小沢氏の在日米軍削減発言、田母神氏への出馬要請



記者団を前に小沢民主党代表の発言・・・・

<記事引用>--------------------------------------

(24日、奈良県香芝市で記者団に)

ただ米国の言う通り唯々諾々と従っていくということでなく、私たちもきちんとした世界戦略を持ち、どういう役割を果たしていくか。

少なくとも日本に関係する事柄は、もっと日本自身が役割を分担すべきだ。
そうすれば米国の役割は減る。

この時代に前線に部隊を置いておく意味はあまりない。

軍事戦略的に(米海軍)第7艦隊が今いるから、それで米国の極東におけるプレゼンス(存在)は十分だ。
あとは日本が極東での役割をしっかり担っていくことで話がつくと思っている。

(25日、大阪市で記者団に)

(米空軍は)いらないと言っているのではなく、日本もきちんとグローバル戦略を米国と話し合って役割分担し、その責任を今まで以上に果たしていかなければいけないという意味で言っている。

日本も米国におんぶに抱っこになっているから。

自分たちのことは自分たちでやるという決意を持てば、米軍が出動部隊を日本に置いておく必要はない。

ただ、どうしても東南アジアは不安定要因が大きいので、米国のプレゼンスは必要だ。

おおむね第7艦隊の存在。

あとは日本の安全保障、防衛に関連することは日本が、自分のことなんだから果たしていく、そういうことだ。

-----------------------------------------------

与野党から批判の相次ぐ小沢発言ですが、言っている内容はそれなりにもっともなことです。

米国に軍事面を完全におんぶに抱っこしてもらっている現状を一歩前進させ、わが国の安全保障は、わが国で守る。そういう決意を日本は持たなければならない、という主張に聞こえます。

もしこの発言が、政府自民党幹事長としての小沢発言であったのなら、たいへんうれしい。

しかし、残念なことに野党民主党の代表としての小沢発言となると、かなりハテナマークを付けて聞かなければならないことになります。

具体的には、

(1) 発言に民主党内、ならびに提携野党各党との調整がまったくなされていない。
社民党や、民主党左派との意見調整はどうなっているのか。もしそうした意見調整がなされていないのなら、この発言は党内外から批判をあびるだけのものにしかならない。

(2) 日本の安全を守るには、海軍である第7艦隊だけでは抑止機能の一部しか果たせない。在日米軍は、海兵隊と空軍があるから、安全管理が強固になっている。もし、出ていった米軍の肩代わりを日本がするのであれば、再軍備を意味し、憲法改正が必要となる。

憲法改正を改正し、日本がちゃんとした軍備を保有することには、ねずきちは大賛成ですが、そういったことを踏まえずに、一足飛びに在日米軍を再編し、横須賀の第七艦隊だけにするという議論は、これは暴論にしかなりません。

(3) さらに、民主党の鳩山由紀夫幹事長が東京都内で記者団に語ったことも気になります。
その内容は、
「(小沢発言は)極東における脅威は増大していないことに起因している。つまり、日本の軍備増強という発想ではない」と語っている。

同時に鳩山氏は、「将来ミサイル防衛網などをしっかり作れば、米国に頼らなくとも専守防衛の中で日本の安全を保てる」などという持論も展開している。

この鳩山氏の論などは、まさに論外の暴論としかいいようのないもので、完璧なミサイル防衛網を作ったとしても、それを機能させるのに必要な国内法の整備がなければ、(今回のソマリア沖への自衛隊派遣問題に明らかなように)、せっかくのミサイル防衛網自体が、はりこの虎にしかならない。

加えて、もし、法的にも有効に使用できる完璧なミサイル防衛網ができたとして、もし、他国が竹島を占領したように、対馬を軍事制圧して占領したり、日本の大都市への軍事進攻をしてきた場合、どう日本は対応するのか。
軍事問題というものは、ミサイルへの対処だけできれば、それで充分などというのは、頭のどうかしている人間の発言にしか聞こえません。

そういう点などから、小沢発言をもう一度読むと、小沢氏は、かねてより、日本の安全保障は(米軍になんでもかんでも委ねるのではなく)日本で守るべきという持論であるとはいうものの、どうも、党の選挙資金の問題から、中韓側のいいなりになり、ただ単に、米軍の沖縄基地を撤退させ、さらに空軍力を抹殺しようとする暴論としか聞こえないものとなります。

沖縄米軍基地がなくなり、米軍が横須賀の第七艦隊だけになった場合、いちばん喜ぶのは、中国です。

これで堂々と、尖閣諸島海域の石油資源を、日本領海を侵犯して悠々と盗掘できる。

日本は資源のない国なのです。その日本にとって、ていうか、日本人にとって、日本の領土内で採掘できる石油や天然ガスといった資源がどれだけ必要なものか。

もしかしたら、東シナ海に眠る天然資源は、今世紀最後かつ最大の天然資源なのかもしれないのです。もしかしたら日本はいきなり資源大国になっちゃうかもしれない(カナ?)くらいのポテンシャリティを持った資源です。

米国が、自国経済の立て直しのために、海外に派遣している軍備の見直しを行い、軍事費を大幅に削減する可能性は、なし、とはいえません。

そうなったとき、日本は、まさに独自の立場で日本の軍事的安全を守らなければならなくなる。

であればこそ、憲法を改正し、自衛隊を日本軍として認め、国防予算を現行の10倍に膨らめ(ものすごい景気刺激策になる)、自国と東亜の安全は、日本が守る、くらいの状態を、米国とも十分な調整のうえで、なんとしても実現していかなければならない。

そうしたことからねずきちは、どうも、今回の小沢発言を、キナクサイと感じるのです。

ところで、国防問題というと、田母神氏です。
その田母神氏について、こんなニュースが飛び込んできました。

田母神氏に与野党から出馬オファー(スポーツ報知)
http://news.livedoor.com/article/detail/4037070/

田母神氏に、自民党、民主党両党から、出馬要請が来ているとか。
人をさんざん叩いておいて、どうやら田母神氏に国民的人気があるとみるや、今度は出馬要請。。。

この国の能天気さには、ほとほと愛想がつきますね^^;

小沢の外交・防衛政策は?

下の動画は、テレビ番組ですが、米よりも中国との関係を強化しようとする民主党の姿がありありと描かれています。
とりわけ、中国の代表が「日本での民主党政権になんの不安もない」と述べている。
終わりのほうで、民主党の山岡氏が、「世界はもう武力で抑え込もうなんて無理なんですよ」としたり顔でしゃべっていますが、そうして仲良くしようとしている中国が、武力行使によって世界中に火種をまきちらしている張本人であることを、多くの日本人は知っています。そもそも山岡さん、中国がそんなによい国なの? 軍事介入・盗掘・公害・奇形児、共産党幹部以外は人としてすら認められない。あなたは日本をいったいどういう国にしようといているのですか?と言いたくなります。


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

通りすがり

アメリカの企みは何か?
>米よりも中国との関係を強化しようとする民主党の姿がありありと描かれています。

日本の民主党も国防や外交に関しては重症のようですが、アメリカの民主党も挙動不審です。
アメリカは戦後、領土問題や防衛ラインに関して曖昧な態度を取り続け、結果的に幾つかの極めて重大な戦争を引き起こした前科があるようで、何だか恐いですね。
ただの「外交音痴」ならよいのですが、尖閣諸島防衛に関してはクリントン(夫)の時代よりもはるかに酷い対応です。

「尖閣を防衛」明言せず、日本の確認要求に…中国船の侵犯後
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090226-OYT1T01251.htm

基準点

小沢自爆の導火線
 特定アジア3国に好かれる政治家にろくな奴は居ないことだけは断言できますね。
 その代表がご存知、村山富一、今でも慰安婦の件で謝罪して回って日本を物笑いの種にしてくれています。
 中韓に好かれて、金を出させられて日本国民として何か嬉しいことがあるのでしょうか?
 日本国民は何時までも言われなき贖罪意識を背負わされ、子や孫にまで不名誉を与えてしまうことになってしまいます。

 小沢の今回の発言が、小沢の自爆の導火線となり、民主党を中心とする夜盗連合が分解し、参議院における民主党にも波及し空中分解するような気がします。
 「小沢は今年史上最大の自爆劇の中心人物を演じる。」と希望を込めて予言しておきます。

surnivers

日本の軍事力を強化するのであれば良い話しですが
今の所は米軍は必須でしょう。
仮に今憲法改正して、自衛隊を日本軍にして、陸海空を全てきちんと整えたとして。
その時にはじめて発言する言葉でしょう。

後MDは役に立たないそうです。
少なくても今の日本の法整備ではズドンとやられてから会議する前にもうボカーンとなるそうです。
それに命中する率は極端に低く、はっきり言って役に立たない代物と米国の軍事専門家が言って居ます。

となると核武装になるしかないんですけれども。
そこまで踏み込んだ発言をしますかね?

ナポレオン・ソロ

軍事音痴なのではなく、二者択一を迫っているのです。
 小沢議員は、自分の見識を示すことで、総理大臣職が自分には不釣り合いな事を満天下に示したかったのだろうか(笑)。

 否、国連中心主義とか云っている時点で、この人世界の事は丸で判って居ないなとは、思っていましたが是ほどとは、何か信じられない思いです。

 先ず、山岡議員に「現在日本は、軍事同盟を何処と結んでいるのか?」と訊いてみたい、シナとの関係を深めるのは、少なくとも向こうがこっちの要求を一つでも受け入れる様な実績を示してからにして欲しい。

 そりゃあ、シナは日本の民主党政権にはナンノ不安も感じないでしょう、平身低頭して、進んで手先になっているワケだから。

 嘘だと思うのなら、民主党が、毒餃子を批判したか、毒ウナギを批判したかを問うてみればよい。

 小沢議員には「第七艦隊の年間行動予定と、艦隊が持つ総合火力とその行動範囲を示していただきたい」、然すれば、沖縄を始めとする米軍基地が日本の防衛に不要で有る理由が少しは判るかもしれない。

 モゥ一つ、軍事同盟への認識を伺いたい、果たして片方の都合の為にだけ存在するモノなのか、シナと米国を天秤に掛ける様なお話だが、日本が独自で日本自身をどれ程護り得るのか、自衛隊の制服組に訊いて着れば善かろう。

 結論から云えば、こんな危険な思想の持ち主を、国の総理大臣に推す様な国民なら、滅びても仕方がないと思う、「試しに」やれるモノならやってみれば善い、但し、決して後戻りは出来ない。

 日本無しでは、米国の平和裡の再建はカナリ難しいでしょうが、戦争が起こると成れば話は別です、内需は大いに喚起され米国経済は大にぎわいとなって、失業率は嘘のように改善するダロウからだ、否、現実にはソウは成らない公算が高いが、過去はそう言うパターンだったワケで、そう言う夢を描き易い。

 犠牲になるのは、シナと米国の間にある日本であることは云うまでもないことだ。

 当に安倍さんの言うとおり、「こんな人物や党に、国を任せてはイケナイ」のです。

 こんあ不見識を示したのが民主党の幹部である、と言うのは、彼らが「政権党になったら、シナ寄りに舵を切るぞ」と言う「言外の意」を含ませている他の何者でもないと言うことでしょう、ソウする場合、米国サイドの財政事情から云って、大幅な軍事費削減と言う方向転換を推進し、急速に日米安保は解消に向かう可能性が高い。

 つまり、シナを取るか米国を取るかの二者択一だと考えても善い。

 反日シナの奴隷に成りたい国民は民主党に投票すればよい。

野茂大好き16

ねずきちさんこんにちは。

民主党が政権取ったら、中国の「日本自治区」にして、民主党を応援しなかった人間は全て弾圧してもいいよ。
みたいな密約があったりして。。。(^^;)

応援ぽちで~す。

bb

ねずきちさん、こんにちは。
「普通の国になる」と言うのがかつての小沢さんの主張でしたね。その頃はまだ自民党にいて正論だと思っていました。当然憲法改正が伴うものと理解していましたし。主人はじめ義兄などもその頃の小沢さんは評価していました。私は彼が自民党を離れ、2大政党をお題目のように唱えだした頃から不信感でした。細川さんを担ぎ出して政権をとり、放り出し、結党解党を繰り返しているのを見て、彼は政治家ではなく政局屋に成り下がったと思います。短気で、演説ももうひとつ、政治家としての資質イマイチかなというのが私の思いです。最近は哲学も無く何をしたいのかよくわかりません。第一民主党の支持母体がひどすぎて、この国の舵取りの立場になっても安心できません。どうせ混乱するなら(して欲しくないけど)ガラガラポンで解りやすい政党が生まれてくれれば良いなと思います。ただし直近はそんな余裕無いと思いますが・・・今は麻生さんを全力で応援します。
田母神さんには期待が大きいですが、最初の扱いを思い出すとやりきれないですね。でも田母神さんは人間の大きい人だと思うので、彼の選択を信じます。間違っても民主党には属さないでしょうから。

ミサイル防衛網?
ミサイル防衛網など一部使えるだけで模擬弾を含めて50発もおたれれば役にも立たない。

コンなのが政治家で「御座候」と軍事を語る?軍事力で侵略しようなんて国が現在では有りません。

脅迫と人口で可能、この様な「アホ」がいるから裏口から侵食されているも気が付かないのでしょう。

「中国」から民主党の政権には何の「不安」もないと言われている事は日本は不安な訳ですよ。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク