「尖閣諸島に安保条約適用」米国務省が公式見解



非常に大事なニュースが飛び込んできました。

<記事引用>-----------------------------

「尖閣諸島に安保条約適用」米国務省が公式見解 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090305-00000621-yom-pol

日本が攻撃された場合に米国が日本を防衛する義務などを定めた日米安全保障条約が尖閣諸島に適用されるかどうかの米側解釈の問題を巡り、米国務省は4日、適用されるとの公式見解を示した。

読売新聞社の質問に答えたもので、当局者は「尖閣諸島は沖縄返還以来、日本政府の施政下にある。日米安保条約は日本の施政下にある領域に適用される」と述べた。このオバマ政権としての見解は日本政府にも伝えられた。

これは、クリントン政権時の1996年と、ブッシュ政権時の2004年に、米政府高官が示した見解と同じだ。

昨年12月の中国海洋調査船による尖閣諸島近海の領海侵犯以降、日本側は再確認を求めたが、米側が明言を避けてきた経緯がある。

2日の国務省の記者会見でも、ドゥーグッド副報道官代理はこの問題に関する質問に、「持ち帰る」として、回答しなかった。

日本政府筋によると、先月26日の衆院予算委員会で麻生首相が尖閣諸島への安保条約適用を米側に確認する考えを示したことを受けて、外務省が改めて、米側に再確認を求めていた。

-------------------------------------

尖閣諸島における中国の、日本領海内での天然ガス盗掘については、日中合意を一方的に破り天然ガスを盗掘している中国政府を許すな! の記事で詳しく書かせていただきました。

簡単に振り返ると、

① 昨年6月、日本の外務省と中国外交部は、双方協議のうえ「東シナ海における日中間の協力について」を発表。日本側が主張する張する排他的経済水域でありながら、中国も領有を主張する「日中中間線」をまたいだ天然ガス田付近の一定地域について、日中双方が、共同探査を経て、双方が一致して同意する地点を選択し、共同開発を行う、としました。

② ところが、中国はこの日中合意を一方的に破棄。合意の直後から、継続協議の対象となり現状を維持すべき「樫」で新たに掘削を行い、石油と天然ガスの採掘に入っていた。

③ この中国による盗掘は、日本のP3C哨戒機によって常時確認され、日本は繰り返し中国側に抗議を行ってきた。ところが中国はP3Cの警戒監視飛行を「妨害行為」などと逆抗議!!
それどころか、中国は日中中間線に、中国海軍の弾道核ミサイルの追跡船を常駐させてきた。
この船は、中国本土のウイグル地区や内モンゴル地区等の内陸部から、日本をターゲットにした核ミサイルを日本本土に誘導するための船です。
中国はこうして日本を威嚇している。

④ そこで日本では、外務省が昨年12月、米国に対して尖閣諸島における日本の領土保全について、日米安全保障条約は適用されるか、確認を求めました。
ところが、米国は言葉を濁し、この問題について明言をさけてきた。

⑤ で、1月26日、衆院予算委員会で、麻生首相が、尖閣諸島への安保条約適用を米側に確認する考えを示した。

⑥ ところがこれに対して、日本では、野党第一党の民主党小沢代表が、2月26日、「在日米軍は横須賀の第七艦隊だけでよい」との発言が行われます。

この発言は、在日米軍は、空軍も、海兵隊もいらない。沖縄基地もいらない。横須賀の第七艦隊だけでよい、とするものです。
これは、沖縄から米軍を撤収させることで、中国の尖閣諸島領海での石油・天然ガス資源の盗掘を自在に進めれるようにし、かつ、中国の台湾進攻の障害を取り除くことを企図したものということができます。
関連記事:本当は危ない小沢発言の真意

⑥ そして今月4日、晴れて米国より、尖閣諸島の日本領土・領海保全に、日米安保条約が適用されるとの回答となった、というわけです。

まず言いたいのは、これは、麻生外交の大勝利であるということ。

米軍が、尖閣諸島ならびに尖閣海域における日本の領海保全を図るということは、中国が勝手に資源の盗掘をすることが、最早かなわなくなったことを意味します。

日中台の問題に、できるだけ関わり合いになりたくなくて、態度を留保させてきた米国が、日米安保が適用されると公式に発表したということは、中国に対して、「勝手なことはさせないぞ」と威嚇したに等しい。

この一言は、圧倒的な軍事力を背景としているだけに、極めて重い。

この言葉を引き出した麻生外交は、将来にわたる日本の東シナ海における資源確保を可能にしたということだけでなく、中国本土で公害垂れ流しの工業化を進める中国が、尖閣領域で、勝手な資源の盗掘をし、自然を破壊し、付近を公害で汚染することをも阻止した。

アメリカにしてみれば、火だねの尖閣領域で、仮に中国が盗掘を開始したり、先般実際にあったように弾道ミサイル誘導船などを出そうものなら、これを軍事的に排除しなければならなくなり、極めてリスキーでもあります。

それでもなお、日本の領海として安保条約が適用されると回答したということは、よほどしっかりとした外交がなされたということ。

もしかしたら、先日の麻生=オバマ対談の際にも、小声でなにか麻生さんがオバマさんに耳打ちしたのかもしれませんね^^

ただしこの件は、良い面ばかりではありません。
中国の盗掘を認めないということは、社会的には正義ではありますが、同時に中国と日本との間に軍事的緊張関係を生む地雷ともなる。

そうした中で、いよいよ日本は、自国の安全について日本で守るという体制をきちんと構築する必要に迫られるようになるかもしれませんね。

中国の勝手な領土政策 こんな考え方が通用する訳ないだろう!東アジア全体の支配を正当化する戦略的国境線


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

愛信

かんぽ批判の竹中氏へ 鳩山総務相「怒るより笑っちゃう」
参議院予算委員会で国民新党の長谷川憲正氏は、鳩山氏批判の
真意をただしたいとして、竹中元総務相の参考人招致を求めたは
こちらをクリックして下さい。。

【足銀国有化の見直しの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj3.cgi

うわばみふかお

小沢の弁明がブレてきましたね…この週末の間に検察情報を収拾・分析して結果“体調崩して投手(党首)交代”の可能性も出て来ましたね。選挙まで、小沢がのらりくらり延命策でしのいでいてくれるのが理想なんだけど・・・。

北の熊

憲法9条があっても拉致被害者がいる。
竹島が不法に侵略されている。
尖閣諸島がいつのまにか紛争の火種にされている。
国を守らず、憲法9条を守る、という本末転倒な輩が多く存在する。
言葉狩り、人間狩り、嘘、捏造、印象操作、脱税を平然と行うマスゴミ。
明らかに日本国解体を企む勢力が存在する。
日本は、世界で唯一核の洗礼を受けた国家である。
核武装できる唯一の大儀名分をもっているのにもかかわらずそれを放棄してきた。
与えられた平和によって。
いまこそ和平は力で勝ち取るもの、という普通の考えに立ち返るべきであります。
戦後を総括して、これからの日本国のありかたを真剣に議論しなければなりません。
国防産業を興し自前である程度やれる状態が必要です。
おそらくここ数年で世論が大きく変化していくものと確信しております。
栄光の歴史を我々は取り戻さなければなりません。
シナ、朝鮮の横暴を許してはならないからです。

北の熊

麻生さんの逆襲がはじまりましたね。
勇気ずけられます。
更に
http://prideofjapan.blog10.fc2.com//blog-entry-1964.html
田母上さんの公演内容がエントリーされてます。
やはりこうでなくてはなりません。

bb

ねずきちさん、おはようございます。
この報道にふれたとき、思わず「ヤッター」と小躍りしてしまいました。加えてlarkさんのご報告にあるように北への制裁発言。素晴らしい。お金で拉致被害者を取り戻すしかないといった、某党首とは大違い。どんなにマスコミが偏向報道しようと事実だけ見るようにすれば、心ある人たちはきちんとした評価をするでしょう。

ナポレオン・ソロ

3つの領土問題について
 前から思っていた事ですが、民主党支持者に是非訊いてみたい事がある。

 「領土問題をドゥ解決するのか」と言う事です。

 現在の日本には、派生原因の異なる3つの領土問題が存在します、先ずは尖閣列島、この原因は、主な相手国である共産シナ=中共の領土認識が国際的な慣例認識と大きく異なったモノを主張している事にある、しかも、この地域に大量の原油や天然ガスが埋蔵している事が判ってから、突然主張し始めたモノで、明らかに、経済的な時由を背景にしていると言って良い。

 日本は完全に国益を毀損されている形になっているのだが、是に対する民主党の灼かな国益擁護意見など聴いた事が無い。

 北方四島は、終戦後にソ連が侵略して島民を弾圧した、いわば強奪状態が継続していると考えるべき、領土侵略が継続して放置されているワケだ、交渉相手が侵略当事者のソ連からロシアに変わったのに、日本政府が拱手傍観していたのが主たる原因と言って良い、勿論その背景には、マトモな自衛戦力さえ持つことを禁じた憲法九条が支持されている事が大きな要素となっている事は否めまい、ソノ支持勢力の主たるが民主党なのである、つまり、侵略は看過すると言うのが党是と解釈して善い。

 最後に、領土問題ではなく、侵略されつつあるのだから、国防問題だと云えるが竹島の侵略で有る、この問題自体、日本では灼かに取り上げようとしない雰囲気があり、知らない国民も大勢居ると言う有様である、この問題が国防レベルの問題である事は、是を看過すれば対馬も危うくなってくるのが、ハッキリ看て取れる現象が起こっている事から判る、政府は真剣に対応しなくては成らない情況である。

 この問題について民主党が真剣にコメントしたモノを聴いたことが無い。

 是等の諸問題に何等、国益擁護の姿勢が示せないのでは、民主党が東アジア共同体への国家主権委譲を前提にしているからでしょう、完全な売国政党である事を自ら唱っているのです。

 売国政党で有る正体を自ら証しているのに、其れを支持する国民とは、ワケが分からないと言う他はない。

 金と政治の問題が取り沙汰されているが、そんなことよりも、こういう国益擁護の立場に立っていない政党を支持している国民が大勢居ることの方が遙かに問題ではないだろうか。

 剰つさえ、日米安保迄反対する勢力を包摂している政党である、彼らは、正しく日本国民の敵と呼ぶべきである、党内にはリベラルも居るのだろうが、日教組や自治労と云った裏で外国勢力と繋がって居る勢力と袂を分かたない限り、同じ穴の狢と見做して善いでしょう。

 民主党は即刻解党すべきです。

基準点

マスコミは正しく報道せよ!
 麻生総理ガンガンやってくれていますね。マスコミはこうした成果を報道して、麻生総理が以下に素晴らしい働きをしているか国民に示して欲しいものですね。

 田母神氏の人気にあやかって何とか取り込もうと各党が動いているようですが、私の希望としては、麻生総理と田母神氏が和解して、田母神氏が自民党から立候補して欲しい。条件としては、防衛事務次官と棒大校長の首で如何でしょうか?

 国防分野で力を発揮するには自民党でなければ国策に関与できないことからもこの線で行って欲しいと思うところです。

lark

ねずきちさん、麻生総理がまたやってくれましたよ。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090306/plc0903060120000-n1.htm

火事場の馬鹿力

やったね
ねずきちさん、こんばんは。
麻生さんの強行軍での訪米、日米首脳会談をマスコミが意味無いとか言ってましたが、素晴らしい成果です。
テレビ、新聞は見苦しい小沢擁護を続けてますが貴方達こそ意味無い、と言って上げたいです。
特にTVは捏造、歪曲、誘導が酷すぎます。
一旦全ての放送局の放送免許を剥奪すべきです。
まともな日本人は誰も困りません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク