目は口ほどにものを言い



今日は日曜日。午前中のテレビでは、一週間の政界の動きを振り返り、コメンテーターやら各党の議員さんが出演して、政治談議を繰り広げます。

今日のもっぱらの議題は、日米首脳会談。

いわく、

前のブッシュ=小泉会談のときは、キャッチボールなどして相互の親密さをアピールしたのに、今回はそれがない。
昼食にさえ招かれていない。
アメリカのメディアは、麻生総理を国民から支持を得ていない総理と報道。
対談の内容もおそまつで、ほとんど内容がない。
日本の民主党は、麻生総理よりも先に米国の官僚と会い、すでに根回し済み・・等々

テレビの評論は、麻生総理の訪米を、意味のないものに仕立て上げたいようです。

番組はそのように構成され、それを裏付けるかのような映像が流れ、コメンテーターやキャスターが、意味なし訪米を強調しています。

ところが、見ていて気がついたのが、そのキャスターやコメンテーターの眼。

「目は口ほどにものを言い」といいますが、どの目も、みんな、暗い(笑)

腹にイチモツあって、本当はアブナイのに、「安全だよ」とウソをつくとき、人の目はあのように暗くなる。

すくなくとも、どの出演者の顔(目)も、すっきりとした爽やかな明眸(めいぼう)とは程遠い(苦笑)

ねずきちも、なんどかテレビに出たことがありますが、単にアドリブでしゃべっているようにみえる事柄も、実は全部台本がある。

必ずしも台本通りにしゃべる場合ばかりではないけれど、基本、台本に従ってしゃべる。

こんな台本、おかしいと思っても、台本どおりにしゃべらないと番組の構成がおかしくなるし、次から出演させてもらえなくなる(笑)

実際、日米首脳会談で、何が大事なのかといえば、互いに景気のいいときならば、豪華な晩さん会を催したり、キャッチボールをしたり、両国の首脳が並んでスマイル写真を撮ったりするのが世間受けするだろうけれど、

いま、この大不況の中で、米国大統領にせよ、日本の総理にせよ、どっかの国の首脳を招いて、超豪華な晩さん会など開いたりしたら、それこそ、世間から非難轟々となるのは、想像に難くない。

就任したてのオバマ氏が、日本の総理とキャッチボールなどしていたら、いま不況にあえぐ米国市民はどう思うか?
もっといえば、オバマ氏と麻生総理が、一日ゴルフを楽しんだ、なんて出来事があったら、世の中がどう反応するか。

そう考えたら、このご時世では、虚飾を排した実務的会談となるのは、当然のことだと思う。

あるコメンテーターが「たった1時間の会談などでは、なにも決めることはできない」などとしたり顔をして話していたけれど、首脳会談が長ければそれで良いというものではない。

話し合われた内容については、先日
 麻生=オバマ会談の意義
 http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-421.html
の記事で紹介させていただいたけれど、日米両国が、これからも互いに仲良くしましょうね、なんて社交辞令的な会談とは程遠い。

日米安保から、基地再編、北朝鮮問題、世界的金融経済危機への対処等、個々の問題についての方向性が、相互にきちんと語られている。
総花的議論ではなく、個々の具体的問題をあげながら、その対処の方向性について、両国首脳が確認しあっている。
決して意味のない会談とはいえないのである。
内容をちゃんと把握すれば「こりゃ麻生さん、すごい成果をあげたわい」と誰もが納得できる内容です。

それを知っていて、あえて番組の構成上、今回の日米首脳会談を意味のないものと位置づけようとする。そこに嘘がある。だから目が濁る。暗くなる。

目は口ほどにモノを言い・・・

昔の人はうまいこと言ったものです^^


デーブ・スペクター「ワシントンポストの麻生批判記事は東京が発信元」
デーブ・スペクターは、ちゃんと今回の日米首脳会談の意義を見ているようですね^^

麻生・オバマ日米首脳会談090225


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

せっかくコメントいただきながら、ほんとになかなかお返事書けなくて、すみません><;;


>larkさん
コメントありがとうございます。

(・0・。) ほほーっ
イギリス人の方が「日本のマスコミは日本人じゃないんだろ?」 って言うんですよね。「何故?」って聞き返すと、「やってることが日本の害になることばかり、論理性、分析力の無さは隣の国のよう」とのこと。

たぶん、まさにその通りなんでしょうね。
ほとんどの方がお隣の国のご出身のようですしね^^;


>大豪院邪鬼さん
コメントありがとうございます。

≪麻生さんには何とか任期一杯まで頑張って持ちこたえてもらいたい≫

≪長引けば長引くほどマスコミ(民主党を含め)は馬脚を現し墓穴を掘り必ずや風向きは変わり追い風は吹く≫

実際その通りと思います。

定額給付金にしても、高速道路1000円にしても、実際にそれが施行されれば、多くの有権者が喜ぶのは目に見えている。

もらってみれば、
「なぜもっと早くくれなかったんだ?」
「どうしてこんなのに反対してたの?」
「もっと欲しいです^^v」
となり、政府の徳政に対する感謝の思いを持つのが日本人です。
メディアの姿勢に対する疑問の声も、もっと顕在化してくるかもしれない。

ボクが思うには、麻生さんが海外に向けて約束しているバラマキ資金のことです。
中韓を知り過ぎた男さんのコメントにも書きましたが、海外協力金にはバックマージンが付きものであることからすると、政府には巨額の資金が還流されることになる。

選挙が長引くと、中韓から無理して政治資金を調達している民主党には、どうしても資金不足の問題が浮上する。当然求心力がなくなる。
去年だったですかね、民主党の若手議員を中心に、早々に開いた選挙事務所の経費が出ないと、民主党内部で大騒ぎになりました。
どこからか党が資金を調達し、いまは沈静化していますが、選挙が長引くと、またぞろ選挙事務所の家賃が払えねえ~~といった苦情が末端の泡沫議員から出始める。
さらに選挙が長引くと、選挙事務所の家賃滞納で追い出される議員も出てくる。
そうなってくると、もはや民主党は内部崩壊です。

これに対し、政府与党には、世界中からの資金還流がはじまる。
秋には、おそらく政治資金という面で、与野党の実力は天地ほどの差ができていることでしょう。
選挙に勝つのは、なにも選挙資金の問題ばかりではないけれど、それでも選挙を戦うのにカネがかかるのは事実です。

また、最近、中小企業庁のテレビCMがはじまりましたが、同様に定額給付受給について、高速道路料金についてなど、政府のCMがはじまりだすと、メディアにとって、政府が大スポンサーとなってくる。
民放も、大手新聞も、どこも広告主が集まらずジリ貧状態が続いている中で、こうした政府広告は、非常に大きな収入源となってくる。
とうぜん、メディアの政府に対する論調にも変化が現れる。

選挙を戦うに際して中華マネー疑惑をうけたオバマ=クリントン政権は、やはり世論上、これ以上は、中華マネーのお世話になりにくいことに加え、大統領選挙資金くらいの額なら中華マネーで賄えるけれど、アメリカという国家の経済復興に際しては、中華マネーくらいでは、とてもじゃないが追い付かない。当然日本の力を借りなきゃならない。
その中で、日米関係はさらに絆を強くするでしょうし、その中でなんとか日本の軍事力行使についての米国の戦後60年の基本方針を転換させ得たならば、日本は、大きく変わることができる。

いい意味でも、悪い意味でも、いまの世界の危機は、日本にとって大きな危機でもあり、チャンスでもある。そんな気がしています。


>火事場の馬鹿力さん
コメントありがとうございます。

子供の頃「テレビを見ると馬鹿になる」との親の小言・・・

あれはたしかに本当だったんですね~~

考えてみれば、もともとは日本の社会ではいわゆる芸人さんの身分は低かった。
人気役者などは、モテモテだったし、そこそこカネまわりもよかったけれど、その分、身分は最低におかれた。水飲み百姓と言われた小作農以下の身分です。

ところが社会の価値観が変わり、カネがあって、目立つのが最高~~なんてご時世になると、虚構の社会である芸能界がまるで世の中のエスタブリッシュメントのように見られるようになる。

そんなものが本当に価値のある事柄ではない。
もっと自分自身を鍛え、多くの人々のお役にたてる立派な人材となっていく。
もっと違う価値観を持ちなさい・・・・

昔の人のそんな思いが、もしかすると≪テレビを見るとバカになる≫という言葉に集約されていたのかもしれませんね。


>捏造はなぜ裁かれない?さん
コメントありがとうございます。

ディープすぺくたーは、実に中庸な立場で、きちんとした発言しますね^^
ボクもあらためて、感心しました。

TBSのこの麻生報道ねつ造は、ひどいですね。

これが裁かれない?!

放送協会って、いったい何??
どんな政治団体??

どうやらそこらあたりに、なにやらカラクリがありそうですね^^


>浪花の感情線ドライバーさん
コメントありがとうございます。

高速道路無料化論の動画のご紹介、ありがとうございます。

たしかにおっしゃるように、川崎~木更津を結ぶ海底ルートが、無料化したら、そりゃすごい経済効果があろうかと思います。
なにせいまは、片道5000円。いかんせん高すぎる。

しかし、共産党や昔の社会党などによって、高速道路作りがものすごく反対され、高速道路予定地には一坪地主なども現れて、いたずらに立ち退きを拒否し、立退き料を吊り上げ、結果として、高速道路建設が、むちゃくちゃに高いものにつくようになったという事実も、思い起こす必要があります。

いまだに反対者が多い。

こないだ、新しくできた、大津から名古屋に抜ける第二東名を走ったのですが、このルート、慢性渋滞区間であったものが、いまや東名、第二東名、甲賀越えルートと3ルートとなり、非常に走りやすくなっている。

首都高も、石原さんが知事になって、やっと中央環状が北区から中央道まで接続した。
中央道への接続は、当初は下りだけだったけど、これに登りルートの接続が加われば、かなりの渋滞緩和効果があろうかと思います。

要するに、道路作りにハチャメチャなお金がかかる。
そして、とくに高速道路の場合、道路の保守の重要性は、一般道の比ではない。

ただ単に無料化するという経済効果の話だけでなく、渋滞緩和による経済効果の問題、用地買収費用や建設費、道路のメンテナンス費用等の維持費用等を考えると、ボクはいたずらに無料化すれば良いというものではないように思います。

ただ、高すぎるのも、どうかと^^;

特に今回の1000円案で除外された大型トラックの場合、物流の根幹をなすわけでもあり、やはり、国内流通の活性化の観点から、大型トラックの通行料の値下げなども、是非検討してもらいたいなどとは思っています。


>bbさん
コメントありがとうございます。

マスコミ=在日だと規定すると、そうした振る舞いは実にわかりやすいですね^^;

≪捏造がわかった時点で、権利を剥奪すべき≫

ボクも同感です^^b



>通りすがりさん
コメントありがとうございます。

≪デーブさんの動画で最後の隣の女性の顔≫

(⌒▽⌒)アハハ!、見てみます^^v


>ナポレオン・ソロさん
コメントありがとうございます。

≪処が、識字率は世界一でも、内容読解力は世界でも大した事は無いらしい≫

(⌒▽⌒)アハハ!、参った^^;
たしかにおっしゃる通りかもです^^

≪「米国の戦後体制の桎梏から抜け出す」事が、是からの日本に求められている≫
まったく同感です。

ナポレオン・ソロ

日本のマスコミ考
 成る程、「日本のマスコミの麻生叩きは、確信犯だ」と自主申告しているワケですね。

 それで自分達が破滅しないと確信する位国民を舐めて居るか、誰かに云わされていると言外で訴えたいのか、どちらかだろう。

 後者だと信じたいが、なら、ドゥして欲しいのか迄云わなければ、誰も行動には移せない、取り敢えず、そう言う、メディア会社が潰れるまで待つしかない。

 先ずは毎日、続けて朝日、そして、読売、日経と順番が決まっている、世界でリーマンショック以来既に33社にも上る新聞社が廃刊、休業に追い込まれたらしい、最大手は、あのタイムワーナーだ、1兆5千億円にも上る赤字だそうですから半端ではない。

 定期購読者数で看れば、世界的に有名な新聞社の有り様さえ日本の地方新聞並でしかない現状を看れば、世界の新聞界規模と日本とを比べて、如何に日本が異常であるかは、読売一社で、日本を除く世界の新聞社の売上数を軽く上回れる事から判るでしょう。

 情報配信会社だって、今や、ロイターやAP、AFPよりも、共同や時事通信社の方が大きい筈です。

 全ては、1億人以上の人口を持つ国にして、国民の識字率世界一と云う奇跡的な日本だからこその話です。

 処が、識字率は世界一でも、内容読解力は世界でも大した事は無いらしい。
 
 マスコミの明かな作為的な報道に、コロッと騙される国民が如何に多いか、捏造が当たり前の感さえある朝日新聞を未だに金を払って読んでいる人が百万単位で居る事自体、信じがたい事である、日本人って、現状維持が好きなんですね。

 朝日も毎日も、TVも看なくなり、新聞も読まなくなって、既に、十年が近いが、朝日や毎日の不祥事発覚の時以外、ナンの不自由も感じたことはない。

 まぁ、ABDやTBSダケがオカシイとは云えません、NTVYTBは、戦後米国の極東経営の広報機関だったワケで、日本ぐるみで日本を売り飛ばしてきたと言うのは、既定の事実です。

 「米国の戦後体制の桎梏から抜け出す」事が、是からの日本に求められていると言うのは、間違いのない話ですね。

通りすがり

デーブさんの動画で最後の隣の女性の顔が
非常に印象に残りました。

bb

ねずきちさん、こんにちは。
テレビ局は、他の企業が偽装やちょっとした違法行為をしたときは、その企業が潰れるほどのキャンペーン張ります。しかし自分のこととなると、滑らかな舌で詭弁を弄し、責任逃れをする卑怯な輩です。一旦キャンペーンを張られた企業は(もちろん糾弾されても仕方ないところがあるけど)そこで働く人の職場まで奪いかねない、あるいは奪う結果になります。不二家、吉兆、雪印いろいろありました。問題を解決して再出発できなければ仕方ないですが、その前に、抹殺してしまいます、今のマスコミは。どこにそんな権利があるのでしょうか。社会正義とかかっこいいこと言ってますが、ただの野次馬根性です。情けない。捏造がわかった時点で、権利を剥奪すべきです。その位重い罪だと思います。

愛信

日テレ報道「誤り」、“新たな裏金”証言男性を岐阜県告訴

日本テレビ系の番組「真相報道バンキシャ!」で昨年11月23日に放送された「岐阜県庁で新たな裏金作りが発覚」について、岐阜県は1日、県庁で記者会見し、番組に出演、同県に裏金が存在すると証言した男性について、「こうした事実はなく、証言は虚偽」として偽計業務妨害の疑いで県警に告訴したと発表した。 日本テレビは先月27日、県に対し、男性の証言が事実と食い違っていたことを認めて謝罪した。

マスコミの捏造報道を糾弾しよう、中川財務相G7記者会見情報操作の責任を追及しよう。

【その他の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/snt/snt_ind.cgi

浪花の感情線ドライバー

http://www.youtube.com/watch?v=SVDAJeRACkY
これをみて何かを感じてほしいです。高速道路無料化の動画です。

捏造はなぜ裁かれない?

デーブグッジョブ!
デーブ・スペクターは流石ですね。
日本のマスコミが壮大な「自作自演」をしている事が分かっているようです。
英語と日本語が堪能だと色んな事が見えて来るのでしょう。
私も一応中国語が読めますので、日本のメディアの「マッチポンプ」などを理解する上で強みになっています。

ところで、TBSが捏造をしたようですね。
青森で行われた麻生総理の講演ですが、地元東奥日報では、会場は満員の大盛況だったように報じていましたが、TBSはガラガラの映像を使用して閑古鳥が鳴いているような印象操作を行ったそうです。
捏造常連メディアですから、そろそろ放送免許を取り消した方がよいのではないでしょうかね。
関西テレビは、あるある騒動後、長いこと民放連から追放されていたはずです。
かたやおとがめ無し、かたや追放、この違いはいったい何なのでしょうか?

火事場の馬鹿力

タレントも、そもそもテレビ業界元締の電通トップも日本人ではありません。
かつて、子供の頃「テレビを見ると馬鹿になる」との親の小言が本当だと気付きました。
最近は親の言い付けを守り、テレビは見てません。
旧来のマスコミ(テレビ・新聞)はインターネットの発展により明らかに斜陽産業です。その速度は自動車業界より遥かに速いです。
彼等自身、紛れもない回復不可能な守旧派なのです。
時間は彼等の敵です。
捏造、歪曲報道が酷くなる程、それは彼等の焦りの表れです。
流石に、人々を何時までも騙せません。
馬脚表しまくり、墓穴掘りまくりです。
彼等こそ「個々の責任で、産業構造の変化に柔軟に対応して下さい。」と言われなければいけないのです。

大豪院邪鬼

 仮に麻生総理オバマ大統領の会談で、豪華な晩餐会が有って、ゴルフを楽しんで、会談時間も充分あって小泉元総理以上の歓待を受けたとしても。

 マスコミはこんな時期に何をやっているのだと批判キャンペーンを張ることは目に見えています。

 どちらにしても、非難批判することがマスコミの目的であるため、重要な成果を報道しないことで、どのようにでも理屈をつけて批判し放題であります。

 まさに己の都合の悪い事実を隠蔽し洗脳しようとする某国の機関紙マスコミと同じ手法。

 しかしながら、少しずつではありますがマスコミの化けの皮は剥がれつつあります、そして自分たちのお尻にも火がつき始めました。

 焦って、もうなりふり構わず何とか速く解散に追い込み政権交代させようと必死ですので、麻生さんには何とか任期一杯まで頑張って持ちこたえてもらいたい物です。

 長引けば長引くほどマスコミ(民主党を含め)は馬脚を現し墓穴を掘り必ずや風向きは変わり追い風は吹くと思います。
 

lark

いつも楽しみにしております。

外国の論調見ても日本のようなくだらない分析してるところってないんですよねぇ・・・。
むしろ当然だろう、との論が多いですね。
私はイギリス人の友人が居るのですが、いつも、

「日本のマスコミは日本人じゃないんだろ?」

って言うんですよね。「何故?」って聞き返すと、「やってることが日本の害になることばかり、論理性、分析力の無さは隣の国のよう」とのこと。
外国人(まぁ、彼は日本住まいが長いので外国人とは言えるか分かりませんが)でマスコミに不信を抱いている人は結構居ますね。

またTBSが捏造をやらかしたそうで。青森の講演会での映像の件です。こうやって捏造することが普通になってしまっている。どうなっていくんでしょうか。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク