アロハ・オエ



ハワイといえば、太平洋の楽園として知られています。
今日はそのハワイのことを少し書いてみようと思います。

18世紀末、ハワイを発見したのは、有名なキャプテン・クックです。
そのクックを先頭に、ハワイに来島した白人たちが持ち込んだのが、

貿易商、キリスト教宣教師
麻疹、結核、コレラ、ハンセン病、梅毒・・・

欧米から来た白人達は、土地所有の概念のなかったハワイで、ただ同然で土地を買い占め、国土の75%以上を所有。
抵抗力のない先住ハワイ人は、クックが来島した頃30万人だった人口が、1872年には5万7千人にまでに落ち込んでしまいました。

ハワイ諸島を統一したのは、カメハメハ大王です。
彼は、欧米人種と対抗するために、明治維新のときの日本と同じように、一方で彼らから武器・弾薬を買い、一方で種々の部族がひしめくハワイ諸島を統一しました。武器購入資金は、サトウキビ等の輸出など、国内産業の発展によって賄いました。
しかし輸出相場の変動、疫病の蔓延などにより、国力は徐々に低下していったのです。 

そのカメハメハ大王の孫にあたるカラカウワ大王は、1881年に日本に来日しています。
当時の日本は、有色人種で唯一の独立国。有色人種の希望の星だったのです。

そして大王は、アメリカ人の随行員らを出し抜き、日本人通訳のみを連れて、密かに赤坂離宮を訪れ、明治天皇との会見を乞います。
天皇側は夜中の訪問を不審に思ったが、とりあえず会見。

そして大王は、ハワイ王国の内憂外患の窮状を述べ、5つの協力を仰ぎます。

第一 日本人移民の実現(ハワイ人の人口減少を同一種族である日本人の植民で補う)
第二 やがて王位を継がせる姪のカイウラニ王女と日本皇族・山階宮定麿親王との婚約。
第三 日本・ハワイの合邦(連邦)
第四 日本・ハワイ間の海底電線(ケーブル)敷設。
第五 日本主導による「アジア連邦」の実現。

しかし、明治維新後わずか14年の日本には米国と対抗する力はありません。

翌年、 明治天皇はカラカウア王に特使を派遣して、婚姻の議などは謝絶します。
しかし、移民については実現し、1884年、日本・ハワイ移民協約が締結しました。
1885年、ホノルルに到着した第一陣の日本移民のために催された歓迎会には、大王自身も列席され、日本酒が振る舞われ、ハワイ音楽やフラダンス、相撲大会が催されたといいます。

1891年1月 病死したカラカウア王の後を継いで、後継者として指名されていたのが、大王の実妹リ リウオカラニ女王です。

1893年1月15日、女王はハワイアンに選挙権を与え、市民権を持っていない白人からは選挙権を剥奪するよう、憲法を変えようとしました。宮殿前には、女王を支持するハワイ国民が集まります。

これに対し米国公使 スティーブンスは、翌16日、「米国人市民の生命と財産を守るために」と、ホノルル港に停泊中の米軍艦ボストンから、海兵隊員160余名を上陸させ、政府庁舎や宮殿近くを制圧。
軍艦ボストンの主砲は、イオラニ宮殿に照準を合わせました。

「無駄な血を流させたくない・・・」と言う女王が、退位を決意。
これにより、ハワイ王国は滅亡します。

しかし、当時のハワイには、日本人25000人が入植している。
そこで、急きょ、日本から巡洋艦「浪速」と「金剛」が警備のためにハワイに向けて出港します。

翌2月23日、到着した「浪速」は、米軍艦ボストンの隣に投錨。

艦長は、若き日の東郷平八郎です。

軍艦ボストンからみたら、これは実に気持ちが悪い。
「浪速」の乗組員は、いっさい、米政府筋の者たちと会おうとせず、黙々と隣に投錨している。艦首主砲が、ボストンを向いた途端、ボストンの沈没は免れない。

日本の2艦が米人たちに無言の圧力を与えることで、ハワイ市民の混乱や、市民に対する白人の略奪を阻止した。このときの東郷平八郎艦長らの行動は、まさに、戦わずして勝つ!これが究極の武士道だと、ねずきちはひとり感動しているのです。

ここで登場したカラカウア大王は、キリスト教宣教師によって禁止されていたフラダンスを復活させた、フラの父です。
そして、東郷平八郎氏と親交があったといわれるハワイ王国最後の女王リリウオカラニが作詞作曲したのが、有名な名曲アロハ・オエです。

Aloha 'Oe アロハ・オエ(あなたに愛を)

Ha'aheo ka ua i na pali
Ke nihi a'ela i ka nahele
E hahai ana paha i ka liko
Pua 'ahihi lehua o uka

Aloha 'oe, aloha 'oe
E ke onaona noho i ka lipo
A fond embrace a ho'i a'e au
Until we meet again

山たちこめる雲 霧化し森の間間
さがす谷咲く花 潤むいのちつぼみ
ふるさと ふるさと
うるわしのああ まほろば 
もう一度 抱きしめて
さようならふるさと

アロハオエの美しい旋律の陰には、侵略者に踏みにじられ祖国を失う悲しみが隠されているんですね。

この「アロハオエ」は祖国を失うということがどんなに悲惨かということを訴えている。

日本も、もしかしたら敗戦によってアメリカかソ連の領土に併合されて日本国はこの地上から消滅していたかもしれないのです。 

いま私たちが日本語で話ができることにさえ感謝しなくてはいけない

その教訓をふくめて、亡国の経験のない平和ボケ民族の日本は「アロハオエ」に秘められた亡国の哀しみを肝に銘ずべきだと思います。

日本国籍取得条件の甘さが日本亡国を招く


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

>関西在住さん
コメントありがとうございます。

フラは、ダンスという意味・・・
おっしゃる通りですね^^

でも最近では、「フラダンス」が、ひとつの単語となっているようですよ^^


>北の熊さん
コメントありがとうございます。

人権論者とかなんとか言っている連中というのは、自宅に強盗が侵入して、暴力を振るいながら、金品を奪い、女房や娘を目の前で強姦しようとしたときに、
「ハイハイ、あなた方にももちろん人権がありますので、どうぞ好きなようにしてやってください」
とでも言うんですかね?
相手が暴力を振るってくるのに対して、こちらが立ち向かおうとすれば、当然こちらだって傷を負うかもしれない。殺されるかもしれない。
それでも戦って、女房・子供を守るのが男というものだと思うんですがね。
自衛隊員だって、命がけで出かけるんです。
海賊が反抗するなら、先制攻撃による全火力使用許可。
それくらいやって、はじめて「抑止力」になる。
そんなこともわからん奴は、アホです><;;


>surniversさん
コメントありがとうございます。

その後のハワイは、米国領土となって、米国が繁栄することによって、結果的には、平和の象徴のような島になった。
そのことは、それなりに良かったのかもしれません。
しかし、フラダンスを愛し、花を愛し、所有という概念すらもたず、互いに支え合って生きていた平和な30万人の民が、5万人にまで減った。
そして戦前の一時期は、ハワイの民は、奴隷同然となっていた。
そういう歴史の事実と、最後の女帝のアロハオエに注いだ思いを考えるとき、やはり、滅んではいけない。そう思うのです。


>風島ゆかりさん
コメントありがとうございます。

日本が南北に分かれる。その危機を必死の思いで跳ね返したのが、終戦時の内閣です。そうしたことがらを、すべて忘れて、アメさんと一緒になって、東京裁判の検察官にでもなったつもりの日本人がいる。
情けない話ですね。


>A子さん
コメントありがとうございます。

≪国家間に話し合いはない≫
悲しいけど、これが厳然たる事実なんですよね。

現に、話し合って、30年間掘削を凍結したはずの尖閣諸島の石油を、中国は堂々と掘削している。
なんのための「話し合い」だ?

北朝鮮が飢饉に見舞われたとき、野中広務は、「隣国が困っているのに、援助
をせず、心を通わせないで、拉致問題が本当に解決するのか」と、食糧支援を実現した。
しかし、その結果はどうだ?
北朝鮮はもらうものだけもらって、拉致問題など、ほったらかしです><;

≪経済力に見合った、 しっかりした 「使える」 軍事力こそが国を守る≫

おっしゃる通りだと思います。


>ナポレオン・ソロさん
コメントありがとうございます。

そうですか。ナポレオンさんは薩摩隼人なんですね~
その薩摩の先人達が、幕府外交では日本は滅んでしまう!と立ち上がったのが明治維新でした。
いまの日本に必要なのが、その薩摩のぼっけ精神なのかもしれませんね。


>ミヤビさん
コメントありがとうございます。

そうですか♪
東郷記念館で結婚式!
すばらしい!!

東郷平八郎氏が、日露戦争の日本海海戦で、将に選ばれたのは、彼が「ついてるやつだ」からだそうです。
現代風にいうならば、彼はラッキーボーイ^^
バルチック艦隊は、太平洋ルートをとるか、日本海ルートをとるかわからない。
レーダーもなかった時代です。
目視しか敵艦隊を発見する方法はない。
そんな中で、東郷平八郎の読みが、見事に大当たり!
それが日本海海戦の勝敗を決定づけました。

そんな東郷平八郎氏の記念館でのご結婚。
お二人は、きっとラッキーペアとなり、いざとなったとき、幸運の女神が微笑んでくれるものと思いますよ♪


>ZOCさん
コメントありがとうございます。

そうです!!
日本人が、日本人のこころを取り戻せばいいだけです^^v


>bbさん
コメントありがとうございます。

≪安倍元総理が、死ぬ思いで取り組んだ教育基本法の改正です。何とか日本人の誇りと気概を取り戻して欲しい≫

ボクもまったく同感です^^b

ナポレオン・ソロ

憂国派の設立宣言
>bbさん
>>安倍元総理が、死ぬ思いで取り組んだ教育基本法の改正です。何とか日本人の誇りと気概を取り戻して欲しいです
 其の通りです。

 安倍さんの国を思う必死さを理解して呉れる人に、久しぶりに出遭った気がして、凄く嬉しいです。

 憂国派と自称すべき我々の、国を思う気持ちに、一人でも多くの人達の参加を願っています。

 ねずきちさんが先頭です、頑張って下さい。

bb

ねずきつさん、おはようございます。
今年の正月で結婚30年を迎えました。(1月7日という迷惑な日、具志堅のチャンピオン防衛戦があってご招待した人にははた迷惑な日取りでした。後に昭和天皇崩御の日となりました)新婚旅行がハワイでした。若くお金もなっかたのですが、結婚したら海外には当分行けないからと無理しました。案の定、次に海外に行ったのは、娘の結婚式でバリ島。あの地震があったときです。地震の日の朝あんなに離れているのに少しゆれました。
すみません、話が横道にそれました。というわけでハワイは思い出深い場所で、日系人に案内していただき、のんびりした良い旅でした。日本は島国で自然の要塞に恵まれていると思いますが、それは元寇まででしょう(古)。小さい頃読んだ、たしか東欧の実話で、ある日外国に侵略されて、自国の言葉を話せなくなった少年の物語。子供心にそんなことが世界にはあり、日本語が話せる自分たちは幸せなのだとかみしめたことを覚えています。最近今のままでは、あの少年のような思いを孫がするのではないかと心配です。安倍元総理が、死ぬ思いで取り組んだ教育基本法の改正です。何とか日本人の誇りと気概を取り戻して欲しいです。

zoc

日本は白人国家やユダヤのように弱い者いじめをしたことがないし、その当時世界中が勝てるわけないとみていた清、ロシア、米国白人国家群に義により戦った国家。
日本人をとりもどせばいいだけですね。

 ミヤビ

東郷大元帥
どんなひとかも知らないで、東郷記念会館で何十年も前に結婚式をあげていました!
山本五十六も何故か好きです☆
電車の広告で、立派な顔立ちの人で、誰なんだろうと確認すると山本五十六でした。
こういう顔つきの閣僚が集まれば日本は安泰ですね。

ナポレオン・ソロ

ハワイのこの先
 アロハオエがそんな哀しい歌だったとは知りませんでした。

 美しい祖国に寄せる万丈の思いと、護れなかった千尋の悲しみが、隅々まで溢れている様で、心に沁みました。

 東郷さんの英断は、薩摩人の「ぼっけ」から出たモノでしょう、ボストンの主砲も伊達に着いているワケではありませんし、その状況下ならハワイは敵地でしょうから、冷静に考えればカナリ危険な話です。

 私も薩摩人ですが、薩摩では「如何に積極的に、前向きに生き様としたか」が最も問われます、ですから、イザと言う時の決断で、怖じ気や躊躇いの為にチャンスを逃がすのが一番嫌われる事です、日頃の用意が足りない事を示していると看られます。

 でも、力が無い事は哀しい事です、其れを知れば、「負けじ魂」を子孫に伝え「、何時かは独立自尊の国を」を悲願として魂に刻むべしです。

 現在のハワイにとって独立が必要な事なのかと言う疑問はありますが、力ずくの米国支配が、たった100年で壊れて行く様を見ているウチに、新たな世界の兆しが現れて来るのだと信じたい。

A子

国家間に話し合いはない
 左巻きの方達は、 国家や外交を擬人化するのが好きですわね。
 国家間に 「友好」 など存在せず、 中立条約や不可侵条約さえ、 締結時の状況を示しているに過ぎません。 状況が変われば簡単に破棄されるものですことよ。
 過去、 日本も ソ連から酷い目にあっております。

 国家間には 「話し合い」 も存在し得ませんでしょ。 成り立つのは交渉だけであり、 そこには主張と妥協しか存在しません。
 拳銃を持つ人と丸腰の人の交渉がどんな結果になるか、 小学生にでも分かることじゃございません?
 いやいや、 誠意を見せて平和的に話し合えば分かってくれるだろう。 これが亡国勢力の見解です。 冗談じゃございませんわよ。
 国民の安全に責任を持てないお人は、 口を開くべきではありませんね。 まして政治活動をするなど、 もってのほかです。

 欧米列強は世界を好き放題に侵略してきました。 日本が過去、 仕方なく立ち上がったという側面は否定できないはずです。
 経済力に見合った、 しっかりした 「使える」 軍事力こそが国を守るのだと思います。 もちろん、 交渉にも軍事力は必要です。

風嶋ゆかり

韓国・北朝鮮のように、日本も
南北分割されてしまう危機が過去、
あったという話を思い出しました。
日本は今、「渇」を入れる必要が
あるのかも知れませんね。
地盤が緩んでる気がしてなりません。

surnivers

このお話は有名ですよね
当時の日本では正面切って米国と戦える状態ではなかった。
まぁ、今は更に無理ですけれども。
しかし、それでも軍艦を派遣しただけ、当時の方がはるかにましだったと思います。

いま日本があるのは本当に良いですね。
米国から独立できているとさらに良いですね。

北の熊

日本語を話せる幸せ
こんにちは。興味深い、感動するテーマをありがとうございます。
今日の日本の平和を当たり前のことのように受け入れている日本の世の中。
その平和が先人たちの熱い魂と流血の上にあることを拒否しさげすみまちがいであったと教育してきた戦後の日本。
本土決戦をしていたなら間違いなく我々は今存在してなかったであろうことを歴史に埋没させてしまった。
西太平洋で戦った先人たちがいてこそ、本土決戦は回避されたという事実を忘れているがために国防の基本的な抑止力を論ずることもできないでいるのだ。
守る、ということは、くいとめる、のではなく、やればそれなりかそれ以上の代償を払ってもらうということである。そこではじめて抑止という言葉が生きてくる。それは他国を侵略するのではなく、侵略してくるのならそれ相応かそれ以上の損害が出ますよ、という相手国に対する警告になるのだ。
ソマリアの海自派遣は戦場に行かせるのと同じことで憲法9条の足かせで戦場ではないとごまかしているだけである。
隊員の生命をなんだと思っているのか!
怒りがこみあげてくる。
撃沈もやむなし、という判断のもと送り出してあげるべきでそれが海賊に対する抑止になるのだ。
隊員の生命さえ守ろうとしない政党に国防を語る資格はない。それは国政の場に存在する必要のない政党である。なぜなら国民の生命、財産を国土を守ることができないからだ。
ねずきちさん、がんばってください。

関西在住

「フラ」とは現地の言葉で「ダンス」の意味だと聞いたことがあります。
フラダンスでは「ダンス・ダンス」になるので正確では無いと。
せっかく良いエントリーなのに、気になったもので・・・失礼しました。
不要でしたら削除してください。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク