日韓併合の真実(再掲)

【最新動画】03-01 もろもろのみこともちて(諸命以)と、つくりかためなせ(修理固成)という重要語



締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑

人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

過去記事ですが、Facebookの「ねずさんと学ぶ会」であらためて紹介いただいたら、たいへん多くの方から高評価をいただきましたので、ねずブロでも再掲してみようと思います。
この記事は、とても重要なことを書いています。
日韓併合は、ロシアの南下を防ぐために、日本が清国を追い出して朝鮮半島を我が物にするためだったとか、様々な論評がなされていますが、悪いけれど全部間違いです。
実はそうではない、真実は別なところにあります。


報知新聞号外
報知新聞号外韓国併合


なぜ日本は日韓併合をしたのか。
このことについては、以前にも何度か書いているのですが、もう一度おさらいの意味で書いてみたいと思います。
初めての方は、目からウロコだと思います。

日本は明治43(1910)年8月29日、「韓国併合に関する条約」に基づいて大韓帝国を併合しました。
これがいわゆる「日韓併合」です。

ちなみに併合直後の明治44(1911)年の韓国の年間総予算は3,565万円でした。
韓国内からの税収は1,330万円です。たった三分の一しかありません。
足らない分は、全額日本から補充しました。

日露戦争が終わってまだ6年目です。
日本だって予算に余裕があったわけではありません。
にもかかわらず、日本はなぜ、韓国に莫大な財政を投下したのでしょうか。

日韓併合をいくら韓国に望まれたとはいっても、併合するしないを決めるのは、あくまで日本です。
何も金食い虫となる韓国を「無理をしてまで」日本が併合する必要はありません。
どんな事情があったのでしょうか。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html


朝鮮半島は1392年にはじまる李氏朝鮮によって、約500年、Chinaの属国(冊封国)であったと、ここまでは多くの人がご存知です。
ただ、注意しなければならないのは、李氏朝鮮は「国」ではなかったという点です。
この点を多くの日本人が誤解しています。

私達日本人は、国は「国境に囲まれた国土の中に住む人々が、同じ言葉、同じ歴史、同じ文化を持ち、国民として平等の権利を有している」、それが国家であると思っています。
これを「国民国家」といいます。
現代の世界では、多くの国がその「国民国家」となっています。

とりわけ日本は、そもそも島国で国土の領域が明確であることに加えて、天皇のシラス国ですから、はっきりしているだけでもすくなくとも7世紀以降、ずっと「天皇を中心とした国民国家」です。
ですからもう、それが国として「あたりまえ」の感覚です。
けれど世界の歴史はぜんぜん違うのです。

とりわけ大陸は、食えなくなった人が「暴徒となって移動する」ところです。
そしてChinaやKoreaでは、大昔から軍とヤクザと暴徒は、同じものです。
ですから、おとなしく生活していれば、そこに突然、軍という名のヤクザな暴徒が襲ってきて、何もかも奪い取ってしまう。当然、人も言語も入れ替わる。それがあたりまえに行われてきたところです。

朝鮮半島も、もともとは今の韓国の南半分は倭国(日本)でしたし、北半分にあたる新羅や百済も、もともとは倭人たちの国です。
ですからそこにいた人種も言語も倭人そのものだったわけで、顔立ちも日本人的な顔立ちの人たちが住んでいました。

ところがその北側は、濊族(わいぞく)の土地だったわけです。
濊族は、吊り目でひらべったい顔でエラの張った人たちです。
もともとは、大陸にいた遊牧民だった人たちですが、なぜか大陸を追われ、朝鮮半島にやってきたわけです。
モンゴルや満州のいわゆる広大な大陸地帯と、朝鮮半島では地理環境が違います。
朝鮮半島の地形は、何百頭もの羊や山羊を飼うには適しません。
にも関わらず朝鮮半島にやってきたということは、要するに、濊族は大陸で食い詰めて流れてきた人たちだったわけです。
食い詰めものだから、今で言ったらホームレスのような人たちで、だから汚いし、臭い。
そこでChineseが彼らに付けた名前が、汚穢の濊の字を書いた濊族だったわけです。

その濊族が、倭人たちと接触し、文明の中に取り込まれ、なんともっと贅沢をしようと、ついには新羅を乗っ取り、Chinaの兵力を引きずり込んで百済を滅ぼし、ついには倭国も滅ぼして、半島を牛耳ってしまいました。
ですからいまでも朝鮮半島には、元倭人系と、濊族系の人達がいます。だいぶ血は混じっていますが、日本人とは似ても似つかない平べったい顔でエラが張って目が細い濊族系以外に、日本人とそっくりな顔をした人達がたくさんいるのは、そういう歴史的経緯があったからです。

元遊牧民の食い詰め者である濊族にとって、人は食い物ですから、いきなり皆殺しにはしません。
そんなに殺しても食べきれないからです。
一方、食べられる側の元倭人たちは、農業や漁業で飯を食っていました。古代の話です。
ですからもともとはあまり肉を食べる習慣はなく、食事の味付けも日本食に近いものだったのですが、これも朝鮮半島がモンゴルに征服されたときに食文化が変わり、基本食が肉になりました。
半島民がモンゴルに征服されたのは、700年ほどまえですが、以來、朝鮮では肉食が主流になります。
ただ、おもしろいのです。
モンゴル人は、戦に使う馬をとても大切にする民族ですが、朝鮮馬というのはいません。
モンゴルは、ずいぶんたくさんの馬を半島に持ち込んだようなのですけれど、モンゴルが去った後、馬たちはみんな食べられてしまいました。
わずかに済州島だけが、近代まで、モンゴル馬の生息地となっています。

さて、軍という名のヤクザな暴徒たちが、国王や王族、貴族を名乗り、半島内で蹂躙と略奪の限りを尽くし、民衆をヒトモドキとして扱ってきた朝鮮半島に対し、日本は、武家政権だった鎌倉、室町、戦国、江戸社会においても、大名たちは領主ではあったけれど、領民たちは大名の所有物ではありません。

知行地内に住む農民をはじめとした人々は、もちろん藩に所属している人々ですけれど、その人々は領主である大名の私物(私有民)ではなく、天子様、天長様(天皇)の「おおみたから」であるとされてきたのが日本です。
日本では、これが古代からの日本のカタチです。
ですからこのことは、日本では「空気のようにあたりまえのもの」になっています。

けれども、朝鮮半島では違います。
西欧においても、「妻は夫のものであり、その夫は領主のものだから、妻は領主のもの」とされたのが中世ですが、朝鮮の場合、外来の女真族の裏切り者が、面倒を見てくれた高麗王を裏切って明に擦り寄って、権力を奪い取って朝鮮王を名乗った李王朝です。
もともと朝鮮族であったわけでもなく、原住民に愛情も愛着もありませんから、とにかく反抗するものは皆殺しにする。残酷な刑罰を加える。殺して食べる。
挙句の果てが、街を歩いていていい女がいたら、強姦のために胸を出させて品定めしやすいように、民族服まで変えてしまったというのが、李王朝です。

ですから、李氏朝鮮の時代、これは大韓帝国になってからも、つまり日韓併合の前まで、朝鮮半島に「国民」はいません。
人として認識されたのは、人口の3%の両班だけで、それ以外の人々は、人ではなく、ヒトモドキという認識です。人の言葉をしゃべる猿です。

「女性は人として扱われた。民主的だった」などと最近の韓流時代劇は、お馬鹿なファンタジー史観を広げていますが、全然違います。
日本でも昔は、青年が温めたコンニャクや、メンドリの膣を使って自慰をするなんてことがあたりまえに行われていましたが、半島では、ヒトモドキの女性たちは、あまりに残酷なことですが、ただの性の道具として「使用されてきた」にすぎません。

いささか嫌な書き方をしますけれど、昔の朝鮮では縛り付けた罪人の骨を一本一本折っていったり、木刀のような太くて長い警棒で縛り付けた罪人を散々殴るということが一般に行われていました。
つまり縛り付けて抵抗できない者に対して、酷い暴行を加えるということが彼らの文化だったのです。
これが性的に変形したのが、朝鮮式SMで、最近では日本でもオカマやオネエ同様、だいぶ流行っていると聞きますが、もともとの日本には、昔の吉原や曽根崎町、あるいは円山町などの遊郭においても、女性を縛り付けて行為に及ぶような施設も文化も、まったく存在すらありませんでした。
ラブホは、戦前も待合旅館などがありましたけれど、SMルームのような施設を持った待合旅館は、日本中どこを探しても一件もどころか、一部屋もありません。これは断言できます。

要するに、朝鮮半島では、人をヒトモドキとして扱い、支配するということが、あたりまえの文化であったわけで、当然のことながら、人と人との信頼関係なんて生まれようがありません。
だから朝鮮半島では、製造業も商業も育たちませんでした。
この点は、Chinaと大きく違う点です。
Chinaは、遊牧民の文化に倣い、課税対象は商業流通です。
農業や畜産業自体への課税は、もともとはありません。
とりわけ遊牧民王朝下(ほとんどの時代がそうですが)では、人も動物も基本、移動するものですので、当然のことながら、住民台帳も家畜台帳も整備されません。
そのかわり、人や家畜の移動や、流通に課税したのです。日本とは課税文化が全く違います。

ところが、朝鮮半島では流通商業がありません。
なぜなら、人の移動は、常に逃散だけだったわけです。
ですから、課税は、とにかくそこにいる人から、絞りとる。
言うことを聞かなければ、残酷な刑罰を与える。これしかない。
これでは産業なんて育つわけもなく、だから朝鮮王朝からChina王朝への献上品は、ずっと毎年、性奴隷としての女性の献上だけです。

だから国は貧しく、人々に教育もなく、山々は禿げ山、民家や街中にはトイレさえない。
道には人糞が散乱し、堪え難い臭気が町をおおい、首都ソウルの李氏王宮の正面入り口の南大門の真ん前でさえ、浮浪者がたむろしていた極貧状態です。

あまりの極貧ぶりであるがゆえ、欧米列強による植民地支配の対象さえなりません。
欧米から「不衛生な猿山以下」と思われていたのが、当時の韓国だったのです。

そんなエリアを日本が併合する。
理由として、ロシアやChinaを牽制する軍事的意図があったという人もいます。
これ、間違いです。

そういう理由なら、日韓併合の必要はまったくないのです。
現に、日清、日露戦争において、日本は堂々と韓国の領土に兵を進めています。
それに抵抗できるだけの武力も資金も兵力も、気力さえも、李氏朝鮮にはありません。

ですから、仮に韓国に併合を望まれたとしても、日本は軍事的に領有するか、保護国、保護領、従属国にすれば足りたのです。
あるいは植民地でも良い。
本来なら、何ら投資など必要ないのです。
対ロシア対策というのなら、半島の原住民を強制徴用して、後ろから銃を突きつけて前線に立たせれば良いだけです。
Chinaの国民党や毛沢東の八路軍、ソ連兵など、みなこのやり方です。

日本はまだこの時期、日露戦争の戦費の償還をしていたのです。
財政に余裕だってありません。
にも関わらず、日本は韓国を「併合」し、さらに巨額の財政投下までしています。
しかもなんとかして人道的な接し方を彼らにし続けています。
なぜでしょう。
そこには当時の時代ならではの理由があるのです。

当時日本は、明治の開国後、またたく間に国力をつけた日本は、日清、日露の戦争にも勝利し、明治35(1902)年には、世界最強の海軍国である大英帝国と対等な同盟関係まで締結する国家となっていたというのは、みなさまご存知の通りです。

有色人種国家は、欧米列強の前にひれ伏し、植民地支配を受けるしかないという世界の常識の中で、唯一日本は有色人種国家でありながら、名実ともに世界の一等国仲間入りを果たしていました。
果たしただけでなく、当時の世界最強国家であり、七つの海を股にかけた世界の大英帝国と「対等な同盟国」なのです。しかも英国が同盟を結んだのは、当時、日本だけです。

ちなみにすこし脱線しますが、米国は、西進主義といって、はじめはカリブあたりを支配地におさめ、その次は絵北米大陸の西海岸、それからハワイ、フィリピンへと、当時西へ西へと侵略を進めていました。
要するにカウボーイたちが征服したのは、北米のロッキー山脈のインデアンだけではなくて、それから太平洋、東洋へと、西へ西へと駒を進めていたのです。

ところが米国のカウボーイは、東にも南にも駒を進めていません。
つまり、北米から、南米やヨーロッパ、アフリカに、アメリカの殖民地支配は行われていません。
これが何を意味するかというと、米国の北にも南にも東にも、大英帝国という強大な帝国が勢力を持っていたのです。
米国は国力を付けましたが、まだこの時代、英国に勝利できるだけの実力はありません。
ですから、東南北を塞がれた米国は、西へ進むしかなかったのです。

その西に、強大な帝国として立ちふさがったのが、日本でした。
ですから日米が戦って、米国が勝利すると、その勢力圏を、日本から朝鮮半島、インドネシア、インド、そしていまでは中東まで、すっかり征服圏におさめています。
もし、大東亜の戦いのときに、日英が協力体制にあったのなら、おそらく世界の勢力地図は、いまとまったく違ったものになっていたことでしょう。
それだけ米国にとって英国の存在は大きなものだったのです。

そんな世界最強の大英帝国と、隣の日本が「対等」な同盟関係を結んだ、という事実に、当時の韓国の知識人たちがびっくり仰天するわけです。

ちなみに、この「韓国知識人」というのが、むつかしい存在です。
両班は、基本的に両班と結婚して子をもうけます。
両班と両班が結婚して子が生まれれば、その子は、もちろん両班です。
ところが両班たちは、朝鮮のヒトモドキとされた隷民の女性を強姦します。
すると子が生まれます。
こうして生れた両班と隷民階層の「あいのこ」は、両班と区別して「中人」と呼ばれました。
人とヒトモドキの中間という意味です。

そして両班は、箸の上げ下げも、タバコを吸う時もキセルを自分で持たず、また儒者として漢文を読む素養も、漢詩を書く教養もありません。
ただ尊大ぶっているだけです。
そして、そんな両班達のために、文字を書いたり、両班の代作で漢詩を書いたり、書を書いたりしていたのが、中人階層です。
ですから、中人階層は、教養がありました。
けれど、自分たちがどんなに教養を得ても、どこまで行っても、一生、明らかにアホとしか言い様がない両班のために働き続けなければならなかったのです。

そして、日本の半島への影響力が強くなってきた時、一番反応したのが、この中人階層でした。
福沢諭吉の弟子になった金玉均なども、みんなこの中人層の出です。
彼ら中人にとっては、勉強をして正しい知識を得たものが、世の中を動かせる日本の社会こそが、まさに理想国家だったのです。

李氏朝鮮は、カタチだけは大韓帝国として、近代国家の体裁をとりましたが、そこにおいても、人間は両班だけです。民衆は隷民だし、中人は補助的仕事しか与えられません。
ですから中人たちは、必死に両班を説得し、日本との合邦を工作しました。
そして日韓併合に、断固として反対の姿勢を貫く伊藤博文を、明治42(1909)年10月に暗殺しました。
当時の韓国は、「日本の初代総理を暗殺してまで」、日本との併合を望んでいたからです。

ですから伊藤博文暗殺の一ヶ月後、喪が明けるのを見計らって、韓国国内に当時あった最大与党の一進会が、「韓日合邦を要求する声明書」を出しました。
この声明は、「日本と韓国が対等な立場で合併することで、新たにひとつの大帝国を作るべきである」というものです。

中人たちからすれば、両班を説得するためにはそのような理由付けは必要なことであったことでしょう。
けれどもその声明は、世界の嘲笑をかいました。
なぜなら当時の日本と韓国は、国力に雲泥の差があるからです。

そもそも日本と対等に合邦するということは、日本と同盟関係にある英国とも「対等な関係」になるということです。
文化もない、教育もない、産業もない、道端は人糞で足の踏み場もないような極貧のヒトモドキ国が、いきなり「英国と対等な国?」
これを、「悪い冗談だ」と、笑わないほうがどうかしています。

けれども、当時の大韓帝国の中人たちにしてみれば、それは必死の苦肉の選択です。
上に立つ、頭の空っぽの両班たちには、何を言っても意味が通じません。
ただ尊大でいるだけで、現実の朝鮮半島は驚くほど貧しいのに、「自分は貧しくない」からと、何の問題意識もない。
だから中人たちは、そんな両班たちを、「世界を支配する大英帝国とも対等になれるのです!」と説得したのです。
おかげで、大韓帝国としての公式の声明は、「日本と対等な合邦」となりました。
しかしこのことは、諸外国からみれば爆笑モノです。

日本は、人種の平等を主張する国です。
この部分は、植民地支配が富の源泉になっている欧米列強からすれば、日本の邪魔なところです。
そして、日本に朝鮮半島の面倒を見させることは、長い目で見れば、日本の国力を削ぐことになります。
どんな時代にあっても、自国以外の競争相手国の力を削ぐことは、外交の要諦です。

加えて日本には、「人種は平等」であると主張した責任があります。
欧米列強は、殖民地の現地人は人ではなくて牛馬と同じただのヒトモドキにすぎない、という解釈です。
欧米列強は500年にわたってアジアを支配してきた結果として、アジア人は人ではないという結論に達していたのです。

ところが、そのヒトモドキを、日本人は「同じ人間だ」と言い張るのです。
「ヒトモドキが人間だというのなら、日本は朝鮮半島で実際にそれを証明してみせろ」
これが、日本が日韓併合に踏み切ることになった最大の理由です。

欧米人の視点で書いてみます。
「日本猿は人間です!」と言い張っていた生真面目な日本猿がいて、その猿は努力して人と対等な言語を話し、人として対等な衣類を着て、人と対等な文化を共有しています。
生真面目で可愛いから、日本猿を人として処遇していたら、その猿にまったく文化性を持たない薄汚れた半島猿が、結婚してくれと言い寄ってきたわけです。

猿同士の結婚です。
周囲の人間たちからすれば、むしろ歓迎です。
ところが日本猿からしてみれば、半島猿と結婚することは、自分が猿であると認めることになる。
それならば、半島猿も猿でないことを日本猿は証明していかなければならないわけです。

本によっては「韓国から合邦を望まれた日本が、諸外国にお伺いをたて、諸国の了解のもとに日韓併合を行った」というような記述をしているものがありますが、事実関係はまったく逆です。
そもそも当時の世界は、欧米の白人国家が有色人種を支配するのが「常識」とされいた時代です。
国力のある国家が、そうでない国家を支配するというのも、違います。

白人社会の伝統的価値観(宗教観)においては、この世は「」と「」と「」によって構成されています。
「神」は唯一絶対の存在であり、「人」は神の子です。

神の子である「人」は、神との間に交されたルールを守らなければなりません。
ルールを守るから「人」なのです。
ルールを知らない、あるいはルールを守れない異教徒は「人」ではないヒトモドキです。

「ヒトモドキ」は「獣」でしかありませんから、人の姿カタチをしていても「獣」です。
バンパイヤ(吸血鬼)やリカント(狼男)は、人の形をしていますが、人の勇者によって片端から殺されます。
バンパイヤやリカントは、いくら殺しても罪にはなりません。
なぜなら人の姿をしていても「人」ではないからです。

「人」は、牛や豚を殺して食べます。
それは牛や豚が「人」ではなく「ケモノ」だからです。
「人」を殺せば殺人罪ですが、「ケモノ」を殺した「殺ケモノ罪」は、世界中、どこの国にもありません。

「ケモノ」は、飼いならして「家畜」にします。
そして使役して果実を作らせる。
できあがった果実は「人」のものです。
だから殖民地の生産物は、すべて「人」のものです。
これが古代フェキニア時代からの西洋の常識です。

日本人は、自分たちは「人」であると信じて疑いませんので、このような説明をしてもわかりにくいかもしれません。
そんな日本人でも魚は食べます。
人が魚を殺して食べても、「殺魚罪」になりません。
要するに人でないということは、その魚と同じという認識です。

こうした有色人種を「獣」として使役するという考え方は、ヨーロッパにおいては古代からの、ごく一般的な思想です。
15世紀にはじまる大航海時代において、人が遠くアフリカや南米に出かけて行く。
その国の原住民を殺して金銀財宝を持ち帰る。
それが罪にならなかったのは、その国の原住民が「人」ではなく「獣」とみなされたからです。

そうした考え方が、まさに「常識」とされていた時代に、有色人種でありながら、たいへんな努力をすることで、唯一「人」として認められたのが日本です。

「人」と「獣」の違いは、ひとことでいえば、人としてのルールを守れるか否かです。
日本は、古来の伝統的武士道に基づく道徳観にさらに磨きをかけ、これを国民的共通観念とし、さらに教育によって西洋人以上に約束を守り、勇敢で、高潔で、人としての尊厳を保つ民族、国家、人種として、日本社会を構築していったのです。

その努力があったからこそ、日本民族は、ルールを守れ、勇敢で高潔で勤勉な民族として、西欧社会に受け入れられました。
「獣」としかみなされない有色人種が白人種の中でも最強とされた英国と対等な同盟関係を結べれた背景には、日本の国をあげた努力が根底にあったのです。

ところが、お隣の韓国は、自らを何も律することなしに、両班の尊大と、ヒトモドキの隷民を抱えたままで、日本に対し「対等な合邦」と言い出したわけです。
これはまさに、人として国家としての「ルール」をまるでわかっていない、つまり自ら「ケモノ」や「ヒトモドキ」であることを、世界に向けて高らかに宣言したようなものです。
ルールがわからない、理解できないということは「獣」である証だからです。
日本が困りきり、西欧諸国が「涙を流して笑い転げた」のは、あたりまえのことです。

結果、欧米諸国は、日本に「韓国の面倒をみてやれよ」といい出しました。
「野良の猿が、君のとこに妙になついてしまったのだから、まあ、面倒くらいみてやりなさいな」というわけです。

日本は、世界でただ一国「有色人種も人である」と必死に主張していましたが、なんとお隣の国が「オイラ、獣です」と世界に向けて宣言したようなものです。
もし隣の有色人種が「獣」なら、日本人も「獣」であると証明したことになります。
そうなれば、明治の開国以来の国をあげての努力が、ぜんぶ水の泡です。

こうして米英露伊仏独は、それぞれに日本に朝鮮統治を迫りました。
日本は欧米との外交上、朝鮮の面倒を見ざるをえない方向に追い込まれてしまったのです。

やむなく日本は、大韓帝国の面倒をみることにしました。
本来なら、植民地か、保護国、保護領、従属国にするだけでも足りるのです。
そもそも当時の国際的常識では、韓国は「人の国」ではないのです。「猿の国」です。
けれど、日本が「有色人種は人である」と主張するなら、朝鮮半島に生息する猿も同じ「人」となります。
ならば日本は、韓国を対等に遇しなければなりません。
そして韓国の中味が「獣」でしかないなら、なんとか教育して「人」に仕立て上げなければなりません。

こうしてできあがったのが、明治43(1910)年8月の「日韓併合」です。

韓国を併合した日本は、韓国内に古くからある不条理な刑罰や牢獄制度を廃止させました。
韓国内に八つあった言語を統一しました。
さらに半島内に5200校に及ぶ小学校を作り、239万人を就学させました。
道路をつくり、鉄道を敷設し、上下水道を整備し、病院をつくり、電気を引き、ビルを建て、道路を拡張整備しました。
そして路上での大便を禁止しました。
こうして日本は、韓国の近代化をいっきに押し進めたのです。

現代韓国人は、「七奪(칠탈)」といいます。
日本が韓国併合により朝鮮半島(韓国・北朝鮮)から、主権、国王、人命、国語、姓氏、土地、資源を奪ったというのです。

けれど、李氏というヤクザの親分が民衆をヒトモドキ扱いして威張っていただけの地域が、そもそも主権国家といえるでしょうか。
李氏朝鮮はChinaの隷属家です。
朝鮮半島にある全ては、李王朝のものです。
そして李王朝のものは、すべてChina皇帝の所有物です。
そのどこに主権があったのでしょうか。

李朝の国王には、日本は併合後、皇族の身分を与えました。
しかも年金は、日本の本物の皇族よりも高いお金を払っています。
そもそも李王と、日本の天皇では、格が違いすぎたのに、です。

朝鮮半島の人口は、日韓併合後、倍になっています。
人命を奪ったどころか、みんなが食える国してあげたのは日本です

朝鮮半島に、統一言語はありません。
8つあった言語を統一し、埋もれていたハングルまで復活させてあげたのは日本です。

日本人の名を名乗りたかったのは、Koreanたちです。
彼らは満州などで、自分たちは「第二日本人」を名乗っていましたが、さらに日本人名になれば、日本人そのものとして「大きな顔」ができたから、彼らがそれを望んだのです。
七奪というくらいなのですから、もう二度と日本人名は名乗らせる必要はありません。
通名は一切廃止すべきです。

土地も、私有を認めてあげたのは、日本です。
それまでは、両班のものですが、その両班には土地台帳はありません。
上に立つ両班が、「ここは俺の土地だ」と言ったら、そこがその両班の土地になりました。
それを全道を測量し、私有地を認めてあげたのは、日本です。

資源など何もなく、女性をセックスのために輸出する他、何の産物もなかったエリアが、いまでは世界第14位のGDPを持つ経済大国です。
全部、日本の技術です。そのどこが七奪なのでしょうか。

※この記事は2015年1月の記事の再掲です。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

【お知らせ】
<東京・倭塾、百人一首塾他>
会場は都営新宿線船堀駅前にある「タワーホール船堀」です。
11月17日(土)18:30 高崎講演「日本人に伝えたいこと」
11月25日(日)18:00 第56回 倭塾公開講座
12月6日(木)18:00 第32回 百人一首塾 301会議室
12月24日(月)13:30 第57回 倭塾公開講座
1月14日(月・祭日)13:30 第58回 倭塾公開講座
1月26日(土)18:30 第33回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ
2月2日(土)13:30 第59回 倭塾公開講座
2月23日(土)18:30 第34回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ
3月9日(土)18:30 第60回 倭塾公開講座
3月16日(土)18:30 第35回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ
4月13日(土)18:30 第36回 日本文化を学ぶ倭塾ゼミ(407会議室)
4月27日(土)13:30 第60回 倭塾(研修室)
<関西・倭塾>
11月9日(金)19:00 倭塾・関西 第四回 (IK歴史勉強会 唐の皇帝と日本の天皇)
12月8日(土)14:00 倭塾・関西 第五回 (IK歴史勉強会 稲作の歴史と古墳のお話)
<国内研修>
12月16日(日)~17日(月) 一泊二日 神話を体感する会


【最新動画】大人のための修身入門 第十二回 「進取の気象とは何か?」




動画【CGS ねずさん 古事記のセカイ】
はじめに
01-01 私達はなぜ神話を学ぶのか
01-02 古事記と日本書紀の違いとは
第一章
02-01 隠身と別天神
02-02 創生の神々と十七条憲法のただならぬ関係とは
03-01 もろもろのみこともちて(諸命以)と、つくりかためなせ(修理固成)という重要語
03-02 見立てると成り成りて
03-03 ヒルコをめぐる三つの意味とは

動画《大人のための修身入門》
01 修身教育とは
02 誠実
03 孝行
04 礼儀
05 博愛
06 公益
07 よい日本人
08 自立自営
09 我が郷土
10 人の名誉を重んじる
11 勇気 





この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

茶子

No title
彼らは未開だった日本に文化等を教えたと思っています。
だから日本より上だと思っているのです
現に宗教団体のS会の在日の会長は韓国の事を「文化大恩の国」だと兄の国であるから恩返しする必要が有る等と信者に言っています。とんでもないですね〜〜
教えてもらった事等何も有りません。こんな状態で日本に何を教えるというのでしょうね〜

cotton

火中の栗を拾う
素晴らしい記事ありがとうございます。
歴史の教科書に載っていた、ロシアが焼いている、火中の栗を拾う日本の風刺画を思い出しました。
当時は戦争に突入した要因の一つとして学びましたが、風刺画が書かれた理由・背景を深掘りすることはありませんでした。
理由・背景が解り、スッキリした気分です。
ありがとうございました

Kaminari

No title
恩をあだで返すということさえ理解できない人たちには、それ相応な待遇を与えないと彼らは自分達の立ち位置を間違えますね。
もう餌を与えてはいけません。彼らは自分達が偉いから、賢いから、戦争に勝ったから日本人は貢物を持ってきていると信じているのでしょう。
速やかに半島に帰っていただき、チャイナと仲良く暮せば良いのでしょう。

にっぽんじん

真実は英文で
中韓は儒教の国で倫理道徳のすぐれた国だと自慢する。
儒教国だったことは事実だが倫理道徳は正反対の国だ。
孔子の教えの中に「親に対する孝」に関するものがある。

それによれば、「親を守るための嘘は善行」だと教えている。
つまり、「身内を守る嘘」は善行となり、平然と嘘をつく国になった。
「嘘」は「悪行」ではないのだ。

戦後韓国は欧米と戦った「加害者」ではなく、日本に侵略された「被害者」になるため歴史を改竄し、日本の植民地として歴史に類を見ない悲惨な目に遭ったと吹聴し、世界もそれを真実だと誤解している人たちがいる。

韓国人のプロパガンダの巧みさは、韓国の大学の歴史学者たちが改竄した韓国歴史を「英語」で書き、アメリカで出版していることだ。
それを欧米の歴史学者が韓国歴史の研究資料として使用するから「嘘」が「真実」として広まっている。

日本の大学の教授の中にも加担している者がいる。アメリカで偽名を使って出版しているが実名は分かっている。

韓国との歴史の戦いは日本語ではなく英語でなければならない。
日本の植民地政策が如何に優れていたかはイギリス生まれの「アレン・アイルランド」が1926年に書いた「The New Korea]に詳細が書かれている。

イギリスの女性旅行家の「イザベラ・バード」が書いた「朝鮮紀行」や台湾人の「黄文雄」氏が書いた「韓国は日本がつくった」などの英語本を世界に拡散して欲しいと願っている。

マイク

ありがとうございます!
真実を明らかにしていただいたことに感謝します!日本人も半島の人たちも、世界の人たちも、この真実を知るべきですね。虚心坦懐に。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク