いい加減にしろっ!と言いたい民主党の「首相問責決議案」



今日は何の記事にしようかとネットを見たら、TOPにあったのが、

<首相問責決議案>提出探る民主 内外に積極論、世論にらみ(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090221-00000110-mai-pol

ねずきちは、あきれはててものも言えない心境です。

さっそく記事を見てみると、

<記事引用>------------------------------------
民主党は麻生太郎首相に対する問責決議案提出の検討を始めた。

中川昭一前財務・金融担当相を辞任に追い込んだ「成功体験」を受け、積極論が党内や他の野党から浮上している。

「首相問責決議案を09年度予算案成立後に出すべきだ」。国民新党の亀井静香代表代行は20日、民主党の小沢一郎代表と東京都内で会談した際に提案した。
小沢氏は「選択肢の一つ」と検討する構えを見せた。

中川前財務相に対する問責決議案を巡っては、民主党が決めた問責方針に3野党が同調した上、審議拒否戦術に通常は否定的な共産党も含めた4野党がそろって衆院予算委員会を欠席。決議案提出の構えを見せただけで辞任に追い込むことができた。

しかし、首相問責決議案で同様の展開が期待できるかどうかは不透明。
08年の福田康夫首相(当時)に対する問責決議案のように効果をほとんど見なかった例もある。

民主党参院幹部は「中川氏の時のように衆参の意思が固まることと、『伝家の宝刀』を抜くのにふさわしいタイミングであることが条件」と指摘する。
-------------------------------------------------

標題に「いい加減にしろといいたい!」と書きましたが、いまの日本は、何の問責だか知らないが、首相の問責決議がどうのと遊んでいる状況ではない。

本来先手必勝であるはずの景気対策が遅れに遅れ、3月決算を前に、バタバタと企業が倒産している現状で、「生活者第一!」を標榜する民主党がやっていることは、ただただ政府の景気対策を遅らせ、日本をさらに窮状に追い込んでいるだけです。

1次補正、2次補正の審議についても、本来であれば昨年の11月には1次・2次とも衆参両院を通過。
これにより、年末賞与シーズンの企業融資の枠が広がり、ボーナス支給が円滑に行われ、加えて二次補正に織り込まれた定額給付の迅速な施行によって、全国の消費者にはひとり1万2千円、世帯あたり4~5万円の給付金が配られ、年末商戦は活性化。国内消費に華が咲いていたかもしれない。
地方の高速道路は、どこまで走っても1000円。ちょっとおばあちゃん家にいってみようか、ちょっと温泉にでもつかってみようかと、ガソリン代の値下げもあいまって、人々が移動し、地域経済も活性化した・・・かもしれない。

こうした素早い景気対策案に、どこまでも反対を唱え続け、「緊急」であるべき経済対策に水を差し、結果として国民経済をさらに深刻な状況に追いやったのは、他の誰でもない、民主党です。

しかも民主党の提出法案を見れば、国会図書館法改正などにあきらかなように、中韓のいいなりになり、自虐史観を我が国の正史として定着させようと企てている。
その他法案も、内容をみれば、デタラメと言って過言ではないものばかり・・・
■関連記事
民主党・緊急雇用対策関連4法案の怪
国立国会図書館法の一部を改正する法律案の不穏

加えて議員をみれば、あちこちで泥棒やセクハラ、暴行傷害で、逮捕の連鎖。
この政党のどこがいったい責任政党といえるのか。

そのうえさらに、いまのタイミングで「首相問責決議案?」

職安に行ってみなさいな。
職を求める人の長蛇の列だ。

このままじゃいけない。なんとかしないとほんとうに日本は沈没してしまう。
ちょっとでも国民の、庶民の生活を守ろうとする気持ちが、民主党の議員さんの中にあるのなら、いたずらに政権を求めるのではなく、また、主義主張に拘泥せず、いま必要なことをやる!!

そういう姿勢をキチンとみせてもらいたいものです。

2009.02.11 安倍晋三 記念講演


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

はやし

No title
このブログは、愛国議員の亀井静香氏を、こきおろし
売国議員を賞賛するブログだったのか

中川昭一は、亀井静香が息子のようにかわいがった議員だよ
中川一郎は、亀井が総理に投票し、
福田派にいた、亀井が、中川一郎のために、福田はから、離れて、中川一郎のところへいったのだよ

中川一郎は、亀井静香に、涙を流して感謝している

昭一を息子のように、かわいがった亀井静香氏にたいして批判することは
中川一郎、昭一、親子を批判することとだと、思え!

ナポレオン・ソロ

民主党の悲劇
 世界の二大政党国を看て比較して看れば判ると思います、米国の民主党/共和党、英国の労働党/保守党、ドイツのキリスト教民主党/社民党でしょうが、どちらが政権を執っても、外交的な立場に大きなブレは出てこないのは、日本レベルで云えば「国内勢力が保守一色」ダカラです、国益と国民の生命を守ると言う大義の元に、外に向けた政治が行われている。

 是が本来の有るべき国家の姿と言えるでしょう。

 日本の国内レベルは、一言で云えば「混沌」でしか有りません、政権党の自民党内部にさえ、反国家的な分子が大勢犇めいて居るのが現況です。

 民主党が是まで出した政策や仮想内閣人事案の中味を覗いても、トテモ国益を考える態勢や価値観を有しているとは思えない有り様が看て取れるでしょう、彼らのほぼ半数は「労働組合と言う利権団体に雇われた政治屋」でしかないからです。

 、ソノ政策立案能力の無さは、組合自体が公私を問わず組織に付随した組織である事からくるモノだと断言できます、詰まる処、旧社会党系の議員の殆どは、賛成・反対の「数」としてしか機能していないと云えましょう、彼らの中に、国益を考えて立案された自民党の政策に、同じく国益を考えた立場で考案された案で対抗する程の力、反対・賛成ダケでは無く、「拠りよい施策にする意見」を求める事を期待できる議員が一体何人いるでしょうか。

 彼らの半数が動くのは、国家国民の利益のためではなく、組合の利益、省庁の利益の為でしかない事は明かです。

 それにしても人材が居ません、其れは、鳩山、菅。小沢と言う何れも賞味期限の切れた連中で党執行部を独占するしか党を纏めて行く手段がない現実や、彼らの架空で挙げられた大臣が、もし、不祥事や健康上の理由で退職した場合、立てるべき代替えが居るのかと言う素朴な疑問を持てば判ることだと思います。

北の熊

民主党の政策理念が皆無であることの表れ
本来ならば、現在の経済的な状況であるが故に、与党野党とも多少の違いはあるにせよ、団結してことにあたるのが正常な国であると思います。
国難を排する、という基本的な信念が民主党にはないものと判断します。
姑息な手段を使わず、法案を早急に通過させて正々堂々と衆議院選挙をするべきであると思います。
何故それができないのか。
野党には政権担当能力が欠如しているからです。
この時期に政権をとっても、と二の足を踏むくらいならそんな野党の存在価値はありません。
どこぞの弱小野党と同じです。
国難に与党といっしょになってあたれない、これだけでこの政党が政権与党になれない理由を自らさらけだしているのは滑稽をとおり越して、哀れに見えてくるのは私だけでしょうか?

OOIDOYA

修正ありがとう
チャチャさん、修正してくれてありがとうございます。情報を間違えて伝えて恥ずかしいです。(知らないって赤面ものですね)

チャチャ

追伸
衆議院第二会館は

〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2
衆議院第二議員会館○○○号室


チャチャ

議員会館住所
各議員のHP確認しましたが、住所は以下のようになっていました。

〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1
衆議院第一議員会館○○○号室

基準点

>OOIDOY様

私も一口乗らせて頂きます。

OOIDOY

ハガキを出しましょう。
 最近TVで保守議員たちの顔色がどうもよくありません。ネットのあちこちで『ハガキで応援しよう』という運動が盛り上がっていますが、こういう運動も有りかなと思い、明日ハガキを買ってこようと思います。
 みんな住所で検索できます。衆議院会館の事務所が載ってます。
 
  ≪100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23≫
       
  麻生太郎 衆議院第一議員会館 210号室 
  与謝野馨 衆議院第一議員会館 222号室
  安倍晋三 衆議院第一議員会館 602号室
  細田博之 衆議院第二議員会館 533号室
  中川昭一 衆議院第一議員会館 720号室

          (最近ブログ始めました。遊びにきてください。)

お笑いお花畑

問題となった中川さんの記者会見を、改めてもう一度見てください。

会見のテーブル上に、中川氏を囲むように大きなワイン・ボトルのようなビンが二本置かれています。
まるで「この人は酒を飲んで酩酊している」という印象を植えつけるかのごとく・・・
もしかして、これも視聴者の潜在意識に植えつける為の道具立てだったのではないでしょうか?

http://www1.ntv.co.jp/news/wmtram/dai2news.cgi?movie=090216056.cgi.300k.99999.html

基準点

マスコミ・民主党は幼稚で的外れ
 民主党はこうやって第2次補正予算の成立を遅らせれば、自民党の人気が落ち民主党の人気が上がると思い込んでいるようですが、ネットから民主党のこうした政治姿勢への批判が高まり、新聞等の既存メディアの報道が如何に幼稚で的外れなものであるか国民の認識が高まれば、流れを変えられると思います。(最近は安藤優子、栗捨てるを見ても反吐が出そうになるようになってしまいました。)

 ネットを知らない高齢者、政治に関心の薄い若年層などにこうした民主党の事実を知らせて、危険性を認識させる必要があると痛感しています。

 諦めることなく、このような国民不在の政治ごっこをやらかした民主党を次の選挙で惨敗させ、参議院の民主党勢力も空中分解させるくらいの意気込みで自民党の諸先生方には頑張って頂きたい。

また、難局に有ってはメンバーの団結が一番大事です、自民党の先生方は小異を捨てて大義に付き、自らを犠牲にする覚悟でことに臨んでいただきたいものです。


草薙

謀略マスコミ
私が次に述べるコメントは決して空想ではありません。プロパガンダ放送とはこのことを言います。ついにマスコミはバチカン事件を作り出し中川さんの政治生命を絶ち、また麻生首相に対する小沢の問責決議案の大義名分を作るため洗脳報道を始めました。中川問題に関してマスコミのマッチポンプがばれそうになった。これを雲散霧消するため「洗脳報道」を始めたのです。小沢民主も徹底的な捏造報道をマスコミ各社に暗に指示している。その証拠に小沢氏のコメントは生で出すが麻生さんはキャスターのコメントで生の声は出さない。バチカン事件報道に関してもいかにも中川さんの隣にいてじっくり観察していたかの如く、仔細に報道し、人間の細かい動作まで監視していたような印象操作で虚構の映像効果を視聴者の潜在意識に植えつける。疑問の余地がないほど極めて細かい具体性を挙げストーリー化している。最後に「関係者による」との取材根拠で自社の責任はしっかりスルー。もはや捏造を通り越し、日本のマスコミは謀略報道機関となっている。ゲッペルスの宣伝手法とそっくりです。マスコミにはもはや良心はありません。彼らは自己保身のため良心を捨てたのです。

surnivers

最早民主党は理解不能ですね
首相の問責を出している暇があったら、さっさと景気対策について議論をして下さいよ?と思いますけれども。
日本の景気対策はまだ何にも行われ低ませんよね?

確か前回の徹は踏まないんじゃないんですか?
思いっきり踏んでいますよね?
馬鹿な事言っている前に仕事をしろよ、と言いたいです。
はっきり言って論外です。
日本は金融危機で苦しんでいるんです。
だから早く景気対策をして欲しい。
国民はそれを望んでいるはず。
理解に苦しみますね。

bb

ねずきちさん、こんばんは。
仰るとおりですね。所用で朝9時に家を出て、車でNHKの日曜討論を聞いていました。まだ中川さんのことを取り上げていました。責任を取って辞任したのですから、これ以上何をしろというのでしょうか。武士の情けはないのでしょうか。
麻生さんの何処に問責を問われるような失敗があったのですか?先ほど、小沢さんが支持率が低いから、国民の信頼が得られていないといっていました。でも支持率は、国民の総意では無く、ただのデーターにすぎません。法律上何の拘束もありません。悪いことは何もしていないのに、偏ったマスコミの出した支持率だけで、問責決議などしたら、この国の政治は終わります。人気があって、支持率の高い人は悪いことをしても問責決議できないと言うことになってしまいます。
それにしても、NHKの司会者、ラジオなので表情は見えませんでしたが、意地の悪い質問ばかり。中川さんの博物館見学の失態まで取り上げていました。何か事情があったに違いないと思っていますが、NHKが取り上げなくてもいいと思いました。ねずきちさんの仰るように遊んでいるようしか見えません。情けないです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク