個人主義と拝金主義と終身雇用

20190225 伊勢修養団研修バナー
内容の詳細とお申込みは↑をクリック↑

人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


日本人がのんきに個人主義や拝金主義をありがたがっていると、結局のところ、日本を乗っ取られ、日本人は富を失い、プアー・ジャパニーズになっていくしかない、という構造ができあがります。
これはおそろしいことです。


20190514 大家族
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


人は本来、集団で生きていく生き物です。
個では生きていけない。
「俺はひとりで生きている」と粋がってみせても、今朝食べたパンひとつ、誰かが作ってくれなければ口に入っていないわけです。

ところが戦後、GHQの指導と、GHQによって特権を与えられた日本人のような顔をして日本語を話す日本人でない人たちによって、個人主義と拝金主義があたかも正義であるかのような演出がなされました。

この個人主義と拝金主義が織りなす社会とはどのようなものかというと、よく知られているのが米国社会です。
いまでも米国を理想社会のように思っている人がいますが、米国というのは、国民の1%の個人のお金持ちが、全米の富の半分をフトコロに入れる社会です。

残りの5割の富を、残りの99%の人たちで分け合うのですが、なぜ5割なのかというと、99%の人たちだって食べていかなければならないからです。
簡単に図式化すると、ひとりの人が1年間働くと、300万円分くらいの富を生産できるといいます。
そのうちの150万円を上位の1%の人が取り、生産者は残りの150万円で生活する、という仕組みです。

お金持ちになれば、あらゆる贅沢を享受できます。
けれど、それが可能になる人は、100人にひとりだけというわけです。
それでも、その1人枠を目指せすことで、一生贅沢ができる暮らしが手に入るかもしれない。
これがアメリカン・ドリームで、直訳したら「アメリカ人の希望」となります。

日本も、その方向に誘導されているような気がします。
そのうち100人にひとりのジャパニーズ・ドリームとでも言うのでしょうか。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


20190317 MARTH




ところが歴史を紐解いてみると、実はそんな米国型の経済システムは、なんとギリシャ時代からの白人たちの変わらぬ体制であったことがわかります。
ギリシャ時代の都市国家といえば、アテネとかスパルタなどが有名ですが、それら都市国家に住んでいる人たちの95%は奴隷です。
残りの5%のうち、半分の2.5%は女性です。
残り半分の男性のうち、半分は老人と子供ですから、要するに人口の1%が、いわゆる「市民」であり、富を独占する者たちであったわけです。

この仕組は、市民が、王と貴族と名前が変わっただけで、中世から近世のヨーロッパで、同じ構造です。
そして市民革命以降は、その名前が「富裕層」と変わっただけで、これまた同じ社会構造が継続しています。
つまり彼ら白人社会において、女子供は所有物ですから、要するに上位1%以外は、奴隷であり所有物でしかないわけです。
結果、多くの庶民は、常に貧しい状態に置かれます。

植民地支配以後は、こうした仕組みが世界に広がり、有色人種がいわゆるかつての奴隷層を形成することで、下層白人さんたちの暮らしは、一定の底上げが図られるようになりました。
ものすごく単純化してみると、要するにこれがいまでも世界の構造であり仕組みとなっているということができます。

日本にこの仕組を適用すると、日本には1億2千万人の日本人がいますが、そのうちの1%というと120万人です。
その120万人の富裕層が、日本における「市民」を形成したとき、単純にいうと「2:8の原則」で、120万人のうちの2割の24万人のシェアを奪えば、その24万人の富裕層が、日本を支配できることになります。
これが日本人のような顔をして日本語を話す日本人でない人たちによる日本支配の基本構造です。

つまり日本人のような顔をして日本語を話す日本人でない人たちが日本を支配しようとするとき、もともとの日本社会は「民衆こそが国の宝」とする知らす社会であり、戦後はこれが「1億総中流社会」などと呼ばれたりもしていたわけですけれど、個人主義と拝金主義を日本人に受け入れさせれば、それが正義であると信じ込ませることに成功すれば、わずかな人数で日本を支配し、日本の持つ底知れない富を独占し、奪うことができるわけです。

要するに、これがどういうことかというと、日本人がのんきに個人主義や拝金主義をありがたがっていると、結局のところ、日本を乗っ取られ、日本人は富を失い、プアー・ジャパニーズになっていくしかない、という構造ができあがります。
これはおそろしいことです。

終身雇用についても、昨今では、これを否定する人たちが増えてきました。
同族だと思えばこそ、民衆が国の宝だと思えばこそ、終身雇用が成立します。
個人であるトップだけがお金持ちの支配層になれば良いという社会では、終身雇用は成立しません。

もともと終身雇用というのは、大家族主義の中で生まれた社会システムです。
給料は、働いている個人に支払われるものではなくて、働いている個人が所属している家族に支払われるものという基本認識が底にあって成立するものです。
社員は家族であり、その社員は家族を代表して働きにきているのだから、その社員の家族も社員のうちです。

ですから、みんなが豊かに安心して安全に暮らせるようにしていく。
そのための社会の公器としてあるのが、かつては大名家であったり、商家であったりしたものが、明治以降は会社という名前に代わりましたが、基本的なマインドは同じです。
日本はどこまでも天皇の知らす国。
ですから社員は社長の所有物でも、会社の所有物でもありません。
陛下からお預かりしている大切な「おほみたから」だという認識が、根底です。

日本は天然の災害が多い国ですから、生まれた富を誰かが貯め込んでしまったのでは、災害への対策が取れないのです。
万一に備えて、出来る限りの対策を、日頃から講じていく必要があります。
けれど、それはひとりでできるものではありません。
みんなで力を合わせるだけでなく、みんなで働いて稼いだお金を持ち寄ることで、ひとりではできない大きな事業を興すことができるのです。

これを昔の古い言葉で「推譲(すいじょう)」といいます。
働いて得たお金は、個人で貯め込むだけではなく、みんなの共有財産のために、むしろ積極的に遣う。
そうすることで経済が循環し、みんなが豊かになる。
みんなが豊かになれば、その豊かになった財政で、より一層の国土強靭化を図る。

大名にとって、領国は自分個人の財産ではありません。
むしろ大名こそが、領国の住民たちの共有財産です。
それが日本の形です。

このことを今風に言うなら、
社員は社長個人の財産ではない。
社長が社員たちの共有財産だという認識です。

日本企業が世界的大企業として大成できたのは、実はこうした思考が根幹にあったからです。
そしてこの思考を失えば、日本企業は瞬時にして失速します。
そしてそのことは、そのまま日本の失速を意味するのです。


お読みいただき、ありがとうございました。

人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

【お知らせ】
<倭塾、倭塾ゼミ・他>
会場は都営新宿線船堀駅前にある「タワーホール船堀」です。
5月19日(日)13:30 第61回 倭塾(401会議室)
6月1〜2日 日心会10周年記念神話を体感する伊勢修養団研修 ※開催場所:伊勢市)
6月8日(土)18:30 第38回百人一首塾(402会議室)
6月23日(日)第62回 倭塾公開講座(307会議室)
7月6日(土)第63回 倭塾公開講座(307会議室)
7月20日(土)第39回 百人一首塾(407会議室)





この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

大阪市民(ケイシ)

つくづくねず先生の仰る通りだと思います。
今度紙幣になる渋沢栄一翁は、三菱の創業者岩崎弥太郎氏に渋沢さんが創設した会社達と
三菱が合併して財閥を作れば日本の経済界を牛耳る事が出来る、是非合併しましょうと持ちかけられのですが、渋沢栄一翁は多くの会社を創設するのは、国益の為、国民がより多く豊かになる為です、と即刻、拒否された話しがあります。渋沢栄一翁は、日本の国体が如何なるものか、腹で分かっておられたのでしょう。 一部の人間が冨を集めて贅沢しても自然災害があれば、金持ちだろうがお公家さんだろうが死ぬのです。冨は社会と公共に回す事で子子孫孫を潤わしていくのが、天皇陛下がシラス、日本の姿です。

kouken

日本の資源について
5月6日虎ノ門ニュースで参議院議員青山繁晴氏によると旧科学技術庁系の海洋資源開発機構が
1.マンガン団塊 2.レアアース泥 3.熱水鉱床 4.コバルトリッチクラスト 6.メタンハイドレード、メタンプルームを3月頃新聞発表したそうです。

また、上記以外では、尖閣諸島周辺や千葉県東京湾側の天然ガス、石油は有名ですし、秋田県内陸ではシェールガス、オイルの試掘も行なわれているようです。
そして東日本大震災の震源付近でもきっと新しい資源がみつかることと思います。

要は、一人でも多くの日本国民が”実は日本は資源大国!!!”ということを知ってほしいと思います。

ねずさんはいかがお考えになりますか?


takechiyo1949

憂いの種は尽きません
定年(60歳)を迎えた会社で、数年間ですが国外に赴任しました。
海外での初めての給料は現金で受けとりました。
現地では超大金です。
国に残した家族には?
現地から送金するの?
面倒だな~と思いました。
総務部から『送った金は「現地滞在費」で「給料」はいつも通り日本の口座に振り込みます』と連絡がきました。
給料が倍になった!
ビックリしました。
お礼奉公2年を終え、感謝を残して次の会社に移りましたが、この会社はその後事業を拡大して益々盛っています。

ある会社の社長が社員に言ったそうです。
要約すると次の様な話です。
『金の為に働いてると思うな。
働いて得られるものは「人脈」と「成長」だ!』
なるほど。
まぁ良しとしましょう。
しかし『だから…給料が足りないとか、ボーナスが無いとか、文句は言うな!』が本音では、社員は堪りません。
この会社はもう在りません。

ねずさんは仰いました。
---------------------------
給料は、働いている個人に払われるものでは無い…働いている社員の家族に支払われるもの
---------------------------
その通りだと思います。
終身雇用の認識が無くなり、資本家と労働者の対立ばかり?
それだけでは企業も国も…繁栄などは望めません。

他の「ねずブロ」でのコメントとダブったかも知れませんが、憂いの種は尽きません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク