中国人についてのアンケート



このところ、自民だ民主だとなんだかドロドロしたネタが多かったので、今日は、ちょっと趣向を変えてみたいと思います^^

ネタは、1月22日、上海科学院の研究チームが
「西洋女性から見た中国男性のイメージに関する報告書」をまとめたというニュース。
■関連記事=白人女性が見た中国男性
http://news.livedoor.com/article/detail/3986359/">http://news.livedoor.com/article/detail/3986359/

この報告書によると、白人女性から見た中国男性のイメージは、

全体的な印象は、「大学に合格したばかりの田舎出の青年」という感じで、「向上心があり勤勉」だが「自信に欠け人の目を見て話せない」が・・・

「肉体的な魅力に乏しく」
「ベッドテクニックが下手で」
「痰(たん)を吐くいて」
「不潔」

なのだそうです。

調査に協力したのは、中国での滞在経験がある先進国出身の白人女性130人。

なんだかおもいきり、納得できてしまう(笑)

面白いのは、このあとです。

報告をまとめたチームは、西洋女性の間で最も有名な中国人男性として、ジャッキー・チェンや、ジェット・リー、チョウ・ユンファ、チャウ・シンチーといったハリウッド俳優の名前をあげ、

「映画の威力」を改めて認識した上で、中国男性のイメージアップのために

「イケメンでマッチョな中国人と白人女性を主人公にしたラブロマンス映画を作り、世界中で公開すれば効果絶大」

と指摘したとか。いやはや(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!

 ミタクナイシwwww

また、これほど強いマイナスイメージがあったことについては、

「海外に滞在するビジネスマンや留学生などの非文明的な振る舞いが影響している」と、これまた、

 “他人のせい・・・”

ちなみに、この研究チーム、単に学生の同好会が行ったものではありません。

日本でいえば、大学院のれっきとした社会学所心理学教授の張結海氏を中心とする調査チームが2年の月日を費やしてまとめたものだとか。


最近、この手の記事が流行るのか、もうひとつ中国から・・・

中国の世界新聞報が、1月15日、
「米国人から見たアジア男性のイメージに関するインターネット調査」の結果を発表したという記事がでました。

この調査結果によると、

まず、日本人男性が群を抜いて評判が良く、これまでは「男尊女卑」「堅物で面白味に欠ける」などのマイナスイメージが強かったけれど、
今回の調査では、

「男らしくて気概がある」
「礼儀正しい」
「真面目に働く」
などプラスイメージが目立った。

一方、お隣の韓国人男性に対しては、
「いつも化粧品や鏡を持ち歩いている」
「髪にパーマがかかっている」
など身だしなみに気を使うイメージがあるとか。

そして中国人男性については、これまでの「大人しくて内向的」なイメージから、ブルース・リー、ジャッキー・チェン、ジェット・リーなど世界的なアクションスターの活躍で、

「カンフーの達人のような剛健さ」に変わりつつあるとか。

このほか、

インド人は、「歌って踊る」
マレーシア人は「働かない怠け者」
イラン人は「ひげを生やしている」などが挙げられたとか。
■関連記事=<アジア男>中国のイメージは「カンフー達人」!日本は「断トツで…」―RecordChina
http://www.recordchina.co.jp/group/g27684.html

他にも、
■<容姿>ギリシャはナルシス、イタリアはイケメン、中仏は「自信なし」―調査会社
http://www.recordchina.co.jp/group/g26408.html
■中国男性は、なぜ西洋女性にもてないか?―中国紙
http://www.recordchina.co.jp/group/g25295.html
などなど、ここへきて、中国人を、海外の人がどうみているかを話題にする報道が、中国国内で増えてきているようです。

ねずきちは、これを読んで、ふと思ったのです。

考えてみると、国家の民度の成長も、人の成長も同じなのかもしれない^^

子供が中学生くらいになって、いわゆる「自我の芽生え」が始まると、他人が自分をどうみているかが、気になるようになります。

それ以前の子供は、自他の区別がつかず、親に叱られければ、なにをしでかすかわからない(笑)

自分のものと他人のものの区別がつかない。
他人からどう見られているかなんて関係ない。

自分の欲望のままに、あれが欲しい、これ買って(笑)

叱られなければ、約束を破るなんてのも悪いとすら思わない。

なにか言われたら即時言い返す。自己反省なんて言葉はまるでない。

それが、中学生くらいになると、自他の区別がつくようになり、一定の反抗期(抗争期?)を経て、人間が成長し、人にやさしくなったり、自ら主体的に約束をまもったりできるようになる。

要するに、中国という大国は、これまで親や教師のいない小学生なのではなかったか。

なんでもかんでも、やりたい放題、したい放題。
言われたら言い返す。約束なんて守らない。自分さえよければそれで良い・・・

それが、このように、他国が自国をどうみているかが気になりだしたというのは、ある意味、中学生レベルにまで成長?したのかもしれませんね。

さわさりながら、その小学生か中学生の集団が、15億という巨大な人口を擁し、核ミサイルを所持し、じじばば大国となった日本のすぐ隣にいる。

日本は、やみくもに暴力を振るうわけにはいかないけれど、やはり、子どもが悪いことをしたら、ピシャっと叱ることができるくらいの強さがなければ、子どもはますます増長するだけです。

子供だから、可愛い可愛いなんて、お菓子をあげ、おこずかいをあげ、気がついたら親より外貨をたくさんもっている。

尖閣諸島の石油を、条約を破って勝手に盗掘し、日本に奪われまいと、人民海軍の日本に向けた核弾頭の誘導船を、東シナ海に浮かべている。

日本の政界やマスコミにカネをばらまき、中国の2億とも3億ともいわれる無戸籍人から、ひとり300万円で、1000万人に、日本国籍をとらせようと画策する。

やはりね、こっちがしっかりしてないと、隣の子供はますます増長する。

せめて約束くらいは守れよと、きちんとしつけるためには、その子供に、「隣の日の丸オヤジにだけはかなわねぇ~!」と、きちんと刷り込ませるしかないんじゃないかなぁ。

まして、自称「政治大国」でしょ?

それに、4000年の権謀術数の国だ。

日本が生きていくためには、やはり、日本人としての「矜持」が絶対に必要だと思うんです。

まぁ、韓国も似たようなものですけどねぇ。。。。

★エンコリ住人大絶賛★中国人が韓国人の扱いについてアドバイス


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

>bbさん
コメントありがとうございます。

(⌒▽⌒)アハハ!
目くそ鼻くそを笑う!! たしかにぃ~~w

>A子さん
コメントありがとうございます。

タンツボ、そばをすする、そうした日本にあった習慣でも、郷に入らば郷に従え。世界標準があるなら、それを取り入れ、自らが変わっていこうとするのが日本人なのでしょうね。

アメリカなどでも、チャイナタウン、コリアタウンなどと並んで、ジャパンタウンがあります。ただ、ジャパンタウンが違うのは、そのタウンを日本風に装飾したりしていない(チャイナタウンは中国の風景の自己主張がある)ことと、
もうひとつ、これがいちばん大事なのですが、町も建物も、部屋の中も、非常に衛生的できれいなのだそうです。

多国籍の米国社会で、日本人が比較的早くから好意を持って受け入れられた(太平洋戦争以前は、日米はとても仲良し)理由のひとつとして、日本人街がとても清潔であったということがあげられるのだそうです。

これは司馬遼太郎のアメリカ紀行に書いてあったことで、読んだとき、ああ、なるほど!と膝を打ちました^^

実際、黒人街などは、とても臭い。黒人に部屋を貸すと二度と白人に貸すことができなくなるくらい、部屋が臭くなる。レストランなどで、黒人の入店を禁止している店があり、これが人種差別だという人もいますが、実際には差別とかじゃなくて、日本でいったら、一流レストランに、ホームレスのおじさんが入ってくるみたいなもので、あたり一面、臭くなって他のお客さんに不快がられる。
だから、やむなく入店禁止にしているのだそうです。

他に、入店禁止といえば、コリア禁止も一部にあるようですが、これはニオイとかじゃなくて、店内でわけのわからないことを言い出して火病になる。だから禁止にしている。さもありなんです。

韓国では日本人入店禁止の店がありますが、こちらは政治的意図的なもの。ニオイや、本当の商売上の都合とは異なります。

おもしろいものですね^^

>舞桜さん
コメントありがとうございます。

戦前の外地で、日本人というだけで偉そうにしたり、現地の人をあしざまにしたりする者は、日本人とは 呼べない、そういう見識というか、誇りというか、そういう精神性の高さが、日本人にはあったのですね。

だいたいボクは「えらぶるひと」が嫌いでして、どんな偉い人でも、どんな金持ちでも、どんなに地位が高くても、裸になりゃぁ、ただの人って思うんです。

人間に上下なんてない。社会的な役割分担があるだけ。そう思うんですね。

このブログについては、政治ブログ関連では、偏向が著しいほど人気が出る?みたいな傾向もあるようです。
でもボクには無理なので(笑)、まったりペースで、ゆっくりいきます^^

舞桜

志が高く掲げられているか
人は誰でも迷い生きていく。。
でもそんな時に常に原点回帰は、できる、
誇り高い心の精神性を持つ生き物が、
人間だと思うし、それを 人と呼ぶ。
心を見失ったら、後は動物に近いか、動物だ。
(。´Д`)ノ

反発をくらいながらも、いつも、よく書き込むのだけど、
本当は日本人とは、「大和魂」を 持つものが日本人である
と信じている。

日本人というだけで、偉そうに、日本に甘えていたり、
利用したり、さらには、 日本を食い尽くそうとしているような
日本人は真の日本人とは 呼べないと思うから・・。

今日本にいて、この地での恩恵を受けている。
ありがたいと感謝し、日本に報恩として、
何か還元できる思想なり、文化なり技術を
後世に残せるか、と思うことが、大事だと
思うのです。(;_;)

午うま年の私は”目の前のにんじん”の上に、
しし座でもあり、瞬発力のある自分に、
気が付いたので、特に言えるのですが、
ものすごい速度で走ってる人間は、
まわりの景色は飛んでいってしまい、眼の前の、
視野というのも縮まり、限られてくる。

横から何が出てくるか分かてないし、事故に
つながる前に、こういう日本人も、時には周りの
景色を楽しみ、豊かな気持ちを見つけ出し、
又、何処のほうへ、何のために走り出すのかなど
自分に問うことも必要なのでしょう。

誇りなき心は、人以下だと、酷な事を書きました
・゜゜・(>_<;)・゜゜・
でも、ずっと、走りっ放しで眼が釣りあがってしまい、
コメント欄も、心も荒れてしまう時には、たまにはこういう
記事があると、他の政治ブログにはない、 癒しになるでしょう。
この際、いっそ立続けに、しばらく このような「お得意の分野」で
記事を書かれたら いいと思います。

A子

「痰壷」 考
 少なくとも 「痰を吐く」 という行為については、 一種の文化でしょうね。
 何が文化かといえば、 彼ら中国人は、 痰を吐くことは健康に良いと信じてきたからです。
 日本でもそれを受け継いだか、 お若い方々には信じられないでしょうが、 つい30年ぐらい前までは公共施設、 例えば病院の廊下にまで 「痰壷」 が備えつけてございましたことよ。
 シンガポールあたりでは道に唾を吐いただけで罰金刑ですけれどね。

 息子などは蕎麦やうどんを食べるとき、 「すする」 ということをしません。 ズズーッと音を立てないということです。
 そのうち、 落語の「時蕎麦 (発祥は上方落語の『ときうどん』)」 、 解説抜きでは聴けなくなるかもしれません。

 世界標準として、 音を立てずに食べるのが マナーにかなっているとなれば、 それを取り入れるのが日本人です。 彼ら中国人は世界のどこでも チャイナタウンを築き、 自分達のやり方を変えない。
 いずれのやり方がより文化的で、 アイデンティティーを大事にしてるかは別にして、 中華思想が欧米的発想から遊離している例ですかしら。 小中華の韓国人も、 あちこちで評判悪いですわねっ。

bb

ねずきちさん、こんばんは。
ジジババ日本なら彼の国は孫?ついつい甘やかしちゃいそう・・・
それにしても動画、言葉は悪いけど「目くそ鼻くそを嗤う」がぴったり!!

ねずきち

カデナさん、コメントありがとうございます。

そうそう!!

そこが問題なんですっ!!q('〇';)p

www

カデナ

楽しく拝見いたしました。
ほほー、という感じです。
しかし、その「日の丸オヤジ」もなんだか弱腰?
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク