さらに困難が予想される竹島問題の解決



国際海洋法裁判所(ITLOS)の裁判官に、ソウル大国際大学院教授の白珍鉉(ペク・ジンヒョン)が、選出されました。

白教授は今月6日(現地時間)にニューヨークの国連本部で開かれた国連海洋法条約(UNCLOS)特別当事国総会で、155カ国が参加した第1次投票で113票を獲得し、競争相手だったインドネシアのヌグロホ・ウィスヌムルティ元国連大使(68)を破り当選。

この日の選挙は、昨年11月に亡くなった故・朴椿浩(パク・チュンホ)国際海洋法裁判所裁判官の後任を選ぶためのもので、任期は9年間(2014年9月まで)。

白教授は同日、当選直後の記者会見で、

「韓国が周辺諸国と海洋問題で衝突することが多い状況で、
海洋問題解決の最高機関の裁判官を保有するということは大きな意味がある」
と語った。

白教授は、韓国が日本との間の竹島問題や、
中国・日本との間の排他的経済水域(EEZ)確定問題などの国際紛争を解決するに当たり、

「関連諸国との交渉を通じ解決するが、
必要な場合には司法的解決を追求することも避けるべきではない」と指摘した。

国連事務総長に準ずる待遇を受けるITLOS裁判官の任期は9年で、再任も可能。

■関連記事:「独島問題、必要なら司法的解決の追求も」
http://news.livedoor.com/article/detail/4051955/

竹島問題については、その経緯を勘案すれば、明らかにこれが日本固有の領土であることは明白な事実です。

韓国の領有権主張は、明らかな不法行為であり、日本はこれまでに何度となく「紛争の解決のために、国際裁判をしようと、韓国に対し働きかけています。

これに対し韓国は、もともと竹島は韓国固有の領土であり、裁判をするまでもないと、日本の申し立てを突っぱねてきてる。
そして、竹島を不法に占拠し、その海域で軍事演習をして日本に対する威嚇までしてきている。

しかも韓国は、万一、竹島問題が国際裁判となったときに備え、その裁判所の裁判官に韓国人の朴判事を送り込んでいた。

そしてようやく、その朴判事が任期満了でリタイヤしたと思ったら、新任で、白教授を判事として送り込むことに再び成功した。

韓国はそこまでして、自国の不法行為を正当化しようとしている。

日本人の感覚からしたら、「あれまぁ、よくやるよ、ネー^^」程度のことかもしれないけれど、彼らにしてみれば、竹島問題は、自国のナショナリズム喚起と、日本へ刃を突きつけ続ける意味で、このことは非常に大きな意味を持つ。

なにせ、日本は、文句を言いさえすればいくらでもカネを出してくれる便利な国だし、韓国の外貨準備高がいくら不足しようが、足りない分は日本に貸してもらえばまにあうし、日本から借りた金は、まったく返済の必要がない(笑)
日本が「貸したカネ返せ」と言ってきたら、従軍慰安婦だの、戦争責任だの、竹島問題だのを持ち出せば、弱腰の日本の外務省が、みずからすすんで払わなくてもいいように、日本国内をなんとか調整してくれる。

ちなみに日本から韓国に渡る多額のカネは、決して韓国庶民の生活を豊かにすることに使われない。韓国政府高官のポケットにはいることで、政府高官の懐を肥やし、韓国庶民と政府高官達との間に、圧倒的な富の差を築き上げている。

韓国庶民は、洗脳され、利用され、ナショナリズムを扇動されて、日本=悪の枢軸国と思いこまされる。竹島は古来韓国領だと信じさせられる。だから韓国における竹島の領有の問題は、事実の問題ではなく、ほとんど韓国教上の信仰上の問題となっている。

信仰上の問題なのだから、事実は関係ない。太陽が昇る方角が西だ、と教えられれば、韓国の一般庶民は、そう信じ、従うだけである。

日本は庶民文化の国である。
日本では、他の誰よりも庶民が大切にされる。
日本は、そういう文化を育んできた。

こういうと、「だって、日本の政府は戦争で多くの日本人を殺したじゃないか」と言い出す人がいるけれど、それは違う。

もし日本が戦わなかったら、日本は列強の植民地化され、おそらくいまだに東南アジア諸国、そしてアフリカの諸国は、欧米の植民地のまま独立を果たせず、差別され、人格権を認められず、教育も私有財産も取り上げられ、無教養で汚く、ムチで打たれなければ働かない怠惰な奴隷となっていたであろう。

日本の庶民が、そうなりたくない。ちゃんと教育も受け、自由な言論、私有財産、生存件が保障された国家でありたいと願ったから、みんなが苦しい戦争を戦った。

内地ですら食い物もない中で、「欲しがりません。勝つまでは」と、貧しさに耐え、苦しい生活に耐え、夫や子を戦地に送り出した。

そうしなければ、もっと悲惨な生活が待っていると、当時の日本人が知ってたからです。

だから日本では庶民が戦った。町内会での竹槍演習など、米兵が上陸した際に、機関銃や火炎放射機の前で、何の役にも立たないかもしれないけれど、それでも、みんなが学校の校庭に集まって、命がけで竹槍の突き方の練習をした。

後世になって、それがバカげた政府のとんでもない政策だったようなことが言われているけれど、そうじゃない。そこまでしてでも、当時の人たちは、日本の自由を、日本人の生活権を、私有財産権を、言論の自由を、教育を受ける権利を守ろうとした。それは政府の政策というよりも、むしろ庶民の意志であったといえると思うのです。

こう書くと、さらに左翼系の人から、「そもそも歴史にIFは禁物なんだよなぁ」という声が聞こえてきそうです。
それも違う。

過去の歴史も、未来を作る現代も、すべて「もし・・・であったなら」が先にくる。
誰もがその時代を必死で生きた。
現代人にとっては過去の出来事でも、当時の人にとっては、それが「現在」だった。
そして「現在」の現実のなかで、未来を模索し、未来に備えた。

いまだって同じです。
もし、株価が5000円を割るような事態になったら。
もし、致死性の悪性のインフルエンザが大流行したら。
もし、竹島の領有を日本が放棄したら。

いろいろな選択肢の中で、最善と思われる選択をし、行動する。
そのことは過去の人たちも、いまを生きる私たちも同じです。
そして、もし日本が戦わなかったらどうなっていたかという現実から、眼をそむけさせること自体が、サヨクのプロパガンタだと、ボクは思っています。

話を戻します。
日本人は、江戸の昔から識字率が90%を超える、高教育国家でした。
それだけに庶民の力が非常につよい。
「おかみは、民のためにある」と、日本人の誰もが、心のどっかでそう信じてる。
大岡裁き、水戸黄門、暴れん坊将軍。。。。

おかみは、常に庶民の味方だと、心のどっかで信じている。

現代だってそうです。
おかみが間違って、無辜の民を逮捕したりしたら、冤罪事件だと大騒ぎになる。

国政を担う政府にとっても、議員にとっても、最大の関心事は、国民の支持です。

私たちは、それがあたりまえと思っている。ふつうにどこの国もそういうもんだと、勝手に思い込んでいる。

しかし、世界を見れば、暴力団の組長が総統をきどって、勝手に政府と名乗っているような国家の方が、はるかに多い。日本の常識は世界の非常識でしかない。

ひるがえって見るに、お隣の韓国は、ヤンバンの国です。今も昔も変わらない。
ヤンバンと呼ばれる一部の貴族階級が、庶民から徹底的に収奪した。
庶民には私有財産は一切認められなかった。教育も与えられなかった。
韓国人の遺伝子には、火病がしっかりとインプットされているけれど、愛妻を勝手に収奪され、連れて行かれたり、ろくに残っていない食い物を床まで剥がして役人にもっていかれたりという庶民の暮らしの中で、彼らが抵抗する手段は、ひとえに、泣き喚くことしかなかった。派手に泣き喚いて自己主張すれば、かわいそうに思うか、うるさいと思って、少しは食い物を残して行ってくれる。

収奪と自己主張。これが韓国の文化の根底にある。

日本は、隣にこういう遺伝子を持った国がいて、にもかかわらず日本は「国債紛争の解決の手段としての戦争を永久に放棄する」と日本国憲法第9条で定めている。

しかし、その9条のために、日本の領土・領海がおびやかされ、カネをむしり取られ、ひいては日本の庶民の暮らしにヒビがはいる。

はたしてそれでいいのか。

日本と日本人は、憲法9条のために存在しているわけではない。
日本と日本人のために、憲法がある。

すくなくとも、日本の領土である竹島を軍事占領するような行為に出たものにたいし、実際に戦争をせずとも、もし日本が怒り、報復にでたら韓国軍は、一瞬で壊滅するぞ、くらいの威厳は、日本にあってもまったくおかしくない。それができるだけの技術・資金・人材は、日本には十二分にある。

「権利の上に眠る者は保護しない」・・・これが日本国内、国際司法を問わず法というものが持つ大前提です。

いくら歴史的事実が、竹島=日本固有の領土であると規定していたとしても、領有権を主張し、そこを占領する国があったら、その時点で領土も領海も、奪われる。

勝てば官軍。あの祭りで国際司法裁判所におそまきながら訴えても、すでに判事は韓国人・・・・

日本、これでいいんでしょうか??

「領土」と「資源」 実効支配の有効性


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

Lay

何もできない日本政府。
ナポレオン・ソロ 様

>竹島を早急に「自国領土」である事のアピールと共に、不法な侵略者に対する警告と、退去命令を発令して、国家として臨む姿勢を明確化すべきです。 <

ナポレオン・ソロ 様のご意見にはまったく賛成でありますが、保守政権の自民党にできなかった事が、次期与党と目される民主党にできるはずもなく、寧ろ「友愛」路線の鳩山次期総理は「竹島ぐらいは韓国に進呈」するのではないでしょうか? 
だって「数千万人の移民を特亜から入れよう! 日本は日本人だけのものじゃない!」と言ってる人が、日本の領土に固執すると考える方がむしろおかしいでしょう?

欲しい国には金でも領土でも何でもあげるのですよ!他国の要求をことごとく受け入れてれば、「憲法九条」の精神は守れますし。

ただ、この「友愛」路線を推し進めると、日本が本当に無くなっちゃうんですね。 民主党に投票する人は【ここんとこ凄く大事】なんです。 よ~く考えていただきたいのです。

ナポレオン・ソロ

領土問題考
 確かに白教授の判事選出は、不気味ですね、でも、裁判となれば当事国は判事から外されるのが常道ですから、原則的に事が進めば、然して問題ではないでしょう。

 それより、日本の領土問題は灼かなモノが3件有って、全て、派生原因と相手が異なっています、各個に対応し、国家=国民の利益を守り通すのが、外務省を始めとする日本政府の役割ですが、それらを小和田氏の様に、公的な国際の場で、国益を害する方向の偏向言動を疑われる人に委ねるのは、一国民として、止めて欲しい。

 亦、直接的な外務省ルートだけでなく、他の方向からも「国益の擁護」と言う視点を以て事に当たって欲しい。

 例えば、所謂「外国人」で、日本国内に土地を所有するモノには、特別な税を課するべきだと思うのです、亦、国境付近や国内の重要拠点(例えば、皇居近辺とか)の土地の国有化や所有者の国籍制限は必須だと思います。

 国家が国民の生命と財産を護る事を前提としている限り、憲法九条に拠って、国際紛争の解決手段として、武力によるモノを放棄した国としては、外国の侵略に最も注意を払わねばならない事は、自明の理でしょう。

 あらゆる面で施策に国防という視点が必要であると言う認識が、マルで欠落しているのは、浜田防衛大臣の頭の中だけでは無いようです、この人に国防の何たるかが判っていようとは全く思いませんが。

 国境周辺の土地は辺境であるが故に、土地価格も安く、亦、産業の興隆も期待できません、故に、国家が進んで是等を獲得、国有化し、施策で国防に資するべきだと思います。

 その点で竹島を早急に「自国領土」である事のアピールと共に、不法な侵略者に対する警告と、退去命令を発令して、国家として臨む姿勢を明確化すべきです。

bb

ねずきちさん、こんばんは。
今ダルビッシュ頑張ってます。
領土問題はひょっとしたら島国のネックかもしれませんね。今まではそれで良かったかもしれませんが、これだけ理不尽な主張をされれば本気になります。小和田さんが所長ってちょっと心配です。何といってもハンディキャップ外交の提唱者ですから。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク