まさに「話し合い」で解決をもたらした麻生外交の大成果



asourosia

2月18日、麻生総理は、サハリンIIプラント稼働式典への出席のためサハリンを訪問し、メドヴェージェフ・ロシア大統領と会談。

メドヴェージェフ大統領は、麻生総理が今回の式典の出席に応じたことを非常に喜び、会談は全体として非常に良い雰囲気の下で行われ、北方領土問題は解決に向けて大きく前進するはこびとなりました。

これに対し、民主党の鳩山由紀夫幹事長は、20日の記者会見で、麻生総理が北方領土問題で四島返還にこだわらない考えを示したことについて「四島の主権は日本にあるというのは決して譲ってはならない一線だ」と指摘。

問題解決に向けた「新たなアプローチ」について「四島の帰属は日本にあるという前提が抜けてしまうようでは大変危ない」と述べ、首相の対応に疑問を示したといいます。
関連記事=<鳩山幹事長>北方領土で首相批判
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/northern_territories/?1235127861

鳩山氏の主張はともかく、ではいったい麻生総理とロシア大統領との会談で、どのような話し合いが行われたのか、これを外務省のホームページで見てみます。

外務省:日露首脳会談(於:サハリン)概要
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_aso/russia_09/gaiyo.html

1 領土問題については、少人数で突っ込んだ議論が行われ、両首脳は、以下の点で一致をみた。

(i)この問題を我々の世代で解決する。

(ii)これまでに達成された諸合意及び諸文書に基づいて作業を行う。

(iii)メドヴェージェフ大統領が指示を出した、「新たな、独創的で、型にはまらないアプローチ」の下で作業を行う。

(iv)国境の画定の最終的な解決につながるよう作業を加速すべく追加的な指示を出すこと。

(ロ)我が方としては、(イ)(iii)のメドヴェージェフ大統領のアプローチについては、平和条約交渉に新たな方向性を与える可能性があるものと受け止めており、我が方として、今回、この新たなアプローチの下で共に作業を行っていくことに同意した上で、帰属の問題の解決に向けた取組を強化することで一致をみた。

2 領土問題に関する具体的なやりとりは以下のとおり。

(a)麻生総理からは、昨年11月の首脳会談後にメドヴェージェフ大統領が事務方に具体的な指示を出されたことは、この問題の解決に向けた大統領の強い意思の表れとして嬉しく思う旨述べた上で、これまでに達成された諸合意及び諸文書を基本としつつ、大統領が指示を出したような「新たな、独創的で、型にはまらないアプローチ」の下で、帰属の問題の最終的な解決を目指していきたい旨述べた。

(b)これに対し、メドヴェージェフ大統領は、この問題について双方に受け入れ可能な解決を見つける作業を継続する用意がある、この問題は世界にある他の問題と同じように解決可能と思っていると述べた。

(c)その上で、両首脳は、この問題を我々の世代で解決すべく、帰属の問題の最終的な解決につながるよう、具体的な作業を加速するよう事務方に追加的な指示を出すことで一致した。

以上です。

今回の話し合いの中では、4島の分割などの具体的な件にはまったく触れていない。
つまり、具体的にどういうカタチで問題の解決を図るかについては、今後の課題とされている。

麻生総理が会談後に記者団の質問に答えての「4島の分割割譲もあり得る」というのは、選択肢のひとつとしての可能性を示したもので、実際にそうなるかは、まだ結論が出ているわけでもない。

ただ、はっきりといえるのは、戦後60年、ずっとくすぶり続けてきた北方領土問題に関し、この世代で明確に解決するのだという日露両国の意思が固まったということに、外交上の大きな成果があったと評価すべきではないかと思います。

そもそも領土問題というのは、武力によるしか解決の道がないくらい、重たい事柄です。
実際、竹島や尖閣諸島など、明らかに日本の領土でありながら、そこに資源があるとみるやいなや、中国や韓国が不法に島を占拠。

軍事力を行使して、事実上、島を占拠し、自国の固有の領土であると身勝手な主張をしています。
これに対し、武力行使を行わない日本は、なんら解決の方途を持たない。

それが、北方領土に関し、日露の首脳が会談し、解決の道筋を相互の協力のもとで見出そうとすることができた。
しかもその方法は、野党やサヨクがいつも言う、まさに「話し合い」という我が国の最終兵器で、解決の糸口を見出すことができた。

これは、麻生外交の成果として高く評価すべきことなのではないでしょうか?

しかも北方領土に関しては、単に島の領有権をめぐる問題だけでなく、周辺海域の漁業権の問題もある。漁民の生命安全の問題もある。豊富な地下資源開発の問題もある。

加えて北方領土は、ロシアにとっては太平洋側に面した防衛上の重要な戦略拠点でもある。それを手放すというのは、ロシア国内の世論の猛烈な反発も予想される。

こうした種々の問題を踏まえて、いかなる形式であれ問題の解決向けて相互に協力し合い、この世代で「話し合い」で明確な解決をすると、両国の首脳が握手するというのは、戦争以外の方法で領土を定めるという意味でも、世界史上類例のない大成果であるということもできようかと思うのです。

外交というものは、互いに、ここは俺んとこの領土だ!と言い張れば済むという問題ではない。それでは問題はいつまでたっても解決しない。
領土という問題を、誰一人血を流すことなく、両国のWinWinの関係の中で解決を図るということは、両国にとっても、そして世界史上の「大成果である」と、ねずきちは思います。

昭和48年:いつ帰る北方領土


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

麻岡光久、競馬の実況

麻岡光久、競馬の実況
麻岡光久、競馬の実況麻岡光久、競馬の実況麻岡光久、競馬の実況麻岡光久、競馬の実況麻岡光久、競馬の実況

Lay

二つに分かれましたね。
火事場の馬鹿力 様の
>ロシアの先の大戦での裏切り行為は恨み骨髄ですが、少なくとも話し合う価値は有る相手です。 < と
surnivers 様の
>プーチンが来たら適当にあしらって何一つ与える事無く帰してあげる< の二つの論。

それにしても、鳩山民主党首は「友愛」精神はロシアには発揮されないようですね。 でもこの人の発言ブレまくりですから政権とったらどうなることやら、信用できませんね。


surnivers

いや、これは駄目ですね
型にはまらない独創的アプローチと言うのが、実際に所は二島返還+αと言うものらしいです。
で、+αは共同開発だそうです。

これじゃ二島を失う事になりますよね?
きちんと四島返還と明記するべきです。
おまけに南樺太の問題もあります。サハリンですね。
あそこも実は法的にはまだ日本領というか、北方領土と同じ扱いになるそうです。
所がそこへ麻生が出向いて、しかも現地で外交官が仕事を始めた。
日本はサハリンはロシアのものと認めた。
この記事でロシアがフィーバーしてるらしいです。

つまり最悪の外交と言う事です。
二島は売り飛ばし、サハリンはロシアの下の暗黙に認めた、と認知されているのです。

ロシアなんざほっとけば良いんです。
金融破綻寸前ですし、ルーブルは暴落してるんですから。
プーチンが来たら適当にあしらって何一つ与える事無く帰してあげるのが落ちていくロシアへの姿勢かと。

火事場の馬鹿力

相手、足る
私は、捏造の歴史を子供達に押し付け、日本人を憎む教育を改め無い、チィナ、半島南部には外交交渉のテーブルに付く事さえその意味を見い出せ無いです。
半島北部の犯罪集団の頭目キム・ジョンイル一族はロシア国民です。
ロシアはユーラシアにおいて、大西洋国家と太平洋国家の二つの顔(シベリア鉄道・パイプライン建設)を持つ唯一の国です。
ロシアの向こうには、二度の世界大戦の戦場となり疲弊、衰退した反省からヨーロッパを「不戦共同体」とする事を目指し拡大中のEU(フランスは公認の核保有国・イギリスもそうですが立場は不鮮明)が有ります。
ロシアの先の大戦での裏切り行為は恨み骨髄ですが、少なくとも話し合う価値は有る相手です。
何れにしても、日本は日本海で直接チィナと対峙する事は阻止しなければなりません。
場合に由っては、北主導での半島統一。(拉致被害者の救出が条件)
或いは、半島を東(日本海)西(黄海)に再分断(在日の方々は祖国を愛するなら帰国すべきです。)する事も視野に入れなければなりません。
ロシアと話し合う事は、沢山有るのです。
勿論、安易な妥協はすべきでは有りませんが…。

 qwer

ttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/224281

佐藤優氏は「日本外交の敗北以外の何ものでもない。」と言っていますが、鳩山由紀夫の質問に
しっかりと「四島は日本固有の領土」と主張しなくてはならないでしょう。

ねずきち

ナポレオン・ソロさん、北の熊さん、
コメントありがとうございます。

鳩ぽっぽの主張なんてのは、論外です。
なんの解決にもなってない。

この記事で、僕自身、なにか言い足りないと思っていることがあり、それを北の熊さんが、ズバリ言い当ててくれました。

それがつまり、「外交には軍事力の後ろ盾が必要」ということです。

軍事力を行使するかどうかではなく、その後ろ盾が絶対に必要だということ。これが大事なポイントだと思います。

そうした軍事力の後ろ盾を持った上で、鳩ポッポのいうように、100%復帰を主張するなら、それは正しいし、応援に値します。

しかし、軍事力の後ろ盾なしに、足して2で割る話し合い外交だけで、領土問題に終止符を打とうとするのは、いまの骨抜き日本にしては、まさに会心の出来と言ってよい。

もしそのことに異を唱え、不服を申し立てるなら、日本の軍事力保有をきちんと認めろ!

軍事力に異を唱えるなら、いまの麻生外交を大成果と認めてひれ伏せ!、といったところではないかと思います。

いずれにせよ、軍事力の後ろ盾なしに、ここまで解決の糸口を見出したのは、世界的不況の中で、ロシア経済も火の車となっているという背景があるにせよ、貴重な前進であったことは、認めざるを得ないのではないかと、ボクは思います。

北の熊

外交はやはり軍事力の後ろ盾が必要
この問題を抱える地元住民として一言。
今回、このような経緯になったのは経済的に苦境にあるロシアが単純にすりよってきただけである、という認識です。
もし、会談内容が進展したのならここ数年以内に決着することが必要だと思います。
ロシアの経済が回復したなら、それまで解決できなければまたもとの木阿弥になるであろうと見ています。
理由は単純明快です。
大陸国家の価値観は領土は力で奪うものであるからです。
ロシアではありませんが、過去の例としてシナとインドの領土問題があったときこぜりあいがつずいていましたがインドが核を保有したとたんにシナが交渉のテーブルに着いた経緯があります。
グルジアの件で見せたロシアの姿勢を見てもすんなりとはいかないでしょう。
それよりも、万難を排して本気で取り返すのならやはり核武装を含めた外交の後ろ盾が必要であると考えます。
そのような体制になれば、対馬、竹島、尖閣列島についても文句を言わせず堂々と主張できるようになると思います。
ただ、もし、これで本当に解決ができるのなら、人類史上初めての対話による外交の成果となり、ロシアは日本にとってアメリカと同じくらいのレベルの大切な国家になると思います。
今少し推移を見守る必要があります。

ナポレオン・ソロ

北の領土問題
 う”~ん。

 確かに、前向きな交渉のテーブルに着けた事は評価に値します、しかし、先ず、暴虐国家ソ連が、不可侵条約を一方的に破棄して侵攻してきた事実はドゥ評価するのか、その上で、南樺太や択捉島以北の千島の帰属に着いて、両方がソ連のモノであるという根拠が示されていない。

 ソ連が「日ソ間に領土問題は存在しない」と言うのですから、領土認識からして齟齬があるのは確実だろう、ならば、其処から切り崩すしか手だてはない。

 ロシアにとって対米関係の衝突点でもあるが、環日本海経済圏の最も重要なパートナーとして浮上した日本との関係を良好な状態に保つ場合、「歴史に基づく正しい認識を共有する」為の作業が必要である事を、ロシアに認識させればよい事になる。

 その認識が確定すれば、四島の帰属の範囲は、南千島であって固有の日本領土である事を再認識することもスムーズに行くだろうが、其れには、ソ連の後継国家であるロシアが、日露間に存在する課題について同じ認識を持ってテーブルの前に座る事こそが先ず必要だろう。

 一方、鳩ポッポが示した懸念は、従来からの原則論から一歩もでていない、其れでは氷を解凍できないと言う結論がでているのにだ、論説を持って交渉をするのを生業としている政治家が、交渉が出来ない状態で無策なら、何もしないのと同じだ、つまり、政治家としては無能で、現状を肯定しているのと何等代わりがない。

 亦、その原則論に拘ったママなら、ロシアと交戦状態になるしかない情況だろう、寧ろ、9条を改正して、ちゃんとした戦力を備え、核武装もしなくては成らない立場に在るのではないのか、而るに、どちらも否定しては居なかったか、こう云うのを自家撞着と云うのだが。

Kazz

全くその通りだと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク