「討ちてし止まん」は責任を持つという意味

◆ニュース◆
第10期日本史検定講座が新規受講者募集中です。
○ねずブロの音声版《ねずラジ》が始まりました。
○百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

神武天皇は我が国の初代の天皇であり、その初代天皇が、各人がそれぞれの持場において、しっかりと責任を持って最後までその責任を果たしきっていくことを、こうして明らかにされたのです。


20191118 John Edgar Hoover
画像出所=https://www.thedailybeast.com/j-edgar-hoover-unmasked-by-eastwood-movie-and-last-of-his-g-men
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


「討ちてし止まん」という言葉は、戦時用語として戦後ずいぶんと戦前までの日本を馬鹿にする言葉として用いられた言葉です。
けれど馬鹿にした側が、馬鹿者です。
なぜなら知恵がないからです。

「討ちてし止まん」は、久米歌(くめうた)と言って、古事記の神武天皇記に出てくる歌にある言葉です。
神武天皇の軍団が八十健(やそたける)らを倒した後、登美那賀須泥毘古(とみのなかすねひこ)を討とうとしたときに、神武天皇が歌われた歌として紹介されています。
現代語訳すると、次のようになります。

1 いかめしくて強い久米の子らよ
  粟の畑にニラが一本生えてきた
  そんなものは根も芽も繋いで
  討ちてしやまん

2 いかめしくて強い久米の子らが
  垣根の下に飢えた山椒で
  お前たちの口がヒリヒリ疼いていたことを、
  私は決して忘れないから
  討ちてしやまん

3 神風が吹く伊勢の海
  大きな石に這いまわり
  巻き貝のように這い回わって
  討ちてしやまん


このように「討ちてしやまん」という語は、三回繰り返して歌われています。
三度繰り返されているということは、これはたいへんな重要語だということです。



20191006 ねずラジ
《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
一見すると、勝利するまで戦うぞ、どこまでも戦い抜くぞと歌っているように見えますが、実はそうではありません。
集団戦を考えたらわかることです。
バレーボールでも野球やサッカー、バスケットボールでも、いま流行りのラグビーでも、集団戦というものは、必ず各人にポジションが与えられます。
そして各自が最後の最後まで、そのポジションを守りきり、自分に与えられた役割をしっかりと果たすことで、戦いが勝利に導かれます。
ただ勝つまで戦うぞというだけでは、集団戦は戦えないし、勝利もない。

この簡単な理屈がわかれば、「討ちてしやまん」の意味も明らかになります。
すべての兵員が、それぞれの役割を最後まできちんと責任を持って果たしぬくこと。
それが「討ちてしやまん」です。

神武天皇は、我が国の初代の天皇であり、その初代天皇が、各人がそれぞれの持場において、しっかりと責任を持って最後までその責任を果たしきっていくことを、こうして明らかにされたのです。
そしてこれが我が国の文化となりました。
誰もが、その人にふさわしい持ち場にあって、それぞれの責任をきっちりと果たしていく。
しっかりと最後まで責任を持って仕事をやり抜く。

これこそが我が国の産業の強さだったことだし、我が国の最大の強みでもあったことなのです。
どこかの国のように、「ケンチャナヨ(いいかいいから、適当に)」が文化の国とは、文化の根底が違うのです。
はっきりいって、一緒にされたくない。

それだけに、戦後の左翼や、日本解体を目論む痴れ者たちが、徹底的に攻撃を加えたのが、この「討ちてしやまん」でした。
自分たちは「ケンチャナヨ」。
責任ある政府や良識ある人達には「討ちてしやまん」という概念を捨てさせる。
その結果がどのような国になるかは、あまりにも明らかです。
日本人が半島人化するのです。
そして、災害に弱く産業の育たない貧乏国になる。

かつてアメリカに、ジョン・エドガー・フーヴァー(John Edgar Hoover)という人がいました。
いまのFBI(連邦捜査局 Federal Bureau of Investigation)を創設した人です。
1930年代のギャング狩り、第二次世界大戦中のスパイ摘発、戦後の赤狩りなどの活動を指揮した人として有名ですが、同時にフーバーは、戦時中の日系人の強制収容に対しては「スパイと思しき者たちは真珠湾攻撃の直後にFBIが既に拘束している」として猛反対した人でもあります。

そのフーバーは、ギャングやスパイ、あるいは赤狩りを実行しようとするときに、これを逮捕したり射殺したりするための法がないからと、他の行政官僚や政治家たちが尻込みするなかにあって、果敢にこれを実行して行きました。
そのためにフーバーは、共産主義者やスパイからは蛇蝎のごとく嫌われました。
しかし正義のために闇を一手に引き受けたフーバーのような存在が、もしいまの米国にあれば、チャイニーズの横暴は、完全に世に暴かれているのではないかと思います。

いまの日本に求められるのは、そんなフーバーのような人材なのではないかと思います。
日本は、「討ちてしやまん」の精神を取り戻すべきです。

お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com



《塾の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2019/11/24(日)第66回 倭塾 江東区文化センター 第三研修室 18:30〜20:30
https://www.facebook.com/events/1200935093439011/
2019/12/14(土)第67回 倭塾 江東区文化センター 第1研修室 18:30〜20:30
https://www.facebook.com/events/544111256338411/
2019/12/22(日) 第43回 百人一首塾 江東区文化センター 第三研修室 18:30〜20:30
https://www.facebook.com/events/887694471605173/
2020/1/5(日)第68回 倭塾 江東区文化センター 第1・2研修室 13:00〜16:30
https://www.facebook.com/events/701032520386379/
2020/1/26(日)第44回 百人一首塾 江東区文化センター 第3研修室 13:30〜16:30
https://www.facebook.com/events/801123523660268/
2020/2/22(土)第69回 倭塾 富岡八幡宮 婚儀殿二階大広間 13:30~16:30
https://www.facebook.com/events/2179999205630540/


◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

takechiyo1949

先ずは衣食住を護る
ねずブロは超満員の通勤電車の中で読んでます。
『それぞれの役割を最後まできちんと責任を持って果たしぬく…』
車中はそんな企業戦士の方々ばかりでしょうか。
役割を果たして…先ずは衣食住を護らねばなりませんからね。
皆さん!今日も一日ご安全に。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク