自動車生産4社がほぼ半減 これはたいへんな事態です。



<記事引用>------------------------------------

自動車生産4社がほぼ半減 主要8社の1月世界生産(共同通信)
http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/business/CO2009022501000660.html

国内の自動車主要8社が25日発表した1月の自動車の世界生産台数は、減産の強化でトヨタ自動車、日産自動車、ホンダなど5社が前年同月比で単月として過去最大の下落率を記録した。

トヨタが42・6%減となったほか、
日産、マツダ、三菱自動車の3社は前年の半分を下回り、
8社中4社が半減以下、または半減に近い水準に落ち込んだ。

自動車業界の生産、販売が“壊滅的”状況に陥っていることが鮮明になった。

------------------------------------------------

派遣の問題とかいろいろいわれているけれど、自動車産業は、昨今の我が国の基幹産業です。

その基幹産業の生産が半減しているということは、たいへんな事態です。

たとえば、広島を例にとります。

広島市は、もともとはおとなりの呉市とそれほど人口も変わらなかった。

その広島が、呉市を大幅に超えて、人口100万の巨大都市に成長したのは、広島に、マツダと、三菱重工と、キリンがあったからです。

この3つの工場が、巨額の利益をあげ、雇用を吸収し、それによって人があつまり、人があつまることで、流通や消費材の販売が好調となり、不動産や建設が活性化し、金融市場が伸び、町が巨大な人口を吸収する都市に成長した。

ところが、キリンの工場は数年前に撤退。
三菱重工も、工場がなかば閉鎖状態。
そして、マツダは、不況によって一時、フォードに吸収され、ようやくここにきて業績が持ち直したと思ったら、この不況です。

雇用がない。
モノも売れない。
都心部のオフィスビルは、どこも空き部屋ばかり。
大型投資を伴う地元大型不動産業者が立て続けに倒産。
地方経済の中心を担う銀行は、不良債権問題から、中小零細への融資を貸し渋り。
企業は資金調達能力を失い、もはや青息吐息の状況といわれています。

一国の経済も、いち地方都市の経済も、一家の経済となんらかわりはありません。

お父ちゃんが、外で働いて稼いでくれるから、女房子供が飯が食える。

稼ぎが太くなれば、女房子供に、すこしでもいい服を着せてやることができ、たまの外食や、ちょっとした小旅行なども楽しめる。
収入が安定してくれば、ちょいとマイホームでも建ててみようかという気にもなる。
親戚や友人を呼んで、ちょっとした宴会でもしてみようかという気にもなる。

ところが、お父ちゃんが不況にあえぎ、モノが売れない。収入が半減・・・となってくると、しばらくの間は、女房子供も、これまでの贅沢な暮しを維持しようと貯金の取り崩しなどをしながら、あいかわらず服を買ったり、外食しようとするけれど、だんだんそれが深刻化してくると、ほんとうに生活をきりつめて、やりくり算段しなきゃならなくなる。

一国の経済も、いち地方都市経済もまったく同じで、地元の産業(企業)が、外で稼いで、カネを落としてくれるから、みんなの生活が向上する。

お父ちゃんがリストラされ、収入の道が途絶えたら、サラ金だってお金を貸してくれない。つまり、金融機能がマヒしてくる。

金融は、人間の体でいったら、心臓にあたるところで、そこから全身に血液(オカネ)を送り込む役割なのだけど、この銀行(心臓)が、カネを貸さない(血液を送り出さない)。

これだけ世の中冷えてくると、その閉塞感から、現政権にストレスをぶつけ、こうなりゃ民主に政権をまかせてみたら?などという議論もでてくるけれど、
その民主党が法案として提出しているのが、金融機関の融資条件開示法案。

どういうことかというと、あらかじめ融資審査の条件を開示し、それに見合った企業には無条件でカネを貸さなければならないという、これが、お話にならないくらいのいいかげんな法案。

そんな法案がもし、民主党政権のもとで通貨すれば、銀行は、特定条件のそろった先には、無条件でカネを貸さなければならず、そうなると、そういうシステムを悪用して、カネをだまし取る悪質な連中がかならず登場するから、不良債権が、激増するのは目に見えている。

いくら政府がもっと融資しなさいと言っても、そんな不安定な世情では、先にカネを出して、あとから“回収しなきゃならない”銀行としては、とてもじゃないが、不安でカネなんか出すことができない。

政治が、どう転ぶかわからない状況のもとでは、とりあえずは、資金を徹底回収し、すこしでも自己資本を厚くして、自分のところが倒産しないように最大限努力するほかない。

で、カネを貸さない。資金を引き揚げる。

つまり、銀行が金を貸さない最大の原因は、世の中が冷えて、景気が悪くなっているということに加えて、政治が不安定になっていて、さらに民主党が政権でも取ろうものなら、これから、より一層、日本の経済がダメになると見込んでいるからということができます。

言いかえると、政府の景気対策に水を差し、政権を非難し、選挙選挙と煽っているメディアや政党、議員が、首を吊りかけている日本経済の足を引っ張っり、命まで奪おうとしているという姿が浮き彫りになってきます。

多くの場合、世論は、事実ではなく、印象によって左右されます。
麻生総理は、漢字を読み間違えるアホだ。中川前財務大臣は、ろれつのまわらない酔っ払いだ。
そういう印象操作で、日本をダメにして、ではいったい誰が一番得をするかというと、これが実は、誰も得をしない。

ならばなぜ、得じゃないのに、そういう印象操作に躍起になるのかというと、これがようするに、メディアや野党の「否定性」にその原因がある。

彼らは、いまの世の中が不当だという確信以外に、なにひとつ提供しない集団です。
つねに「否定すること」だけを本懐としている。
テロリストと同じです。

しかし、世の中がたいへんな状況になり、その大変な状況の中で、国を守り、人々の暮らしを守るには、そうした「否定性」だけではどうにもならない。

たとえ、拙速であろうと、矢継ぎ早に景気刺激策をとっていかなければ、ほんとうに日本は崩壊してしまいます。

第3弾「麻生太郎総理に質問!」(2009/2/10収録)


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ナポレオン・ソロ

改革を続けるにしても・・
>surniversさん
 初めまして、ソロと名乗っております、以後お見知り置きを。

 ソウですか、IT関連従事者なんですか、私は元々航海士なんですが、船の修理屋を経てエンジン屋に転向して7年目くらいです。

 愚痴になりますが、世の中に出てからズ~ッと、不況業種ばかりを渡り歩いて居るような気がします(笑)、商船学校(高専)に入った時は、就職率500%、つまり、一人に5社の引合があった海運界も、卒業する頃に、オイルショックとドルショックのWパンチが来て、求人が「全国で5人」しかなく、仕方なく陸上の企業へ、を皮切りに、着いた業種はドンドン衰退、年中リストラに怯え、ベースアップ無しを甘受する毎年、あのバブル期でさえ、造船・海運は閑古鳥が鳴いていました。

 その後、転職して自家発電業界に入りましたが、入った時が全盛期だった様で、次第に重油が値上がりして、20円前後だったモノが、一時100円を超す迄になり、散々アピールしたNOX低減も、逆風として作用したりして、此度、リストラ解雇と言う羽目に、4月から無職ですよ。

 1万人以上居た日本人の外交船員は今や、250人以下らしいです。

 貴方が仰有る様に、経済の変化の結論である産業構造の変化に対応した労働環境整備が、全く後手に回っているのが、国の情況です。

 是は、偏に、国の行政を運営する、国会議員や公務員の意識や感受性が現実と乖離して居るからでしょう、彼らが参考にして居るのは、最深のモノでも、数年前のデータを集計したモノだし、意志決定も、何でも実績重視で行われるから、新しいモノは全く実行に移されないのですね。

 こんな頑迷固陋な制度が、数十年否、数百年放置されて来た部分って有ります、為すべきは行政改革ですよね。

 本来のマスコミの仕事とは、最深の現状を示し、行政体、或いは立法府の仕事の遅れ、怠慢を指摘、指弾して行くことではないのか、と思いますが、今のマスコミの私益重視の恣意的報道姿勢では、全く期待できませんね、報道そのものが信頼を失っていますから。

surnivers

雇用のミスマッチですね
ワシはIT系でずっと働いているんですけれども、この業界は常に人材不足ですね。
特に足りないのはJava&Oracle&Linuxが出来る人材です。
これはもう毎週の様に募集メールが何通も来ますね。
ワシは今は就職しているので参考に見ているんですけれども、これを見ると失業者があふれている、と言う現実が嘘でしょ?と言いたくなります。
全然足りない産業もあるのです。
政府にはこのミスマッチを埋める努力をして欲しいと思います。

ねずきち

>bbさん
コメントありがとうございます。

前原さんが、あんなアホな質問をするような人だとは、ボクも正直おもわなかったです><;
もっとまっとうな考えや発言のできる人だと思ってた。
松下政経塾の出身なのに・・・
幸之助さんが泣きますよ。ほんとに><;
どんなに素晴らしい素質を持った人でも、所属する組織が歪むと、その影響を受けてやはりこんなにも歪んでしまうものなのかと、残念に思います。


> OOIDOYAさん
コメントありがとうございます。

NHKというのは、いつから偏向報道局になり下がってしまったんでしょうかね。
公共放送としての意地も誇りもないのでしょうか?
ていうか、そういう意地や誇りといった人間に欠かせない道徳心を失った日本の縮図がいまのNHKなのかもしれませんねぇ;;;;
それにしても、あの放送は、オバカでした。


>火事場の馬鹿力さん
コメントありがとうございます。

麻生さん、よくやっていると思いますよ。ホント。
これで日本に世界に冠たる軍事力があったなら、もしかしたら麻生さんは、まさに世界のトップリーダーとなったかもしれない。
おっしゃるとおり、少しでも歴史を学んだことがある者なら、世界恐慌→ブロック経済というプロセスが、いかに世界を戦乱の危機に陥れるかがわかるはずです。
それを麻生さんがひとりで、食いとめているといっても過言ではない。
日本はいいときに、いい総理を選んだものだといえようかと思います。

≪韓国美女を秘書にしてはべらせ、西松建設から怪しげなお金貰って喜んでるどっかの党首とは覚悟が違うのです≫
これもおっしゃる通りですね。
ついでにいうと、覚悟も違えば、格も違うと思います^^b


>ナポレオン・ソロさん
コメントありがとうございます。

ほんと、前原さんにはショックでした。
あんなバカとは思わなかった。

それにしてもおっしゃる通り、時代の流れは、想像以上に速いですね。
石炭経済によって世界の覇者となった大英帝国。
その大英帝国は、石油資本の台頭によって米国にその座を明け渡し、
その石油が枯渇することで、世界は省エネ先進国にその座を明け渡そうとしている。
もしかしたら、そういうことなのかもしれません。

ナポレオン・ソロ

100%バイアメリカンの日本車の登場の可能性
「前原があんなに馬鹿だとは思わなかった」と言うのが正直な感想です。

 批判するにしても、言い方や内容を考えて云えないモノだろうか、「選挙もしないで」って、自分が世界の現状に全く関心が無い事をさらけ出しているダケでしょう、こんな私益しか見えない連中に「世界の中の日本」を任せられるモノか。

 自分達が政権を取る事しか考えていないのが丸見え、取った後の事はナンにも考えていない、其れが証拠に、大連立の話を向けられたら喜んで乗ってくる連中が半分は居るだろう。

 此奴らは、唯、自分が大臣になりたいだけですね。

 自動車の生産が半分? 当然でしょう、各メーカーは、覚悟の上の事だと思いますよ、だって、例えば自動車について云えば、この先、大手需要先の米国は、内需中心、つまり、部品に至る迄米国国内生産の日本企業の車を買う事になるわけです、すると、日本国内の生産体制を、そう言うレベル=日本国内需要量プラスアルファに調整・改造しなくては成らないのです。

 プラスアルファは、欧州や開発途上国の需要ですが、是も、回復は米国の回復待ちでしょう、しかも、詰まる処、此方も現地生産にシフトが徐々に始まるでしょうから、原則的には日本国内の需要で賄わねばならなくなる、唯、日本には資本財を輸出できる力が有りますから、素材産業を中心とした高合理化生産体制を目指せば、多少の合従連衡は予想出来ますが、日本全体としては、十分生き残れると思います。

 国内需要は、日本はこの先少子高齢化の影響で、労働人口が減少し、従来型の需要は細って行くでしょう、しかしその分、新たな需要の掘り起こしをやって、新技術開発の原動力とし無ければ成りません。

 時代と共に需要も変化流動するモノです、米国の影響がドンドン希薄になって行く事態がこんなに早く訪れるとは思っていなかったのですが、有無を云わさないモノが有りそうです。

火事場の馬鹿力

麻生さんは信じられない勢いで世界を飛び回っています。
「外交は、もう少し落ち着いて」と仰る方もいらっしゃいます。
私もそう思います。
日本に外交の担保となる軍事力があるのなら…。
世界経済は今、崖っ淵で何とか踏ん張っていますが、もし落っこったら、世界大恐慌再来→世界経済ブロック化→各ブロック間の緊張激化 となります。
経済力はあるが、食糧・エネルギーの自給率が低く、核抑止力は勿論、軍隊を持たず、スパイ防止法さえ無い日本は標的にされ、タコ殴りに殴られる可能性が極めて高いのです。
これが、落ち着いていられますか?
焦る気持ちを臆面も見せず、笑顔で世界の首脳達と渡り合っている麻生さんは実にタフです。
いや、本当は連日のマスコミの歪曲、捏造報道かなり堪えているのかも知れません。
しかし、麻生さんは笑顔です。
おじいさんの吉田茂元総理が外交官として終に止められなかった「世界大戦」を俺が止めてやるんだ、との気迫を麻生さんの笑顔には感じます。
韓国美女を秘書にしてはべらせ、西松建設から怪しげなお金貰って喜んでるどっかの党首とは覚悟が違うのです。

OOIDOYA

前原さんも失礼ですがNHKももっと失礼です
 失礼な発言をした前原さんの発言をNHKはお昼のトップニュースにしました。「選挙もしない国の代表がアメリカ大統領に会っていいのか」のような意味の発言をしたのです。大統領に会うのは総理大臣の仕事でしょう。その仕事にまでケチを付けるという前原さんの無神経さと、それを鬼の首を取ったように報道するNHKの馬鹿っぷりにはあきれました。

bb

ねずきつさん、こんばんは。
本格的にというか、実感として不景気が押し寄せてくるのはこれからですね。今日も国会で前原さんがかなり失礼な質問してました。支持率の低さをついてです。またぞろ解散、解散。麻生さんはビクともしてませんでしたが、民主党はそろそろスタンス変えないと、折角飛ばしたブーメラン自分たちに帰ってきて大怪我しそうな気がしますが・・・早く法案通して、景気対策に着手して欲しいです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク