政治家個人がどう資金を調達したかの問題よりも日本という国家がいまなにをさておいてでもやらなければならないことは景気対策



今回の小沢代表秘書逮捕事件をめぐって、あちこちのブログを覗いてみたのですが、思ったのですが、サヨク系とか、小沢氏擁護の発言をしているブログに共通している特徴・・・・

どこも、コメントに対し、管理人が承認制をとっている!^^

つまり、誰かがコメントを書いても、そのコメントは、管理人の承認がなければ、ブログには掲載されない。

これに対し、中間、または右寄りブログに共通している特徴は、読んでいただいた方からいただくコメントに、いちいち管理人の承認性などとっていない。

そうなると何が起こるかというと、サヨク系のブログに掲載されるのは、その管理人にとって都合のいいコメントだけになり、さも、世論がみんなその方向になびいているような印象を与える。

これに対して、右系のブログは、コメントに制限を加えていないから、サヨク系と思しき人からの批判や非難のコメントも、バシバシ掲載される。ついでにエロサイトの広告まで掲載される(笑)

右も左も、それぞれの意見をちゃんと聞こうとする右寄りブログ。

自分たちに都合のよいものしか受け入れようとしない左巻きブログ。

こんなところにも、左右の特徴がよく表れているような気がしました。

さて、小沢代表ならびに民○党は、当初、国家権力による陰謀説をとっていましたが、ここへきて、陰謀説はずいぶんとトーンダウンしましたね。

国会中継など見ると、小沢氏よりも、二階氏と、二階氏をめぐって麻生総理が西松建設からの献金について野党から総攻撃されていましたが、これはおかしい(笑)

今回問題となっているのは、献金そのものもさりながら、小沢秘書と西松建設が、トンネル団体を使ったり、社員を使ったりした悪質な脱法行為に、逮捕の要因があるわけで、このことと単に献金を受け取っただけの二階氏とは、法的問題の要素がまるで異なります。
社民党の福島瑞穂代表さんなど、もともと弁護士であり法律家でありながら、そんなことがわからないはずはないだろうに・・・・政治というものは、人をここまで歪めてしまうものなのかと、国会中継を見ていて、実に暗澹とした思いにかられました。

さてその陰謀説ですが、陰謀説の根拠となっているのは、検察庁が、司法(裁判所)の管轄下にあるものではなく、法務省の傘下にある行政機構であること。これだけ社会的影響の大きな事案ならば、法務大臣や、総理は事前に逮捕を知っていたであろうという想像が根拠になっているようです。

しかし、この議論は、おかしい。
なぜなら今回の事案は、東京地検特捜部が査察を行ったとか、事情聴取に動いたという程度のものではなく、現職の野党第一党の党首の公設第一秘書を「逮捕」しているのです。
人を「逮捕」するというのは、そこらの泥棒を逮捕するのですら、たいへんなことです。
充分の上にも十分な証拠を固めなければ、「逮捕」なんてできない。
日本は、どこぞの共産国みたいに、担当官の心証だけで逮捕勾留ができるような国とは違うのです。

いやむしろ、オウム事件やらその他の社会的大事件に見られるように、日本の検察の動きは、それが十分な証拠固めを前提とするだけに、むしろ、慎重すぎることで批判を浴びているくらいです。

今回の件にしても、相当長期間にわたって証拠固めを続けてきたに相違なく、単に大臣の思いや総理の気まぐれで人を逮捕できるほど、日本の制度は甘くない。

もし事前に逮捕許可をめぐり、閣僚が相談をうけていたとするならば、是が非でも緊急景気対策を実現しなければならない現内閣にとって、この時期の国会空転など、絶対に避けたいことでしょうし、まして閣僚内部や、元総理の名前も献金受領者の中にあるといった事情を考えれば、この件が、国家権力の乱用による逮捕劇だとする説は、どうみてもあたらないと思います。

むしろ、今回の逮捕劇を、国家権力による弾圧であるとする見解を述べる方が、おかしい。このことはつまり「自分たちが政権を取れば、国家権力を用いて弾圧することもあるのだ」と言っているのに等しく、実際、中国の傀儡政権といわれる台湾の馬政権は、まさにそうした手法を用いて、自由主義者、法治主義者を次々と逮捕勾留し弾圧している。

さらにいえば、党代表の不祥事があきらかになりながら、党代表に辞任を迫ることすらできない民○党という政党に、おおきな不信を感じます。

実際、選挙選挙と麻生内閣に迫り続けた民○党は、各地の候補者が、すでに早くから選挙事務所を構え、選挙準備にとりかかっている。選挙のポスター、選挙事務所の管理費等々、街宣車の手配等々、ぜんぶカネがかかります。

自分のカネだけでそうした経費を賄える議員(議員候補者を含む)なんて、そうそう多くない。
ほとんどの議員は、党からの助成金をあてこんで経費を賄っている。
ひとりの候補者につき、月50万円の助成金としても、全国で300人の候補者がいたら、月に2億51千万円の経費が党としてかかる。昨年10月に選挙を予定していたものが、延び延びになってもはや3月。5ヶ月分の選挙準備金だけで、12億円くらいの支出が党にかぶせられている。
そうした経費のねん出を、民○党はどうやって賄っているのか。
民○党は歴史の浅い政党だけに、党員やら、支援団体といった組織がいまだ確立されていない。
考えてみれば、そうした運営費のすべてが、小沢代表の資金調達力にかかっている。

その小沢代表が辞任や議員辞職、あるいは逮捕などという事態になったら、党はいきなり、候補者の運転資金に窮する事態となる。選挙どころではなくなる。
はとぽっぽ君やカンさまでは、それだけの資金調達力はない。

つまり、民○党が小沢代表の辞任を求めず、いまは粛々と党内を一本化し、党内の混乱を防がなければならないという動きなるのは、カネの流れを考えれば、あたりまえの動きということができる。これは政治信条とか信念・政策の問題ではない。単なるカネの問題です。

ともあれ、NY株式市場の影響は受けたとはいえ、バブル崩壊後の最安値をつけた東京株式市場。

政治家個人がどう資金を調達したかの問題よりも、日本という国家が、いまなにをさておいてでもやらなければならないことは、景気対策です。

各議員の皆さんは、国会予算員会を、政治資金問題で空転させることなく、いちにちも早い政府景気対策の実現を図ってもらいたいと、切に願います。

野党「(捜査は)与党の国策だ!」 →元特捜部長「そう考えるのは困難」


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

おれんじ

左翼ブログの件、その通りだと思います。こちらのブログを応援すべく、訪問の際はクリックさせて頂きます。これからも頑張ってくださいね!

ナポレオン・ソロ

是までと是から
 今回の騒ぎを俯瞰するに、日本の政権を民主党仁任せられない理由が続々と出来し、その中核には、小沢代表という、旧体制の象徴の様な政治家が居て、是亦、既得権者化したマスコミを操り、現政権を奪取せんと形振り構わず、揺さぶりを懸けて来た、その醜態を毎日のようにTVで曝して居るうちに、何も知らなかった視聴者迄が次第にその腐臭を感じ取って居ると言うザマであろうと思います。

 こんな不利な状況でさえ、麻生政権はその形勢立て直す様な外交成果を上げていた矢先、ついに司直が、予てより捜査を進めていた小沢代表の政治資金ソースについて質すべく、強制捜査を行った、これは、偏に証拠隠滅を防止する為の措置で、第一秘書逮捕もその線上にあるのだから、捜査段階が相当に進んでいると言うことを示していたと思われます。

 この司直の動きを、立法府に対する行政府の動きと考えるべきでは決してない、やっているのは、違法な疑いがある一議員の政治資金の問題に対する捜査が進展したからダケの理由で、強制捜査で政治的な波及効果が顕れたというのなら、自業自得と言う他はない。

 民主党内にあって、3年続けてマトモな代表選挙を行わず、事実上、小沢氏の独裁を受容している党が、民主主義を正確に理解しているとはトテモ思えない、「民主主義の危機」とはよく言えたモノだ。

 亦、彼らが彼らを支持する団体のみの為に働いてきたのも周知の認めるところだろう、ならば、仮に彼らが政権を奪取した時に、日本国民全ての利益のために働く事が出来るだろうか、答えは明かに否であろう。

 行政府の職分執行を「権力者の陰謀」と曲解してみせるあざとさで、その行政府の長足ることが出来るであろうか、皮肉にも彼らが目指してきたのは、その行政府の長足る、総理大臣なのである。

 警察の捜査介入を、弾圧、陰謀と喚くのは、寧ろ、朝鮮総連のいい様と全く同じである処に注視しておきたい、この先、小沢代表の辞任~逮捕、議員辞職~党内分裂・内訌~解党に至る迄の間、我々は如何に日本が侵食され、腐敗が蔓延っているかを知る事になるでしょう。

ハタラキアリ

ホント「この時期に?」の意味が解りませんよね。

秘書の身柄拘束についても「身柄を拘束する程の事か?」とか抜かしていたな。
身柄を拘束しなければ「自殺」或いは「自殺にみせかけた殺人」の被害に会う恐れもある。秘書の身柄拘束は当然。何も「逃亡の恐れ」があるか無いかだけが問題では無いでしょう。
あーっ、思い出しちゃった。山口組さん民主党を支持してるんだよね。
オトロシイ。

OOIDOYA

コメンテーターが劣化しすぎ
 さきほどニコニコ動画でラジオや地上波の報道を見てきました。事務所の火事や自殺報道は見事にスルーされていましたし、経済対策の遅れは麻生首相のせいにされていました。
 左巻きのコメンテータにかかると郵便ポストが赤いのも小沢が逮捕されたのもみんな麻生閣下のせいなんですね。
 もう外交に至っては「麻生さんは英語をしゃべりたいだけなんですよ」と言い出すにいたってはあきれはてます。外交をなめているとしか思えません。
 それらの妄言のせいで森永卓郎氏のブログが炎上したそうですが、それは自業自得というものですよ。

bb

ねずきちさん、こんばんは。
この時期って皆言っていますが、何の時期でしょう。選挙選挙といっているのは、民主党とマスコミ、それに浮き足立っている自民党の一部。でもこの頃明らかにわかってきましたね、彼らの思惑が。このことはネット情報を知らない方たちだって、感じているはずです。TVでは自分たちに都合のいい意見を、街頭インタビューという形で、一般人に言わせていますが、あれ卑怯ですよね。
でも麻生さんビクともしてません。それどころか、目立たないのにいい外交してますね。いくらマスコミが伝えたくなくても、事実は強いです。まじめに政治に取り組んでいる政治家にもっと光が当るようになることを願ってやみません。

火事場の馬鹿力

まだまだ
西松建設絡みでは長野県知事秘書、元共産党議員の変死、藤井議員の事務所全焼と「やっちまったな!!」状態です。
逮捕されて寧ろ、大久保容疑者は助かったのです。
小沢さんは美人秘書さん達と一緒に北朝鮮に亡命(帰国?)した方が良いのでは、と思ってます。
自称ジャーナリスト達は震源地、岩手県の地元ゼネコンに何で突撃取材しないのでしょうか?
裏とも言えない猿芝居、先刻承知で危険を犯してまでも取材する必要が無いと言うなら、寧ろ小沢さんよりタチが悪いです。
本当の仕事、「天職」となれば何だって「命賭け」なのです。
こんな人達、特捜部と市場原理の淘汰に任せるとして、危急の課題は、ねずきちさんご指摘通り「経済対策」です。
日本は世界の命運をも背負っています。
世界の首脳達が日本の首相と会談するのはその証しです。
首相を「天職」と覚悟した麻生閣下なら、恐慌を回避し、世界の戦乱を止めてくれると信じています。
圧倒的に不利で諦めかけていましたが、非力な私達は英霊方から猶予を頂きました。
目眩がするほど先は長いですが、周りの人達に真実を伝えて行きましょう。

うーーん・・・・

本当に国策なのかなぁ?
素朴な疑問ですが、本当に国策なのですかね?
国策にしては、早くから自民党側の大物議員の名前も挙がっており、「選挙」を考えた場合のダメージは少なくないはずです。

それにしても、今回の捜査ほど「国策」という言葉が乱用されたケースはないのではないでしょうか?
小沢氏は、政治団体の設立から今日まで一貫して関わっているようですから、極めて重大です。
にも拘らず、二階氏と並べて報道したりして、小沢氏の罪をできるだけ軽く見せようとテレビは頑張っているように感じ、その点が謎なのです。
たとえ国策であったとしても重大犯罪には違いないのです。

或いは、「かんぽの宿」の目くらましだという意見があります。
しかし、この問題が出てきたからと言って、いきなり小沢逮捕劇をでっち上げ、即逮捕できるものなのでしょうか?
そもそも、この小沢問題は、10年以上前から共産党の議員らが国会で追及していた問題です。
着々と捜査が行われ証拠が積み上げられていった気がします。

タイミングも、どのタイミングならよかったのでしょうか?
分かりませんが小沢総理が誕生してからよりも、誕生する前に醜態を曝しておいた方がよかったのではないでしょうか??

きき

鳩さんのバックはタイヤ屋さんじゃなかったっけ?

あきつ

毒まみれ
民団・主体 党 ですね。

小沢さん 検察と頑張って喧嘩して メッキをはがしてください。
さて そこには何が現れるでしょうね。

想像ですが・・・
日教組+自治労+民団+同和などの毒を 今までなれてきた金権自民くずれのチョコレートでコーティングしあたかも自民党と同じように見せかけたもの
食べたら死ぬ・・

lark

お疲れ様です。

完全に同感であります。
昨日まで、今回のねずきちさんの記事の内容と同じことを、「国策捜査だ!!!!民主主義が!!!馬脚を!!時期が!!選挙に!!看過できなぁsじゃいぢおdじdじお!!!」と発狂しているいくつかの左旋回ブログにコメントしてみたところ、見事に全て削除されておりました。

「この時期に何故?」という発言、一体何なんでしょうか。いつ総理が「そろそろ解散するよー選挙するよー」とおっしゃったと言うんでしょうか。「そろそろ選挙じゃー!民主党大勝利!」と言っているのは毒電波発信源と批判合唱団の皆様だけなのに。総理は「景気対策」を一貫していらっしゃるんですけどねぇ。


ところで、証拠から論理関係から全部説明して、それでも自分の否を認めず明らかに事実と違う内容を垂れ流し続けるブログはどうしたら良いんでしょうか。何か方法はないんでしょうかねぇ・・・・。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク