日本銀行券と日本国発行通貨の違いとは

20191123 万葉集表紙1200
◆ニュース◆
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』予約受付中。
○ 『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』は只今キャンペーン中です。
  キャンペーン特設サイトは コチラ 。すでに予約された方も対象です。
令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
○ ねずブロの音声版《ねずラジ》が始まりました。
○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


宝島社から出ました本日発売の
『2000年の歴史でひもとく日韓「気質」の違い』
室谷克実先生監修で、日韓関係について古代から現代に至るまでが、まるわかりになる本です。
私も巻頭対談で登場しています。お値段も980円とお安く、すごくお勧めです。

20191218 日韓気質の違い3


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

日本では日銀が紙幣を発行し、政府は補助通貨としてコインを発行するという住み分けがなされています。それはなぜでしょうか。


20161226 神功皇后
画像出所=http://www.setagaya-sc.com/genpinkagirko-na-.htm
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


歳末といえば、いろいろな支払いに追われて、お金がいろいろと忙しくなる時期でもあります。
そこで今日はお金のお話をひとつしてみたいと思います。

我が国では、いま一万円札や千円札のような「お札(紙幣)」と、10円玉や100円玉のような「ジャリ銭(コイン)」の二種類があることは、みなさま御存知の通りです。
そのお札をよく見ると、そこには、
「日本銀行券」
と書いてあります。

一方、ジャリ銭(コイン)の方は、これまたよく見ると
「日本国」
と書いてあります。

これが何を意味しているかというと、いま日本国内で通用している貨幣(お金・通貨)は、
「日本銀行が発行するお札(銀行券)」と、
「日本国政府が発行しているコイン(貨幣)」の二種類があるということです。
ではどうしてその両方のお金を政府が発行しないのでしょうか。

明治のはじめには、実は明治政府がお札を発行していたのです。
それがトップの写真です。
中央に一円紙幣に「大日本帝国政府紙幣」と大きく書かれています。
発行者の名前も、画面左側に「大蔵卿」と赤く書かれています。



20191006 ねずラジ
《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!
ところがこうした政府発行紙幣は実は信用がないとされています。
なぜなら政治は色物と言われるくらいで、色はコロコロと変わるからです。
政治の都合で、紙幣をガンガン印刷することもある。
なにせただの紙ですから、いくらでも刷れるのです。
信用のない権力が、信用のない紙幣を発行しても、それは通貨とはなりえません。

そこでかつては、お金は金属の価値でその裏付けが行われていました。
たとえば江戸時代には、幕府は金や銀を貨幣として用いました。
もっと昔、和同開珎が出来た頃には、和同開珎1枚と、絹一丈が等価で交換となりました。

つまり金や銀を用いることで、幕府の信用だけでなく、金銀の持つ価値を重ねることで、安定した通貨の供給を行っていたわけです。

ところが幕末に、日米和親条約の細則によって、日本から金(Gold)が大量に米国に流出しました。
慌てて幕府は、金の含有量の少ない万延小判を発行することで、この流出に歯止めをかけたのですが、こんどは、幕軍と薩長軍に分けて国内に内戦を仕掛けられ、米国の南北戦争の余り物の中古の軍服や銃や大砲、弾薬を幕軍、薩長軍両方が買わされました。

要するに、日本の幕府をうまく騙して金(Gold)を大量に日本から吐き出させたけれど、それに幕府が気付いてしまったので、今度は、内戦を煽って、仕入れがタダの南軍の装備を日本に買わせることで、もっと日本から金(Gold)を吸い上げようとする策略に、しっかりと日本はハマってしまったわけです。

だいたい世界において、内戦というものは、ドロドロの泥仕合になります。
米国の南北戦争だって、両軍合わせて死傷者90万人です。
ところが日本は、西郷どんと勝海舟が会談して、いともあっさりと江戸城が明け渡され、内戦が終わってしまった。
一部会津の抵抗や、函館の五稜郭の戦い、その他地方ごとに戦いは続いたけれど、南北戦争のような国を二分したドロドロの戦いは回避されてしまったのです。
日本に底なしに戦時用品を売ろうと思っていた米英仏は、おもいきり拍子抜けです。

けれど戊辰戦争までの間に、通貨の裏付けとなる金(Gold)がすでに大量に国外に流出していたために、明治新政府にはお金がない。
そこで明治新政府が発行したのが、紙のお札です。
これが征韓論が湧いて西南戦争があった翌年の明治11年です。

そのときのお札がトップの画像にある紙幣で、絵柄が三韓征伐を行った神功皇后(じんぐうこうごう)です。
要するに時の明治政府は、征韓論に湧く国内世論に、神功皇后を描いたお札を発行することで信用を得ようとしたわけです。

ところが、そこまでしたのに、政府紙幣に信用がない。
なぜなら明治政府に金(Gold)がないとみんなが知っているからです。
ですから両替屋さんたち(いまでいう銀行)も、政府発行紙幣を額面で受け取ってくれない。
半値から4掛けだったそうです。
そこで政府に信用がないのなら第三者機関を作って、そこにやらせようということになってできたのが、明治14年の日本銀行です。

日銀は、翌明治15年に開業し、明治16年には政府や、それぞれの銀行が独自に発行していた通貨を全部額面で回収し、明治17年には、日本に残った「銀」を用いて、日本銀行兌換紙幣を発行します。
つまり金(Gold)はないけれど、銀なら手元にあるから、その銀を裏付けにして紙幣を発行したわけです。
そしてこれによって、日本の通貨はようやく安定を迎えることになります。

この「明治政府発行通貨に信用がなくて額面の半値以下でしか両替商が扱ってくれない」という時代に、せっせと政府発行紙幣を安値で集めていた男がいます。
岩崎弥太郎です。
日銀がその紙幣を、額面で買ってくれるということになったとき、これで弥太郎は大儲けして、時の財閥となりました。
こうしてできたのが三菱財閥です。

誰もがこれを「岩崎弥太郎は先見の明があった」といいますが、真実はそうではなくて、弥太郎は、金(Gold)やシステムのもたらす信用より、「約束を守るという日本という国と日本人」を信じたからだったといわれています。
そのことが三菱の大財閥を生んでいます。
昨今、三菱グループは、何かと叩かれていますけれど、その国を信じ、民族を信じるという創業精神がいつのまにか失われ、「儲け」が重視される体質になってしまったことが、ひとつの原因かもしれません。
困ったときは、創業精神に帰れ、は、古くて新しい言葉です。
頑張っていただきたいと思います。

こうしていまも、日本では日銀が紙幣を発行し、政府は補助通貨としてコインを発行するという住み分けがなされています。
お手元のお札や、コインを見たときに、そんなお話をお子様やお孫さんたちにお正月、してあげたらいかがでしょう。

最後にもうひとつ。
貨幣は、もともとは黄金などの貴金属や家畜などの食べ物などの交換物のことだったものが、これがいまのような通貨に変化した原因は、元の大帝国の立国にあります。
元は、ユーラシア大陸を席巻する大帝国を築きましたが、大陸内にある城塞都市の王は、モンゴル人が就任していました。
その城塞都市の王たちが集うと、酒盛りが始まり、博打などの賭け事が行われたのですが、そうなると、互いに離れた城塞都市同士で貸し借りが生まれます。

一方、元の大帝国は、帝国内の城塞都市の行き来にあたって、もともと相手によって通行税が変わっていたものを、すべて一律にして、通行の便宜を図るとともに、通行証の発行を行いました。
その通行証があれば、どの城塞都市に入るにも、一定の低率な通行税だけで済むわけです。
ユーラシア大陸は、砂漠の大地ですから、水のあるオアシスに城塞都市があり、人は水を飲まなければ死んでしまいますから、どうしても通行しなければならない。
そのときに通行証があれば、楽に城塞都市を行き来できるわけです。

こうなると、その通行証が、独自に取引されるようになり、これが通貨としての価値を持つようになります。
そして城塞都市間同士の決済も、この通行証が用いられるようになりました。

ところが、決済のために、毎度、通行証を運ぶのでは、あまりにリスクが大きすぎます。
そこで発達したのが、民営の為替屋さんで、A都市に200万の借りがあり、B都市に300万の借りがあるなら、BがAに100万払うだけで済む。
こうしたことを代行する業者が出現したわけです。
これが為替屋さんで、後の金融業になります。

元は、滅んだわけではなくて、相続のたびに、王国の版図が分割されて小さくなって消滅していきましたが、この為替屋さんのニーズは、王国が分割されるほどに、ますますその役割を強めました。
こうして、「王国がなくなっても、金融屋は残る」ということが、為替屋さんの発行する通貨の信用となり、これが金銀銅といった貴金属の裏付けを必要としない貨幣の誕生となっていきます。
つまり、国境を越えて存続する為替屋さんの信用が、王国の信用に勝る、という信用創造が行われたわけです。

そしてこの為替屋さんたちは、常に大金を持っていますから、お金の貸付なども行うようになり、これが金融業として発展していきます。
つまり、政府発行通貨よりも、金融機関発行通貨の方が信用性が高いという国際的な仕組みは、こうした歴史を背景に出来上がっていったわけです。
そしてそのことが、いまも「日本銀行券」と、日本国発行通貨の2つになって存続しているわけです。

お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

  ◆最新刊◆


◆◆◆◆◆ねずさんの代表作となる動画◆◆◆◆◆


《塾の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2019/12/22(日) 第43回 百人一首塾 江東区文化センター 第三研修室 18:30〜20:30
https://www.facebook.com/events/887694471605173/
2020/1/5(日)第68回 倭塾 江東区文化センター 第1・2研修室 13:00〜16:30
https://www.facebook.com/events/701032520386379/
2020/1/26(日)第44回 百人一首塾 江東区文化センター 第3研修室 13:30〜16:30
https://www.facebook.com/events/801123523660268/
2010/2/8(土)関西IK歴史勉強会「万葉集に学ぶ日本の形」
https://xn--eckaubhp5c.com/seminar/4971/
2020/2/22(土)第69回 倭塾 富岡八幡宮 婚儀殿二階大広間 13:30~16:30
https://www.facebook.com/events/2179999205630540/
2020/3/20(金)第70回 倭塾  江東区文化センター 第1/2研修室
https://www.facebook.com/events/437079950576050/


◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねこです

ねこです、こんにちは
文中の、
岩崎弥太郎、三菱財閥は、
安田善次郎、安田財閥の、
勘違いですね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク