見るに堪えない中国の自己肥大



昨日は、中国関連のニュースが目につきました。

いわく・・・

<記事引用>----------------------------------

■ 日本、ドイツの没落!世界は米中がリード Record China
http://news.livedoor.com/article/detail/3991571/

2009年1月25日、米ブルームバーグ通信社は記事「G7を忘れよう、米国と中国だけで十分だ」を配信した。金融危機の影響で日本やドイツなどG7参加国の実力は低下、真に世界的な影響を持つのは米中だけになると予測。

中国は2007年にドイツを抜き国内総生産(GDP)世界第3位へと成長、日本を抜き世界第2位の座につくのも時間の問題と見られる。改革開放以来、中国のGDPは70倍にまでふくれあがった。わずか30年という短い期間でこれほどの成長をなしとげた例は歴史上存在しない。

金融危機の影響の下、日本やドイツをはじめとするG7参加国の影響力は低下している。すなわち世界をリードしているのは米国と中国の二国間関係だという。ブルームバーグ社はその意味で米中の対等な協議の場が必要だと指摘した。現在の米中戦略経済対話は米国が一方的に要求を突きつける場となっており、中国側から要望が提出された時には米国官僚は思ってもみない事態にぼうぜんとしたほどだったという。

しかし中国は少なくとも6500億ドル(約58兆円)の米国債を保有しており、その売却は米国に致命的な影響を与える。もっとも米国債の売却は不景気に苦しむ中国の輸出企業にとってさらなる打撃となる。つまり米中は経済的に相互依存の関係にある。これを考えれば、対等な協議の場を設けることは不可欠で、オバマ大統領にとって喫緊の課題となる。

■ 世界との協調姿勢示した中国が台頭 Record China
http://www.recordchina.co.jp/group/g24734.html

2008年10月9日、米ブルームバーグニュースは「協調利下げに参加した中国はアジアのリーダーになる」との記事を掲載、利下げを拒否した日本を強烈に批判した。環球時報が伝えた。

10月8日、米連邦準備制度理事会、欧州中央銀行、英イングランド銀行、スイス国立銀行、カナダ中銀、スウェーデン中銀の欧米主要中央銀行6行は世界的な金融危機に対応するべく0.5%の協調利下げに踏み切ると発表した。

同じく8日、中国人民銀行も預金準備率を0.5%、預金基準金利と貸出基準金利を0.27%引き下げる金融緩和策を発表、世界と歩調を合わせて金融危機に立ち向かう姿勢を示した。

一方、日銀は協調利下げに「強い支持」を示したものの、利下げ自体は行わなかった。

ブルームバーグニュースは「10月8日はおそらくアジア経済のバランスが変わった重要な日になるだろう」と報じ、積極的な動きを見せた中国がアジア経済のトップに立つとの見方を示した。
一方、独自の立場を貫いた日本は「辺境の位置に甘んじることになるだろう」と皮肉った。

■ 日本上回る15人、経済リーダーに選ばれる=アジア太平洋Top100、インドとともに躍進―中国 Record China
http://www.recordchina.co.jp/group/g12081.html

2007年10月17日、雑誌『アジアマネー』9月号は“2007年度アジア太平洋地区の経済リーダーランキングTop100”を掲載した。1位はインドのタタグループの総帥ラタン・タタ氏。2位はオーストラリアのマッコーリー銀行のアラン・モスCEO。3位は昨年から1ランクダウンして、シンガポールテマセクホールディングス執行取締役の何晶氏となった。

今年のランキングでは中国、インドの躍進が目立つのが特徴。Top100の出身国別上位は、中国人15人、インド人14人、日本人13人、香港・マカオ地区11人、シンガポール8人となっている。

------------------------<引用終わり>--------

こういうのを、「豚もおだてりゃ木に登る」っていうんでしょうかね。

他国が開発した技術を、安い人件費で粗悪・格安で売り外貨を稼ぐ。

加えて、偽ブランド、毒入り食品、毒入りおもちゃ、毒入り被服。地元の環境破壊は世界一。

中国は、アメリカに58兆円貸してるというけれど、日本は900兆円貸している。むろん中国にも貸している。

鼻高々になる前に、日本のカネ返せ!!といいたい。


だいたい、中国の発表する数字なんて、あてにならないものです。

南京問題に関しても、最近は犠牲者数を40万人(!)と言い始めています。
当時の南京市の人口をはるかに超えている!!(笑)

中国は、抗日抗争の死傷者3500万人というけれど、これにしたって、

【抗日戦争における中国側被害者数の変遷】

1945年  死者 130万人(中国国民党発表)
1945年  死者 130万人(GHQ発表)
1950年代 死者1000万人(共産党が政権を奪取した年代)
1960年  死者1000万人(中共政府発表)
1970年  死者1800万人(中共政府発表)
1985年  死者2100万人(中共政府発表)
1995年  死者3500万人(抗日戦争記念館)
1998年  死傷者3500万人(江沢民の言葉)

50年で発表数字がなんと27倍!!

そうはいっても、130万人もいたなんて、日本はヒドイ・・・なんて思う方がいるかもしれませんが、中国共産党の指導による「大躍進」政策の失敗や「文化大革命」の武闘で死んだ中国人は6000万人と言われています。
そしてその多くは、政治犯として、極めて残虐な殺され方をしている。

死者の数は、経済のカネの話とは違うから・・・と思われる方に、もうひとつ。

【抗日戦争における中国側被害金額の変遷】
1951年  500億ドル (中共政府発表)
1983年  600億ドル (中共政府発表)
1991年 1000億ドル (中共政府発表)
1997年 5000億ドル (中共政府発表)
1998年 6000億ドル (中国政府発表)

これも47年で、12倍に増えている。


それにしても、下の動画にもあるのですが、中国は15億もの人口を擁しながら、経済は典型定期な外需依存型。このため世界同時不況のあおりをもろに受けています。

しかしね、市場が期待しているのは、中国の多くの人口による中国国内市場です。
15億も人口がいて、内需が伸びない!?
ありえません。どっかいびつだ。

文化大革命のころ、毛沢東が、鉄は国家なり!という当時の世界の潮流を受けて、紅衛兵をつかって、中国全土から、徹底的に鉄を徴収したことがありました。

少年少女からなる紅衛兵は、全土・全家屋から、とにかく鉦目のものを、徹底的に徴収した。
なべ、かま、フライパン、家のクギ、ドアの取っ手、針金、包丁・・・・
で、学校の校庭に積み上げて、火を付けて燃やし、真っ黒の、カタマリを作って中央に送った。
鉄といってもね、混じりものだらけの粗鉄じゃ、使い物になんてなりゃしません。

しかし、中国政府の発表は、わが国鉄鋼の生産は、世界○位!!

いまだって、どうにもアヤシイものです。

中国バブル崩壊



人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

北の熊

ねずきちさん、こんにちわ。
シナを支配なんてとんでもないですよ。
というよりは分裂国家にしてシナの弱体化をはかったほうがいいという考えです。
民族自決の分裂した国民国家、そのほうが日本にとっても都合がいいとおもいませんか?台湾の独立も保証されるし、日本のシーレーンも沖縄周辺も静かになると思います。
国益追求ならそのように画策するのも一つの考えではないでしょうか?
国防のありかたの手段のひとつとしてです。

ねずきち

>くまさん
コメントありがとうございます。

おそらく中国共産党も、その分裂、民主化を恐れている。
だから、民主主義で繁栄をするお隣の日本を、ある意味、ぐちゃぐちゃにしておかなければならない。
ふた昔くらい前には、日本にやってきた中国人男性が、日本の家屋には、どこの家にもテレビがあると、国に帰って話したら、あいつはとんでもないウソツキだ、と言われたとか。
情報がない中では、故意に情報を操作することで中国共産党こそ世界一と宣伝できたものが、ネットの普及で、繁栄とは何かについて、中国の一般市民が知るようになると、よけいに隣国を叩き潰しとかなければならないというふうに思考がはたらく。
それだけに、危険だと思うのです。

>ナポレオン・ソロさん
コメントありがとうございます。

そうなんですよね。130万人の数字の正確性はともかく、中国人を殺戮したのは、同じ中国人だった。このことが現代中国では、いっさい教育されず、もっぱら悪いのは日本人と教えている。
だいたいね、当時の日本に、仮に、130万人を鉄砲の弾、1発ずつで殺すとしてね、130万発もの弾、どこにあるんだ?って思いますよ。

ほんと日本は貧乏な中を戦った。そんなよけいな弾薬を使うような余裕は、日本にはありゃしませんやね。

これがもしね、日本がほんとうに侵略国家で、支配地から収奪行為を働いていたなら、それだけの弾ぁ、調達できたかもしれませんがね、当時の日本は、まったく反対に、各地のインフラ整備や教育にめちゃくちゃ、お金を投下していた。
ただでさえ貧乏なのに、それでよけいに貧乏になった。
その貧乏な状態で、連合国相手に戦ったのです。
すごいことです。

>bbさん
コメントありがとうございます。

麻生さんの施政方針演説、素晴らしかったですね。
ほんとうに、この人こそ、総理にふさわしいって思いました。
民主の議員は、あれを聞いてどう思ったんですかね。
心ある人物なら、いまの民主党の在り方について、疑問をもってもらいたいものです。

素晴らしい演説だったので、今日の報道を、実は楽しみにしていたんですが、いやはや、残念至極。

メディアって、なんでこう情けないんだろう?!
まったくもって嘆かわしい><;;

>北の熊さん
コメントありがとうございます。

実際の話、日本が中国を統治したら、50年後には、中国の一般民衆は、中国4000年の歴史上、最良の時代を謳歌できるようになると思いますよ。
なこたぁ、金輪際、ごかんべんですけどね。
でも、これだけはいえる。
中国は尊大になるのではなく、日本の良いところをむしろ謙虚に、積極的に学び、ほんとうに庶民のための政治体制をいちにちもはやく実現したほうがいい。

>あきちゃさん
コメントありがとうございます。

≪日本に正義はない≫
実際、そうなんですね。
これが、「亡国」というものじゃないかと思います。

ただ幸いなことに、日本はソマリアのような無政府状態まではいってない。
ここ一番、麻生さんには選挙なぞせず、踏ん張り抜いてもらいたいものです。

>八目山人さん
コメントありがとうございます。

ちょっと考えれば、誰だってわかる計算ですよね。
そういうマヤカシを、政府が堂々と発表でき、しかもそれに異を唱える者は投獄しちゃうというのが、中国という国の恐ろしいところです。
ひどい話です。

>チャチャさん
コメントありがとうございます。

ブルームバークが、中国からカネをもらったんでしょうね。

>桜さん
コメントありがとうございます。

≪シナ・朝鮮の記事や統計をマトモに信じるなどあり得ない。信じるのは確信犯のアメリカと平和ボケ日本人以外いない≫

そうなんですよね~
素人にもわかるような、あんなマヤカシが、どうして通用しちゃうのか。
わけがわかりません。

シナ人笑わせてくれます(笑)

シナ人の記事は、
全て反対に取るようにしています。

こんな記事を載せるようじゃあ、
シナには益々国家破綻の危機が迫ってるんですね

シナ政府に都合の良い記事は
100分の1くらいに、差っ引いて読んでます。

シナ政府に都合の悪い記事や統計は
100倍くらい水増しして、読んでいます(笑)

あの北朝鮮も同じ
金豚が元気だとい噂を流しているのなら、
きっと、金豚は重症なのでしょう。

シナ・朝鮮の記事や統計をマトモに
信じるなどあり得ない。
信じるのは確信犯のアメリカと
平和ボケ日本人以外いないでしょう


チャチャ

本当なんでしょうか?
これ読んだときにはレコードチャイナの願望か捏造ニュースじゃないかと思いました。あとブルームバーグの担当者が中国からお金貰って書いたとか、ブルームバーグ自体に中国の資本が入ってるとかの可能性を考えましたよ。単純に信じられなかったからですが。何の見返りもなくブルームバーグが書くとは思えないけど、もしそうなら何の目的があったのか知りたいところです。

レコードチャイナは異様なまでに中国に都合の良い記事が時々出してあります。中国が情報操作のためにニュース媒体を使うことは常識ですよね。それにアメリカの媒体のネームバリューを利用することも多い。未だにこれも私は半信半疑だなー。

八目山人

南京小虐殺
1995年 死者3500万人 となっています。
盧溝橋事件 昭和12年7月7日から大東亜戦争終戦 昭和20年8月15日=8年1ヶ月=97ヶ月
と言う事は
35,000,000÷97=360,824
一ヶ月に36万人ずつズーッと殺し続けなければ、出来ない数字です。
30万人では、確かに南京小虐殺ですね。

あきちゃ

(´・д・`)
脱力感MAXの記事、ありがとうございます(゚Д゚;)

世界が真実を知る日が来るのでしょうか?
日本は崩壊せずに持ちこたえられているでしょうか?

民主党に都合の悪いことは一切報道しないマスゴミ。
なぜ更迭されずに議員続けられるんでしょうか?

もう日本に正義はないのでしょうか、、、
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

北の熊

共産主義の国の経済を資本主義の視点で判断するとこのようなアホな記事になるということがわかっていないお馬鹿さんとしか思えないですね。環境問題、極端な貧富の差、ATMから出てくる偽札、外資の進出で初めて近代化の足がかりをつかんだばかりなのにこの大言壮語。宇宙開発にカネを注ぎ込み黄河が干上がっても何もしない。こんなアンバランスな国の経済を何をもって米中の時代とするなんて思考になるのか小学生でもわかること。
中国の歴史を清の時代から顧みればわかることです。現代の欧米の経済進出が清の時代の列強の武力進出に変わっただけのことです。
内部矛盾による国内崩壊しかありませんね。
日本は文化でもなんでもいいから逆にシナを浸食すべきだと思います。こちらもされてるんですから。

bb

ねずきちさん、こんにちは。
欧米人は、基本的に有色人種に優越感を持っているのでしょう。子どもの頃は結構憧れだったけど、今は鎖国したいくらい。お隣も面倒な国だし、自分の生活では、ご近所付き合い大好きなのですが、価値観の違う国と付き合うのは、忍耐力いりますね。

今、国会中継で麻生さんの施政方針演説拝聴しました。素晴らしかったです。着々と頑張って欲しいです。

ナポレオン・ソロ

シナの被害者数について、異論
 しかし、ブルームバーグが是ほど経済音痴とは知らなかった、早速「お気に入り」から削除して終いましょう、読む価値がない。

 シナ発表の戦争犠牲者数130万人について、一言だけ。

 戦時にシナ人民に最も懼れられて居たのは国府軍、詰まり、味方の筈の政府軍でした、特に、通州事件を起こした北伐軍は悪名が高く、彼らの襲来を聞くと端から逃げ出す農民が多かった、その点、日本軍は「民間人は保護する」という軍の方針だったから、生命に危機がある場合を除き、兵隊以外に銃を向ける事は軍律違反として処断された、それでも130万と言うのなら、シナ大衆から赤匪=強盗団と呼ばれた共産党軍がシナ大衆に及ぼした被害者数を挙げて看よと云いたい、事実の背景無しにはそんな言葉が生まれるわけもないだろう。

くま

まあ、別に目新しい事ではないですね。10年以上前から、21世紀は中国の時代と言われる方々が多くて、小説や映画の世界では中国の覇権を題材にしたものも多いですからね。
但し、同時にねずきちさんのおっしゃるように政治、経済の『いびつ』な部分を指摘している、学者やジャーナリストも多いですわな、むしろまともな知識を備えている方たちは、近い将来に中国は分裂し、民主化へ向かうんじゃないかと、唱えてる方も多いですよね。私も同じ意見ですが、中国は一国としての人口量が強みだったんですけどね、そうなったら欧米の大企業に各個に食われて
お終いじゃないかな?
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク