杉本鉞子の『武士の娘』

「ねずさんのひとりごと」は、ドメイン変更をしました。
ブックマークに登録してくださっている方は、登録変更をお願いします。(ドメイン変更日:2019年5月26日)
旧ドメイン:http://nezu621.blog7.fc2.com/
 ↓↓↓
新ドメイン:http://nezu3344.com



人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


この本は1925年にアメリカ・ニューヨークで
“A Daughter of the Samurai”
の書名で出版されました。
当時は「この本を読むと日本のことがわかる」といわれ、全米で大ベストセラーとなり、後には欧米8か国で出版されるに至っています。


20190722 武士の娘
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


英文で書かれた日本論で有名な本には、新渡戸稲造著『武士道』、内村鑑三著『代表的日本人』などがありますが、もうひとつ、忘れてならないのが、
杉本鉞子(すぎもとえつこ)著の『武士の娘』ちくま文庫、です。


この本は1925年にアメリカ・ニューヨークで
“A Daughter of the Samurai”
の書名で出版されました。
当時は「この本を読むと日本のことがわかる」といわれ、全米で大ベストセラーとなり、後には欧米8か国で出版されるに至っています。

著者の杉本鉞子は、明治6年、代々長岡藩で家老職を務めた稲垣家に生まれました。
長岡藩は幕末から維新にかけて幕軍として官軍と戦った藩で、長岡藩の武家たちは時代の激流の中でたいへんな苦労をしました。
そんななかで家老の娘である杉本鉞子は、厳格な武士道の教育を受けて育ちます。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH

鉞子の「鉞(えつ)」は“まさかり”という意味です。
女性でありながら、“まさかり”と名付けられた鉞子には、強い精神を持った武家の娘として育ってほしいという親の願いが込められていたのです。
なにやら最近の教育現場では、封建社会の女性は、身分も地位も低かったかのような印象操作が行われているようですが、この名前をみただけでも、いかに女性が日本で社会的に“強い”存在であったかが知れようというものです。

鉞子への教育は、6歳から始まりました。
すでに明治にはいっていましたが、教育は完全に武家としての教育が行われました。
子供の頃の教育は、もっぱら儒教の古典の素読(声を出して読むこと)です。

「当時、女の子が漢籍を学ぶということは
 ごく稀れなことでありましたので
 私が勉強したものは
 男の子むきのものばかりでした。
 最初に学んだものは四書
 すなわち大学、中庸、論語、孟子でした。」 
(p.31)

学習中は、畳の上に正坐です。
手と口を動かす以外、微動すら許されない。
鉞子は、いちどだけ、ほんのすこし体を傾けたことがありました。
それをみた師匠は驚き、次のように言ったそうです。

「お嬢様、そんな気持ちでは
 勉強はできません。
 お部屋に引き取って
 お考えになられた方がよいと思います。」


鉞子は、
「恥ずかしさのあまり、
 私の小さな胸はつぶれるばかりでした」

と書いています。

彼女は、師匠の叱責に「恥ずかしさ」を感じたのです。
どうして恥ずかしいと感じたのかといえば、それは師匠の要求に答えられない自分を恥じたからです。
そして自分を制御できなかったことにも、恥じたからです。
そしてなにより、師匠が、自分を鍛えるために「教え」を説いてくれているということを、幼い彼女自身が、ちゃんとわきまえていたのです。

実は、こうした「制御の精神」を身につけて育つと、穏やかな中にも、自然と威厳が備わります。
ですから明治時代でも、武家と庶民では挨拶の仕方から、歩き方まで違っていたし、風呂屋で裸になっても、どういう家柄の人なのか子供でもわかったといいます。

そんな彼女が12歳になると、親族会議によって縁談が決まります。
婚約者は、アメリカに渡米している兄の友人。
そこで鉞子は、東京で英語を勉強し、24歳で渡米しました。

米国の女性について、彼女がとても驚いたと書いていることがあります。
「婦人が自由で優勢なこのアメリカで、
 威厳も教養もあり、一家の主婦であり、
 母である婦人が、
 夫に金銭をねだったり、
 恥しい立場にまで身を置くということは、
 信じられそうもないことであります。

 私がこちらへ参ります頃は、
 日本はまだ大方、古い習慣に従って、
 女は一度嫁しますと、夫にはもちろん、
 家族全体の幸福に責任を持つように
 教育されておりました。

 夫は家族の頭であり、
 妻は家の主婦として、
 自ら判断して一家の支出を司っていました。

 家の諸がかりや、食物、子供の衣服、教育費を賄い、
 又、社交や、慈善事業のための支出を受持ち、
 自分の衣類は、夫の地位に適わせるよう
 心がけておりました。」
(p.216)

米国では、財布の紐は男性が管理しており、妻はわずかのお金も自由にできない。
女性の社会的地位向上だとか、女性差別の撤廃だとか、ジェンダーフリーだとか、米国発の女性人権論議がさかんだけれど、日本では、昔から、男女がきちんと役割分担をしていたのです。

そして男が外で働き、妻が家計のすべてを預かりました。
男は、自分が外で働いて稼いだカネを全額、女房に渡す。全幅の信頼です。
そして女房は、その信頼に応えて、家計をやりくりする。
互いに強固な信頼関係がなせる技です。
夫婦の間でも、親子の間でも、師弟の間でも、上下関係でも、すべてにおいて、信頼が第一です。
一番たいせつなことは、仕組みや社会構造や法的ルールではなく、互いの信頼関係にこそある、ということを、昔の日本人は、普通に行っていたのです。

こうした相互信頼型の社会や家庭が築けた理由のひとつが、
「給料や報酬というのは、その家に支払われた」
という点にあります。

いまでは日本もすっかり個人主義に染まり、給料は仕事をしている夫や妻個人がもらうもの、という考え方になっています。
しかし少し考えたらわかりますが、夫が外で思い切り仕事ができるのも、子育てやら年をとった親の面倒やらを、妻が家庭にいてしっかりと見てくれているからです。

バカげたことに、いまどきは妻がパートに出るために子供を保育園に預ける。
パートの給料が月10万円で、子供の保育園代が月10万円。
なんとも馬鹿げた世の中になったものです。

私達はいまいちど、欧米でベストセラーになり、欧米における家庭や仕事のあり方に一石を投じた『武士の娘』を、再度読み直してみる時代を迎えているのかもしれません。



お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

にっぽんじん

怒りを出せない国々
韓国は日本から輸入した軍事品に転用可能なフッ素化合物を違法に輸出していました。適正な貿易管理を行わず、輸出したのです。

韓国政府がどれだけ関与しているかは分かりません。
輸出する際に「日本品」とは言えません。
自国製品として輸出していたはずです。

それを信じていた国は裏切られました。
韓国品を信じて輸入したはずです。
いまさら「日本品」を輸入したとは公表できません。

輸入品を何に使っていたのかは分からないが、「計画が頓挫」です。
騙した韓国に対しては「怒り心頭」のはずです。

もしかすると、それが「中露戦闘機の韓国領土侵害」や北朝鮮の「ミサイル発射」かも知れません。

韓国は八方塞がりどころか十六方塞がりになる可能性があります。

takechiyo1949

人の道を体得し合うということ
この本をねずさんから紹介されて読んだのは、随分昔のことです。
我国には武士道がある!
などと一口に言いますが、そういう専門書があって学んでいた訳ではありません。
新渡戸稲造の『武士道』も流暢な英文で書かれた外国向けの本です。
宗教教育が無ければ道徳心は育たない?
そう思っている人がいるかも知れませんが、そんなことはありません。
聖書やコーランなど無くても、人間の常識や情操は体得し合えます。
我国はそうしてきた国ですから、例えば中韓北と心が通ずるなど、基本的に無理があります。
但し…武士にも武士の子女にも…中々出会えない当世です。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク