって目の前の消防でしょう。

自公連立についての批判もあるようだが、民主党が社民党や新社会党あたりとくっついているほうが、根本政策が違うだけによほど問題ではないか?

自民・民主が党大会 麻生首相・小沢代表が決意


朝日新聞社と麻生氏の対談。見ると腹が立ちます。こんな連中が麻生氏を批判しているの??


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

>正しい日本国民!さんコメントありがとうございます。
定額給付金については、ボクなりの意見を今日のブログで書かせていただきました。
いろいろ言われる定額給付ですが、ぼくは、それなりに良いことではないかと思っています。ごめんなさい><;;

>目覚めた中年さんコメントありがとうございます。
「日本は朝鮮に創氏改名を強要したから、日本海を東海に代えろなどと、寝言のような話」
そんな輩がいたんですかっ!
怒り心頭ですね。
いまさら、馬鹿かっ!
そういうヤカラからは、積極的に日本国籍はく奪、財産没収をしてもらいたいものですっ!

>うわばみふかおさん、コメントありがとうございます。
定額給付、ボクも早く欲しいです^^b
みんなで食事にいくのだっ!(笑)
「知りえた真実を報道するのが私たちの使命である」これを朝日が言っているなら、そりゃ、嘘だ。「知りえた真実のうち、売国できる部分の報道するのが私たち朝日のの使命である」と言い直してもらわなきゃならん。

>くまさんコメントありがとうございます。
≪民主党政権誕生の当初は、おそらく国民の安全保障に関わるような重大なミスを連発し、実際に人死がでるような件が起こる≫
たしかにその可能性大ですね。
ただそのことが、はたしてちゃんと報道されるのか。
中国お得意のすり替え、ゴマカシ、隠ぺいがなされるのじゃないかと思いますが。

くま

どうやら民主党は、政権が欲しくてたまらないらしい。TVに出演している、若手民主党議員を見ていても、関係のない案件から自民党批判を展開する様子から伺える。
そのような無様な事をしなくても次期政権は民主党へ渡る事になるのだから、そちらの準備をしっかりやってもらいたい。民主党政権誕生の当初は、おそらく国民の安全保障に関わるような重大なミスを連発し、実際に人死がでるような件が起こりそうな気がする‥ しかし二大政党制が確立されれば、現在のマスコミのような『総員、左向け、左!!』のような状態は改善されると思います。民主寄りの、若しくは自民寄りの、という具合に各報道機関の色合いが出てくれば、国民の関心も高くならない?

うわばみふかお

■私は定額給付金を貰ったら、麻生総理の仰る通り、盛大に遣いますよ。そんな意地でも遣わない受け取らないと云う方には、福祉や斬られ派遣社員対策、被災者関連などへの寄付の受け皿を設けたり(もちろん防衛献金もアリとか)、税金の前払い的な形で、自治体に残すようなカタチをとったり、オバカタレントとされる上路と云うのが、いみじくも島田紳介の番組で云っていたが、配る現金に、賞味期限?有効期限を設けるか、期限付きクーポンにするとか、ただただ反対に終始していた時間で、もっと知恵を出せたはず。(もちろん、消耗品や設備投資にキレイサッパリ遣い切ることが前提ですけどね)。民主党も、貰った給付金で我が党の党費を払って党員になりましょう、くらい洒落たこと云えないとね。 
■捏造の朝日は、この度テレビ番組でもヤラセブログ問題を引き起こしましたね。「知りえた真実を報道するのが私たちの使命である」とのたまうなら、中国各地で起こっている民主化デモや空母保有計画、食料品テロなどを徹底的に検証し報道すりゃ、まだ救いもあるが、『今年も多くの大学入試問題が天声人語から出題されました』が殺し文句と云うのは頂けませんな。はっきり云って「それがどないしたん?」って一瞥されるだけでしょ。新入社員や就職活動する相手に、
「社会人なら日経読まなきゃ」って、アホの一つ覚えのように繰り返してるのと同じですよね。

目覚めた中年

あの質問者は誰?
麻生総理にへらへら笑いながら質問している嘘つき男はなんと言う名前でしょうか?教えてください。
日本は朝鮮に創氏改名を強要したから、日本海を東海に代えろなどと、寝言のような話をしやがって。
創氏改名=強制を信じているのは、朝日新聞のアホ読者しかおらんやろ。「知りえた真実を報道するのが私たちの使命である」と東国原知事に言った朝日新聞、何時まで捏造した話を流し続けるのか。

PS.ねずきちさん、応援しています。

正しい日本国民!

国家公務員改革も大事!
たとえば定額給付金を貰っても、
貰った金額分の給料からは貯金にまわり、
貰った金額は食費にまわるだけです。
余計な必要の無い物は買わないでしょう。

前回の地域振興券で結果出ているはず。

地域振興券
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E6%8C%AF%E8%88%88%E5%88%B8

1999年に発行された地域振興券は、
振興券によって増えた消費は振興券使用額の32%であったとしている。
つまり残りの68%が貯蓄にまわされたり振興券がなくても行われた消費に使われたということである。


与党である自由民主党からも「ばら撒き政策」だと強い批判が挙がったが、
公明党の強い要望により導入された。
当時内閣官房長官であった野中広務が
「地域振興券は公明党を与党に入れるための国会対策費だった」と
後に話したともいわれている。なお自由民主党内部でも、
八代英太代議士(当時)など賛同の立場で活動した者もいた。

記事から。


今回も公明党のゴリ押しでしょう。
3年後に消費税の増税ならやらない方が良い。

今日のTVタックルは特にまともな意見が多かったです。
渡辺議員も出てました。

国家公務員が58歳で退職して天下り先、渡りで72歳まで貰う金額が4億円だそうですが、
こいつら「産業廃棄物」のせいで企業の重荷になっている。

国家公務員が天下り、渡りをしなければ、
派遣社員の人たちを正社員で採用出来ます。


憲法とか60年変わっていないというなら、
60年変わっていない独裁政権自民党から変わっても良いはずです。

日本もCHANGEの時期です。

この国は独裁政権の中国や北朝鮮やミャンマーと何1つ変わらないのかな。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク