道路行政と利権のお話

締切間近!平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中
↑↑↑クリック↑↑↑


人気ブログランキング ←いつも応援クリックをありがとうございます。

いまの日本では、何事も利権が優先し、生活者の利便は後回しの観があります。
政治が利権のための政治に陥るからこのようなことになります。
本来政治は、「おほみたから」である民衆が豊かに安全に安心して暮らせるためにこそ存在します。
いまの日本の道路を見ると、とても残念に感じます。


20190207 ネタニア市


道路の車道と歩道の間に、路側帯と車道を分別するためのコンクリート・ブロックが置かれています。
一昔前までは、歩道は車道よりも一段高く作られていたのですが、近年ではこれが改められて、高さ15cm〜25cmのコンクリート・ブロックが置かれています。

何のために置かれているのかといえば、歩行者が安全に通行できるように、との理由付けがされているのですが、この路側帯のコンクリート・ブロック、自動車を運転する側にとっては、きわめて危険なものです。
たまに、このコンクリート・ブロックに乗り上げてしまっているクルマを見かけることもあります。

歩行者の通行を妨げないという理由は、よく理解できます。
しかし、クルマに危険を及ぼす高さ20cmを越えるブロックを、なぜ設置しなければならないのでしょうか。
都内では、歩道を歩く人の数は本当に多いものです。
けれど、地方に行くと、歩道を歩く人はほとんど見かけず、一方、車道には多くのクルマが通行しています。
そこに置かれたコンクリート・ブロックは、まるで自動車の通行を拒んでいるかのようにも見えます。

もともと、歩道に盛り土していたものが、どうしてコンクリート・ブロックに変わったのかといえば、それがコンクリート・ブロックになれば、生コンの需要が高まるからです。
全国規模では、いったい何十万トン規模になるでしょうか。
何やら利権が絡んでいそうです。

人の通らない幅広の歩道に、やたらに高さのあるコンクリート・ブロック。
果たしてそんな道路行政は、本当に人々の暮らしの役に立っているのでしょうか。

上にある写真は、イスラエルのネタニア市の海沿いの道路です。
御覧頂いてわかると思うのですが、広い歩道がありますけれど、その歩道に切れ込みがあり、そこに車が停車できるようになっています。
ネタニア市は、比較的新しい都市ですが、こうしてクルマと人とが両立できるように道路行政が行われているのです。

日本にも、路駐できる道路はあります。
けれどその路駐は、単に道路の路肩を駐車スペースにしているものです。
そうではなくて、道路から歩道側に切り込みを入れて、そこに路駐できるように工夫したのが、ネタニアの道です。

これを観た時、素晴らしいと感じました。
それで市長に、「素晴らしいアイデアですね」と言いました。
すると市長は、
「これは日本から学んだのです」とおっしゃいました。

日本には、このように歩道に切れ込んだ駐車帯はありません。
おそらく路肩の駐車スペースのことを市長はおっしゃられたのだと思います。
ただし、それを単に模倣するのではなく、そこから一歩工夫を施して、さらに歩行者と自動車が共存しやすいように道路行政を考えて進められたわけです。

いまの日本では、何事も利権が優先し、生活者の利便は後回しの観があります。
政治が利権のための政治に陥るからこのようなことになります。
本来政治は、「おほみたから」である民衆が豊かに安全に安心して暮らせるためにこそ存在します。
いまの日本の道路を見ると、とても残念に感じます。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
https://www.mag2.com/m/0001335031.html


最新動画《大人のための修身入門 第十九回「身体とは?」》
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

bou

アイヌ新法の反対に有志の皆様のご協力をお願いします
北海道ではアイヌ利権があります。
可哀そうな迫害されているアイヌの為でなく
アイヌ以外の人々が入り込みアイヌのために
利権が欲しいと騒いでいます。

【自民党はアイヌ新法を再考すべし!【青山繁晴】 利権や民族分断を招く】
https://www.youtube.com/watch?v=E15Th-_Kyco

参考動画を御聞きのうえ
皆様に首相官邸や自民党への抗議のご協力をお願いします。


首相官邸
https://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

自民党ご意見ご質問
https://www.jimin.jp/voice/

はらさり

ブロック
小名木さん、皆さんこんにちは!

道端のコンクリートブロック…これにも利権やら何やらが絡んでるんですねぇ。
私は運転免許が無いのでよく分かりませんが、確かにブロックに乗り上げてる車は時折見かけます。あんなに高いと危険だというのは素人目でも分かりますよー。

あと、ブロックにつまずいてしまうのは私だけ…?…私だけですね(苦笑)。
でもその歩道には政治的利権が見え隠れしているとは…。もう少し民の事を考えて欲しいですね。

岡義雄

No title
おはようございます!
今日も拝読させていただきました。シェアさせていただきました。
ありがとうございます。
自分が住まう周辺から勤務している周辺、また行動範囲に、仰るようなコンクリートブロックだけで仕切られた歩道はありません。白線だけで仕切られた歩道はあります。
例えば、集落内や団地内の生活道路には偶に見受けられますが、一般道では見た事が無いのです。
コンクリートに関しては、関西生コンの問題があると思いますが、それを前提にお話されているのでしょうか? それとも、麻生セメントでしょうか?
行政が国民の為、国家の為に存在するのは当然ですが、そこに利権が発生している事も理解しています。談合を全て悪とした間違った制度も、一向に無くならない天下りも、天下の悪政「消費税制度」も、他にも山ほど理解できない国民の為にならない制度政策があります。特に在日に対する緩々の制度と言うか放置、外国人による土地買収の放置、沖縄が特に酷い反日行為の放置、上げたらキリがないと思いますが、今回は僕にはちょっと分かりにくいお話でした。

takechiyo1949

歩車道境界ブロック
『全て貴方の行動が原因です。車両にも道路にも一切関係ありません』
いわゆる「縁石」の正式名称は『歩車道境界ブロック』ですから「コースアウト」での事故やトラブルで行政や警察に文句を言っても全く通りません。

現在の道路構造は、国土交通省のコンセプトを眺めても「水や糞尿の垂れ流し防止」という中世の「馬車道」と何も変わっていません。

さて「自立走行車両」の時代に入りますと「人間の目視に頼る走行」とは何も彼もが異なりますから、道路の構造も工法も大幅に変わらざるを得ません。
用途区分を仕切る「縁石」をどうするか…争奪戦は既に始まっています。
法令の改正が先ですが、付いて回る利権争いは今より激化するでしょうね。
『利権のための政治に陥る』ことがあってはなりません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク