新元号を寿ぐ



人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

20190401 令和
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


昨日新元号が発表されました。
新しい元号は「令和(れいわ)」です。

桜の季節に新元号。
しかも「和(なごみ)」とは!!
素晴らしいと思います。

元号は、天皇の御名御璽をいただいた時点で、その時代を示す御神意となります。
元号が定められるのは、前の元号が終わるときですが、新たに生まれた元号の時代をあとから振り返ってみると、まさに元号はその時代を象徴するからです。

古事記を読むと、最高神であられる天照大御神のお言葉は、時空を超越したものであって、命令ではなく結果であるということがわかります。
同様に天皇のお言葉は、そうしたい、そうなりたい、というものではなくて、そのように表現されていたとしても、それは何年か、あるいは何十年後かに結果になっているものです。
元号も同じです。

明治は「知らすを明らかにする」で、日本は世界に向けて人種の平等を高らかに、明らかにしました。
大正は「大いなる正義」で、大正デモクラシーは、民衆の時代の幕開けを示しました。
昭和は「和を昭(あきら)かにする」で、日本は全力をあげて世界の植民地支配を終わらせました。
平成は「平らかと成る」で、いろいろなことはありましたけれど、振り返ってみれば、右肩上がりの成長ばかりが人々の幸せにはならないということを、日本は世界に示した31年間となりました。

では、新しい元号の「令和」は、どのような時代を示すことになるでしょうか。

令和は「和(なご)み令(せ)しむ」で、和を根幹にすることを御神意とすることを示した元号です。
対立や闘争ではなく、和こそが大事であるということを、これからの日本は世界に示すことになります。

西洋世界が国家同士の争いを繰り返しながら、世界を征服して植民地として支配し収奪していた17世紀〜19世紀、日本は江戸時代というきわめて民度の高い時代を構築していました。
そして西洋世界が、ようやく民衆の自由や平等を手に入れたのが18世紀後半のことです。

ところが日本は、それに先立つこと千年以上も昔に、民衆は国家最高権威である天皇の「おほみたから」であることを明確にしていました。
西洋社会が民主に目覚めた18世紀後半には、光格天皇があらためて、民をこそ宝とすることを教育する京都学習院を設立しています。

文化というものは、王侯貴族が贅を尽くした荘厳な宮殿や、美麗な衣服などの外観のことをいうものではありません。
民衆が互いに慈しみ合い、誰もが豊かに安心して安全に暮らせる社会の構築こそが、文化の香る社会です。
その意味では、日本は世界に先駆けること千年以上もの歴史を持っています。

その日本が、明治以降世界に示し続けてきたことは、人種の平等であり、人々の豊かで平穏な暮らしです。
そして「令和」という元号は、まさしくそのことが御神意であることを内外に宣言した元号となっています。

御神意というものは、ある意味おそろしいもので、それに逆らう者は、何らかのペナルティを受けることになります。
つまり「令和」の時代は、神々の御意思が「和(なご)むことを命ずる」というのですから、対立や闘争を煽るものは、右左関係なく排除されていくことになります。

これは、和のためになんでもかんでも相手の言いなりになるということとは意味が異なります。
互いの尊厳を認めあうところにこそ、和はあるからです。
相手の尊厳ばかりを認めて、自国を卑下することは、もちろん和ではありません。
あるいは逆に、自国の尊厳ばかりを言って、相手を攻撃することもまた、和とは異なるものです。

いつの時代にあっても、内外に問題は山積みです。
しかし問題が起こるということは、物事が動いていることの証(あかし)であって、実はとても良いことです。
何もしていなければ、問題さえも起こらないからです。

そしてそれらの問題の解決の方向として、このたび「令和」というお言葉が降ろされたわけです。

新しい時代の幕開けです。
身を引き締めて、日々是新たに進んでいきたいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

よみびとしらず

寿ぐ
ありがとうございます。まさにご神意であると思われる現象がありました。
新元号発表の4月1日の夕方、
奈良では雨予報ではなかったのに、急に黒い雲に覆われ雨が降り、
そしてその雲が上下二つに分かれ、その間から太陽が現れまわりを赤く染めました。
まったく見たことのない光景で、
天照大神をはじめとする神々のお姿、メッセージだったのですね。

勉強中

折りに触れ拝読させて頂きます(*^-^*)
新元号を寿ぐ、拝読させて頂きました。分かりやすく希望の持てる内容で、嬉しくなりました。
有難う御座います!
知人に、皇室が半島の言いなりになるのでは、と心配しておられる方がいます。神々がまだ日本を見放していないならば、日本は続き、皇室も続くのでしょう…皇族には人権がないので、嫌になってしまわれているかな、侵略好きの国の人にいいカモにされてしまわないかな、と素人目にも心配です。
日本の2000年にもわたる伝統文化を、もっと学ぶ機会が広くあって欲しいと願っています。
日常に追われていますが、知識の積み重ねが出来てきて、ねずさんのひとりごとを抵抗なく読める様になってきました。
日本が続きますように。。。
記事を楽しみにしています。

岡 義雄

No title
こんにちは!
今日も拝読させていただきました。ありがとうございます。
今回は、記事の一部を拝借しました。すみません。

いつも拝見しております

令月という言葉を、恥ずかしながら初めて知りました。
その意味をあてて、令和を読むと
「和を始めるに良い時」となるかなと。
そんな事感じました。

とりあえず、憲法十七條を読み返そうと思います。

A敦子

「令和(れいわ)」という名前の女の子の赤ちゃんが増えそうですね。
「令和(れいわ)」という名前の女の子の赤ちゃんが増えそうですね。
-----

新元号「令和(れいわ)」について、物凄く莫大数のお父さんとお母さんは、自分たちの誕生した女の子の赤ちゃんに「令和(れいわ)」と命名しそうですね。💛

増永俊樹

新元号を再び
元号は陛下が定める大権です。これを宰相が侵すことは弓削の道教です。令和は捨て、5月1日に勅令により本当の元号を定めるべきです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク