よくやった!麻生総理 定額給付金込みで2次補正予算案26日成立へ



民主党が23日、党本部で幹部会を開いて、総額2兆円の定額給付金を盛り込んだ08年度2次補正予算案ついて、26日の参院予算委員会と本会議での採決容認を決めました。

参院では野党多数なため否決なのですが、衆参の議決が異なるため、憲法60条の規定によって衆院の議決が優先され、26日夜にも政府案が成立する見通しとのことです。
■関連記事=[2次補正予算案]26日成立へ 民主が参院採決を容認
http://news.livedoor.com/article/detail/3987873/

衆議院が与党多数、参議院が野党多数というねじれ国会において、与党案は、衆院通過後、参院で否決となり、憲法60条の規定によって衆院決議が採用となる。

だから、どう転んでも、衆議院で通過した以上、コトは可決します。

それがわかっていて麻生氏率いる与党は、さもしいだの広辞苑がどうのだの、果ては2兆円は来年度以降に使えだの、露骨な言葉の暴力や罵声や中傷めいた質問の予算審議を20日間も続け(予算案提出から起算したら、3か月になる)、このことだけを“集中審議”したうえで、採決にはいっています。

誰がどうみても、「審議は十分尽くした」といえるのではないでしょうか?

一部の報道をみると、「国民への十分な理解を得ぬままに成立」なんて相変わらずの報道もありましたが、そもそも国会という場が、国民の代表が議論し、審議をする場で、この一事に、これだけの長期間にわたり審議をしたら、すくなくとも、これ以上は、必要ない! これでまだ不十分だという議論は、反対のために反対しているだけで、日本の景気対策をいたずらに引き延ばす行為であり、日本の庶民に対する敵対行為といえる!(笑)

だいたい、衆議員で与野党合意の上でいったん可決したものを、党首の意向かどうか知らないが、衆院と同じ顔ぶれの審議会で、あーでもないこーでもないとグタグタと審議を引き延ばし、さらには意味もない「代案」なるものを突然登場させて反対だ、反対だ!と子供じみた喧嘩をふっかける。

これが、これから一国を担おうとする政党の良心かと、暗澹たる思いにかられます。

ともあれ、可決。おめでとうございます、と言いたい。

はやく、定額給付金、くれ~~~!(笑)

すこし予算をつぎ足して、横長の液晶テレビを買うのだ(笑)
最近、だいぶ安くなってきてるしね^^b

---------------------------------------


ねずきちは、宗教的政治的な妙なこだわりが全然ないです。自民、民主、社民、公明、共産、それぞれの主張を謙虚にちゃんと話を聞こうという姿勢でいます。妙な野心というか、故意に日本をどこかに連れて行こうというものには、頭から猛反発しますが、目先の問題について、まじめに、きちんと、対応を図ろうとするもには、政党や主義主張にこだわりなく、賛成します。それがあたりまえの姿勢だと思っています。

なんというか、パブロフの犬(※)にはなりたくないのです。自民だから反対だ、民主案だから反対だ、あるいは選挙のために反対だ・・・そういうのは、イクナイ(笑)
物事に対してただパブロフの犬のように“反応的”になるのでなく、やっぱり相手の言うことをちゃんと聞いて、自分なりの価値観でちゃんと考えて、判断する。そうあるべきものだって、常々自分にいいきかせています。
(※)パブロフの犬=犬にエサを与えるときに必ずベルを鳴らすようにしたところ、犬はエサが無くてもベルを鳴らすとよだれをたらすようになった。物事に対して機械的に反応する様子の喩え。

下の動画は、公明党のものなので、それだけで反発する方もおいでかもしれませんが、ちゃんと話を聞いたら、ものすごくまじめでまともに2次補正を語っています。少なくとも漢字テストや、来年度予算で話をゴマカスような点は、どこにも見当たりません。芸能のお笑いネタじゃあるまいし、政治というのは、やはり、ちゃんと、まじめに取り組むべきもの、そう思います。

お答えします 「 第2次補正予算」


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

国民!

給付金はオーストラリアでは失敗に終った
豪の一時給付金はギャンブルに? 景気刺激策に批判
http://www.47news.jp/CN/200901/CN2009012401000131.html


【シドニー24日共同】オーストラリアで昨年12月に
スロットマシンに記録的な金額がつぎ込まれたことが判明、
政府が景気刺激策の一環として同月に配った一時給付金が
「ギャンブル業界を潤わせた」と批判の声が出ている。

ギャンブル規制強化を訴える専門家や野党議員らは
「給付金と賭け金増加の因果関係は明らか。
個人消費刺激のもくろみ通りにいかなかった」と批判している。
 同国ではスロットマシンをはじめ各種の賭け事が盛んで、
ギャンブル中毒が社会問題となっている。


1部記事から。


まあ日本もギャンブル中毒者が多いですけどね。
競馬、競輪、オートレース、
競馬は国庫に戻るだけですし、
特に問題が多いパチンコ、競艇は、
長銀を使っての不正送金をされること。


衆院予算委】仙谷議員、定額給付金の法的根拠問う 法律なしの実施を政府認める 
http://www.dpj.or.jp/news/?num=14936


<定額給付金 実は施行のための法律が無かった。地方財政法にも違反!2>

[定額給付金 法根拠あいまいさ浮き彫りに 衆院予算委]
 2月6日20時33分配信 毎日新聞

定額給付金の法的根拠について6日の衆院予算委員会で取り上げられ、
根拠法や 関連政令のあいまいさが浮き彫りになった。

財務省と総務省が1月9日にまとめた政府統一見解では
「必要があると(国が) 認める時に(自治体に)補助金を交付できる」
とした地方財政法16条を根拠と した。

これに対し、仙谷由人氏(民主)は6日の予算委で
(1) 98年に閣議決定された 地方分権推進計画は、
16条による補助金を災害対策などに限定する原則を示し、
定額給付金は該当しない

(2) 地方自治法245条の2は、自治体の事務処理に 関し
「法律または政令によらなければ国の関与を受けない」と定めており、
総務省が1月28日に市区町村に通知した支給要綱は根拠がない--と指摘した。


外国人留学生にも「定額給付金」 「血税の使い道違う」とネットで怒り
http://www.j-cast.com/2008/12/22032709.html


外国人留学生「中国人中心」にも貰えるのは可笑しいでしょうし、
自民党、公明党「創価学会(在日)」は何を考えているのか?

在日は貰う資格ないです。

ねずきち

うわばみふかおさん
コメントありがとうございます。

泣いて馬食を斬るという言葉がありますが、いままで可愛がってきた部下を斬らなければならない事態というのは、本当に悔しくて、哀しくて、残念な気持ちいっぱいになります。
お気持ち、よくわかります。
人を大切にする。人は石垣、人は城。そういう概念が希薄になってきている昨今において、うわばみさんの、せめて「誠心誠意を尽くしその者の身の立つ方向付けが出来ぬものかと、僭越ながら考え込んでおります」というお言葉のなかに、うわばみさんの部下を大切に思う気持ち、親方としての責任の重さを感じます><;;

うわばみふかお

おはようございます。
ねずきちさんの、スタンスに感謝いたします。

 色々と実生活で、私の周りで東京方面からの激震が起こりそうな、余震を感じております。

 働く者を斬る側に加担させられている事、助けてあげるためには、当の本人さんの仕事・会社への意識から変えて行く事が必要なのでしょうが、斬ろうと決断された会社も、その者の成長に期待をかけ、気長に折に触れテコ入れを試みて来られたようですが、何らかの裁断を下すⅩデーとなるようです。
 長く懇意にさせて頂き、細々ではありますが、取引も続けさせて頂いて来た会社ですが、雇用問題が取沙汰されている時が瞬だけに、慎重にすすめられてこられたようですが、いよいよ遅すぎるメスを入れるようです。
 ハコモノ行政が糾弾される以前なら、私の一存でその者の一人や二人貰いうけて差し上げる事も出来たでしょうが、所詮考え方や価値観の違う者に手を差し伸べようと、それはP波にビビり逃げ惑う人々を避難所に誘導するだけのものなのかも知れません・・・また取り敢えず避難所に案内し、S波の到来への準備・心構えなどを施すことが正解なのか、と昨朝より悩んでおります。
 そう云う意味では、巧く渦中に巻き込んだ方たちへの反発も無い訳ではありません。他人の仕事(職場職権)を剥奪したり、バッサリ斬ったりすることの、恐ろしさ?を感じ、極めてミクロな世界ではありますが、誠心誠意を尽くしその者の身の立つ方向付けが出来ぬものかと、僭越ながら考え込んでおります。
 「派遣でも、もうチョイましやで」とのウチの若い衆の人物評とも、闘わねばならなくなるかも…。零細の親方の無力と、長いものに巻かれざるを得ないのかと云う感慨に身を浸しております。 

ねずきち

>田舎人さん
コメントありがとうございます。

ETCでALL1000円てのは、ほんと、マジですか!?って感じです^^
まじで、うれしいw

ちょいと日本海あたりの温泉にでもいってみようかな、って気になります♪

>うわばみふかおさん
コメントありがとうございます。

お気持ちはよくわかります。
ボクもこないだzameなんとかいうのに、執拗に粘着されて、反論しちゃいました(笑)
まぁ、不必要なことなんですけどね、当事者となるとね。なんか言われてただスルーするのがいいとは言われるんですけどね、言わなきゃわかんないってこともありますしね^^

ともあれ、(^ー^)お疲れ様でしたぁ~♪

ゆっくりビールでも飲んでくださいな^^

あ、それと、石井先生なんですが、おそらく野党でもあり、それほどのパッシングはないかとは思うのですが、あの程度でくじけるようなヤワな先生じゃないと思いますし、お会いする機会があったら、いまの利害じゃなくて、本来の先生の政治的信条を発露していただきたいと、言ってたおやじがいた、と話しといてくださいな。

石井という親分さんが、日本の政治家をやっているのです。
残り少ない人生かもですが、その最後の人生を、全力を注いで、本当に日本の、日本の精神の破壊を阻止し、未来の子供たちに誇りある日本を取り戻すために、体をはって戦っていただきたい。
流行りに流されるのは、先生らしくない。
そう思います^^

うわばみふかお

気長に待とうよ、日本人なら。しかも純粋なんだから。
 おはようございます。もう私も、知らず知らず歳なんですねえ、どんなに飲んでも、雨でも寒くても、いつもの習慣で5時過ぎに一端目が醒めてしまいます。
 眠いのを堪えミネラルウオーターをグッと注ぎ、おもむろに高血圧気味に、飛び起きます。
 で、眠気マナコでノートを開いたら…。 結局、この記事を読み始めたら、左手の「最新コメント」の欄が、記事の文字を追う視界の隅の方で、見たことのあるIDと記事タイトル…オモニが走る、いや私は日本人、おかんが走る…違った悪寒が走る。(すんまへん、眠気でおつむまだおむつはいてまんねん)
 おかげでクルマにチャリンコ積んでるものだから、朝の寒気をついて、一気に古都を自慢のチャリンコで駆けて、時には低い階段をジャンプして下りたり、飛べそうなもんを飛んだり…人出がないうちにトレーニングに出ようと思ったけど、止めときますわ。何しろブレーキが無いから(クランクを逆転させて止める)、この時間になると土地勘の無いとこは危ないわ。
 女将さんに頼んで、朝風呂にでも入れていただきますわ。私は気が短い反面、恐ろしく潔く諦めも早いのです。気の長い濃厚な精神力を、持ち合わせていないのです。
 でもそれでいいのです。給付金も決着しましたから、有難いと感謝の気持ちとともに、阪神のオープン戦の小遣いにしますわ。ところで、それまでに間に合うんですかね、下らん色付きの文字ちゃちゃ(←気の長い方のおちゃめをみならってマス)が入らなければ、完全に間にあったのになぁ。残念です。
 尚、後で気付いたのですが、私の回答した質疑の前に、まだそれより烈しい質疑・抗議・反論があったのですね。どうしてもCOMMENTをクリックしたのでなく、最新コメントから入ったもので、最終コメから拾ってしまったのです。
 でも、気の長い方の事、無礼だとお怒りになっても、気長に怒りを維持して、巧くゴミ捨ての方に心血を注いでくださいますでしょう。。。。少しですが、再度横のなって、冷蔵庫のビールでもいっときますか…おーっとこれも気の長い方の怒りを益々引き伸ばすのと、ゴミ対策に燃える気持ちを加速させるでしょう。アテが無いので…アテは起き抜けのタバコにしましょうかねぇ。(まるで石井一先生のそっくりさんです)

田舎人

今回の2次補正には、日曜祭日高速道路どこまで行っても、ETCでALL1000円も入っているので、そういう意味でも早く通って欲しいものです。あとは関連法案ですね、それさえ通れば給付金は我らの手に、デジタルテレビを買って、CO2、40%削減で環境も万歳だ。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク