軍事問題は避けて通れない現実



「北、16日にもテポドン2号発射可能」というニュースが流れました。

■韓国中央日報:北、16日にもテポドン2号発射可能
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=110902
■韓国中央日報:北、テポドン発射の準備進める
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=110820
■米「北、テポドン2発射すればイージス艦SM3で迎撃
http://news.livedoor.com/article/detail/4013974/


北朝鮮が平安のミサイル発射施設で、長距離弾道ミサイル「テポドン2号ミサイル」の発射準備を進めていることが確認されたそうです。

<記事引用>---------------------------------
情報当局が最近、偵察衛星を使って、平安北道にある軍需工場からテポドン・ミサイルと推定される円筒状の物体を載せた列車が東倉里へ向かっているのを確認した」とした後「この物体の長さが長く、とりあえずミサイルと推定される」と説明した。

消息筋は「この物体がミサイルならば、テポドン2号(射程4300~6000キロ)である可能性が高い」とした上で「発射台への設置などの時間を踏まえれば、1~2カ月以内に発射準備を終える可能性がある」と話した。

北朝鮮は7~8年前に東倉里にミサイル基地を着工し、昨年末に完工したとされる。情報当局の分析によると、同基地には、弾道ミサイルやロケットを搭載できる高さ10階ほどのタワーも建設されており、人工衛星の発射も可能。

昨年5~6月には長距離ミサイル向けとみられるロケットエンジンの性能実験を終えた北朝鮮は、06年7月5日にテポドン2号を発射しており、同ミサイルは40秒間にわたって正常に飛行したが、空中で壊れ、発射台から2キロほど離れた海辺に墜落した。
-------------------------------------------

このようなニュースに接したとき、日本の政府や議員さんたちは、どのようにこれを考えるのでしょうか。

・とりあえず聞かなかったふりをする?
・知らないふりをする?
・前回の発射の際、空中で壊れたので、今回も飛んでこないとたかをくくる?
・まだ可能性の段階だから、とりたてて反応する必要はないと考える?
・米軍や韓国軍がなんとかしてくれるから、大丈夫と安心している?

ミサイルは、発射されたらオシマイなのです。
このテポドンに、核が搭載され、東京に撃ちこまれたら?
死傷者は何人??
日本はどうなる?

軍事問題というのは、そうなってからでは遅いのです。
「転ばぬ先の杖」という言葉があるのですが、相手の動きに即応して、手を打たないといけない。そうすることが、国民の生命と安全を守るという国家の義務なのです。

すでに米国は、ゲーツ米国防長官が「北朝鮮がテポドン2を発射すれば、ミサイル防衛(MD)を稼働、迎撃するシステムを取ることになる」と述べています。

クリントン国務長官も、最近ミサイル発射を準備しているとみられる北朝鮮に対し「東アジアの国々が受け入れることができない行為である」と警告しました。

さらに韓国軍当局者も「現在、米国が実戦配備した弾道ミサイル迎撃システムのうち、日本海へのイージス艦に搭載した海上配備型迎撃ミサイル、およびアラスカ州最南端のフォートグリーリー基地に配備中の地上配置迎撃ミサイルが使われるだろう」と警告。

日本はどうする?
世界最先端の迎撃システムを持っていながら、韓国・米国に頭を下げて日本の国土防衛をお願いする?

平和を愛好するサヨクの方に是非、回答をお願いしたい。

北が、日本へのテポドンの発射準備を整えたうえで、日本に食糧ならびに法外な金額の経済支援の要請をする。日本はどう対応する?

9条問題とかの空理空論ではなく、これは現実の問題です。

イージス艦による迎撃論も出てはいますが、イラク戦争で明らかなとおり、迎撃ミサイルの命中精度は、決して高いものではない。半分は撃ち落とせたとしても、残り半分は、東京や大阪といった大都市に着弾する。

最先端の軍事問題というのは、発射されたら終わりなのです。

発射準備が整う前に、外交・軍事両面で最大限の防衛対策を講じる。段取り八分じゃないけれど、ミサイルが発射台に届けられそうだという情報の時点で、米国や韓国の今回のステートメントのように、即応態勢をとることが必要なのです。

日本には、自衛隊があります。
世界最先端の軍事能力を持つ集団です。

しかし、法が邪魔している。

テポドンが発射されて、約5分後に東京に着弾し、首都圏2千万の人の命を奪うことが明らかになったとき、日本は、内閣総理大臣が、東京で、臨時国会を招集し、衆参両院の賛同を得て、2百数十ある関連法案について審議し、どこまでの装備を利用して迎撃にあたるかを協議し、採決し、施行日を決めてその法案を施行しなければならない。

5分でミサイルが到達するのに・・・です。

いくら最先端の軍事設備を持っていても、それを運用する『文民統制』が、機能不全なら、なんの役にも立たない。

田母神論文以降、やたら文民統制云々が問われ、それがあたかも平和を愛し、人命を尊重する平和的言論であるかのごとき幻想がまかり通っているけれど、実は、そのことが、日本人の人命を最も軽視し、日本の社会・経済・治安・平和、そして人々の幸せな暮らしのすべてを抹殺しかねない、まさに悪魔の理論でしかないことに、日本と日本人はいちにちも早く目覚めるべきだと思います。

はっきり申し上げて、昨今言われる『文民統制』なるものは、「愚民統制」であり、「宦官統制」以外のなにものでもない。

宦官というのは、金玉を抜かれ、生殖能力をもぎ取られた、男でありながら男でない(=人ですらないと認識された)存在です。
そうしたいわば、ヌエ(軟体動物のように形のない薄気味悪い妖怪)のようなものに、いつの間にか日本は牛耳られ、日本という国自体が、ヌエのような顔も形もない国になっている。

このままでは日本はイケナイと思います。

------------------------------------------
(*_ _)人ゴメンナサイ
このところ、忙しくて、記事もなかなかアップできず、コメントへのお返事も溜まってます><;



人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

surnivers

本来であるならば
もう今の段階で破壊工作を仕掛けるべきでしょう。
日本には諜報機関がありませんが、それがそもそも間違っていると思います。
対外諜報工作が出来る機関を作って、今回の場合でも即座に破壊工作が出来るようにするべきでしょう。

一方で自衛隊の方の縛りも問題です。ズドンとやられてから話し合いをしても意味がありません。
ましてや会議など論外です。
日本はイスラエルを参考に、徹底的にサバイバル技術を身に付けるべきでしょう。

OOIDOYA

2010年5月
昨日札幌に住んでいる娘に聞いた情報です。
憲法改正には国民投票が必要ですが今までその法律がなかったそうです。そこで安倍元総理が「国民投票法」を作ってくれたのだそうです。施行は来年の5月13日です。すごいぞ安倍ちゃん。

ちなみに私はブログ歴7日なのですが誰も来てくれません。正直淋しいです。誰か見に来て。

ハタラキアリ

16日には、ヒラリーさんが、国務長官として来日します。

16・17日には北朝鮮はミサイルを発射しないと、アメリカが思ったのでしょう。
と、謂うより「やるやる詐欺」の可能性が大。

とは言え、なんの注意も、訓練もしない政府と政府の怠慢を責める事すらしない国会とマスゴミ。
バカじゃね。
呆れてます。

国会にミサイルが直撃すれば良い、官邸が有れば、一応日本政府は機能するでしょうから。
クズしかいない今の国会要りません!

A子

頼むからここを狙って
 たいへん一般的なお話から入りますと、 国というのは経済規模に見合った軍事力を持つべきだと考えますの。
 経済規模が大きいというのは繁栄しているということで、 それだけで他国の干渉を招きやすいからです。 泥棒は貧しい家に押し入ろうとは思いませんわね。
 世界は不況に突入しておりますが、 そのきっかけとなった サブプライムローン問題では、 日本はダメージの少ないほうだと言われています。 ギャンブルで 大損した人達のあいだを丸腰で歩くような危険も増えたと言えますでしょうね。 実際の紛争には巻き込まれなくても、 外交的な恫喝を受ける可能性がありますことよ。
 日本はそこそこの軍備を持っていますが、 問題はそれが『使える軍事力』になっていないことです。 このこと、 よく考えねばなりませんわ。

 北朝鮮のミサイルについては今回は デモンストレーションだと思います。 冷たくなった米韓などへのね。
 発射実験をする可能性はあるかも知れませんけど、 どこかを攻撃するようなことはないと思います。
 でも、 まだ性能に信頼がおけないみたいですから、 命中精度に問題があり、 失敗して日本に飛んでこないとも限りませんわね。
 狙うんだったらここを狙ってくれ、 というのは悪い冗談ですかしら。

KIM

ちょっと思った
ふと思ったのですが、
政府・議員さんの考える無いようにひとつ追加してはどうかと。

1発だけなら誤射

bb

ねずきちさん、こんにちは。
宦官。言いえて妙です。因みにいくら男性機能を失っても、気高い女性にはゼッタイなれません。仰るとおりヌエですね。

私は拉致被害者のことを考えると、本当にやるせなくなります。何の罪も無い同胞を拉致ですよ。どう考えても許せません。彼らが帰ってくるなら、矢でも鉄砲でも飛んで来い、やれるものならやってみろ!!という気にさえなってしまいます。自分以外に被害が及ぶから、軽々にはいえないけど、私一人の命なら差し出しても惜しくないと思ってます。過激ですが・・・

ナポレオン・ソロ

絶滅種になった?日本の報道機関
 ねず吉さんの云うとおり、この事態について、民社党、共産党、公明党、そして民主党のそれぞれの見解を承って、国民に知らせるのがマスコミの役目ではないかと思います。

 彼らが、何処の国民の視線に立って政治をしているかと言う基本的な認識を灼かにする絶好の機会でしょう、有無を云わさずミサイル発射準備をしているワケで、こんな相手に「話し合い」は如何に無駄な行為であるかが判るのですが、ドウセ、「九条」と「話し合い」を持ち出して、日本の経済制裁の所為だと言い出すのでしょう。

 それって、全く朝鮮政府の立場に立った言と換わらないのですが、誰も批判しません、マスコミや言論界の目線も朝鮮政府側なんですね。

 ドウも日本のジャーナリストは、体制側を権力側とイコールに固定して考えている処があって、体制側を擁護すれば、権力に擦り寄ったと看られると言う潜在的に忌避感覚を持っている様に感じます、この場合、明らかに体制側=国民側なんですから、朝鮮政府の行動は、国民に脅威を与えるモノとして大いに批判して良い情況なんですがね。

 既に日本には、マトモと言える報道機関は稀少に成っていると言う証でもあります。

KIM

提案
今、日本は反日マスコミに覆われて、ネットに接することがない方が真実を知ることができない状態であります。そのために、次の選挙では民主圧勝の話が出てきているわけであります。
そこで提案なのですが、自民党の政策内容と、麻生首相のいいところを載せたチラシをポスティングするというものはどうでしょうか?
たとえば、現在作成されている、自民党の政策のチラシ
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/keiki_taisaku.pdf
や、「日本前向新聞」の新聞
http://blog.livedoor.jp/maemuki_news/
等です。
この方法であれば、ネットで情報を収集しない方・できない方でもネットの情報を得ることができます。
真実の情報を知れば、誤った情報を信じて民主党を支持していた方も自民支持、麻生支持になると思うのです。
パソコンとプリンタとちょっとのやる気があれば、だれでもできることだと思います。
そして、このことは、日本人として日本に住んでいてネットで情報を得ることのできる者の責任でもあります。
共産党が、なぜ地方自治体や、日教組、多数のプロ市民を擁するようになったかを考えてみてください。
それはすべて末端からの地道な努力を継続した結果です。
であるなら、保守側としても、同様のことをすれば、それだけのことができるということです。
今こそ草莽発起のときです。
このような草の根活動こそが、日本を救うことになると信じています。
我と思う方は今すぐ実行に移しましょう。

2ちゃんねる:日本前向新聞配達活動スレ
http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1231610438/
告知ビラ作成所
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/218.html

政府の動きを動画で見たい方はこちら
政府インターネットテレビ
http://nettv.gov-online.go.jp/channel.html

元塾講師中里によるアフィリで楽しく毎日が給料日

こんにちは
頑張って下さい!!
応援、ポチ、ポチ。
また来ますね!!!
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク