天高く馬肥ゆる秋


人気ブログランキング応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

平成31年度倭塾動画配信サービス受講生募集中


日本は自然環境の厳しい国ですが、同時にその自然環境は、常に私達日本人に恵みを与え続けてくれた環境でもあります。
そうしたなかで、おのずと備わった尊敬と感謝の日本文化。
後世にまで、しっかりと伝えて行かなければなりません。


雲の種類と天気
画像出所=https://www.yonden.co.jp/cnt_kids/science/weather/003-p02.html
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


風がめっぽう秋めいてきました。
「天高く馬肥ゆる秋」とはよく言ったもので、あの暑かった夏はどこへやら。
だいぶ涼しくなってきて食欲も旺盛になるし、空を見上げればなんといっても雲の位置が高いです。

ちなみに、夏の雲といえば、積雲に入道雲(積乱雲)ですが、積雲というのは、だいたい高度が2千メートルくらい。積乱雲(入道雲)は、その積雲がもくもくと上空に立ち上がった雲で、てっぺんのあたりは高度が1万メートルくらいに達します。
ただ夏は、湿度が高いので低い位置に雲ができやすく、これが夕方には雨雲になって夕立を降らせたりします。
夏の雨雲は乱層雲で、やはり高度は2千メートルくらい。高度は低いです。

ところがこれが秋になりますと、空気が乾燥してきて、雲の位置がぐっと高くなります。
秋の雲といえば、巻雲、巻積雲などですが、こちらは高度が1万3千メートルくらい。
たいへん高いところにある雲です。

巻雲というのは、雲の仲間の中で一番高いところにできる雲で、「すじ雲」とも呼ばれます。
ハケで掃いたみたいなスジになっている雲です。

夕焼け雲になるのが、巻積雲です。
巻層雲は、見え方によって、「うろこ雲」、「いわし雲」、「さば雲」などと呼ばれます。

「うろこ雲」は、空一面に巻積雲がひろがって、まるで空全体が魚のウロコみたいになったもの。
「いわし雲」は、よく水族館などの水槽内で、イワシの大群がまるで巨大なモニュメントみたいにみえたりしますが、あのような感じで空に見える雲。
「さば雲」は、まるでサバの背中のように、巻積雲が波打っている雲です。



『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

20190317 MARTH


秋の雲


巻層雲は、位置が高いので、それだけ日没後も長く夕陽を浴び続けます。
これが秋の美しい夕焼け雲になります。

秋と言えば、「天高く馬肥ゆる」といわれますが、一般にこの言葉は杜審言(としんげん)の『贈蘇味道(そみどうにおくる)』という漢詩から生まれた言葉とされています。
そういう背景には、「天高く馬肥ゆる」も「中国様からオクレた日本が教わったものであり、教えたのは朝鮮様なのだ」という、実はとんでもない「思想」が背景になっています。
なぜならわたしたちがイメージするこの言葉の語感と、杜審言の漢詩では、意味がまったく違うからです。

わたしたち日本人は、「天高く馬肥ゆる」には古くから、「秋になると雲が高くなり、食べ物もおいしくなって、牛や馬たちも元気一杯になるし、特に男の子たちなどは、まさに馬並みにモリモリとご飯をいっぱい食べるようになる。秋はまさに稔りと収穫の秋なのだなあ」といった語感を抱いています。

ところが杜審言の漢詩は、「秋になって雲が高くなって空気が澄んで来る季節になると、北方の遊牧民である匈奴たちの馬は、夏草をいっぱい食べて、今頃は太ってきているであろう。そうなると、匈奴がまた南に下って攻めて来るので、気をつけてくれよ」という意味を、詩の内容にしています。
原文は「雲淨妖星落 秋深塞馬肥」で、意味は「馬が肥えるということは、馬が長距離を走れるようになるという意味なので、体力をつけた馬に乗って匈奴が攻めて来る、だから友に、気をつけろよ」というわけです。
結局、杜審言のいた唐は、最終的には度重なる匈奴の襲来で国力を落として滅んでいますから、彼らにとってはまさに死活問題であったわけですね。

杜審言は7世紀の軍事大国「唐」の官僚で、あの「国破れて山河あり」の詩を書いた杜甫の祖父にあたる人です。

一般にはこのことについて、昔の日本人が杜審言の詩の意味を取り違えて、世間に広がったのだと言われていますが、私は違うと思っています。
むしろ、稔りの秋を寿ぐ習慣が、日本には古代からあり、空も高いし、馬たちも食欲旺盛になるし、人間もそれと同じように、みんな食欲がモリモリとでてくる。

そのことについて、たまたま似たような意味を持つフレーズが杜審言の詩の中にあったから、それを日本流に楽しんだ、ということなのではなかろうかと思っています。
実際、同じ唐の時代の杜甫の詩の「国破有山河(国破れて山河有り)」は、そのまま漢詩の意味のまま日本国内に普及しています。

なぜこういうことが起きるかというと、日本が「遅れていたから」ではなくて、日本にはChina文化とは別な、古くからの日本文化があったからです。
戦後の日本はアメリカからたくさんのカタカナ英語を採りいれていますが、その中には、本来の英語の意味とはぜんぜん別な意味に使われている単語がたくさんあります。
どうしてそうなるかといえば、日本人が、単に英語化しているのではなくて、日本文化の土壌の上に、カタカナ英語を採りいれているからです。

同じことが、古代においてもあったというだけのことです。
だからこそ、杜審言の漢詩は漢詩として楽しみながら、もとからある「食欲の秋」に、たまたままったく別な意味の詩の中の一部のフレーズに、それらしきものがあったから、そこに寄託して「天高く、馬肥ゆる秋」が慣用句となったものと思います。

なんでもそうですが、漢詩にせよ漢文にせよ英語にせよ、なんでもかんでも日本は劣っていて、何もかも余所の国から教わったのだというように子供たちに教えたり、解釈したりすることは、間違っています。
そういうものは、情報操作に軽々と乗せられてしまった、あわれな思考にすぎません。

漢字の他にカナがあり、漢字に訓読みがあるように、わたしたちの祖先は、もとからある大和言葉による日本文化という土壌の上に、輸入語を日本風にアレンジして使って今に至っています。
昔も今も同じです。

儒教における礼儀などもその典型で、儒教では礼儀はどこまでも君(上司)に対するものであるのに対し、日本では「礼」という字に「うやまう」という大和言葉に、あとから「礼」という字を充てています。
儒教では、礼は「上下の関係において、相手にはっきりとわかるように見せるもの=禮」ですが、日本では人と人とは対等な存在ですから、身分の上下に関わらず、相手に対して一定の礼をとろうとします。
ですから古くは、「礼」と書いて「うや(ゐや)」と読んでいました。
それが人を敬(うや)まい、尊重する、日本人の感覚です。

似て異なるのが、漢字文化と日本文化です。
両者を混同するだけでなく、漢字文化が日本文化よりも上位に位置するのだというように、そもそも物事を上下関係でしか捉えようとしないということ自体が、日本的思想からは外れているのです。
これは特に戦後の文系学会の、大きなはき違いの最たるものであろうと思います。
あたりまえです。
文化に上下など、あろうはずがない。

それぞれの国の、それぞれの風土の中で培(つちか)われてきたものが文化です。
地震のない国と、常に地震の脅威にさらされている国では、その建築文化に違いがあるのは当然です。
内陸部で海がなく、塩分は動物の肉からしか取れない国や民族と、四方を海に囲まれて、いつでも塩分もタンパク質も摂取できる国では、食文化だって異なります。
要するに文化に上下などないのです。

さて、秋の雲といえば羊雲。
その羊雲を、天皇の大喪の礼の際の弔問の人々に見立てた歌が万葉集にあります。
日本は自然環境の厳しい国ですが、同時にその自然環境は、常に私達日本人に恵みを与え続けてくれた環境でもあります。
そうしたなかで、おのずと備わった尊敬と感謝の日本文化。
後世にまで、しっかりと伝えて行かなければなりません。

※この記事は2014年9月の記事のリニューアルです。
お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com








この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

No title
小学校6年生くらいの頃、歴史の授業ではやっぱり‘中国から朝鮮半島を通って色々な文化がもたらされた’と社会の授業を受けたけれど、日本からあちらへ渡ったものは何も無いの?と、疑問でした。50年近く悶々と考えていたけれど、ここ数年でやっぱり違っていたではないかと堂々と述べることが出来るようになった。
なんて幸せなことか。もっと日本の正しい姿が勉強できれば本当に嬉しいです。

よみひと知らす

No title
白露の候のある一日

草ふする あしたに望めば 入道雲
 ゆうべは秋の 十六夜月

               おそまつでした。   

にっぽんじん

旭日旗問題
韓国がIOCに対して東京オリンピックでの旭日旗持ち込み禁止を訴え、中国が同意するようです。韓国のいやがらせは金メダル級レベルです。

旭日旗が問題になったのは2012年のロンドンでの日韓サッカー試合からです。韓国選手の日本に対する蔑視行為が批判され、その言い訳に旭日旗を使ったのが始まりです。

それまでの国際大会で旭日旗が問題になったことはありません。
ソウルオリンピックでも旭日旗は問題になっていません。

2012年以前の国際スポーツ大会の記録で旭日旗が写っているものがあれば、それを集めて韓国に反論し、世界に韓国の「いわれなの言いがかり」を訴えるべきです。

可能な人は、是非過去の旭日旗記録を調べて欲しいと思います。

takechiyo1949

牙の時代?
最近、田舎町にもドローンが飛んでます。
下から見上げていると、子供の頃にも見た様な気がするのです。
夕映えの空に浮かぶ飛翔体。
不思議な記憶なのです。
夢でも見たのですかね。

「ノンちゃん雲に乗る」を初めて読んだのはいつ?
忘れてしまいました。
『空に落ちた』
『大きくなっても嘘吐かない』
筋書きは何となく憶えています。

どんなに良いことをしても言っても、必ず異論が出る。
それが現代社会。
誰かさんとの雑談です。

何にでも誰にでも牙を剥く。
会ったことも話したことも無い相手でもお構い無し。
勝手にやってろ!
とは思いますが、どうしてこんなふうになってしまったのですかね。
何が気に入らないのですかね。

早秋の景色…今朝もベランダから空を見上げています。

じろう

秋来ぬと、目にもさやかにみゆららる
  すてきな記事をありがとうございます。

 万葉集について、ここから想う、、
 というねず節、随想というものを、
 期待したくなります。

  ねず先生ならではのもので。

 
 
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
最新刊
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』

スポンサードリンク

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事

*引用・転載について

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク