「この国」ではなく「我が国」と呼ぼう



「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
 ↓↓↓
新ドメイン:http://nezu3344.com



人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


「この国」という言葉は、私達の心から、実は国への愛を失わせる、たいへんに冷たい無機質な言葉です。
言葉はたいせつです。
皆さん、これからは「我が国」と呼びませんか?


20190619 江戸の遊び
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


戦後のGHQが仕掛けた悪しき日本語の代表的な言葉に、
「我が国」という言葉を禁止し、「この国」と呼ばせるというものがありました。

自分たちが生まれ住んでいる国を「この国」と呼ぶことは、一見すると、自国を客観視する正しい姿勢の用に感じさせますが、実は大きな間違いです。

なぜ間違いなのかというと、その答えは実にシンプルなもので、
「人から愛を奪う」からです。

日本語の愛は、この字の訓読みが「いとし、おもふ、めでる」であることからも明らかなように、自分自身の一部として、あるいは内在するものとしていとしく思うことを言います。

実はこうした考え方は、英語の「ラブ(LOVE)」と同じです。
英語の「LOVE」は自分にとって内側のものや、自分の一部であるもの、「LIKE」は外側にあるものです。
日本語の愛も、「LOVE」と同じで内側にあるものを意味します。

ちなみにいわゆる漢字圏における愛の意味は違っていて、これは「相手の家に心惹かれるものがあったなら、家ごと奪い取ってしまえ」というきわめて乱暴なものです。
China、特にKoreaでは、それが愛の意味になっています。
まさに日本とは違うし、おそらく西洋圏のどの国の言語とも、まったく異なる語感を持っています。

したがって、世界の常識からすれば、愛はChinaやKorea的言語感覚こそ異常です。
異常な用例を引き合いに出しても、話がややこしくなるだけですので、このことは除いて、本来の「愛(LOVE)」で考えを進めてみたいと思います。

およそどの国のどんな人であっても、自分が生まれた郷里には愛着があるものです。
けれど世界には、そういうごくあたりまえ(と思える)愛着さえも持つことができない不幸な国もあるわけで、そうした国における「愛」の言語感覚と、日本のそれを一緒にして考えると、本当に話がややこしくなる。

親の子への愛、自分が所属する学校や会社など社会への愛、郷里への愛、国への愛、愛は、すべてに通じるものです。
そして愛が、自分の内なるものとしてのいとしい思いなら、自国への愛は、人が持つごくあたりまえの感情です。
だから「よその国」と区別して、「我が国」というのです。

ところが「この国」という言葉は、客観的であるがゆえに、「我が国」という言葉が持つ情愛を失わせます。
ひらたくいうなら、血の通わない「冷たい言葉」です。
その意味では「我が国」は、血の通った「暖かな言葉」です。

「この国」という言葉は、私達の心から、実は国への愛を失わせる、たいへんに冷たい無機質な言葉です。

言葉はたいせつです。
皆さん、これからは「我が国」と呼びませんか?
ちなみにこのブログでは、書きはじめてもう11年になりますが、その間「この国」という書き方は、誰かの言葉の引用や特別な場合を除き使用していません。

お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

No title
この国という言葉を使っている奴らは別に日本を客観視できていないけどなぁ。過小評価して毒を吐くだけ。この国言って自国客観視できれば苦労しない。

-

No title
以前は私も当たり前のように「この国」と言っていました。
ある人のお話を聞いてから「我が国」というようになりましたが
それからというもの不思議と心が豊かになりました。
おっしゃるように日本に対して愛を感じるようになり
日本人であることの幸せをかみしめられるようになりました。

今まで私たちは愛を奪われていたんですね。
やはり言葉って大事です。

よみひと知らす

No title
大賛成です!!
だいぶ以前から、そう思っていました。
誰か著名人の方が、『この国ではなく、我が国をと』とおっっしゃたのを聞き
そう思い、考えてきたかはわかりませんが。
「この国」という言い方には、本人の当事者意識がないと思う。
無くさせてしまう、国・国家への。

司馬遼太郎のベストセラー「この国のかたち」から、知識人をはじめ多くの
日本人に広まっていきましたね。
それを使うのがカッコいいような、ステータスのような感じ、意識で。

そうか、淵源はGHQだったんですか。

ばやし

No title
はじめまして、ブログランキングから来ましたばやしです。
この国より我が国の言い方は、愛情のある話し方にきこえます。
いい言葉ですね。

takechiyo1949

我国は言霊の国です
全くです。
ねずさんは昔からそう仰っていましたよね。
私は「我国」以外の呼び方を知りませんが、自国を他人事のように表現する方々は結構多いです。
この国は?
という国?
自分とは関わり無い国?
いったい何様のつもり?
因みに、渡航先で『この国は』などと言えば、大顰蹙を買いますよ。
我国は「言霊の国」です。
言葉に「志」があります。
国防は国家の最大福祉
国防は国民の最大義務
自国を「この国」などと呼ぶ構えには「運命共同体」としての同胞意識は感じられません。
どんなにご立派な論考や演説であっても「この国論」など聞く耳は持ちません。
言われないと分からない?
指摘されても分からない?
何とも情けない話です。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク