麻生=オバマ会談の意義



24日午前(日本時間25日未明)、ホワイトハウスで急きょ行われたオバマ=麻生会談。

オバマ大統領が、世界の首脳と会談する、そのイの一番が日本の麻生総理だった。

その席上、まず、オバマ大統領は、

日米同盟は東アジアの安全保障の礎石であり、私の政権で強化したい」と述べ、

続けて

「われわれは環太平洋地域の問題だけでなく、世界全体の問題で連携する機会がある」と述べました。

これを受けて麻生総理は、

「最初の公式な賓客としてお招き頂き非常に感謝する。
日本人としてだけでなくアジア人として非常に光栄に感じる。
日米は世界1位と2位の経済大国であり、数多くの課題に日米が手を携えて協力して取り組まなければならない」と応えました。

そして席上、

① 日米同盟をより強化させ、アジア太平洋の平和・安定を見据えた「より重層的な同盟関係」を構築する。
② 世界的な経済・金融危機の克服に向けての連携をする。
③ 北朝鮮の核や拉致、ミサイルの包括的解決に向け、6カ国協議で連携していく。
④ 世界的な金融・経済危機の対処策として、4月初めにロンドンで開かれる金融サミットに向け、連携を強める。
⑤ 両国が内需拡大策などで国内経済をしっかり立て直し、国際金融システムを支え、発展途上国を支援していく。

考えで合意した。

一部の報道によると、日米首脳会談に食事会がセットされてなかったのは、麻生総理が軽く見られているからだとか、わけのわからない報道があったけれど、今回の訪米は、いわゆる表敬訪問とは、訳が違う。

大統領選で、米国経済の保護主義を訴え、日本より中国重視ともとれる発言をしてきたオバマ氏と、大統領就任後、イの一番、世界最初の首脳会談において、両国の緊密な関係構築について、"具体的事柄について"、相互に確認する、まさに仕事のために訪米しているのです。

昼食会や晩さん会など、どうでもよろしい(笑)

また、日米同盟について、「東アジアの安全保障の要石」という表現がなされた点も、おおいに評価すべきことがらであるように思う。

これは東アジアに展開する米軍基地の確保だけを意味するのではなく、北朝鮮とういう火薬庫、現実の危機を前にして、両国が軍事面でも緊密な関係を構築することが相互に確認されたという意味を持っているように思います。

ともあれ、中国重視、日本軽視といわれたオバマ政権と、日本が緊密な関係構築を図ることができたことは、おおいに評価すべきことであると思います。

また、もうひとつ思うことがあります。

もし、アメリカが、日本における解散総選挙を望み、麻生内閣を意味のない短命政権と評価しているなら、今回の日米首脳会談は実現していない、ということです。

仮に実現するとしても、英国やフランス、ドイツ、中国などのあとになる。

それが、世界最初の会談相手が麻生総理であるということは、米国は、麻生内閣を「短命政権」と見てはいない、ということ。

逆に、米国は、左傾化した日本の民主党による政権交代を望んでいない、という意思の表れであるということでもあろうかと思います。
いやむしろ、中韓寄りの左傾化著しい日本の民主党に、米国はすでに危機感を募らせているのかもしれない。

マスコミによる報道では、麻生総理の支持率は10%前後であり、史上最低の支持率などと酷評されていますが、実際には、この数字は、どう考えてもあり得ない。

なぜなら自民党への支持率が、5割はあるという日本の世の中において、総理への支持が1割に満たないなどということは、常識的に見て、ありえない。

自民党の中にも、若手の軽いアホ議員が、麻生批判などしている動きもあるようですが、単にテレビに映って、目立ちたいだけだけのそんな輩の言うことなど、誰も耳を貸さないし、悪いけど、日本人、そこまでバカじゃない。すくなくとも、全国の自民党党員は、バカじゃない。それぞれが日本の保守をささえる明確な意思を持った人たちなのです。

ともあれ、日米首脳会談。
包括的な内容ではなく、具体的に個々の事案を挙げて、その方向性が確認された今回の会談は、両国の未来にとっても、そして世界にとっても、非常に意義の深いものがあった。そんなふうにねずきちは思います。

国民が知らない反日の実態 (Ace Combat 6 edition)

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ナポレオン・ソロ

是までを陰謀論で考えてみました。
 現在の世界経済の危機が仕組まれたモノだと言う陰謀論で一寸考えてみました。

 先ず、世界経済が、2年前まで危険な方向に走り過ぎて居たのは、衆目の一致する処でしょう、完全に通貨バブルの状態が全てのモノを投機対象にして、高値に吊り上げ、お陰で資源生産国は大きく潤った、その結果、BRIC'sと呼ばれる国々が台頭し始めた、亦、全体にインフレ気味となったから、開発途上国は、其れまでの借金を皆済する事ができた。

 処が、金融で儲けているのは、金を持っている一部の投資家だけで、米国本体の経済基盤が揺らぎ始めている事も早くから懸念されていた、しかし、荒療治を行えば、既に深入りし過ぎて居る米国金融界は、全滅、関連している企業群も大痛手を受ける事は火を見るよりも明らかだった故に、やるとしても相当の準備期間を要した。

 そんな中、BRIC's 諸国の中には、やがて、米国の覇権を脅かす意図を持ち始めた事を隠さない国まで顕れた、ロシアや共産シナがソウだし、ブラジルやインドも新たな経済圏を模索している事が耳に入る様になった。
 
 後2年以上そう言う状態が続けば、ロシアは再び軍拡を始めるだろうし、今度はエネルギー供給の元栓の位置関係から云って全欧州がロシアの支配下に収まる危険性まであった、シナは現行の政治体制から云って十全に信用できる相手ではないし、現に軍拡を続行中だ、ユーラシア諸国が纏まってしまえば、英米国は孤立するし、アラブ諸国の中には反旗を翻す国も出て来るだろう、イスラエルが危険な状態になるのは見えていた。

 英米は、断崖間近と感じて居たが、其れを止める唯一の手だてである、彼らに致命傷を与える経済危機は、自らの身にも深刻な事態をもたらすことは覚悟しなくては成らなかった。

 其処で、英米国が最後の頼りに出来る綱が日本である事に気が着いた、石油の高騰で大儲けしたブッシュ一族は、日本を操って金を出させて、戦時体制を維持したが、石油価格の暴落こそがロシアの息の根を止める手段であるからには、そのオペレーションは直ちに中止せざるを得なかった、特にグルジア侵攻で、ロシアの意図がハッキリした後は、迷うことは許されなかった。

 斯うしてリーマン処分が発表され、欧州各国は真っ青になった、米国経済自身への損失が大きいだけに、短期に思い切った手は打つまいと多寡を括って居たのに、突然のゲームオーバー宣言で、損失だけでも国が無くなる程となった、しかも、ロシアもシナも道連れと言う展開だったから、あらゆる投機対象の高値維持要素が全壊したに等しい、当然、世界の通貨はドルと円を除いて全面安となった。

 是で思惑通り、BTIC'S各国の行き足は完全に止まった、米国は自国通貨が基軸通貨だから未だしも、英国経済はガタガタ、米国内も国の基幹産業の腐食した部分が全面に表立って終った形になった、見回すに、最早、米国に健全な製造業は存在しなかったのである。

 是が現状に至る迄、さて是からドゥするかは、前述しました通り、アジア発の大恐慌にしない様に、米国の実態経済を復元しなくては成らないのです。

特ア嫌人

誰も昼飯に誘ってくれない(泣@マスゴミ
自分は、なぜオバマ大統領が自身の施政方針演説の前にわざわざ会談日程を持ってきて、麻生総理との日米首脳会談を行ったのか、について注目しています。

要するに、オバマ大統領は日本を後ろ盾にして、施政方針演説をやりたかったのではとみています。
これからは日本を必要とする、オバマ大統領の姿勢が垣間見えた気がします。
今までは「日本が米国を必要」としてきたが、これからは「米国が日本を必要」とする時代へとチェンジする時にかかって来ている、そんな手応えを感じました。

マスゴミは、自分が昼飯に誘ってもらえなくて同僚や上司にそっけなくされているように思うがごとく、昼食なしの会談について愚だ愚だ言っているが、目の付け所がそんなもんでは嘆かわしいね(哀れw

民主党は民主・社民連立政権を画策しているようだが、こんな政権では特ア媚交に特筆するだけで、米国、ひいては国際社会との協調は臨めずに日本は終焉を迎える。

火事場の馬鹿力

やってます。
麻生総理、物凄く頑張ってます。
皆さん、自分を麻生さんの年齢に置き換えた時、同じ動きが出来るでしょうか?
私は、無理です。
中川(酒)さん、そこは見習って欲しい
貴方(中川(酒)) の体は貴方だけの体では無く、日本国民のものです。
(中川(酒))奮起、再起に期待してます。

 ミヤビ

安心します
私はねずきちさんの独り言で心が安心するので、お邪魔しております。
麻生さん、がんばってくれたのだと信じます。
発射準備に直接会って話す軍事上の取り決めでもあったのでは・・・と思いました。
マスコミは何も報道しないけど、日本の近隣諸国ってものすごーく怖い思想に洗脳されてる国に囲まれているんですものね~。
おれおれ詐欺や自殺は外国では珍しいことだから
日本って防衛面で特殊なんではないでしょうか。

bb

ねずきちさん、こんばんは。
麻生さん、色々言われているのに笑顔素敵です。とりあえず、虚心坦懐に耳を傾けようと思います。報道されない大切なことにまず耳を傾け、それからで良いでしょう論評は。あまりにも報道がひどすぎて、この頃はTVのニュース見なくなりました。

ナポレオン・ソロ

米国経済の再生は一朝一夕では出来ないとおもいますが
 まぁ、オバマさんも麻生さんも、顔合わせと言う事で今回は好いのでは無いでしょうか、オバマ大統領の外交シリーズの幕開きと言うことでしょうから「イの一番」に感謝をしても何等不思議ではないように思いますがね、未だ就任から100日経って居ませんから。

 「大変」と云う意味では、お互いの認識は既に形成されていると看るべきかと、それとも想定外の事が起きたから呼ばれたのか、それが4兆ドル=375兆円?の損失が出たから喫緊に相談と言うなら、米国も具体策を用意しなくては、麻生さんをワザワザ呼べない筈です、その前に70兆円の対策費を可決したばかりナンですがね、なにか、ちぐはぐな気がします、そう言う印象を対外に示すと、後が怖い筈ですがね。

 大変という認識が形成されているのなら、後は具体論ですが、もし、日本の金を引きずり出すダケで解決できるので有れば、米国はキットそうし向けるし、日本も恐慌~ブロック経済~戦争と言う道筋を避ける為に、米国を支えるべきでしょう、米国経済が潰れてしまえば、日本は世界一の買い手を喪ってしまいます。

 米国の経済破綻で、日本政府や企業群は、拠り一層米国内部に浸透する他無いのは確実です、米国が商品の全てを是から先シナで造り、シナから買うつもりなら、赫ら様にシナをパートナーとする姿勢を見せるでしょう。

 しかし、現在の米国に資本財を造り出す力がないのは、シナと米国の貿易量増大を看るに、米国の輸入超過ダケが大きくなり、影で日本が資本財輸出で安定して儲かって居た事から判ります。

 三竦みの貿易構造だったのが、シナの破綻で崩壊しました、米国経済の質的な改善に必要なのは、自国民の購買力の復活・再生でしょう、その為には米国内の労働市場の改善が焦眉の急の筈です。

 消費財ではなく、資本財の生産で、余剰労働力を吸収して、国民の購買力を上げるしか手だてはない、その為には資本財の生産技術を持つ日本企業に進出して貰うのが一番です、「米国で材料を造って、米国で製品を作り、米国で消費する。」と言う手段を一時的に、一定時期やらねばならないかも知れないのです。

 しかし、是をやられると、輸出で生計を立てているアジアの各国は、米国という大口の需要家を一時的に喪って終います、経済的な波及は大きいでしょう、アジア発の恐慌を避ける為に、アジア内の消費量も、その購買力の向上を伴って上げる必要が有るわけですが、アジアの経済的な成長はまだまだでしょう。

 加えて、もぅ一つの大経済圏欧州も不況のママでは如何ともし難い。

 是からの世界の問題は、米国再生の間の消費の低迷に、アジアがどれだけ絶えられるかに絞られると思います。

大豪院邪鬼

浮かれて喜ぶのは危険
 プラス思考でいくと良い方向に向かっていると言えるのでしょうが

 オバマはヒラリーに言わせるよりもホームに直接呼びつけて麻生さんに金出せと言ったと考えるほうが正解ではないでしょうか。

 一番先に呼んで、殊更日本重視を唱えたのも中国重視、日本軽視といわれたオバマ政権評では日本も金が出しにくいだろうから、というだけのこと。いつものポーズですよ。

 ヒラリーが来日して、具的要求(金出せ)がなかったのも本番は後に控えてますからとのメッセージと取れる。

 日本は核議論も必要という中川発言のあと来日したライスが慌てて、日本はアメリカが守るというニュアンスの発言をしたけど、結局北朝鮮のテロ国家指定を解除してしまったように、オバマの日本重視はまだまだ信用するには値しないと思う。

 アメリカのブラフに惑わされてはいけません。浮かれて喜ぶのは危険、オバマの甘言に惑わされるな、と言う所ですかね。

 麻生さんの力量が試される所です、国益を守る交渉が出来る様国民はしっかりと応援していきましょう。

surnivers

ワシは全く逆の意見です
本気で今回の経済危機に対して話し合いをするのであれば、1時間でどうにか成るような内容なはずが無い、と思います。
正直2,3日はじっくり時間をかけてやら無いといけない問題でしょう。
オバマが麻生を読んだ理由は簡単で金を出せ、しかありません。
予算を発表しなくちゃいけないが赤字が凄い殻日本からも金を出してね、と言う事でこのタイミングで呼ばれただけで、1番とかは関係ありませんし、そんな事で一々感謝する麻生もアフォだと思います。

冷静に考えれば、米国は今は本当に危ないのです。
4兆ドルの損失が出ているのです。
これを本気で処理しようとすると、それだけで5倍の20兆ドルが必要になりますが、そんな金を何処からひねり出すか?
何より重要なのはオバマがその事を全く理解してない事です。
だからダウが下落を続けるのです。
オバマ・ネガティブ・ウォッチと言う事です。
麻生は・・・
はぁ。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク